日刊 トレーダーズ・メールマガジン

  • ¥0

    無料

あの人気株式情報サイト 「トレーダーズ・ウェブ」のメールマガジン! マーケットの動向、明日の戦略、IPO情報など 投資家必見の情報が満載。 ウィークデイにお届けする株式投資情報の決定版。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
日刊 トレーダーズ・メールマガジン
発行周期
日刊
最終発行日
2018年09月18日
 
発行部数
7,717部
メルマガID
0000113398
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━TRADER'S WEB━━━━━━━━━━━━━━━2018/09/18━━━━━

<日刊> トレーダーズ・メールマガジン
http://www.traders.co.jp/
 ☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

━【1】株式ニュース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ 本日の注目ニュース
--------------------------------------------------------------------

 ◆ プロトコーポ-大幅反発
 上期営業益を上方修正 販管費が当初計画下回る(09:04)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=1345375


 ◆ 文教堂HD-ストップ安売り気配
 村上春樹氏が「新文学賞」辞退との報道で(09:36)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=1345542


 ◆ 豊田自動織機-3日続伸
 「物流ソリューション事業」を強化と報道(11:12)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=1345602


 ◆ 川崎重工-3日続伸
 米国工場でボーイング社向け民間旅客機用貨物扉を完成(13:42)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=1345651



■ 今日の『後場コメント』
--------------------------------------------------------------------

【1】パナソニック、凸版印刷、ガンホー、スズキ、PALTEKなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=1345617


【2】アステラス製薬、オロ、マクロミル、田中商事、クレディセゾンなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=1345643


【3】川崎重工業、富士通、小野薬品、パーク24など
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=1345665



━【2】東京株式マーケット ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ 概況
--------------------------------------------------------------------

『 日経平均は大幅に3日続伸 ラクトジャパンがストップ高 』

 18日の日経平均は大幅に3日続伸。寄り前に米政権が対中制裁関税第3弾の発
動を表明したことから、序盤は売りが優勢。ただし、押し目では買いが入って
早々にプラス転換。23000円を割り込まなかったことで追随買いが入り、前場
で200円を超える上昇となった。後場に入っても買いの勢いは緩まず、一段と
上げ幅を広げる展開。大型・中小型まんべんなく買いが入った上に、TATE
RUやスルガ銀行など売り込まれていた銘柄も鋭角的に上昇し、底上げ機運が
高まった。大引けは325円高の23420円で、高値は23481円まであった。東証1部
の売買代金は概算で2兆9400億円と3兆円に迫る大商い。業種別では全業種が上
昇しており、中でも鉄鋼や空運、保険が強い動きを見せた。一方、電気機器や
サービス、情報・通信などは上昇はしたものの伸び悩んだ。証券会社の新規カ
バレッジが入ったラクトジャパンがストップ高。反面、今期の大幅減益見通し
が嫌気された明豊エンタープライズがストップ安となった。


【マーケットデータ】

・日経平均 23420.54(+325.87) ・東1部売買高 15.81 (億株)
・TOPIX 1759.88 (+31.27) ・同売買代金 29,496 (億円)
・東証2部 7216.31 (+59.90) ・同時価総額 654 (兆円)
・日経JQ 3754.72 (+2.25) ・値上がり 1780
・マザーズ 1026.49 (+8.06) ・値下がり 271



■ 明日の戦略
--------------------------------------------------------------------

 『 後場上げ幅拡大で23500円が目前に、ブル基調はまだ続く 』

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1780/値下がり271と圧倒的に買いが優勢。
大型株ではNTTや資生堂、パナソニックが3%を超える大幅上昇。JALや
ANAなど空運株が買いを集めた。住友倉庫や三菱倉庫など倉庫株も大幅高。
経営統合を発表したUKCとバイテックがそろって急伸し、1Q大幅増益のジャ
ストシステムがストップ高まで買われた。一方、ソフトバンクGやリクルート
HDが逆行安。第三者委員会の設置と株主総会の延期を決定したDLEが急落
した。スタートトゥデイは社長の前澤友作氏が民間初の月周回旅行の乗客にな
るとの報道を材料に売りに押され、文教堂は村上春樹氏が「新文学賞」を辞退
するとの報道を受けてストップ安まで売られた。

 日経平均は後場に上げ幅を広げて300円を超える大幅上昇。米株先物は軟調
で、きのう制裁関税発動への警戒で下げた米国市場が正式発表で反発するかは
未知数。それにもかかわらず強い動きが続いたことは驚きで、先週あたりから
大きな流れが変わった可能性がある。少し前まで23000円より上が非常に重か
ったのに、3日連続の3桁上昇で23500円が目前。テクニカルでみると、1月高
値の24129円まで大きな抵抗はなく、24000円あたりまでノンストップとなって
も不思議ではない。日経平均と比べるとチャート形状が良くないTOPIXも、
きょうの上げで8月30日につけた戻り高値1749pを上回っており、全体のブル基
調はまだ続くだろう。先週、業種別の騰落率が下位、すなわち株高に乗り切れ
なかった業種は、下から空運、鉄鋼、パルプ・紙、その他製品、サービス、
化学など。このうち、空運や鉄鋼にはきょう強い買いが入った。地合いが良く
なると、まだ大きく動いていない銘柄に物色の矛先が向かいやすく、これら出
遅れセクターの動向に注目しておきたい。

 日本株マーケットの話題 ⇒ https://goo.gl/kRJn



■ レーティング情報
--------------------------------------------------------------------
コード 銘柄 シンクタンク 投資判断 目標株価
--------------------------------------------------------------------
5726 大阪チタ 大和 3継続 1580→1740円
6504 富士電機 SMBC日興 1継続 1020→1080円
8630 SOMPOHD 三菱UFJMS Neutral→Overweight 5200→6000円

 注目レーティング(本日13件掲載中) ⇒ https://goo.gl/Zt8SfG



■ IPO情報
--------------------------------------------------------------------

【IPOニュース】

9月14日 SBIインシュの公開価格は2160円
 9月14日 東京インフラの公開価格は9万7000円
 9月13日 ブリッジの仮条件は2090~2310円
 9月13日 ギフトのマザーズ上場が承認
 9月13日 DIシステムのJQスタンダード上場が承認
 9月13日 マリオンの初値は60%高の3800円
 9月13日 香陵住販の初値は16%高の1970円
 9月12日 アイリックの公開価格は1770円
 9月12日 BBSecの公開価格は750円
 9月11日 プリントNのJQスタンダード上場が承認
 9月11日 EMネットの公開価格は3000円
 9月10日 テノ.の公開価格は4600円
 9月10日 アズームの公開価格は3000円
 9月10日 ワールドの仮条件は2900~3200円

 最新情報はこちら ⇒ https://goo.gl/J3vuh2



【ブックビルディング中の銘柄】

・ブリッジインターナショナル<7039>
https://www.traders.co.jp/ipo_info/schedule/ipokobetsu.asp?no=7039

 IPOスケジュール ⇒ https://goo.gl/gftfY



【ウィークリーレポート】
 『 不動産業でも駐車場株には波及していないが… 』

 テノ.ホールディングス<7037.T> 9月20日に東証マザーズ上場
初値の市場コンセンサス:5000~6000円(公開価格:4600円)
主幹事:野村証券/公開株数:46万株
初値堅調が期待されている。直営保育所・受託保育所の運営、幼稚園や保育
所に対する保育士派遣、ベビーシッターサービス・ハウスサービスの提供、
tenoSCHOOL(保育士養成講座など)の運営を展開している。供給が不足する保
育所は政策期待もあり、堅調なスタートが見込まれている。

アズーム<3496.T> 9月20日に東証マザーズ上場
初値の市場コンセンサス:4000~5000円(公開価格:3000円)
主幹事:みずほ証券/公開株数:31万6200株
初値好調が期待されている。月決め駐車場紹介サービスおよび月決め駐車場
サブリースサービスを展開している。不動産業に分類されるためTATERU
ショックの影響が気掛かりだが、今のところ駐車場株までには波及しておらず、
好スタートが期待されている。

イーエムネットジャパン<7036.T> 9月21日に東証マザーズ上場
初値の市場コンセンサス:5000~6000円(公開価格:3000円)
主幹事:みずほ証券/公開株数:25万9900株
初値好調が期待されている。検索連動型広告(リスティング広告)、運用型
ディスプレー広告を中心とした運用型広告を企画から運用、効果分析、改善提
案まで一括して提供するインターネット広告事業を展開している。ネット関連
でも参入障壁の低い広告代理店に対する人気は限定的ではあるが、成長期待か
らの買いを集めるとみられている。



「タイミング悪いがとにかく弱い」

 第2週は渦中の不動産セクターのIPOが2社あった。香陵住販、マリオンとも
に公開価格を上回る初値が付いたが、セカンダリーの不調が目立った。前日に
は再びTATERU株がストップ安を付け、ショックが再燃。上場当日のTA
TERU株は反発したものの、新規の不動産株への資金流入は限られた。

 それにしてもその弱さは予想以上である。不動産株全体に手控えムードの漂
うなか、香陵住販とマリオンはともに上場初日にしては薄商いとなり、新興市
場の売買代金ランキングで10位以内にも入らなかった。それでいて、寄り付き
からの下落率ランキングではワンツーフィニッシュ。翌日の株価もそろって大
幅安に見舞われた。タイミングがタイミングだけに弱いのは想像していたが、
それでもとにかく弱い。

 今のところ両社株の不調は不動産株として、上場のタイミングが悪かっただ
けとの見方が大勢だ。前週に上場したIT系のアンドファクトリーはセカンダリ
ーで見せ場を作った。一方、マザーズ指数は買い戻しも入り、節目の1000ポイ
ントを回復している。残る9月のIPOでは駐車場運営のアズームが不動産セクタ
ーに属するが、今のところ駐車場株にまではTATERUショックは波及して
いない。ただ初値に特攻した買い手が立て続けに損失を被るようだと、初値買
い機運は高まりにくい。最終週はIPOラッシュも本格化し、需給も悪化する。
まだまだ油断のできない状況は続きそうだ。



━【3】マーケットの話題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


■ 上海市場
--------------------------------------------------------------------

『 3日ぶり大幅反発、後場に地合い改善 「国家隊」が買い支えか 』

 18日の中国本土株式市場で、上海総合指数は3営業日ぶりに大幅反発。終値
は前日比1.82%高の2699.95ポイントだった。深セン成分指数は1.67%高の
8133.22ポイントと3営業日ぶりに反発した。上海、深セン両市場の売買代金は
概算で2536億6300万元。

 上海総合指数は、前場に前日終値付近でのもみ合いが続いた。米トランプ政
権が17日、中国からの輸入品を対象とする第3弾の追加制裁関税の発動を発表
したことを受け、米中貿易摩擦の一段のエスカレートへの懸念が重しとなった。
ただ、後場入り後に地合いが一転。ほぼ一本調子で上げ幅を広げ、結局、心理
的節目2700ポイントに迫る水準まで回復した。中国人民銀行(中央銀行)が連
日で資金供給を拡大したことを背景に、「国家隊」と呼ばれる中国政府系機関
が金融株を中心に買い支えを進めたもよう。人民銀は17日に中期貸出制度(
MLF)を通じて2650億元を商業銀行に供給したのに続き、きょうは人民銀がリ
バースレポ(売り戻し条件付き債券購入)により、7月16日以来最大規模とな
る2000億元の資金を市場に供給した。

 A株市場ではほぼ全面高の展開。新華人寿保険(601336)、中国太平洋保険
(601601)など保険株、中国工商銀行(601398)、中国建設銀行(601939)
など銀行株、海通証券(600837)、中信証券(600030)など証券株が軒並み高
となり、相場の上昇をけん引。景気支援策への期待から中国鉄建(601186)や
中国交通建設(601800)がストップ高を付けるなど、インフラ建設株もそろっ
て買いを集めた。アンガン・スチール(000898)、宝山鋼鉄(600019)など鉄
鋼株や、安徽コンチセメント(600585)など建材株も大幅高で引けた。一方、
石油大手のペトロチャイナ(601857)、監視カメラ・レコーダー世界最大手の
杭州海康威視数字技術(002415)が売られ、逆行安を演じた。

 上海B株指数は1.10%高の282.93ポイント、深センB株指数は0.95%高の
956.99ポイントとともに3営業日ぶりに反発した。

 ※指数など詳細な情報はこちら ⇒ http://www.nikihou.jp/



■ 外国為替市場
--------------------------------------------------------------------

『 東京外国為替市場概況・17時 ドル円、上値が重い 』

 18日午後の東京外国為替市場で、ドル円は上値が重い。17時時点では111.96
円と15時時点(111.97円)と比べて1銭程度のドル安水準だった。堅調なアジ
ア株式相場を受けて欧州勢は円売りで参入し、7月20日以来の高値112.28円ま
で上値を伸ばした。しかし16時近辺に中国政府から「米国の追加関税に対して
報復措置を取らざるを得ない」との発言が伝わると、米中貿易摩擦の激化懸念
が再燃し、円買い戻しの動きとなった。ドル円は111.90円付近まで水準を戻し、
その後は上値重く推移した。

 ユーロ円は高値更新後に売り戻される。17時時点では130.79円と15時時点(
130.99円)と比べて20銭程度のユーロ安水準だった。買い優勢な株式相場を受
けて、約2カ月ぶりの水準131.48円までレンジの上限を広げた。しかしながら、
中国の対米報復措置への姿勢が明らかになると一転してリスク回避の動きとな
り、130.70円台まで水準を落としている。
 また、ポンド円が147.83円を上値に147円付近まで、豪ドル円は81.02円をレ
ンジの上限に80.60円前後まで売り戻された。

 ユーロドルは1.17ドル台で伸び悩み。17時時点では1.1681ドルと15時時点(
1.1699ドル)と比べて0.0018ドル程度のユーロ安水準だった。ユーロ円の動き
につれて上下。1.1718ドルまで強含むも、1.1680ドル付近まで押し戻された。
イタリア予算案を巡り、政権内でディマイオ副首相とトリア財務相の対立が取
りざたされていることも重しとなっているか。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:111.67円 - 112.28円
ユーロドル:1.1667ドル - 1.1718ドル
ユーロ円:130.30円 - 131.48円

 ※プライスなど詳細な情報はこちら ⇒ http://www.traderswebfx.jp/



━【4】クイックアクセス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ ニュース ⇒ https://goo.gl/B2TiBF

■ 日本株情報 ⇒ https://goo.gl/qS3VH

  □ IPO情報 ⇒ https://goo.gl/J3vuh2

  □ 信用取引 ⇒ https://goo.gl/DvpYnF

  □ 経済データ ⇒ https://goo.gl/Hh9t7Z

  □ 投資ツール ⇒ https://goo.gl/4Um32f

  □ 市場スケジュール ⇒ https://goo.gl/muxvd

■ 米国株情報 ⇒ https://goo.gl/A736

■ 中国株情報 ⇒ https://goo.gl/tv63Dj

■ 外国為替情報 ⇒ https://goo.gl/HBMjBr


───────────────────────────────────
◇さらに詳細な情報は有料会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」へ!
 会員サービスのご案内はこちら
 http://www.traders.co.jp/service/service_top.asp
───────────────────────────────────
◎日刊 トレーダーズ・メールマガジンのバックナンバーはこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000113398/index.html

※配信停止は下にございます「配信停止はこちら」のURLをクリックして
 お手続きください。

───────────────────────────────────
・各リンク先の情報に関しては、HP上の更新が遅れる場合もありますので、
あらかじめご了承ください。
・本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保
証するものではありません。また、これらの情報によって生じたい
かなる損害についても、当方および情報提供者は一切の責任を負い
ません。投資にあたっての最終判断はご自身の判断でお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□総合情報投資サイト『トレーダーズ・ウェブ』http://www.traders.co.jp/
□中国株情報サイト『二季報WEB』http://www.nikihou.jp/
□為替情報サイト『トレーダーズ・ウェブFX』http://www.traderswebfx.jp/

株式会社 DZHフィナンシャルリサーチ
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー32階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ