じぇいずたいむず いのちの『パン』

  • ¥0

    無料

私達は心を持っています。体が食を得るように心にも糧が必要です。心の糧は神様の言葉です。人が言葉でコミュニケーションをとるように、心も神様の言葉でのコミュニケーショが必要なのです。さあ受け取りましょう。 (本メルマガはPC向けです。毎週火曜日金曜日午前0時より配信されます。)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
じぇいずたいむず いのちの『パン』
発行周期
週刊
最終発行日
2018年12月14日
 
発行部数
48部
メルマガID
0000124643
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 宗教

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

おはようございます。
今日も講読を感謝いたします。
さっそく、神様の御言葉を聞いて参りましょう。
†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆

550 12/14 †☆†☆ 「主を仰ぎ見る限り見落とすものはない!!」 †☆†☆
──────────────────────────────────
聖書箇所 ゼカリヤ書簡4章1節~1節(講解9)
「誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、
肉体は弱いのです。アーメン。(マタイの福音書26章41節)」

──────────────────────────────────

 ゼカリヤはここで全体が金で出来ている燭台の幻を見ます。
ゼカリヤは今まで4つの幻を見せられていました。これらのものは政治的、
物質的な幻でありました。これから見る幻は道徳的な幻であります。
ここで主はハッキリと、ゼルバベルが人的資源、財源に乏しく無能なリーダーで
あっても、神殿建設の大事業の成否はゼルバベルによるものではなく、
彼を用いて難事業を成し遂げる主の御力そのものであることを示されたのです。
(参照:同6節)アーメン。

 ゼカリヤは、ミルトスの間に立つ人を見、4人の職人を見せられました。
そして測り縄を持つ人に出会い、ヨシュアが祭司として再びその手腕が主によって
期待されている幻を見ました。これらは須く政治的、物質的回復を示す幻
そのものであります。今ユダヤの人々は、目の前に広がる経済的難と、
周辺諸国からの脅かしによって完全に意気消沈してしまい、礼拝よりも
自分達の生活の支えを得る為に主に対する愛は冷めたものでありました。

 これは現代に於いても同様です。礼拝よりも社会経済を重要として、
日曜日の礼拝を欠席することについて心の責めを持たない人々がいかに
多いことでしょう。その中にあって主は、一握りの光を以て、多くの人々に
主の光を照らさせようとされるのです。金の燭台は紛れもなく主の光が
輝いていることを証する幻であります。人々の心に暗い陰りがあっても、
主は主の光を以てその心を力強く輝かせるのです。

 ゼカリヤは幻を見せられても、その意味を悟るのには時間を要したと
考えられます。先の幻を見せられその意味を悟る頃には歓喜の為かいつか
眠ってしまったと考えられます。そのゼカリヤを起こして再び幻を示されるのです。
これは私達が目で見える事柄のみに固着してしまいこの世の事柄のみに
心を奪われているならば眠っている者と同じです。
ですから主は私達を呼び覚ませさて真の事実を見せようと成されるのです。
さあ、主を仰ぎ見て参りましょう。
今日も、あなたにとって素晴らしい1日でありますように。
あなたの祝福を心よりお祈りいたします。アーメン。

†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆†☆
今号は如何でしたか?質問・感想等はこちらまで!!
http://clap.mag2.com/liagitrout?inochi_pan
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ