1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』

  • ¥0

    無料

1ヶ月20冊の本を読んでみませんか? 「本のソムリエ」が、一日一冊のビジネス書、新書、文庫、小説のポイントを紹介します。定番書評メルマガ。 ■読者の声 ・本当に人生を変えてくれるような本を続々と紹介してくれます。 ・私の人生において、このマガジンの果たした功績は計り知れない。 ■読者投票による受賞歴 ・2016まぐまぐ大賞第3位!(知識・ノウハウ) ・2015まぐまぐ大賞第2位!(知識知恵・人生哲学) ・2014まぐまぐ大賞第2位!(ニュース・情報源)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
発行周期
平日刊
最終発行日
2018年12月07日
 
発行部数
30,777部
メルマガID
0000094236
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■このメールマガジンの目的は、
 『人生を変えるような良い本を紹介すること』です。


このメルマガを解除したい方は
⇒ http://www.mag2.com/m/0000094236.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』5521冊目
https://archives.mag2.com/0000094236/

★★★★☆「日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救う」北野幸伯♪


読書普及研究所 本のソムリエ
https://1book-day.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「誰でもすぐ使える雑談術」吉田 幸弘
【私の評価】★★★★★(90点)

 「雑談セミナー」の内容をこの本に凝縮。
 会話はキャッチボール。
 自分が話し過ぎてもダメなのです。

https://1book.biz/2018/07/10/communication.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼名言クイズ
http://www.1books.jp/entry/2018/12/07/070636

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



・日本には、「正直者はバカをみる」
 という諺がありますね。
 これはある面、事実です・・
 「長期的に繁栄している詐欺師」
 の話は、あまり聞きません・・
 「●●さは、報われる」(p47)


<ヒント>「愚か」ではありません。


▼「名言クイズ」の答えを読む
http://www.1books.jp/entry/2018/12/07/070636




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本ナビ(5521冊目)
https://1book.biz/2018/12/07/rpe.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救う」北野幸伯、扶桑社
【私の評価】★★★★☆(87点)


■世界の未来を的中させてきた
 メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」
https://www.mag2.com/m/0000012950.html
 北野幸伯さんの一冊です。


 ロシア在住が長い
 国際ジャーナリストらしい
 日本への政策提言書となっています。


 まず、タイトルにもあるように
 日本人は労働時間が長すぎる。


 日本よりも短時間労働で
 日本人より多く稼いでいる国は
 多いのです。


 収入が減らないという前提で
 短時間労働となれば、日本国民は
 今よりも幸せになるはずです。


・長時間労働が、家族を破壊する・・・
 今より少ない労働時間で、
 今より国民が豊かになることは、可能であり、
 世界には、実例があふれている(p112)



■その他の提言としては、
 税金ゼロの特区を作り企業を誘致すること。
 学校に朝、昼、夕の米飯給食を導入すること。
 子供を生んだら住宅購入資金を補助すること。


 これらはすべて世界で行われており、
 成果を出しているのです。


 もちろんこうした思い切った政策は
 反対する人が多いでしょう。


 だからこそ中国のように
 日本の地方に特区を作り、
 テスト的に減税を行うのです。


・法人税をゼロにしたら、外国企業に、
 「日本で生産すれば、税金安いですよ。
 中国は人件費もかなり上がっていますし、
 独裁制で怖いでしょう?世界一安全で、
 従業員は世界一勤勉で、税金も安い日本に
 生産拠点を移しませんか?」
 とオファーしましょうと(p172)



■日本は基本的に保守的ですから
 大きく間違わない一方で
 革新的な改善が起こりにくい
 ように感じます。


 これだけグローバル化している
 時代ですから、世界で実績を出している
 政策を検討してみる価値があるのかも
 しれませんね。


 北野さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・地球規模でみると、
 世界の人が目指すのは、アメリカです・・・
 ロシアで成功した人たちは、
 なぜかロンドンに引っ越したがる。
 普通の優秀な人たちは、ドイツに向かいます・・・
 人々は、「仕事を求めて移動する」(p148)


・アメリカのタックスヘイブンがある。
 デラウェア州だ・・
 人口減少が申告な県の法人税を大幅に下げれば、
 東京圏から企業がやってくる(p155)


・コマツは・・
 創業地である石川県に回帰している
 工場を地方に分散している・・
 出生率が飛躍的に上がった・・
 従業員の生活が豊かになった・・


▼続きを読む
https://1book.biz/2018/12/07/rpe.html


「日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救う」北野幸伯、扶桑社
【私の評価】★★★★☆(87点)

[Amazonで購入する]
https://amazon.co.jp/o/ASIN/4594081177/mag06-22/ref=nosim/

[楽天ブックスで購入する]
https://a.r10.to/hfXiaq


■目次

第1章 日本を幸せにする三つのキーワード
第2章 家族大切主義と真の働き方改革
第3章 地方を復活させる秘策
第4章 給食革命と農業の復興
第5章 少子化問題を解決する方法
第6章 和ァームジャパン戦略





------------------------------
<私の評価:人生変える度>
 ★★★★★(お薦めです!ひざまずいて読むべし)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
------------------------------

※注意書き※
 良いことを書いている人が、良い人とは限らないのが世の常です。
 本メルマガが紹介するのは「書籍の内容」であって、書籍の著者と
 その活動を推薦するものではないことをご承知おきください。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■読者の声 http://1books.blog112.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


 本のソムリエさん、
 いつもメルマガ拝読しております。
 ありがとうございます。



■本のソムリエより


 メールありがとうございます。


 いつも購読ありがとうございます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本5冊無料でプレゼント!(3040冊目)
https://1book-day.com/present.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■本のプレゼントを希望する人は、
 このメルマガに返信するか、
 下記からご連絡ください。
https://1book.biz/script/mailform/present/

○件名は、「一日一冊プレゼント:ほしい“本のタイトル”」に変更
○本文には、次の項目を追記してください。

  1 最近、感動した本は何ですか
  2 メルマガの感想
  3 “ほしい本”を下の5冊から2冊選ぶ 


▼プレゼント“本のタイトル“と内容URL

★★★★★「フリーバード 自由と孤独」谷口 浩♪
https://1book.biz/2018/07/23/freebird.html

★★★★★「デッドライン仕事術」吉越 浩一郎♪
https://1book.biz/2008/04/04/post-686.html

★★★★★「新版・実践経営問答 こうして会社を強くする」稲盛 和夫♪
https://1book.biz/2018/11/27/seiwajuku.html

★★★★☆「3秒でハッピーになる 名言セラピー」ひすい こたろう♪
https://1book.biz/2006/10/18/3-discover21.html

★★★★☆「農協の大罪」山下 一仁♪
https://1book.biz/2009/06/12/post-1097.html


■締め切りは、平成30年12月8日(土)20時です。

 当選者には、こちらからご連絡して、
 住所などを教えていただきます。


過去の【読者プレゼント】
⇒ https://1book-day.com/present.htm





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼編集後記
http://www.hayaoki-seikatsu.com/users/japantn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 おはようございます!


 今回も北野さんの提言は
 相変わらずスルドイですね。


 一つだけ賛同できないのは
 唯一エネルギー自給率を上げるために
 耕作放棄地に太陽光設置を
 提言していること。


・耕作放棄地を「発電施設」に変え、
 有効利用することは、
 日本のエネルギー自給率アップにも、
 大きく貢献することでしょう(p258)


 太陽光については、
 まさに太陽まかせ。
 エネルギーというよりも
 ノイズなのです。


 さらに、
 大口電力の販売価格が10円/kWh強なのに
 太陽光の買い取り価格は
 下がったとはいえ26円/kWhと逆ざや。


 不安定電源の電気を
 売る値段より高く買うという矛盾は
 永続するはずがないのです。


 さらに、FIT買い取り期間が終了し、
 買い取り価格が安くなれば、
 太陽光をメンテナンスし
 続けることができるのかどうかが
 課題となります。


 直流を交流に変換する「パワコン」が
 壊れたら、修理するより放置されるか
 廃棄される太陽光が激増するのではないか?


 今でも3兆円と言われる賦課金は
 ますます増えていくことでしょう。
 何十兆円もの金を使って
 太陽光廃棄物を作っただけにならないのか
 見守っていきたいものです。





■【今日蒔いた成功の種】
 ・名刺をもらったらその日にメール
 ・90点以上は著者に感謝メール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼先月読んでよかった本 https://1book.biz/2018/11/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



1位「比較中学歴史教科書―国際派日本人を育てる」伊勢雅臣
https://1book.biz/2018/11/12/textbook.html

2位「新版・実践経営問答 こうして会社を強くする」稲盛 和夫
https://1book.biz/2018/11/27/seiwajuku.html

2位「毎朝1分で人生は変わる」三宅裕之
https://1book.biz/2018/11/21/miyake.html

4位「「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本」出口治明
https://1book.biz/2018/11/29/deguchi.html

4位「歴史が遺してくれた日本人の誇り」谷沢 永一
https://1book.biz/2018/11/06/tanizawa.html




『まぐまぐメルマガ大賞2016』知識・ノウハウ   第3位
『まぐまぐメルマガ大賞2015』知識知恵・人生哲学 第2位
『まぐまぐメルマガ大賞2014』ニュース・情報源  第2位
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
 【発 行 者 】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
 【過去の書評 】 https://1book.biz/
 【メルマガ登録】 https://www.mag2.com/m/0000094236.html
 【ご 感 想 】 このメルマガに直接返信メールしてください。※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


※頂いたメールは、予告なくメルマガ上で、
 掲載させて頂く場合があります。
 掲載不可の必要があれば件名に明記して下さい。


※献本いただいた書籍については、
 私が購入した書籍と混合して保管・処分しますので、
 メルマガへの掲載は必ずしも保証できません。





───────────────
お友達に「一日一冊」を推薦していただくと幸いです。
https://archives.mag2.com/0000094236/

☆☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ ☆☆

Copyright c 2002-2018 All rights reserved.
このメルマガの紹介・転載を心から歓迎します。















独自配信を始めました。
クイズの答えが最後に書いてあるバージョンです。
お好きな方をお選びください。

↓ 登録はこちらから ↓ 
http://bookmag2.com/form_if.cgi?type=3&id=1book
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ