毎日1分!英字新聞

  • ¥0

    無料

TOEIC、TOEFL、英検、留学、受験対策に。英語、英会話系の定番。毎日1分!英字新聞 -- 時事英語、ビジネス英語、日常英会話に強くなろう!主にアメリカの新聞から。TOEIC受験者にぜひお薦め!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日1分!英字新聞
発行周期
日刊
最終発行日
2018年10月22日
 
発行部数
76,075部
メルマガID
0000046293
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > TOEIC/TOEFL

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号




□■----------------------------------□■
【米、ロシアとの中距離核全廃条約を破棄へ】 #4584
2018_10_22   発行部数 112,680部
□■----------------------------------□■


U.S. to Pull out of INF Treaty
with Russia

U.S. President Donald Trump announced
Saturday that the US will withdraw from
the Intermediate-Range Nuclear Forces
Treaty with Russia. The agreement was
signed by former President Ronald Reagan
and former USSR President Mikhail Gorbachev
in 1987.



■チェック

・pull out of (=withdraw from) 手を引く、引き上げる
・INF (=Intermediate-Range Nuclear Forces) Treaty
                       中距離核(戦力)全廃条約
・landmark agreement   歴史的な合意
・(be) signed by   ~によって署名される → ~が署名する
・USSR President    ソビエト連邦の(共産党)書記長



■対訳 

「米、ロシアとの中距離核全廃条約を破棄へ」

ドナルド・トランプ米大統領は土曜日、米国がロシアとの中距離核全廃条約を破棄する
意向を表明した。この条約は、1987年に当時のロナルド・レーガン米大統領と
ソ連のミハイル・ゴルバチョフ書記長が署名した。



■訳出のポイント

INF と略される

Intermediate-Range Nuclear Forces は

「中距離核戦力」。

the Intermediate-Range Nuclear Forces treaty というと

米国とソビエト連邦との間に結ばれた、中射程の弾道ミサイル・巡航ミサイル
を全て廃棄することを目的とする条約で、

日本語では

「中距離核戦力全廃条約」

とされています。

pull out は

「手を引く」 「引き上げる」 という句動詞。

動詞 withdraw と並んで、

「退却する」 「撤退する」

の意味でよく登場する言い方です。

今日のタイトルでは

pull out of INF treaty with Russia で

「ロシアとの中距離核全廃条約から手を引く」 →

「ロシアとの中距離核全廃条約を破棄する」

ということです。

同様に、本文では

withdraw from the Intermediate-Range Nuclear Forces Treaty
with Russia

なので、やはり

「ロシアとの中距離核全廃条約から撤退する」 →

「ロシアとの中距離核全廃条約を破棄する」

となっていますね。

USSR は

Union of Soviet Socialist Republics。

1922年から1991年まで存在した社会主義・共和制国家の

「ソビエト社会主義共和国連邦」 「ソ連」

ですね。

このソ連の指導者を意味する

USSR President は

実質的には 「ソ連共産党の書記長」 を指しているので、

USSR President Mikhail Gorbachev の部分は

「ミハイル・ゴルバチョフ書記長」

と訳しています。

本文第2文は直訳すると

「この合意(=中距離核全廃条約)は、1987年にロナルド・レーガン
元大統領とミハイル・ゴルバチョフ元書記長によって署名された」。

つまり、

「この条約は、1987年に当時のロナルド・レーガン米大統領と
ソ連のミハイル・ゴルバチョフ書記長が署名した」

ということです。

トランプ米大統領が20日、ロシアとの間に結ばれた INF全廃棄条約を破棄する
意向を表明したニュースです。

トランプ氏は、ロシアが同条約に違反し、ミサイル配備を進めていると批判すると同時に、
条約の制限を受けずに戦力増強を続ける中国にも触れ、

「ロシアや中国が核戦力を増強しているのに米国だけ条約を順守することは
受け入れられない」

と語っています。

post-Cold War 「冷戦後」

の世界的な核軍縮の流れが、今後大きく転換する可能性も出て来ました。






■編集後記

トランプ、11月6日の中間選挙を目前に、次々と政策の転換を打ち出しています。
強いアメリカを声高に宣言して、保守派層をさらに取り込もうとしているのか・・
悪夢の東西冷戦の再開は避けて欲しいと思います・・・

茶麹が僕の紹介でどんどん売れているようです。
今度茶麹購入者だけのオフ会をしようかなとも考えています。
本当にあれはすごいです・・・凄さを体感して欲しいです。
https://bit.ly/2x3JjKD
実家の母も強烈なリピーターになっています。

★毎日1分!英字新聞を音声で聴こう!!ヤバイくらい大好評!!-----------
毎日1分!英字新聞プレミアム   http://eiji-paper.com/

★趣味のYoutubeチャンネル http://bit.ly/2E5A92t (ほぼドローン)

★バックナンバーブログ  http://www.xn--p8ss4vpnwilc.jp
★石田のツイート http://twitter.com/academiaj
★シリーズ累計30万部突破!僕の海外留学裏話をコラムに掲載しています!
石田健著書一覧  http://www.academiajapan.com/chosyo.html
★起業家としての石田が分かる!  http://tinyurl.com/zsyns (ネットで稼ぐ)
★石田レポート 年収1億!稼ぎの構造 http://www.mag2.com/m/0000138888.html

※本メルマガの著作権は、石田健に属します。無断転載はお断りします。
※英文記事はアカデミアジャパン株式会社により提供を受けております。


※代理解除、およびこれに関する質問は一切受け付けません。ご自身の
 責任で解除をお願いします。もし解除できない場合は、メルマガ配信会社
 (まぐまぐ!など)に直接お問い合わせください。


★★土・日・祝日配信は、お休みしています。
発行者 石田 健  編集協力 Sakie Gantz
---------------------------------------------------------------------
(裏)秋晴れの空が広がっています。。。先週の土曜日に晴れて欲しかったですが・・



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ