ほぼ週刊さろま

  • ¥0

    無料

北海道佐呂間町の話題と情報を毎週送ります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ほぼ週刊さろま
発行周期
週刊
最終発行日
2018年09月12日
 
発行部数
844部
メルマガID
0000040784
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 北海道

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

  ____________________________________________________________________ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              *..☆:...:..
            WEEKLY THE SAROMA!          ..:☆..
  ┏━━┓                           :..:..
  ┃\/┃  ☆・・・ほ ぼ 週 刊 さ ろ ま・・・☆     .::☆
  ┗━━┛
                                 :☆..*:
              2018.09.12 No.0947
                              *..☆:...:..
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 わが町北海道佐呂間町より、町の様子、新しい情報を心を込めて発信します。
      (このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃巻頭言                           by なおき┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 北海道を襲った大地震、多くの方が被害を受け、多くの方が亡くなりました。
 謹んでお見舞い申し上げます。

 全道が停電し不自由な生活を余儀なくされましたが2日後にはほぼ復旧、節電
 はしばらく続きそうでが、被害の大きい厚真町では未だにライフラインが切断
 され不自由な生活を余儀なくされている中、電気のない生活を2日過ごしただ
 けで復旧した佐呂間は幸せです。昨日から急に冷え込んでいる北海道、今朝の
 佐呂間は2℃、被災地も今シーズン一番の寒さとなっていることと思います。
 1日も早い復興を願っています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今週のつぶやき回想「地震災害」          by パンプキンタケダ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 9月6日の早朝に発生した北海道胆振東部地震で被害を受けた皆様に、謹んで
 お見舞い申し上げます。

 佐呂間町では地震の被害はありませんでしたが、長時間の停電で搾った牛乳や
 水産加工場の冷凍食品の廃棄などの被害が発生しました。地震当日の朝は始業
 時より災害対策会議が開催され、停電が長時間になった場合の非常用発電機の
 燃料確保や高齢者施設の入居者の安全対策などを話し合いました。

 本当に、電気の重要性を再認識させられましたが、停電が二日目となった7日
 には、高齢者世帯などの災害時要援護世帯を対象にして安否確認の世帯訪問を
 しました。佐呂間町では係長以上の職員が地域をブロックに分けて受け持つ「
 地域担当員」が決められていて、定期的に世帯の確認などを進めているので、
 このような時には迅速に対応ができます。これは平成18年に佐呂間町若佐竜
 巻災害に遭遇した教訓を活かした取り組みです。

 訪問先では、少しでも安心してもらえるように北海道電力からの通電開始予定
 時間を伝えて、健康状態の確認、食料の無くなった世帯には非常食を提供しま
 した。そして、地下水をポンプで汲み上げて飲料水に使用している世帯があれ
 ば飲料水の提供。お年寄りが一番困っていたのは、気軽に買い物に出かけられ
 ないからと冷凍庫に保存している食料が解けて食べられなくなってしまうこと
 でした。さらに、人工透析に通院している方は情報が全く入らず、ガソリンス
 タンドやスーパーの開店情報などを不安に思われていました。直接住民の方と
 お話をすることの大切さを身に染みて感じた要援護者世帯訪問でした。

 災害は忘れた頃に、突然やって来る。台風や冬の吹雪などによる停電は常に想
 定できますから、我が家でもカセットコンロや懐中電灯、キャンプ用のガスラ
 ンタンなどを常備しています。今回はそれが役に立ちましたね。私の住む地域
 は7日の午後8時に通電して普段通りの生活に戻りましたが、同じ北海道にあっ
 て大きな被害を受けた方、まだまだ平時の生活に戻られていない方がいること
 を忘れてはいけません。被害を受けた皆様が一日も早く元の生活に戻れること
 を心から願っています。

 【訂正】
  先週の「回想シンデレラ夢2018」の中で「クマさんと◯◯◯の大道芸も面白
  かった。」とありましたが、正しくは「クマさんと「KEITA」の大道芸
  も面白かった。」です。後で調べようと思っていて、そのまま送信してしま
  いました。訂正してお詫び申し上げます。     by パンプキンタケダ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃サロマ写真館~今週のサロマをデジカメでパチリ!        by sony┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 毎週、佐呂間の美しい景色をお届けしています。
 今週は「キムアネップサンゴ草」です。どうぞご覧ください。
 http://hobosaro.blog.jp/archives/1072282557.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今週のお知らせ                       by なおき┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 9月12日(水) 町議会第3回定例会(~14日)議場   10時00分

 9月13日(木) 少年文化劇場「中国雑技団」 佐呂間小学校10時30分

 9月14日(金) 寿大学「中国雑技団」    町民センター10時30分

 9月15日(土) ぱんぷきん「人形劇公演会」 図書館   13時00分

 9月16日(日) ロックの魂         町民センター14時30分


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今週の天気予報                        by 天子┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            天気予報   最高気温  最低気温  降水確率

   9月12日(水) 晴れ      22℃    7℃

   9月13日(木) 晴時々曇    24℃   13℃   10%

   9月14日(金) 曇時々晴    23℃   15℃   40%

   9月15日(土) 晴時々曇    23℃   14℃   10%

   9月16日(日) 曇時々雨    22℃   16℃   50%

   9月17日(月) 曇時々晴    22℃   13℃   30%

   9月18日(火) 晴時々曇    21℃   12℃   10%

  この週間天気の気温は、最寄りの気温予測地点である「網走」の値を表示
  しています。よって、若干の誤差があることをご承知おきください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃佐呂間町の人口               [平成30年8月31日現在]┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   佐呂間町の人口・・・・・・・・・5,238人 (内外国人198人)
    世 帯 数 ・・・・・・・・・2,502戸 (    183戸)
      男   ・・・・・・・・・2,454人 (     24人)
      女   ・・・・・・・・・2,784人 (    174人)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃異郷だより「小学校の木」                  by まつお┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 大変な地震でした。北見に住む母やフェイスブックで繋がる同級生たちから状
 況を伺っていました。遠くよりお見舞いを申し上げます。

 -----------------------------------
 
 全国各地の小学校にはシンボル的な木があります。奄美大島の小学校ではアカ
 ギやガジュマルである事が多いです。私の住む小湊集落の小学校には大きなア
 カギがあります。

 私が通っていた頃の佐呂間小学校には大きなポプラの木がありました。遊具場
 の横、中学校との境界に鬱蒼とたたずむポプラの樹影を思い出す人は多いので
 はないでしょうか?綿毛が舞っていなかったのは、きっとオスの木だったから
 でしょう。通学路は白樺の並木道で寒い朝の風景を余計に寒く見せていました。
 白い樹皮は木を守る大切なものなので剥いてはいけないと、1年生の頃、担任
 だった川村 伊三郎先生から教わった記憶があります。

 奄美の小学校のアカギを見ながら、ときどき佐呂間小学校のポプラの木陰を思
 い出しています。
 http://hobosaro.blog.jp/archives/1072276813.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃この1週間の話題。                     by うめこ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ◇胆振東部地震。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  9月6日未明、道内胆振地方で最大深度7の地震発生。幸い佐呂間町内では
  おそらく震度2くらいであったので、ほとんど揺れは感じられませんでした。
  がその後、ご存知のように発電所での事故があり、全道が停電となる事態に
  陥ったのです。

  我が家では地震に気づいた仲間からラインにて地震の情報が入ったのが一番
  早く、でも寝てしまっていたところへ、「シャワーのお湯が出ない!」との
  声。「ブレーカーが落ちているんでしょ」といいながら見に行くもその気配
  なし。「停電だわ、きっと」と言いつつ、やっと事の重大さに少しずつ気付
  くにぶいわたし。

  明るくなってすぐに近くの職場その1(施設)に出かけ、安全の確認。職場
  その1にはお泊りの方がたくさんいらっしゃるのでまずは食事の確保と思い
  次はコンビニに走ってパン、バナナ、カップ麺の調達。そこまでは早かった。
  でもそこにも次々と人が買い物に来つつあるところでした。

  その日、わたしの職場主催の重要なセミナーを開催する予定であったので、
  その変更?中止?を決めなくてはならないし、連絡をどうするか、各事業所
  の被害状況の把握や対策にと、とにかく職場その2(本社)に出社を決めて
  出かけることに。道路には結構車が走っているものの、信号が止まっていて
  妙な感じありました。でもさすが、温厚な北海道人。信号の下ではそれぞれ
  細心の注意を払ってはお互い譲り合って通行していました。

  そうだ、その前に職場が入っているビルに入れるかの確認をしたんだっけ。
  停電では自動ドアも開かないし、裏玄関のカードキーも電動なので開かない
  と思いましたが、裏玄関は開けっ放しになっていました。

  でも、出社しても電話が使えない、パソコンも使えない有様では仕事になら
  ず、しばらくして即解散。

  そんな風にこの度の災害の日々が始まったのでした。

  北海道全土が停電とは信じられない出来事でした。姉が二人とも札幌にいる
  のでそちらも心配でメールするも、一人は高層マンションの12階。激しく
  揺れたそうです。物も壊れたそうです。電気も水も止まってしまって、窮乏
  生活が始まったと言い、病身であるはずなのに「力が湧く!」とのたまうの
  は我が家系の血筋か。もう一人の姉は、一人と老いたワンコとの暮らしで、
  徘徊するワンコのために寒中電灯2個もつけっぱなしで置いてあげたという
  なんだか訳の分からん姉妹です。

  夜になっても勿論電機はつかず。停電が長引くとの話もあり、電池を買おう
  かと走ったイエローグローブでは、すでにレジの前に長~い列ができていて
  とても並ぶ気にはなれなかったので、あきらめてお仏壇から蝋燭を借りて、
  揺れる灯とともに静かな夜となりました。が、家人が突然「そういえば!」
  と懐中電灯片手に物置から“ラジオ”を見つけ出し、地震情報に耳を傾けて
  いたところ、もう一度「そういえば!」と今度は何とカセットテープを見つ
  け出してきて、ラジカセによる懐かしくミュージックコンサートが始まった
  のです。

  夜、どこにも灯りはなく、外は真っ暗。そして空には満天の星!あの星空を
  眺めた人も多かったことと思います、本当にきれいな星空でした。輝く星を
  眺めながら、早朝の出来事ですでに命を落とした方がいらっしゃるのを思い、
  空に召された方々の冥福をお祈りしていました。

  わたしはテレビっ子で、毎日テレビを見ながらでないと眠れなくなっていて、
  さて停電の夜はどうやって寝ようかと案じていましたが、何もすることなく
  何もできないあの夜、いつの間にかス―――っと眠りに落ちていたのでした。

  我が家は次の日の朝には電気がついたので、みんなそうだと思いきやそうで
  はなく、次の日も出勤して帰り着いたとき、街頭もつかず、家々にも灯りが
  つかず、自分の家にたどり着いた瞬間に我が家だけ電気がついていて、周囲
  はまだ停電の中。本当に申し訳なく思い、できるだけ電気を消して、静かに
  そっとご飯も食べたものでした。

  そのまた次の日には、一部の地域を除いては電気は復旧し、万一を考えた備
  えがいかに大切かを確認する余裕も生まれました。

  色々な影響。
  〇 断水になるとのうわさが流れ、みんな水の確保に走りました。
  〇 ガソリンスタンドでは給油に制限をかけていました。
  〇 電気屋さんにもお客がいっぱいで、電池などを買い求めていました。
  〇 物流が悪く、スーパーでは牛乳・乳製品・納豆・豆腐が棚にありません。
  〇 供給電力に不安があるとのことなので、みんな節電にいそしんでいます。

  そうです。先週「中学生、修学旅行に出かける」と書いたのです。修学旅行
  はおそらく最終日の札幌での自由時間を実施できずに一日早めて無事に佐呂
  間に帰り着きました。残念でもありますが、本当に思い出に残るいい経験を
  したことと思います。

  1週間経ち、ほぼ元通りの生活に戻りそうな気配ですが、きっとみんな忘れ
  ることのできない体験となりました。あの星の輝きと共に強く心に残ること
  でしょう。「万一」はないのではなくあり得るということ。その備えをする
  必要も身に染みて感じたことでしょう。

  節電の工夫もしている中で、普段でもできることをたくさん発見もしました。

  学びを次に、きっと活かしたいですね。
  

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃編集長は見た!聞いた!                   by うめこ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 評判だったテレビドラマ「家政婦は見た!」張りの「編集長は見た!」をやっ
 てみようと思います。と言っても実は「家政婦…」も見たことがないので良く
 分からないのですが。
 
 ◇真っ赤な秋。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  街路樹のナナカマドに赤い実がついています。キムワネップのサンゴ草は、
  まだ色づいていません。

 ◇救急隊の活躍。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  先日、お隣に救急車が停まり、お一人暮らしの方の具合が悪く救急搬送され
  ました。同行するご家族がいないので、わたしが乗って病院まで走りました。
  その方は夜中から調子が悪いのを朝まで我慢していたとのこと。それに対し
  て若い救急隊員も、「我慢しないで救急車を呼んでくれていいのですよ。」
  とおっしゃる。暖かい言葉だなと思って聞いていたのですが、ふと気づくと
  その時に乗っていた救急隊員全員我が町出身の若者ではありませんか。小さ
  な子どもの頃の顔も思い出されますが、すっかり立派になって、しっかりと
  任務をこなす姿をしかとわたしは見てうれしかったです!

  ご本人も、必要な荷物がひとつにまとめられていたし、必要な連絡先が書か
  れた一覧表もできていたし、救急車出動に関しては、ご近所みな心配されて
  出てきてくれたし、近所の人がみな親切なので一人暮らしが続けられるし、
  離れたくもないと思わされるというご本人の言葉もあったし。やっぱり本当
  にいい町だなと改めて強く思った出来事でした。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃編集後記                       by さくらうめこ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 地震のことを話す時に、みな口を揃えて「寒い時期でなくて良かった」と言い
 ます。本当です。今や電気無くては多くの暖房器具が役に立ちません。暑くて
 もしかりです、きっと。また北海道での地震でしたので、都会ほどの大影響も
 なかったかもしれません。でも、ご家族を失った方のお気持ちを思うと本当に
 言葉もありません。

 たくさん考えることがありました。喉元過ぎれば仁ならないように。教訓を今
 後に活かしたいと思います。

 全国からたくさんのご心配とお見舞いの言葉をいただき、本当にありがとうご
 ざいました。心から感謝申し上げます。


┌───────────────────────────────────┐
│ 佐呂間町の関連サイトはこちら │
└───────────────────────────────────┘
 ▼サロマ町の公式サイトはこちら http://www.town.saroma.hokkaido.jp/
 ▼ほぼ週刊さろまのfacebookはこちら https://www.faook.com/hobosaro
 ▼佐呂間町公式facebookはこちら http://www.facebook.com/town.saroma
 ▼道の駅サロマ湖のfacebookはこちら https://www.facebook.com/saromako51/
 ▼パンプキンらんどサロマはこちら http://gkabotya.sakura.ne.jp/
 ▼本誌は『日刊web新聞webnews』http://www.webnews.gr.jp/
  の協力を得て創刊しました。ありがとうございます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   【ほぼ週刊さろま】2018.09.12 (毎週水曜日発行) 第947号      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   マガジンID:0000040784
     発行元:ほぼ週刊さろま編集委員会
   発行責任者:干 場   久 mailto:hisashi615@snow.plala.or.jp
     編集長:さくら うめこ mailto:sakuraumeko3@ybb.ne.jp
    編集次長:中 村 直 樹 mailto:n709@agate.plala.or.jp
 ……………………………………………………………………………………………
  ▼バックナンバーはこちら
   http://archive.mag2.com/0000040784/index.html
  ▼メールマガジンの登録・解除などはこちら
   http://www.town.saroma.hokkaido.jp/website/hobosaro.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ