野の本・山の本

  • ¥0

    無料

【野の本・山の本】:花たちのおしゃべりがにぎやかな春の野。夏山の大きな太陽、雲わく稜線。足元に咲く高山植物を愛でながらの山旅漫歩゚。染まる紅葉に彩られる秋山。歴史と伝説に満ちた雪のなかの峠。ザックの中の思い出はふくらみます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
野の本・山の本
発行周期
不定期
最終発行日
2018年12月06日
 
発行部数
492部
メルマガID
0000089978
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 釣り・アウトドア > アウトドア

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


………………………………………………………………………………
▼むら里の伝承ひとり画ってん「大口の真神はオオカミ神」







############################################################
【メールマガジン】(発行:不定期)
発行 【とよだ 時】(むら里の伝承探査・ゆ-もぁ画文家)
############################################################

みなさんこんにちは。また新しく読者登録して下さったみなさん、
よろしくお願いします。



さてきょうの【メールマガジン】は
▼むら里の伝承ひとり画ってん「大口の真神はオオカミ神」

【概略文】
 農家の門口に、オオカミの絵のあるお札を門口に張ってあるのを
見かけます。大口真神(おおぐちのまがみ)の文字も印刷してあり
ます。

 このお札は、奥多摩の御岳神社や秩父の三峰神社など、奥多摩や
秩父地方の神社で配布しているものです。これは火難盗難よけにご
利益があるといい、戸口や蔵前、田畑の中にまで張ったり立てたり
しています。

 大口真神とはオオカミのことです。オオカミは音が大神(おおか
み)に通じ、また大きく口の裂けた姿から大口真神という名前がつ
いたといいます。

 オオカミは、山の神の眷属神といわれ、万葉時代の昔から信仰さ
れ、いまでもオイヌ様と呼ばれています。また、長野県ではウブヤ
シナイとという風習があって、オオカミが出産するとだんごや餅を
重箱につめてオオカミの巣の穴の入り口に置いたりして、産神的な
存在でもあったようです。

 日本では905年(明治38)年、奈良県の吉野地方で捕獲されたの
が最後で、以後確認されず、絶滅したとされています。


▼さらには説明【本文】と【画像】をどうぞ。↓
http://toki.moo.jp/merumaga/inakamijo/inajo-02.html





…………………………………………………………
-▼山の歴史伝承に遊ぶ【ひとり画ってん】-
山旅通信【ひとり画展】読者メンバー募集
http://toki.moo.jp/haga-kai/

-▼【CD本】(パソコンでご覧下さい)-
http://toki.moo.jp/cd-books/cd-books.html
・(1:『伝説の主人公』
・(2:『丹沢・山ものがたり』
・(3:『薬になる野菜』
・(4:『ふる祭歳時記』
・(5:『イラスト人の一生事典』
・(6:『山の神々いらすと紀行』
・(7:『イラスト家庭行事事典』
・(8:『野の本・山の本』
…………………………………



★おわり
………………………………………………………………………………










………………………………………………………………………………
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ