借金地獄・倒産危機から、自力で脱出する法

  • ¥0

    無料

吉田猫次郎のメルマガです。私は事業再生コンサルタント(CTP認定事業再生士)を業としていますが、10年ほど前に、連帯保証人になったのを機に商社マンを辞めて家業を継ぎ、その過程で倒産危機の最悪の事態をほぼ全て味わったことがあります(手形不渡り、ヤミ金監禁、サラ金の取立て、法的手続き、差押、未遂など全て経験済み)。しかし自己破産などせず、自力で再起することができました。その経験と、この10年で培ってきたノウハウをもとに・・・。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
借金地獄・倒産危機から、自力で脱出する法
発行周期
不定期
最終発行日
2019年02月13日
 
発行部数
3,257部
メルマガID
0000056856
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
メールマガジン(無料版)
『借金地獄・倒産危機から、自力で脱出する方法』 by 吉田猫次郎
【Vol.233】 2019年2月13日発行 / 不定期刊 / 購読者数3291名
-------------------------------------------------------------
≪もくじ≫
・無料相談会のご案内(本日)
・クレジットカードの「育て方」
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【無料相談会のご案内(本日)】

本日2月13日(水)は、第2水曜日恒例の無料電話相談会を開催しています。
10時から18時まで。予約不要。時間無制限。
相談員は時間帯により2-3名。全員、認定事業再生士と認定支援機関のライセンスを持っています。
電話番号は
03-5342-9488
03-3229-8329
の2回線です。
どうぞご利用ください。


【クレジットカードの「育て方」】

これだけキャッスレス化が叫ばれるようになると、さすがに現金主義を貫くには無理があります。
とはいえ、過去にカードの延滞履歴があったり、債務整理歴があったりすると、
容易にはカードが作れないのも現実です。
(特にこのメルマガの読者様は、私も含めて、そういう経緯をたどってこられた方が多いと思います)

そこで今回は、長年ブラックだった私が、どうやって航空系ゴールドカードやプラチナカードまで
昇格できたか、その体験記を書いてみたいと思います。

私は、2000年2月末に生まれて初めて借金返済を延滞しました。
私の名義だけで、消費者金融が6社くらい、クレジットカードが4枚くらい、信販系や銀行系のカードローンが3枚、
計12-3枚、あとは商工ローンの連帯保証が3社、これだけ事故になったと記憶しています。

その後、2000年3月に同月に特定調停など債務整理を自分でやって、
以後、ずるずると5年以上かけて数十件におよぶ借入先への返済を続け、
またある借入先については債権譲渡や代位弁済、小額に値切って和解などもしましたので、
2000年から少なくとも2009年頃までは、CICをはじめとする信用情報機関に、
10件以上の事故情報(ブラックリスト)が登録されていました。

2010年の貸金業改正後は、指定信用情報機関の登録基準が変わったこともあり、
ブラックの登録件数が10件未満に減りましたが、1件でも残っていると、カードがなかなか作れません。
また、CICの基準が「完済してから5年(または契約完了してから5年)」といったように少し変わったので、
例えば2007年に和解して契約完了したカードローンなどは、2012年まで記録が残っていました。
そんなつらい状態が、なんやかんやで、2015年頃まで続いていました。

15年間にもおよぶ、長い長いブラック生活でした。

その間、私は「カードなんかなくても生活できる!」「デビットカードで十分!」と主張し続けていました。
(やせ我慢もありますが、こういう仕事をしているので、自ら立証してみたかったというのもあります。
実際、15年間、VISAはデビットカードのみ、高速道路はデポジット制のETCパーソナルカードのみで、
不自由なくやっていくことができました。海外でも不自由はありませんでした。)

大きく変わったのは、ブラックが完全に消えた(消した?)2015年以降です。
まず手始めに、自分の過去をよくおさらいして、一生作れないであろうカード(某外資系)と、
過去に迷惑かけたことのない系列(JxB系、緑色のメガバンク系、某野球チーム系など)、
迷惑かけたことはあるけど組織再編により過去のデータが消えている可能性のある系列(某メガバンク系)
といったように区別したり、自分が普段よく使っているサービス(auの携帯、ANAやJALの飛行機など)の
カードをよく研究したりしながら、対策を入念に講じました。

そして、おそるおそる、最初に楽天カード(VISA)を申請。
枠は少なかったですが、あっさり合格。

半年後に(この半年というのが重要)、慎重に吟味しつつ、auのクレジットカード(三菱UFJニコスが保証)を申請。
これもあっさり合格。

さらに半年後、今度はAmazonのマスターカード(三井住友カード)を申請。
これも合格。

この3枚をほどよく使いながら実績を積み、いよいよ本命の「航空系」を半年後に申請。
ANAカード(これも三井住友カードが発行)に合格。

ここで、楽天とAmazonカードを解約。(持ち過ぎはよくないので)

auとANAの2枚に絞り込み、また半年ほどほどよく利用。実績を積んでいきました。

そして本命の本命、JALカード(三菱UFJニコス)を空港のカウンターで申請。
合格。

以後は半年ほど、JALカード、ANAカード、auカードの3枚を温めてきました。
この3枚のうち、JALとANAはゴールドに育てていきたいと考えていました。

半年後、JALとANAをゴールドに昇格申請。
あっさり合格。
ここから次第に、財布の中が金色になっていきました。

最後に、事務所の経費用に、法人のJCBカードを申し込んでみました。
これも合格。
最初はシルバーから始まりましたが、半年後にはゴールド、その7-8ヶ月後にはプラチナのお誘いがきて、
これにも通りました。

本日現在、私の財布には、JALゴールド、ANAゴールド、JCBプラチナの3枚が入っています。
(3枚というこだわりがあるので、auのカードは解約しました)

仕事柄、飛行機や新幹線の出張が非常に多いので、マイルがざくざく貯まって助かっています。
それに、ゴールドやプラチナは保険が手厚いので、出張中の万一の事故の際にも安心感があります。

電子マネーについては、WAONとiDを多用しています。
WAONはJALカードと親和性が高く、JALカードからチャージできます。
ここでマイルが貯まります。
iDはANAカード(三井住友VISAカード)の裏面についている一体型です。

これで出張から日常生活まで、かなり快適になってきました。

このように、ブラックからの信用回復は誰でも必ずできますし、
いったん信用回復したら、その信用を積み上げて、カードのランクを上げていったり、住宅ローンの信用に
つなげていったりすることも可能です。

特にこれからは、「クレジットスコア」というのが重視されていくことが確実視されていますので、
「育てる」ということを意識してみると、いろいろ面白いと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【雑記】
3月に事務所を移転する予定です。
実に9年ぶり。
詳細は引越しが済み次第告知します。

---------------------------------------------------------
【吉田猫次郎ホームページ】 http://www.nekojiro.net/
【ブログ】 http://nekoken1.blog108.fc2.com/
【ツィッター】  https://twitter.com/yoshidanekojiro
【フェイスブック】 http://www.facebook.com/nekoken.official
---------------------------------------------------------
【編集・発行責任者】吉田猫次郎/NEKO-KEN( ooneko@nekojiro.net )CTP認定事業再生士,経営革新等支援機関
【発行システム】『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
【マガジンID】0000056856 
*登録・解除は、ご自身の手でお願いします。
----------------------------------------------------------
* 当メールマガジンの全部又は一部については、著作権法上認められた行為として、
適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載複製を行うことが出来ます。
但し引用の際は、著者名と引用元を明記願います。
 (C)2018 Nekojiro Yoshida, All Rights Reserved.
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
[PR] 【有料版のご案内】
 吉田猫次郎の有料版メルマガ、毎月10日、20日、30日の定期刊行で最新情報をお送りします。
 購読料は月480円(税別)と格安です。
 より質の高い情報を、より定期的にお読みになりたい方は、ぜひ有料版もご購読下さい。
 http://www.mag2.com/m/0001370151.html
 2018まぐまぐ大賞ビジネス部門4位!
---------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ