『会社が変わる』GSC

  • ¥0

    無料

勝ち続け、儲け続ける組織づくり!をTOC(制約条件の理論)国内導入実績№1のゴールシステムコンサルティングがお伝えします。全社レベルの収益改善からウィンウィンの対人関係まで、今日、明日、明後日の仕事に全部役立ちます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
『会社が変わる』GSC
発行周期
週刊+増刊号
最終発行日
2018年09月18日
 
発行部数
1,042部
メルマガID
0000098354
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2018/09/18

こんにちは。ゴール・システム・コンサルティング株式会社です。
メールマガジン『会社が変わるGSC』第757号をお届けします。

■■ 目 次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■事務所移転のお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
8月13日より新事務所にて業務を開始いたしました

■オープン研修
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
TOC-ICO認定 ジョナ登録 戦略的思考プロセス
組織を革新するTOCアプリケータ─育成【東京10・11月】

■TOC無料セミナー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
開発テーマを構想設計段階から一気通貫でマネジメントする!
メーカー、開発・設計向け リーン/CCPMセミナー【東京10月】

■TOCソフトウェア
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
全体最適化ソフトウェア「FOCUS(フォーカス)」シリーズ

■TOCコラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
働き方改革とTOCとGSC
~駆け出しTOCコンサルがゲンバで出会ったこと~
第23回 但田 真紀

■人材募集のお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
弊社では継続的に人材を募集しております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■事務所移転のお知らせ ───────────────────────
8月13日より新事務所にて業務を開始いたしました
───────────────────────────────────
このたび弊社ゴール・システム・コンサルティング株式会社は、事務所を移転
し、8月13日より新事務所にて業務を開始いたしました。
これを機に旧に倍しまして皆様のご期待に添えますよう最善の努力を尽くして
参ります。今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

◆移転先所在地
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2-1-8 竹橋ビル5階(旧事務所から徒歩4~5分)
電話:03-5282-2480 FAX:03-5282-2417(電話、FAX番号に変更はありません)

◆アクセス
http://www.goal-consulting.com/company/profile.html#access


■オープン研修 ───────────────────────────
TOC-ICO認定 ジョナ登録 戦略的思考プロセス
組織を革新するTOCアプリケータ─育成【東京10・11月】
───────────────────────────────────
◆◆ 早期お申込み割引受付中 10/5(金)まで ◆◆
本コースは講師の指導・支援のもと、受講者自らの問題に対してTOC思考プ
ロセスを正しく適用し、その問題を解決していただくことを通じて、組織を革
新するTOCアプリケーターを育成いたします。
※TOC-ICO(国際認証機構)登録「ジョナ」付与

◆ 2017~2018 最新受講者の声 ◆
ジョナコースで学んだ知識やスキルの中で、特に印象的・重要だと感じたこと
を3つと、総合的な感想をうかがいました。
http://www.goal-consulting.com/jonah-voice.html

〈日 程〉10月25日(木)26日(金)27日(土)28日(日)
     11月22日(木)23日(金)24日(土)25日(日) 計8日間
〈会 場〉ゴールシステムコンサルティング セミナールーム
     ※8月13日に事務所を移転しております。ご注意ください。
▼詳細/申込▼
http://www.goal-consulting.com/seminar/open-training/jonah.html


■TOC無料セミナー ────────────────────────
開発テーマを構想設計段階から一気通貫でマネジメントする!
メーカー、開発・設計向け リーン/CCPMセミナー【東京10月】
───────────────────────────────────
~リーン/CCPMによるスムーズな開発の流れの実現~
メーカー開発部門の多くでは、テーマ実行中に大きな手戻りが発生することで、
開発期間が長期化する問題が見られます。そして厳しくなったスケジュールを
挽回する過程ではエンジニアの残業・休出も多く、現場の負荷はかなり高まっ
ています。
このような状況に対処するためには、開発着手前の段階で「やわらかい」状態
の構想設計フェーズをいかに計画し、マネジメント可能な状態に持ち込めるか
が「カギ」となります。
本セミナーでは、この点に着目したリーン/CCPMの適用・スムーズな開発
の「流れ」の実現方法について解説いたします。

〈日 程〉10月9日(火)13:30~16:00
〈対 象〉メーカー経営層、開発・設計の部門長/マネジャー層
     ※同業他社の方のご参加はご遠慮願います
〈会 場〉ゴールシステムコンサルティング セミナールーム
     ※8月13日に事務所を移転しております。ご注意ください。

▼詳細/申込▼
http://www.goal-consulting.com/seminar/free-seminar/181009.html


■TOCソフトウェア ────────────────────────
  製造・営業・在庫の全体最適化ソフトウェア「FOCUS」シリーズ
───────────────────────────────────
製造・営業・在庫オペレーションの全体最適化を支援するソフトウェア「FO
CUS」シリーズ。組織の全体最適を実現する経営理論「TOC(制約条件の
理論)」の管理手法に即した機能を持ち、製造・営業・在庫のオペレーション
領域ごとの3つのアプリケーションで構成されております。お客様の業務特性
や部門別の異なる課題にフィットした仕組みを作り上げることが可能です。

■製造向け:FOCUS for Production「S-DBR Manager」
■営業向け:FOCUS for Sales&Marketing「Sales Buffer Manager」
■在庫向け:FOCUS for Inventory「Dynamic Buffer Manager」

▼ソフトウェア詳細▼
http://www.goal-consulting.com/service/toc-software.html


■TOCコラム ───────────────────────────
働き方改革とTOCとGSC
~駆け出しTOCコンサルがゲンバで出会ったこと~
但田 真紀
───────────────────────────────────
第23回 チームマネジメント活動と、TOCコンサルタントの立ち位置

はやいもので、このコラムの連載が始まってからもう半年が過ぎ、残り数回に
なりそうだ。ここまでチームマネジメント活動の概要説明、ゲンバで起きてい
るエピソードの紹介をし、チームマネジメント活動とTOCの考え方の関係を
見てきた。今回は少し視点を変えて、チームマネジメント活動において、GS
Cのコンサルタントがどんな風にTOCを扱っているかを振り返ってみようと
思う。

このコラムの後半で、チームマネジメント活動とTOCの関係を書こうとした
時、私は立ち止まってしまった。「チームマネジメント活動では、TOCをこ
うやって使ってるよ!」と言い切ろうとしたのだが、言い切れるほど明確なこ
とが見当たらないのだ。たとえば、チームマネジメントA3フォーマットの5
枚目では、クラウド(対立解消図)を書くのが基本的な進め方になっているが、
書かないケースもある。当コラムの19回、20回でご紹介した「抵抗の六階
層」の考え方も、まちがいなくチームマネジメント活動に役立っているけれど
も、目の前のチームの六階層全てを言語化するようなことはしていない。チー
ムマネジメント活動の仕組みが不完全だから、こんな風にTOCの使い方が曖
昧なのかなぁと、最初は悩ましく思った。

けれども先輩と会話しているうちに、むしろ一律にTOCを使わないことが大
事なんだなと思うようになった。なぜならチームマネジメント活動は、チーム
の業務改善をしていく活動であって、TOCを使うことが目的ではないからだ。
「TOCのツールを手の内に持っていても、活動を進める上では“本来の趣旨を
全うできるか”を見て、道具にはこだわらない」という先輩の言葉に、私は納得
した。本来の趣旨を全うするために、必要なタイミングに合わせて、TOCの
ツールを使ったり使わなかったりしているから、チームマネジメント活動での
TOCの使い方は一見すると曖昧になっているのだ。

このあたりが、TOC思考プロセスを学びたい人が集まる「ジョナコース」な
どの研修と、チームマネジメント活動の大きな違いなのだろう。たとえば、ジョ
ナ認定を取得する人に対して「抵抗の六階層」を伝えるのであれば、それぞれ
の階層を理解し、具体的にイメージできるように詳しく説明をする。一方で、
チームマネジメント活動の現場では、「抵抗の六階層」の説明をせずに、その
チームが対峙している抵抗の乗り越え方を一緒に考えることが多い。

正直言って、TOCに憧れてGSCに入社した身にとっては、TOCを学びに
来ているジョナコース受講生を相手に、TOC談義で盛り上がっている方が楽
しい。ディズニーランドにこっそり仕掛けられた「隠れミッキー」だって、見
付けてくれる人がいるから盛り上がるのであって「ホラ、これってTOCなん
だよ、どや!」って言えないままの「隠れTOC」はちょっとさびしい。そう
いう気持ちが根っこにあるからこそ「本来の趣旨を全うできるかを見て、道具
にはこだわらない」ことを、肝に銘じておかないといけない。

おそらく、TOCの手法を一挙手一投足、教科書通りに実施する方が、臨機応
変に対応するよりもやりやすい。けれども、業務改善の現場はTOCの手法を
漏れなく実施することを求めているわけではない。だから、GSCコンサルタ
ントは現場を見て、現場に必要なことを取捨選択して、教科書通りではなく実
際的にTOCを使っているのだ。

余談だが、GSCの看板には「Total Solution Provider Applying Theory Of
Constraints」という言葉が刻まれている。この言葉が示す価値観について、最
近も社内で話し合いをしたばかりだ。お客様に寄り添って、お客様の問題解決
をするために、適宜TOCを「適用する」というのはGSCの基本理念でもあ
る。ちょっと禅問答みたいだけれど、「TOCを使いたくてしょうがない」と
いう気持ちを脇において、いつでも「本来の趣旨を全うできるか」という観点
で考え抜けるようになったら、私も先輩みたいなTOCコンサルタントに一歩
近づけるのだと思う。

次回は、それではGSCコンサルタントは、どんな風にチームマネジメント活
動でTOCツールを活用しているか、具体的にご紹介していきたい。


■人材募集のお知らせ ────────────────────────
弊社では継続的に人材を募集しております。
───────────────────────────────────
職務内容:大手企業を中心としたクライアント企業に対する、TOCに基づく
     経営コンサルティング
求める人材:TOCの基礎知識を持ち、戦略構築、企業変革に強い興味をお持
      ちの方。製造業の生産・設計・開発部門での実務経験のある方。
学 歴:大卒以上
語 学:英語力要
勤務地:本社(東京都千代田区)
福利厚生:社会保険完備、通勤手当、退職金制度
給 与:前職、経験、能力を考慮の上、決定

◆エントリーは弊社ホームページをご覧ください。
http://www.goal-consulting.com/company/recruit.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      最後までお読みいただき、ありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行/ゴール・システム・コンサルティング株式会社
〒101-0054東京都千代田区神田錦町2-1-8竹橋ビル5F
TEL:03(5282)2480 FAX:03(5282)2417
URL http://www.goal-consulting.com
MAIL info@goal-consulting.com
----------------------------------------------------------------------
☆毎週月曜日発刊(祝日・振替休日の場合は翌日)
Copyright(C)2002-2011Goal-SystemConsultantsInc. AllRightReserved
このメルマガは転送自由です。多くの仲間で会社を変えよう!
(転載される場合は必ず出典を明記して下さい)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ