スーパー経理ウーマン

  • ¥0

    無料

日常の経理事務はもちろん、給与計算から接客応対まで、経理担当者のための情報満載!税務・社会保険事務・労務だけでなくOAからビジネスマナーまで幅広く仕事の情報を入手することができます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
スーパー経理ウーマン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月10日
 
発行部数
4,699部
メルマガID
0000119027
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Kensyu Publishing━

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
        経理・総務から社会保険事務までお任せください!
       週刊「スーパー経理ウーマン」は毎週金曜日の発刊です!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


No.681 2018.08.10号(毎週金曜日発行・祭日休刊)     購読料 無料

*8/17号は夏季休暇のため休刊とさせていただきます。

_____________________________________________________________________________

小さな会社の経理ウーマンはなにかと大変! 日常の経理事務はもちろんのこと、給与
計算から接客応対までこなさなければなりません。そんな経理ご担当のみなさん! 
情報収集は、専門誌編集者が総力で作成する週刊「スーパー経理ウーマン」にお任せく
ださい! ちなみに、われら編集者たちが作っている月刊誌はこちらです。→→→→→

http://www.kens-p.co.jp

当マガジンの情報を実務に適用される場合は、必ず顧問の税理士さんまたは所轄の税務署
・社会保険事務所等にご相談ください。なお個別のお問合せにはご返答できませんので
ご了承ください。

■今週のContents ◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. [エッセイ] 現役編集者が語る「汗と涙のエディター日記」
2. [今月の事務] 8月の事務 ここがポイント!
3. [ワンポイント知識] 銀行借入の際の「信用保証料」のことがわかる30分セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃[エッセイ] 現役編集者が語る「汗と涙のエディター日記」
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは。経理ウーマン編集部のM美です。

平成31年(2019年)10月1日の消費増税まであと1年強となりましたね。
ご存知のとおり消費税率は8%から10%に引き上げられますが、同時に消費税の
軽減税率制度がスタートします。

消費税の導入からすでに30年近くが経過しているため、消費税そのものは
なじみのある税金となっていますが、軽減税率の実施は今回が初めてで、
「どんな制度なの?」「経理実務にどんな影響があるの?」と不安に感じて
いる経理ウーマンも多いのではないでしょうか。

ということで「月刊経理ウーマン」10月号(9/20発行)の特集では、「消費税の
軽減税率」の内容と実務での対応ポイントをわかりやすく解説する予定です。

発行が近くなったら、このメルマガで詳しい内容をアナウンスしますね。
乞うご期待です!!


-------------------------------------------------------------------------------


▼経理ウーマンご購入は下記からどうぞ!

http://www.kens-p.co.jp/shop/shop.php?mode=product&action=list&schema=product
_2&schema_no=

▼経理ウーマンの内容につきましてはこちらからどうぞ!

http://www.kens-p.co.jp/publics/index/92/

▼経理ウーマンの年間購読のお申し込みはこちらからどうぞ!

http://www.kens-p.co.jp/publics/index/3/#page3


▼デジタル版も販売しています!

国内最大級の雑誌・定期購読専門オンライン書店、「Fujisan.co.jp」にて、デジタル
版の販売を開始! スマホやタブレット端末でも、経理ウーマンをご覧いただけます。

http://www.fujisan.co.jp/product/1281680180/

--------------------------------------------------------------------------------

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃[今月の事務] 8月の事務 ここがポイント!
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆所得拡大促進税制の改正


・平成29年4月1日から平成30年3月31日までに開始する事業年度の適用要件等


所得拡大促進税制の適用要件や税額控除の限度額をめぐっては、数次にわたる改正が
加えられています。そこで、企業が各事業年度における法人税申告において税額控除
の適用を受けようとする場合には、常に最新の税制も踏まえた改正内容を知ってお
く必要があります。

この点、平成29年4月1日から平成30年3月31日までに開始する事業年度において
は、所得拡大促進税制の三つの適用要件のうち「平均給与等支給額が前事業年度のそ
れを上回る」との要件について、資本金1億円超の大法人に対しては「2%以上」上
回ることを新たな適用要件とする一方で、給与増加額部分(雇用者給与等支給額-比
較雇用者給与等支給額)の税額控除を12%(改正前10%)に引き上げることとされま
した。

また、中小法人に対しては、それまでの適用要件を維持した上で、給与増加額部分
(雇用者給与等支給額-比較雇用者給与等支給額)の税額控除を22%(改正前10%)
に引き上げることとされました。
こうした改正内容は、平成29年度税制改正で決まったものです。


(この項つづく)


[確定申告・中間申告]

以下の確定申告・中間申告の提出と納税の期限は、8月31日(金)です。

・6月決算法人の確定申告
・12月決算法人の中間(予定)申告
・9月・12月・3月決算法人の消費税の中間申告(半期または四半期分)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ 銀行借入の際の「信用保証料」のことがわかる30分セミナー
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


信用保証料(以下、保証料)とは、保証協会の保証を受ける企業が保証協会へ支払う
保証料のことです。

実は保証協会は、代位弁済に備えて、日本政策金融公庫に保険をかけております。
その保険料と、代位弁済に伴う保証協会の損失の補てん、保証協会の経費などへ、
保証料は充てられます。

この保証料についてQ&Aで解説していきましょう。


Q 信用保証料を安く済ませる方法はありますか?


1.責任共有内の保証を利用する

責任共有内の保証であれば、保証料率は低くなります。ただ責任共有内の保証は、代位
弁済となった場合、銀行が20%の負担をするため、銀行による融資審査が厳しくなりま
す。それも考えた上で、自社が責任共有内の保証付融資の審査を通すことができる企業
であるかも見極めた上で考えていきます。

なお責任共有外の保証は、セーフティネットに係る保証、創業関連に係る保証、小口零
細企業や特別小口に係る保証などがあり、これらは銀行のリスク負担は0%なので、銀
行の審査は通りやすくなります(リスク負担が0%だからと言って銀行が必ず審査を通
さなければならないことはありません。銀行がつきあいたくない企業として審査を通し
てくれないこともあります)。

2.保証料率表を見て、保証料が低い制度を利用する

保証料率表を見て、保証料が低い制度を利用します。なお保証の制度は数多くあり、銀
行の行員でも、全て把握しているものではありませんし、それぞれの保証料を気にして
いない行員も多いものです。企業側が要望を伝えていく必要があります。

なお、責任共有外の保証制度であっても、CRDによる料率区分に関わらず保証料が一
律の制度もあり、料率区分、つまり企業の財務内容によっては、責任共有内の保証より
責任共有外の保証の方がかえって保証料が安くなるケースもあります。保証料率の体系
はとても複雑であり、保証料率表を入手し、じっくり見てみることをお勧めします。

3.都道府県・市区町村の制度融資での保証料補助を利用する

制度融資の中には、保証料の補助を受けられるものも多くあります。その制度を調べて、
銀行員に利用したい制度の要望を伝えていきます。

4.財務内容を良くする

企業の信用リスク、つまり返済できず代位弁済となる可能性が高い企業は、保証料率は
高くなります。それは決算書で表される財務内容によって判断されます。財務内容が良
くなるように経営していくことにより、その経営の結果が決算書に反映されれば、その
決算後に受ける保証付融資の保証料は低くなります。

5.中小企業の会計処理による割引制度を利用する

「中小企業の会計に関する基本要領」に基づき、財務諸表の作成に携わった公認会計士
または税理士がその適用状況を確認した書類、会計参与を設置している旨の登記を行っ
たことを示す書類、公認会計士または監査法人の監査を受けたことを示す監査報告書の
写し、いずれかが提出されれば、保証料は優遇されることがあります。

6.担保提供による割引制度を利用する

保証制度の中には、不動産や有価証券などの担保を提供することにより、保証料が割引
になるものもあります。

ただ、そのためだけに担保を提供するのは、本末転倒です。担保なしで融資が受けられ
るなら、それにこしたことはありません。担保は、今後の融資のためにとっておくべき
です。

希望金額の融資を受けるために担保提供が条件になっているのであれば、それで保証料
が割引になるのか、聞いてみてください。

7.プロパーで融資を受ける

プロパーとは、保証協会の保証が付いていない融資のことを言います。そもそも保証協
会の保証を付けなければ、保証料を支払う必要はありません。

プロパー融資は貸倒れリスクを銀行が100%負担するため、そのリスクが20%(責任
共有内)もしくは0%(責任共有外)である保証付融資に比べて、審査は厳しくなりま
す。銀行から高い評価を受けている企業でなければ、プロパー融資を受けることはでき
ません。

プロパーで銀行から融資が受けられる企業であれば、保証協会に頼らずプロパー融資を
受けることを目指すべきです。またそのことにより、将来プロパー融資を受けられなく
なった時に保証付融資が受けられるよう、保証協会の保証枠を空けておく、という意味
もあります。自社はプロパー融資を受けられないか、銀行に交渉してください。


(つづく)


■―PR―■―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◇月刊「経理ウーマン」はおかげさまで創刊から23年目を迎えました!◇


<最新号(2018/8月号の記事内容>


特集/報酬月額変更届から雇用保険被保険者資格取得届まで
社会保険・雇用保険でできる「電子申請」の全手順教えます


最新号その他の記事


●失敗しない「税理士」選び─ここがポイントだ!!
●経理の仕事に絶対使える「Excel関数」虎の巻
●社員の「マイカー通勤」を認めるときの会社の対応心得
●経理が知っておきたい「増資」の手続き&メリット・デメリット
●もう一度きちんとおさらいしておきたい「減価償却」の実務知識
●「文房具屋さん大賞」─プロが選んだ最高の逸品がこれだ!!
●有名人が語る「私の金銭哲学」(宮川一朗太さん)


http://www.kens-p.co.jp/publics/index/92/


――――――――――――――――――――――――――――――――――■―PR―■
発行元:株式会社研修出版
住 所:〒112-0002 東京都文京区小石川5-3-4-8F
TEL 03-3830-0804
FAX 03-3830-0818
http://www.kens-p.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ