宝彩有菜のメールマガジン

  • ¥0

    無料

宝彩有菜から、最新のお知らせをお届けします。新刊案内・雑誌掲載案内・講演案内・その他。また、短かいエッセイもあります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
宝彩有菜のメールマガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月19日
 
発行部数
491部
メルマガID
0000122458
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > エッセイ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

↑↑
上記の宣伝が不要な方は、ノーコマーシャルの宝彩日曜新聞がPDFで閲覧できます。
「宝彩日曜新聞」最新号(無料)宝彩有菜
http://www.hosai.net/sundy/hsn-2018.pdf
*********************************************
宝彩日曜新聞 2018/08/19 第458号【メルマガ】
*********************************************
~・~・~・~・~・~・~
  はじめのことば
~・~・~・~・~・~・~
この夏はお天気の急変に翻弄されてます。
いかがお過ごしですか。
宝彩有菜です。

『日めくり文言』は、修行や変容のヒントとして短い文言を集めたもので、どれも単純明解なものです。その中から題材を選んで解説しながら、同時に修行のポイントや、気楽に生きるヒント等をお話ししたいと思います。今回は、その第40回目。
--------------------------------
神様は私を生かしている。
◎自分で生きようとすると不安になります。生かされていると感謝すれば、不安から解放されます。
--------------------------------
この日めくり文言は、「大宇宙にお任せ。◎頭は何でも自分で出来ると思っていますが自分が出来ることはホンのわずかです。ほとんどはDNAや宇宙の運行などに依ります」という日めくり文言とコンセプトは一緒です。厳密に言えば一緒ではありませんが、対処しようとしているマインドの不調の状況は一緒で、その解消方法も似ています。

マインドは優秀な考える機械ですが、マインドの実際にできる範囲は限られています。しかし、優秀なマインドは、その範囲の限界を押し広げようと画策しますから、現実には、範囲がどこか自分でも分からなくなってしまい、不可能なことにも、挑戦することになります。
そして、マインドは真面目ですから、諦めずに挑戦し続けます。「どうすればいいのだろう」「どうしよう、どうしよう」と。さらに続けていると、マインド自身も疲弊してきますし、体調も悪くなり、気分も悪くなってきます。
自分でどうにかできないことを「どうしよう」と思っているからそうなるわけです。

そのような困窮した状況に陥ったマインドを救うためには、マインドが「問題」だと「問題視している案件」を、「問題無し」に、改善改修する正攻法ももちろんあります。
しかし、それが不可能だから、「どうしよう、どうしよう」となっているわけですので、この「問題視している案件」を解決するには、別の方法を考えなければなりません。
その良い方法の一つは、「問題視している案件」を「問題視するのをやめる」ことです。たしかに、大問題ではあるかもしれませんが、マインドがどうこうできない問題であるなら、それを問題視して考えることは意味がありません。
どれくらい意味がないかと言えば、「太陽が沈むのが問題だ。
それでは暗くなってしまう。だから太陽を沈まないようにさせよう」と考えているのと同じくらい、意味がありません。「太陽不沈」を願っても実効がありません。無駄です。考えるだけ損です。

「あの時、ああすれば良かった」とか「死んだらどうなるのか不安だ。それを知りたい」などなど、マインドはそれらを立派な思考すべき案件と思っていますが、「太陽不沈」と同じです。いくら考えても無駄です。
しかし、それらを合理的に、「これは考えても無駄。だから考えない」とできるようになるのは、修行が相当進んでからですので、普通は、なかなかそう簡単にその考えを手放しません。

そこで、マインドを手懐ける、「次善の策」として、いわば「方便」として、マインドに「お前が考えなくても神様がちゃんと考えてくれている」とか言って、その考えを手放させる方法があります。
「そうか、神様が考えてくれているなら、自分で考えることはないか」と思ってくれると成功です。すると簡単にその「考えなくても良い案件」「考えても無駄な案件」から、マインドを引き離すことができます。

マインドが、答えの出ない無駄な考えから、日常の現実の意味のある考えに戻ってくると、たちまち、日常が、光彩を放ってきますし、たちまち、いきいきとした実感が戻ってきます。マインドは、ですから、日常の意味のあることに使うべきです。すると、より幸せに、より充実した人生を楽しむことができます。
--------------------------------
「笑雲先生」
「なんだい、小松茸」
「小松茸は、長年の勉強で、神様は居ないって理解しています。神様は人間が考え出した想像上のものでファンタジーだって。お化けや、おとぎ話の主人公と同じだって」
「まぁ、そうだな」
「だから、その神様に任せることによって、意味のない考えから手を引くなんてできませんけど」
「そうかい」
「そうですよ。おとぎ話の神様は頼りになりませんからね。任せる気になりません」
「なるほど。まぁ、理屈はそうだが、ここは、方便だ」
「そうですよ。方便って知ってますから、かえって使えないってことです。このワザは」
「そうだな。普通、方便と知っていると使いにくいと思うが、まぁ、窮地に陥っているマインドは、おバカだから、結構使えるぞ」
「えっ」
「だから、小松茸は神様を信じていなくても、おバカな小松茸のマインドは小松茸とは違う。とくに窮地に陥っている時はさらにおバカになっているから、すぐに信じやすい。だから、『この案件は人知を超えてる。神様に任せよう。きっと善き計らいをしてくださるだろう』なんて言えば、『おお、そうか。人知を超えているのか』って方便にのってきやすいわけだ」
「えっ、じゃあ、基本は『人知を超えている。手に負えない』ってことを、そのおバカな状態になっているマインドに伝えるってことに意味があるんですね」
「そうだね。その通り。そして、その落としどころを神様にしているわけだ。どこか他所に持って行っても良いよ。神様が難しいなら、ゴミ箱に捨てても一緒だ」
「いやー、笑雲先生、さすがにゴミ箱は無いでしょう。せめて、宇宙に戻すとか。自分より上に上げたいですけどね。下にさげるよりは上に。大切な案件ですから」
「そうかい。それならそうすれば良い。とにかく手放すことだ」
「はい。では、宇宙に放り上げました」
「どこに上げたの?」
「だから宇宙に」
「宇宙には上も下もないけどね。あらら、だから、あんなところに落ちて行ってる」
「ふん」

宝彩有菜(「問題無し」にするには?)

--------------------------------
  お礼
--------------------------------
先週、H様(仮名)から、「宝彩日曜新聞」への寸志をいただきました。
ありがとうございました。この誌上をお借りしてお礼申し上げます。
(寸志案内ページ:http://hosai.world.coocan.jp/sunday/apl-01-sun.htm)

~~~~~~~~~~~~~
  宝彩瞑想会の講話から
~~~~~~~~~~~~~
★☆ 本当に全部プログラムがなくなったら ☆★

宝彩有菜:これが好き、これが嫌い、これにこだわっている、こういう主義がある、主張がある、
こういう生きがいがある、目標がある、こういう倫理観がある、使命感がある、指針、癖とか判断とか。
それ、学習している。それらは全部(生まれた)後から得たものだよね。
いやいや、私は生まれつきトマトが嫌いなんですとか、
私は生まれつきおからが嫌いなんですとかいうのをずーっと調べてごらん。
おからでちょっと喉を詰まらせて死にそうになった経験があるとかね、
トマトを噛んで非常にまずかったから嫌いになったとかね、なにか絶対ある。
だから、自分は黄色が好きだとか赤い色が嫌いだとかいろんなこと、全部調べてごらん、ぜっんぶ理由があるから。
でもあまりにも小さい時にそれを経験しているから、私ってこんな人よと思うけど、そうじゃないのね。
全部プログラムだから。それ全部外してみればいい。なんにもなくなる。
なんにもなくなった時に自分はいなくなるかと言うと、そんなことはない、自分はちゃんといるという。
それがさとりの状態だね。

本当に全部プログラムがなくなったときはね、嫌いな人がいなくなるのね。誰も嫌いでなくなる。
探ってみると面白いよ、全部元があるから。(元がわかると)笑っちゃうような話ばっかりだよ。
私はさだまさしが嫌いだった、悟る前は。なんか、あの人の顔見たら嫌だなと。
で、瞑想でいろいろ調べてみたら、小さい時にいとこと二人乗りの乳母車に乗せられていて、
母と伯母さんがそれで買い物に行ってたんだろうね。
その間、常にいじめられていた、そいつに。だからその顔が嫌いなのね。
よく似ているの、そっくり、さだまさしの顔と。
それで悟った後、何年かぶりにその人に会ったんだ、すぐにわかったよ、
あ、俺がこの人嫌いだと思ったのはそういうことがあったからで、
さだまさしを嫌いだと思うのと全部一緒のことで、今はもう関係ないやと。
(今は)普通の親戚のお兄ちゃんなんだけどね。

(第240回宝彩瞑想会 書き起こし編集:「宝彩日曜新聞」編集室 )

--------------------------------------------
  今週の修行(プログレスコース)より
--------------------------------------------
■「人生は素晴らしい」の修行
08/19(日)スタート
この人生は実は誰の人生も素晴らしいものです。でも、マインドはそれをすぐに忘れてしまい、人生をどんどんつまらなく考えてしまいます。これは修行中の基本の修行です。修行すれば確かに「人生は素晴らしい」になります。

プログレス掲示板です。さてさて今月はどんな投稿があるでしょう。
http://hosai02.la.coocan.jp/progress/prog-gatebb-01.htm

※今月もプログレスコース掲示板に5回以上投稿者に、お好きな「宝彩BBマガジン」を1号プレゼントします。
(ただし、最新号第31号は除く)
該当者は、ご請求ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  宝彩有菜の著作から、クイズのコーナーです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(クイズ):下記のセンテンスは、宝彩有菜の『心と体がスッキリする「1日15分」瞑想法』(PHP文庫)の中の一文ですが、
どこにあるでしょうか?(ページまたは、章、項)
http://hosai01.la.coocan.jp/alina-books/alina-book-design-34.htm

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=*=*=**==
  欲とは何か
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=*=*=**==

 ついでにここで、少し「欲」についてお話ししておきます。
 思考は、「思考の種」を見つけた「頭」が「さて、どうしよう」と考えを進めることから始まりますが、みるみるうちに大きくなっていきます。その「どうしよう」という思いは、根底に自分を幸福にしたい、自分を安全にしたい、自分を健康にしたいという、自分が得する方向に持っていきたいという考え方をします。「どのようにすればそうなれるか」ということです。
 このように「自分の得を考えようとすること」を「欲」といいます。つまり思考とは、「思考の種」と、起動をかける「欲」と、思考を推進させる「頭」との連携プレーだということになります。
「思考の種」があっても、「欲」が無ければ「思考の種」は発芽しません。
「思考の種」があっても、「頭」がほかのことで忙しいと「思考の種」は発芽しません。
 これらのことを、イエスは、「農夫が種を落とした話」で詳しく話しています。新約聖書の中のマルコの福音書に、「種が蒔かれた地面のたとえ」というたとえ話があります。

…(続く)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=**==*=*==
●クイズ正解者、水曜日12:00までにご回答の方、先着5名様に、
「宝彩BBマガジン」ご希望号を一冊無料プレゼントします。(ただし、最新号第31号は除く)。
著書名、ページ数(又は該当の章・項)、「宝彩BBマガジン」の希望号をお書きのうえ、ニックネームも付記して
「宝彩日曜新聞」編集室あてにお送りください。

第457号の答えは、『宝彩BBマガジン』第25号P.4でした。
たくさんのご応募お待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  私の好きなページ紹介コーナー「今週のお奨めのページ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆気分のおもちゃ箱から「ケチ」を。
過去を引きずっていては前に進めません。
人生を前向きに進めるために、昨日までの自分も、
賞味期限の切れた食べ物も、思い切り捨てましょう。
http://hosai01.la.coocan.jp/toybox-01/t-aiueo-jun/t-keti.htm

◆私の修行コーナー(04)を。
悟った人と悟っていない人の違いは、
自分の頭が考えていることに無意識ではないということだけです。
http://hosai01.la.coocan.jp/adv-member/m-syugyo-04.htm

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
私の好きなページ紹介コーナーを作っておりますので、紹介するページのURLと、
簡単な紹介コメント、たとえば、「今の私にぴったりです」とか「こころに響きました」と、
ニックネーム(掲載省略選択可)をお書き添えのうえ、「宝彩日曜新聞」編集室あてにお送りください。
採用させて頂いた方には、ご希望の「宝彩BBマガジン」1号分をプレゼントします。(ただし、最新号第31号は除く)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

~~~~~~~~~~~~~~
  「宝彩ことのは」から
~~~~~~~~~~~~~~
相手をどうにかしようという欲がなければ、
自分はちっとも苦しくなりません。
 
(プログレスコースNo.155「唯我独尊的」修行)
-------------------------
「宝彩ことのは」通信のサイト
◆facebook(アカウント登録していなくても見れます)
http://www.facebook.com/hosaikotonoha
◆ホームページ
http://hosai.world.coocan.jp/daily-word/dw2/magbbs7/magbbs.cgi
◆ツイッター
https://twitter.com/hosai_word

-----------------------------------------
 「e-講座質問箱」掲示板
-----------------------------------------
http://hosai.world.coocan.jp/q-and-a/info/index.htm
「初級質問箱掲示板(K)」
・クマジロウさんの新しい投稿がありました。

++++++++++++++++++++++++
  宝彩瞑想会のスケジュール(主催:宝彩有菜)
++++++++++++++++++++++++
●第296回:講話のテーマ 「瞑想と生き甲斐」

【日時】 2018年08月22日(水)18:00~21:00

【場所】東京 / 新宿

【参加費】10,000円(当日払い)

【参加できる方】次のいずれかに該当される方
  ・e-講座の受講生・受講経験者(1講座でも受講の経験のある方)
  ・インテンシブコース卒業生の帯同者

【申込み】下記の詳細案内ページから、メールでニックネームを付記の上、申込みください。
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/me-exp-20180822-sinnjyuku.htm

-----------------------------------------------------
●第297回:講話のテーマ 「瞑想と縁(エン)」

【日時】 2018年09月10日(月)13:00~17:00

【場所】静岡 / 沼津

【参加費】12,000円(当日払い)

【参加できる方】次のいずれかに該当される方
  ・e-講座の受講生・受講経験者(1講座でも受講の経験のある方)
  ・インテンシブコース卒業生の帯同者

【申込み】下記の詳細案内ページから、メールでニックネームを付記の上、申込みください。
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/me-exp-20180910-numadu.htm

-----------------------------------------------------
●2018秋・沼津ひねもす瞑想合宿「瞑想と離果離執」

【日時】 2018年11月11日(日)~13日(火)

【場所】静岡 / 沼津

【参加費】各回 15,000円(予約後、振込み)

【参加できる方】次のいずれかに該当される方
  ・e-講座の受講生・受講経験者(1講座でも受講の経験のある方)
  ・インテンシブコース卒業生の帯同者

【申込み】下記の詳細案内ページから、メールでニックネームを付記の上、申込みください。
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/me-exp-20181111-13-numadu.htm

-----------------------------------------------------
●第299回:講話のテーマ 「瞑想と泰然」

【日時】 2018年11月17日(土)13:00~17:00

【場所】大阪 / 新大阪

【参加費】12,000円(当日払い)

【参加できる方】次のいずれかに該当される方
  ・e-講座の受講生・受講経験者(1講座でも受講の経験のある方)
  ・インテンシブコース卒業生の帯同者

【申込み】下記の詳細案内ページから、メールでニックネームを付記の上、申込みください。
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/me-exp-20181117-oosaka.htm

++++++++++++++++++++++++++++
  支部瞑想会のスケジュール(主催:宝彩瞑想リーダー)
++++++++++++++++++++++++++++
支部瞑想会は、e-講座未受講の方もご参加いただけます。
ここでは各支部の概要をご案内しております。
詳細は、下記HPをご覧ください。

◆宝彩支部瞑想会
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-s/medi-index.htm
-----------------------------------------------------

●新大阪支部瞑想会(主催 アリガ)

【日時】 第69回 2018年08月26日(日)12:50~15:20
     第70回 2018年09月23日(日)12:50~15:20
    
【場所】 大阪市立青少年センター KOKO PLAZA 7階和室702

【参加費】一回につき 2,500円(当日払い)

Facebook http://www.facebook.com/NewOsakaShibu
-----------------------------------------------------

●中野支部瞑想会(主催 チバ)

【日時】第84回 2018年09月16日(日)13:30~16:30
    ◆テーマ:瞑想とリラックス
   
【場所】 東京 / 中野

【参加費】3,000円(当日払い)

ブログ http://hosainakanosibu.wordpress.com/
-----------------------------------------------------
発行:「宝彩日曜新聞」
編集長:宝彩有菜
副編集長:かっちゃん、チバ、智、アリガ
特派員:ウラン、かるん、クマジロウ、よういちろう、ショウ、tanpopo、やんげ、ひまわり、トモ、ねぎ、パパイヤ、百花爛漫
監修:宝彩有菜

この「宝彩日曜新聞」についてのご意見ご希望は、下記メルアドへ。
また、クイズに応募したのに、プレゼントが来ないという方は、
再度お問い合わせください。
まれに、メールが紛れて見落としている場合もありますので。

宝彩有菜

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
■「宝彩日曜新聞」のサイト
http://hosai.world.coocan.jp/sunday/index-sn.htm
■「宝彩日曜新聞」編集室のメールアドレス
hosai_sunday_news@yahoo.co.jp
■宝彩有菜メールアドレス
alina-hosai@mbf.nifty.com
■宝彩有菜のホームページ
http://www.hosai.net
■宝彩瞑想会のページ
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/medi-index.htm
■新刊「どこでもできるはじめての瞑想」(イースト新書)
http://hosai01.la.coocan.jp/alina-books/alina-book-design-46.htm
■キンドル新刊「原因は案外簡単なこと」
http://hosai01.la.coocan.jp/what-new-gazou/2018-07-b.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ