妊娠しやすいカラダづくり

  • ¥0

    無料

不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点で、お届けしています。当メルマガは、現役の医師がサポートしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
妊娠しやすいカラダづくり
発行周期
週刊
最終発行日
2018年10月14日
 
発行部数
2,856部
メルマガID
0000116311
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 妊娠・出産

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

____________________________________________________________________

 妊娠しやすいカラダづくり No.800 2018/10/14
____________________________________________________________________


今週の内容__________________________________________________________

・更新情報
・今月のトピックス:睡眠と妊娠しやすさの関係
・お知らせ
・当社製品&サービス
・編集後記


更新情報____________________________________________________________

サイト版「妊娠しやすいカラダづくり」の更新情報です。
--------------------------------------------------------------------
2018年10月12日 曇り時々雨、のち晴れますように
不妊の心理の3要素
http://www.akanbou.com/column/reproductivecounseling/20181012.html
--------------------------------------------------------------------
2018年10月9日 編集長コラム
パラダイムシフト
http://www.akanbou.com/column/henshuuchou/20181009.html
--------------------------------------------------------------------
記事についてのご質問は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


今月のトピックス Oct. 2018_________________________________________

 睡眠と妊娠しやすさの関係
--------------------------------------------------------------------
平成29年度国民健康・栄養調査によりますと、30代40代の男女の半数弱が1日の睡眠時間が6時間未満、そして、3人に1人が睡眠で休養が十分にとれていないと感じています。

また、OECDの調査では、日本人の平均睡眠時間は男女とも、先進国の中で最も短かったとのこと。

睡眠は妊娠力のどのような影響を及ぼすのでしょうか?

10月6日から10日まで、コロラド州デンバーで開催されたアメリカ生殖医学会にて、睡眠の質と男女の妊娠力について、大変興味深い研究結果が発表されましたのでご紹介します。

◎女性の入眠時刻のバラツキは妊娠力を低下させる可能性
ワシントン大学の研究チームは、妊娠希望の176名の女性に時計型「アクチグラフィー(生活リズムや睡眠/覚醒時間が記録されるデバイス)」を装着してもらい、入眠時刻と起床時刻、睡眠時間を記録し、妊娠しやすさ(妊娠までに要した期間)との関係を調べました。

その結果、睡眠時間や起床時刻と妊娠しやすさとは関連しませんでしたが、入眠時刻のバラツキが大きい女性ほど妊娠しにくかったことがわかりました。

日々の入眠時刻の差によって以下の4つのグループ(67分未満、67分以上100分未満、100分以上138分未満、138分以上)にわけたところ、最も規則正しいグループの女性は最も不規則だった女性に比べて妊娠率が2.39倍だったというのです。

女性は、毎日、決まった時刻に就寝するのがよいようです。

それでは、男性ではどうでしょうか。

◎男性の睡眠不足は男性ホルモンを低下させる可能性
カナダのマニトバ大学の研究者らのグループは、2011-2012年の米国国民健康栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey: NHANES)のデータから男性の生活習慣と男性ホルモン値との関係を調べました。

その結果、男性ホルモン値は年齢や睡眠時間、BMI(体格指数)、アルコール摂取量と関連し、男性ホルン値は、年齢が1歳高くなるほど0.49ng/dL、睡眠時間が1時間短くなるほど5.85ng/dL、BMIの単位が高くなるほど6.18ng/dL、アルコール摂取量が増えるほど2.99ng/dL、それぞれ、低くなることがわかりました。

驚いたことに、男性ホルモンの低下から見ると、睡眠時間が1時間短くなるのは約12歳年をとることに相当することです。

睡眠不足は男性の老化を早めるということがわかります。

男性にとって睡眠不足は女性よりも影響が大きいようです。

◎女性は睡眠のリズム、男性は睡眠の長さが鍵になる
これらの研究結果から言えることは、妊娠を望む女性は、毎日、出来るだけ同じ時間に就寝すること、男性は出来るだけ7時間程度の睡眠時間を確保することが鍵になるようです。

要するに、睡眠と妊娠力について、女性は「リズム」、男性は「長さ」が大切だということになります。

ただし、男性の場合、睡眠時間が長ければ長いほどよいというわけではなく、短くても、長くても精子の質にはよくないようです。

2013年に中国の重慶市の男子大学生796名を対象に睡眠時間と精子の質との関連を調べた研究が行われていて、1日の睡眠時間が7-7.5時間より長くても、短くても、未成熟な精子の割合が高かったという報告がなされています。

男性の精子をつくる働きにとって睡眠時間は7-7.5時間が適切なようです。

また、男性にとっては睡眠時間だけでなく、睡眠の質も低くても、高くても!よくないという研究報告がなされています。

2013年にデンマークの徴兵検査を受けた男性を対象に睡眠の質と精液検査の結果との関連性を調べた研究が行われ、睡眠の質をあらわすスコアと精液検査の結果は、逆U字型の相関関係にあり、睡眠の質が低くても、高くても、精子の質が低下したとの報告がなされています。

男性にとって睡眠の長さも質も、ほどほどがよいようです。

◎秋は睡眠の質が高まる季節だけど・・・
暑かった夏は、どうしても寝苦しくなりがちですが、秋は睡眠の質が高くなる季節です。そして、睡眠ホルモンであるメラトニンは暗くなると分泌が活発になり、睡眠の質は「光」に大きく影響を受けることがわかっています。

「夜は暗くする」、これが睡眠の質を確保するポイントのようです。

夜はスマホやタブレットを遠ざけ、部屋の明かりも落とすことで、心地よい眠りにつくことができ、妊娠力の低下を防ぐことができるはずです。

--------------------------------------------------------------------
記事についての感想やご意見は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


お知らせ____________________________________________________________

◎不妊治療と経済的負担に関するアンケート2018へのご協力のお願い
http://www.akanbou.com/seminar/20181014-4870.html

◎不妊患者の経済的負担の軽減等を目指すための署名活動へのご協力のお願い
http://www.akanbou.com/seminar/20181014-4871.html

◎Fine まつり2018のご案内
http://j-fine.jp/matsuri/2018/matsuri.html


当社製品&サービス________________________________________________

・サプリメント:BABY&ME~新しい命のための環境づくり
 https://babyandme.jp/

・翻訳書:妊娠しやすい食生活
 http://www.akanbou.com/shoku/

・妊娠しやすいカラダづくり BOOK GUIDE
 http://www.akanbou.com/bookguide/


編集後記____________________________________________________________

2003年9月6日にスタートして、15年間、毎週日曜日に配信し、この号で800号になりました。

単にジャストな数字になっただけで、だからと言ってなにもないのですが(笑)。

ただ、我ながらよく続けていると思いますが、私自身の「もっと知りたい」という好奇心もさることながら、配信するたびに、感想や意見をお送りくださる、「読んでくれている方がいる」ということが最大のモチベーションだと、つくづく思います。

そういう意味では、本当にありがたく思います。

いつもご覧いただき本当にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
妊娠しやすいカラダづくり[毎週末発行]    VOL.800
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さんを望まれるカップルの”選択"や"意志決定"をサポートします。
--------------------------------------------------------------------
不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点でお届けしています。
--------------------------------------------------------------------
発 行:株式会社パートナーズ
編 集:細川忠宏(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)
サイト:http://partner-s.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎発行部数
・自社配信: 1,462部
・まぐまぐ: 2,862部
・合計部数: 4,324部(10月14日現在)
--------------------------------------------------------------------
◎免責事項について
当メールマガジンの提供する情報は医師の治療の代わりになるものでは決してありません。プログラムの実行は各人の責任の元で行って下さい。プログラムの実行に伴う結果に関しては、当社の責任の範囲外とさせて頂きます。
--------------------------------------------------------------------
◎注意事項
読者の皆さんから寄せられたメールは、事前の告知なく掲載させていただく場合がございます。匿名などのご希望があれば、明記してください。また、掲載を望まれない場合も、その旨、明記願います。メールに記載された内容の掲載によって生じる、いかる事態、また何人に対しても一切責任を負いませんのでご了承ください。
--------------------------------------------------------------------
◎著作権について
当メールマガジンの内容に関する著作権は株式会社パートナーズに帰属します。一切の無断転載はご遠慮下さい。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ