京のおかし歳時記

  • ¥0

    無料

京都生まれの京都育ち、和菓子屋に嫁いで?年のマサコはんが、京都のお菓子にまつわる伝統や行事をおもしろくご紹介します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
京のおかし歳時記
発行周期
月刊
最終発行日
2018年12月01日
 
発行部数
1,085部
メルマガID
0000050163
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > エッセイ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

      御菓子司「中村軒」
    http://www.nakamuraken.co.jp
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
           京のおかし歳時記
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 今月の出店・出品予定は下記の通りです。

    12/29~12/31 京都高島屋 出店

■■■■■■■■■■■■■エッセイ■■■■■■■■■■■

          第218回 かつら饅頭

はや12月、年賀状を書きながら平成最後の年賀状やなあとしみじみと思ってます。

平成は国の内外天地とも平和に成るという意味があるそうな。
昭和は国民みんなが平和に世界の国と共に繁栄を願うという意味なんやて。

昭和は日本の歴代元号の中では一番長う続きました。
62年と14日やということです。

昭和天皇の皇后様は久邇宮のご出身で97才と最長寿でいらっしゃった。
その久邇宮家の方は中村軒のかつら饅頭がお気に入りで、久邇宮家御用達の掲板を
いただいています。

かつら饅頭は「米(よね)まんじゅう」ともゆうて、創業者のお姉さんのお米さんの
「甘いお饅頭を食べたらひとつでうんざりするやろ、あっさりした薄味のお饅頭を
 こしらえたら、もうひとつ欲しいなあとおもわはったら、2倍売れるさかいな」

という言葉から生まれたお饅頭です。

このときの話ですが「久邇宮家御用達のお墨付きをいただけまへんやろか」と二代目
龍太郎が願い出たところ、昭和9年8月5日に宮邸まで取りに来るようにとのお知らせが
ありました。

参上する手土産は何がええやろと思案の末、地元でとれた西瓜がええやろと農家中村
房次郎さんにお願いにあがって、タクシーが来てから切ってもろて、5個持参しました。

8月の一番暑いさなか紋付の羽織袴で参上。
宮邸で差し出すと
「西瓜に注射(薬物)なんかしてへんやろな」と一切れ切って毒味しやはったらしい。

宮さんが、お前のとこの饅頭はあっさりした甘さやさかいたんと食べられる、
と喜んでいただいたそうです。

皇后さんが幼いころ過ごされた久邇宮邸は現在『KKR京都くに荘』という国家公務員の
福利厚生の一環として運営してるホテルになってます。

私が寄せてもろてる俳句会は今年このホテルで新年会をしています。
ご縁があるというのんはありがたいことです。

入口には皇后様の歌碑があります。

   鴨川のほとりにいでて
   ながめやる
   荒神橋はなつかしきかな

荒神橋は京の七口の一つ荒神口にあります。

近くに火の神さんの清荒神護浄院があることから、荒神口・荒神橋の名が付きました。

安政2年(1855年)、皇居が火事になったときに、天皇さんが移らはるために架けはった
橋で、勤皇橋、幸橋とも言われました。
この橋から北白川から志賀峠を経て、びわ湖、西近江と繋がります。

皇后様も荒神橋の由来などきかれて成長されたことでしょう。

昭和は遠くなりにけりですが、次の時代になっても、お米さんのあっさりした
皆さんに喜ばれるお饅頭を作っていきます。

本年もありがとうございました。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

ほなこの平成もあと少し。

めでたし、めでたし。


■■■■■■■■■■■■■中村軒より■■■■■■■■■■

今月よりみたらしだんごが始まりました。
柚子薯蕷の水尾や黒豆大福など冬の美味しいお菓子もたくさん登場します。

年末餅のインターネット受付は12月1日~12月25日の12:00まで可能となります。

茶店は12/25(火)が年内最終営業日。12/27(木)~1/1(火)休止、1/2より再開。
販売は12/26(水)が最終のお休みとなり、12/27(木)より年内休まず営業します。

2019年は1/1(火)休業、
1/2(水・臨時営業)より通常通り営業。
1/7(月)~1/11(金)が正月休みのため5日間お休みとなります。

美味しいお菓子をそろえて皆様のお越しをお待ちしております。
-------------------------------------------------------
京都桂離宮畔 中村軒 http://www.nakamuraken.co.jp/
株式会社 中村軒 京都市西京区桂浅原町61 (075)-381-2650
「京のおかし歳時記」第218回 平成30年12月1日発行
メールアドレスのご変更やメールマガジンの停止は下記ページからできます。
http://www.nakamuraken.co.jp/mag.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ