1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』

  • ¥0

    無料

1ヶ月20冊の本を読んでみませんか? 「本のソムリエ」が、一日一冊のビジネス書、新書、文庫、小説のポイントを紹介します。定番書評メルマガ。 ■読者の声 ・本当に人生を変えてくれるような本を続々と紹介してくれます。 ・私の人生において、このマガジンの果たした功績は計り知れない。 ■読者投票による受賞歴 ・2016まぐまぐ大賞第3位!(知識・ノウハウ) ・2015まぐまぐ大賞第2位!(知識知恵・人生哲学) ・2014まぐまぐ大賞第2位!(ニュース・情報源)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
発行周期
平日刊
最終発行日
2018年08月20日
 
発行部数
31,003部
メルマガID
0000094236
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■このメールマガジンの目的は、
 『人生を変えるような良い本を紹介すること』です。


このメルマガを解除したい方は
⇒ http://www.mag2.com/m/0000094236.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』5426冊目
https://www.mag2.com/m/0000094236.html

★★☆☆☆「おなあちゃん―三月十日を忘れない」多田乃 なおこ♪


読書普及研究所 本のソムリエ
https://1book-day.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「リーダーの一流、二流、三流」吉田 幸弘
【私の評価】★★★★★(90点)

 三流のリーダーは、
 部下が仕事にてこずっていると
 その仕事を取り上げてしまう。
 では、一流のリーダーは?

http://1book.biz/2017/04/24/-leader-2.html






━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本ナビ(5426冊目)
http://1book.biz/2018/08/20/19450310.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「おなあちゃん―三月十日を忘れない」
多田乃 なおこ、冨山房インターナショナル
【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■14歳のとき東京大空襲を生き延びた
 阿部攝子(あべせつこ)さんの手記を
 小説にした一冊です。


 阿部攝子(あべせつこ)さんは
 もちがし屋の娘。
 せっちゃんと呼ばれていました。


 そこでは時々お店の前を掃除して
 もちがしの切れ端をもらう直吉、
 通称「おなあちゃん」がいた。


 直吉は40代半ばの独り身で
 女らしいプー太郎。
 戦中のマツコ・デラックスなのだ。



■1945年3月10日、
 東京大空襲が始まった。


 せっちゃんは、
 小学校の屋上に逃げて
 何とか生き延びることができた。


 せっちゃんの家族も無事だったが、
 母は火傷の姉の面倒を見ており
 せっちゃんは「おなあちゃん」と
 上野の地下道で過ごすことになった。


 「おなあちゃん」は日中
 地下道を出て、夕方にはどこからか
 服や食べ物を調達してくれるのだった。


・呉服橋。茅場町。
 通りをうめつくしていた黒焦げの死体は、
 どこにもなかった。
 永代橋をわたる(p78)



■7月になると親戚のおじさんが、
 せっちゃんを迎えにきた。
 「おなあちゃん」の話をすると
 いやな顔をする。
 大人は「おなあちゃん」のような
 男女は嫌いなのだ。


 せっちゃんは、「おなあちゃん」に
 挨拶もせず、地下道を去った。
 あれだけ助けてもらったのに、
 お礼も言わずに去ったのだ。


 親戚のおじさんの家での生活は
 食べ物もあり、普通の生活が
 待っていた。
 そして戦争は終わった。



■しばらくして、親戚のおじさんの家げ
 おまんじゅうを作り、
 上野で売り始めた。大好評だった。


 ところがある日、ホームレスの集団が
 「まんじゅうをくれ。カネはないんだ」
 とやってきた。


 なんと!その中に「おなあちゃん」が
 いた。あのやさしい「おなあちゃん」が
 死んだ目をしてその中にいたのだ。


 せっちゃんは、その場を逃げた。
 そのことを忘れることができなかった。
 あれから60年。やっとせっちゃんは
 そのことを書きはじめたのです。


 多田乃さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ものごころついたころ、
 日本は”強い国”だった(p12)


・五、六人の集団が・・・
 「まんじゅうをくれ。カネはないんだ」
 姿かたちよりも、その目がぞっとするほど
 こわかった。感情のぬけ落ちた目(p151)


▼続きを読む
http://1book.biz/2018/08/20/19450310.html


「おなあちゃん―三月十日を忘れない」
多田乃 なおこ、冨山房インターナショナル
【私の評価】★★☆☆☆(69点)

[Amazonで購入する]
https://amazon.co.jp/o/ASIN/4902385694/mag06-22/ref=nosim/

[楽天ブックスで購入する]
https://a.r10.to/hf0PLs


■目次

おなあちゃん
お国のために
悲しい国
三月十日
ピアノ
白いかげ
すみれ色のもんぺ
灰色の町
ふたり
地下道暮らし
さよなら
大家族
牛肉ざんまい
終わりの始まり
まんじゅう売り





------------------------------
<私の評価:人生変える度>
 ★★★★★(お薦めです!ひざまずいて読むべし)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
------------------------------

※注意書き※
 良いことを書いている人が、良い人とは限らないのが世の常です。
 本メルマガが紹介するのは「書籍の内容」であって、書籍の著者と
 その活動を推薦するものではないことをご承知おきください。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■読者の声 http://1books.blog112.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


 本のソムリエ様は、確実に「孤独」を
 少なくする事に貢献されてます。


 少なくとも、私は、メールを頂いて、
 「孤独」から開放されます。


 おおげさと笑われるかもしれませんが、
 命の恩人です。


 どうかお体ご慈愛いただき、
 健やかにお過ごしください。
 本当に感謝しています。



■本のソムリエより


 メールありがとうございます。


 私も読書を続けることができるのは
 メルマガのおかげだと思います。


 何か目的や仕組みがないと
 続かないものですね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本5冊無料でプレゼント!(2970冊目)
http://1book-day.com/present.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■本のプレゼントを希望する人は、
 このメルマガに返信するか、
 下記からご連絡ください。
http://atcopier.com/freeform/10875/form.cgi


○件名は、「一日一冊プレゼント:ほしい“本のタイトル”」に変更
○本文には、次の項目を追記してください。

  1 最近、感動した本は何ですか
  2 メルマガの感想
  3 “ほしい本”を下の5冊から2冊選ぶ 


▼プレゼント“本のタイトル“と内容URL

★★★★★「負けてたまるか! 若者のための仕事論」丹羽 宇一郎♪
http://1book.biz/2017/12/14/niwa-uichiro.html

★★★★★「人生の目的が見つかる魔法の杖」西田文郎♪
http://1book.biz/2004/11/08/20047.html

★★★★★「大人が変わる生活指導」原田 隆史♪
http://1book.biz/2007/03/16/-2006051260.html

★★★★☆「「超」整理法1 押出しファイリング 」野口 悠紀雄♪
http://1book.biz/2016/02/14/-filing.html

★★★☆☆「コンサルタントの仕事力」小宮一慶♪
http://1book.biz/2018/08/17/komiya.html



■締め切りは、平成30年8月25日(土)20時です。

 当選者には、こちらからご連絡して、
 住所などを教えていただきます。


過去の【読者プレゼント】
⇒ https://1book-day.com/present.htm





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼編集後記
http://www.hayaoki-seikatsu.com/users/japantn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 おはようございます!


 今日の宮城県は過ごしやすそうです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼最近読んでよかった本 http://1book.biz/2018/07/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1位「フリーバード 自由と孤独」谷口 浩
http://1book.biz/2018/07/23/freebird.html

2位「「官僚とマスコミ」は嘘ばかり」髙橋 洋一
http://1book.biz/2018/07/05/takahashi.html

3位「誰でもすぐ使える雑談術 ―初めのひとことがうまく言えるコツ」吉田 幸弘
http://1book.biz/2018/07/10/communication.html

3位「外資系コンサルが実践する 図解作成の基本」吉澤 準特
http://1book.biz/2018/07/03/zukai.html

3位「戦略課長」竹内 謙礼、青木 寿幸
http://1book.biz/2018/07/12/strategic-manager.html

3位「水力発電が日本を救うー今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる 」竹村 公太郎
http://1book.biz/2018/07/25/hydro.html






『まぐまぐメルマガ大賞2016』知識・ノウハウ   第3位
『まぐまぐメルマガ大賞2015』知識知恵・人生哲学 第2位
『まぐまぐメルマガ大賞2014』ニュース・情報源  第2位
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
 【発 行 者 】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
 【過去の書評 】 http://1book.biz/
 【メルマガ登録】 https://www.mag2.com/m/0000094236.html
 【ご 感 想 】 このメルマガに直接返信メールしてください。※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


※頂いたメールは、予告なくメルマガ上で、
 掲載させて頂く場合があります。
 掲載不可の必要があれば件名に明記して下さい。


※献本いただいた書籍については、
 私が購入した書籍と混合して保管・処分しますので、
 メルマガへの掲載は必ずしも保証できません。





───────────────
お友達に「一日一冊」を推薦していただくと幸いです。
https://www.mag2.com/m/0000094236.html

☆☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ ☆☆

Copyright c 2002-2018 All rights reserved.
このメルマガの紹介・転載を心から歓迎します。















独自配信を始めました。
クイズの答えが最後に書いてあるバージョンです。
お好きな方をお選びください。

↓ 登録はこちらから ↓ 
http://bookmag2.com/form_if.cgi?type=3&id=1book
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ