みんなのビジネス情報局

  • ¥0

    無料

アイ・コミュニケーションが運営するビジネス実践塾の情報を中心にお届けするメルマガです。 出版情報、セミナー情報、教材情報、マーケティング情報など、 様々なジャンルの情報をお届けします。 また、ビジネス実践塾の会員さんからの限定情報もお届けします。 ここでしか得られない情報が満載!まずはご登録下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
みんなのビジネス情報局
発行周期
週刊
最終発行日
2019年03月20日
 
発行部数
32,852部
メルマガID
0000115344
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

おはようございます。
アイ・コミュニケーションの平野友朗です。

現在チャレンジしてるクラウドファンディング。
こちらはあと8日ほどで終了となります。

https://www.makuake.com/project/hiranotomoaki/

今回は、本当にいろんな勉強になっています。

クラウドファンディングは、どうあるべきか。
どのように活用すると効果的なのか。

そこについて私の中で考えがまとまりました。

その内容は、3,000円以上の支援者の方に
動画教材としてご提供します!

セミナーでもやろうと思いましたが、
4月は企業研修が忙しいので断念。

このメルマガでもさわりだけはお伝えしていきますが
動画で1時間くらいのボリュームになるので
メルマガに書いたら30号分くらいになりそうです(笑)

ということでここでシェアできるのはほんの一握りの情報。


それにしてもすぐに達成出来て良かったです。
実は、一度掲載したものは原則消せないそうです。

他の方のページを見ていると、
1~2万円で止まっているケースも多いと感じています。

するとその結果

「支持してくれる人がいない」
「マーケティングが苦手だ」
「行き当たりばったりの思考だ」

というようなレッテルを貼られる可能性があります。

これは本当に怖いですね……。

今回は、比較的強引に進めていましたが
今までの『信頼残高』があったから成功しただけ。

ここも含めて、しっかり信頼を積み上げていきます。


それでは、メインコンテンツにいってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■信頼を積み上げていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今までの行動の積み重ねで信頼が生まれます。

私だったら、

「メルマガを毎日出し続けている」
「クオリティを維持している」
「ちゃんとした本を書いている」
「有言実行を頑張っている」

このような姿を見てもらっているので
メルマガ読者の方から、ある程度信頼してもらっているように思います。

実際に読者さんと会うと、
そのようなフィードバックを直接受けます。

それがとにかく嬉しい。
さらにやる気になります(笑)


信頼を積み上げる方法は、非常にシンプル。

●期限を守る
●挨拶をする
●言ったことを守る
●質の高い仕事をする
●自然と協力する
●相手に興味、関心を持つ
●相手が主催しているイベントの顔を出す
●お金を借りたらきちんと返す

などなど。

まあ「約束を守る」というのが一番です。


「今度、実践塾はいりますね!」
「今度、セミナーに行きますね!」

といわれて、参加してくれる人は1~2割くらい。

こちらからプッシュのメールを送っても
50%くらいかなぁと思っています。

こういうことが何回かあると
あの人はただ調子が良いだけの人なんだなぁ~となります。

もちろん、信頼は積み重ならず、
もしもの時は、あの人はやめておこう。

ってなってしまいます。

信頼は、日々の小さな行動の積み重ね。
結局、有言実行が一番。

で……何を言いたいかと言うこと
今の時代は、完全に「信頼」の時代だなぁ~と。

これは昔からそうだったのですが
今は、いろんなものが可視化されます。

FacebookやTwitter、Instagramなどを見ると
日々の活動なども見えてしまいます。

「忙しいって言っていたけど、遊んでいるじゃ無いか」
「こもって仕事だと言っていたのに、飲みに行っているのか」

という感じでマイナスの情報が伝わることもあります。

今回、クラウドファンディングをやってみて感じたのは、
ほとんどの人が、商品目当てではありません(笑)


「なんか、平野さんが楽しそうだから、買ってみたよ」
「本は1冊買ったけど、募金だと思ってさらに買いました」
「とりあえず買ったけど、何が届くのかな?」

という感じ……。


可処分所得は、それなりにあるはずです。

本を読んだり、飲みに行ったり。
好きに使えるお金はあるはず。

私も、狛江のフードバンクに毎月1万円分くらい食料を送っていますが
ただ、手伝えたらいいなぁ~という気持ちでやっています。

https://fb-komae.org/

いい活動をしているから支援したい。
困っているみたいだから助けたい。

やって欲しいことがあるみたいだから、協力したい。

お金を使う場所を吟味してるといったほうが良さそう。


それが人の動く動機になることが
昔以上に増えているように思います。

【損か得か】というよりも、
【手伝いたいか】というのがベースになっている。

そのためも、やって欲しいことをしっかり伝える。
多くの人を巻き込んでいく。

これが重要なんだなぁ~と実感。


今回の私のプロジェクトは、
クラウドファンディングを経験して周囲に還元したい。

それが目的でスタートしています。

だからこそ、このような形式のものは二度とやりません!!

今いくつかのクラウドファンディングに協力していますが
どのように進めていくと、望む成果が手に入るのか。

その方程式が見えてきました。


実は、今回スタートしたときに

「なんで、クラウドファンディングなんですか?」
「自社で直売したらいいじゃないですか」

というご意見もいただきました。


本当にそれはごもっとも。

ただ、クラウドファンディングを経験するための材料が
他になったので……条件を満たせるものではじめた。

これが実情です。

そこも含めて、今月末には面白い動画が作れると思います。

https://www.makuake.com/project/hiranotomoaki/

※動画が受け取れるのは、3,000円以上の支援の方のみです

あと1週間ですので、ぜひこの機会をご活用ください!


そして、これで多少信頼残高が減ったような気もするので
コンテンツをしっかり充実させ、再度積み上げていこうと思います。


━━━━━━━━━━━━━━
◆平野からの今日の問いかけ
━━━━━━━━━━━━━━

信頼を積んでいますか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】脳関連の書籍を読む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、脳に関する本をたくさん読んでいます。

この3冊ともそうなのですが、脳梗塞になった人の体験談。

内面でどのような変化が起こっているのか。
何ができて、何ができないのか。

それらが本当によく分かります。

「言ってくれないと分からない」
「態度で示してくれないと分からない」

そんなことばは言えなくなりますね。

ご自身のためにも、身近な人のためにも読んでおきたい一冊。

●脳が壊れた(鈴木大介・著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106106736/scp-22/

●脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出(鈴木大介・著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106107546/scp-22/

数多くの取材をして著作を残してきた鈴木さんだから書けた本。

客観的にヒアリングをして書いたのでは無く、
自分の変化や感じたことを書いているので学びが深いです。

『高次脳機能障害』はいつなるか分かりません。
こういった知識が事前にあると、リハビリに向かいやすくなるのかも。


そして、もう一冊読んだのがこちら。

●奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき(ジル・ボルト テイラー・著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102180214/scp-22/

脳科学者が脳卒中になったというまれなケース。

だからこそ、どこで障害が起こっているのか、
細かく客観的に書いています。


こちらはまだ読み終わっていませんが……

本当に人間は精密に出来ているんだなぁと実感。
この奇跡のような身体に感謝ですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年9月30日でまぐまぐ!版『0.1%の成長』の定期配信は終了しました。
独自配信版への再登録をお願いいたします。

http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html

※今なら書籍プレゼント(登録6日目のメールをお楽しみに!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


まぐまぐ!で受信中の方には、
定期的に変更の依頼をメールでお送りします。

すでに、300人くらいの方が再登録してくださいました。
そして、せっせと書籍を発送しています。


こういった案内は、これからも継続して案内をお送りします。

このような案内が不要な方は、
以下のURLから解除のお手続きをお願いします。

http://www.mag2.com/m/0000115344.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『毎日0.1%の成長』に今ご登録いただくと、

【特典1】平野友朗の読書術(MP3ファイル、14分)
【特典2】メルマガノウハウ2018(MP3ファイル、22分)
【特典3】平野友朗の仕事術2018(MP3ファイル、21分)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

が今すぐご利用いただけます。


さらにメルマガ登録6日目には、
『仕事を高速化する「時間割」の作り方』
のプレゼント用URLをお送りします。

(対象はこの書籍)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833422522/scp-22/

※書籍のプレゼントは先着500名様まで


ぜひ、このチャンスを有効に使ってくださいね!


メルマガ『毎日0.1%の成長』(独自配信版)のご登録はこちらから。

http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者:株式会社アイ・コミュニケーション 『みんなのビジネス情報局』
 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
 http://www.sc-p.jp/ info@sc-p.jp

■解除は、以下のURLからお願いいたします。
 http://www.mag2.com/m/0000115344.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


















(以下、まぐまぐ!さんからのメッセージ・広告です)

               ・
               ・
               ・
               ・
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ