毎日スキルアップ通信

  • ¥0

    無料

ビジネスのスキルアップに必要な種々のノウハウややる気の元を平日9時にお届けしています。あなたの能力はもとより、自己改革への動機づけ、モチベーションアップなど、日に日に向上していく自分を発見することができるメルマガです。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日スキルアップ通信
発行周期
平日日刊
最終発行日
2019年03月20日
 
発行部数
11,809部
メルマガID
0000130996
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > ビジネスマナー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

======================================
毎日スキルアップ通信(平日日刊)
           2019年3月20日(水)

        中小企業診断士 川野圭介
【毎日スキルアップ通信Facebookページ】
 https://goo.gl/hJZpB5

『毎日スキルアップ通信アーカイブ』
https://archives.mag2.com/0000130996/
======================================



3月のテーマ【アウトプット】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第13回
『最小の労力で最大の成果を上げる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 出口治明さんは、先輩から
「社会人とは、毎朝、新聞を複数読んでから出社
 する人間のことだ」
 と、言われたことがあるそうです。

「何紙も読んだら、お金がかかるじゃないですか」
と、答えたら、
「ばか、そのために会社は給与を払っているんだ」
と、怒られたそうです。

 出口さんはその言いつけを守って今でも朝6時に
起きたら新聞を複数紙読んでいます。

 新聞を読めば、世界で何が起きているのか、
どのニュースが大事なのか一目でわかります。

 記事によっては、「ここは、どういうことだろ
う?」と疑問や興味を抱くことがあり、必ず
インターネットを使って周辺のニュースも検索す
るようにしています。

 新聞とインターネットを使えば、物事の概要を
つかむことは可能です。

 でも、この2つだけでは、全体的な知識を体系
的に学ぶことはできません。

 したがって、あるジャンルについて体系的に
勉強するときは、本を活用します。

 本は、時間軸と空間軸の視野が圧倒的に広いた
め、自分の知りたいテーマについて、もれなく、
整合的に理解することができます。


 はっきりいって、仕事がうまくいかないのは、
インプットの量が少ないからです。

「新しい企画を考えなければいけないが、なか
 なか思いつかない」
「決断を迫られても、とっさに決めることができ
 ない」
「論理的に考えたり、話したりするのが苦手」

 これらの主因は「インプットの絶対量が少ない」
からです。

「アイデアが降りてきた」「天啓がひらめいた」
と言う人がいますが、実際は、自分の脳に格納
されていたもの(意識していなかっただけ)が
何かの拍子に顕在化したというだけのことで
す。

 インプットの絶対量が足りなければ、判断の
精度は高まらないし、発想の幅も広がりません。

 わからないことはそのままにしないで、納得
するまで調べましょう。


 ただ、いくらインプットの量が多くても、いく
ら知識を膨大にため込んでも、何らかのアウトプ
ットをしなければ意味はありません。

 仕事はため込んではいけません。
 どんどんアウトプットしなければ生産性を上げ
ることはできません。

 インプットの量を増やすのは、アウトプットす
るためです。

 インプットしたら、仕事を任されたら、すぐに
アウトプットしましょう。成果を出しましょう。
結果を出しましょう。

 アウトプットすることで「記憶力」も高まりま
す。

 「記憶力」は、詰め込むもの、覚えるもの、
入力するものではなくて、出力しないと鍛えられ
ないものです。

 タンスや机の引き出しを一度も整理したことが
ない人はいないと思います。

 整理するのは、しまってあるものを取り出しや
すくするためです。

 人間も同じで、インプットした情報をアウトプ
ットするには、頭の中を整理する必要がありま
す。

 そのためには、何より「自分の言葉に直す」
ことです。

 人間は、言葉を通してしか、自分の考えを整理
することはできません。

 言語化する方法は2つ。

 1)人に話す
 2)文章を書いて人に見せる

 の2つです。


 難易度の低いレポートなら、遅くとも2、3
時間で仕上げて提出できるようになりましょう。

 スピードこそ、極めて重要な経営資源です。

 判断に迷う場合でも、「仮決め」でいいので、
とにかくいったん結論を出すことを心がけましょ
う。

 ゼロから考えて、新しい価値を生み出す時代に
おいては、猛スピードでラン&テスト、すなわち
試行錯誤を繰り返すことが重要です。

 人間の能力にそれほど差はありません。
 同じ能力であれば、スピードが速ければ速いほ
ど、相手に与えるインパクトは大きくなります。

 インパクト(影響力)
  =仕事量(アウトプット)×スピード(時間)
           
 です。

 1週間後に100点の仕事を提出するよりも
 70点でいいので明日には提出しましょう。

 それの方が相手に与える影響力は大きくなり
ます。

 世の中のすべてのビジネスは時間との競争で
す。

 歴史上、衰退した国は、けっして改革を怠って
いたわけではありません。

 ただ、改革のスピードが世界のスピードより
劣っていただけです。


参考図書
『知的生産術』
 出口治明 1,620円
 (2019.2.15 日本実業出版社)
 https://amzn.to/2HyBaEQ



---------------------------------------------
【新刊紹介】
『3倍のパフォーマンスを実現するフロー状態
 魔法の集中術』
 世羅侑未 1,404円
 (総合法令出版 2019.3.7)
 https://amzn.to/2JhYeKr
---------------------------------------------

 フロー状態に入るためには5つのステップが
必要です。

ステップ1「強い意図を持つ」
 目の前の作業を行うことで実現したい「意図」
 を作業にとりかかる前に明確にします。
 意図の強さが、注意を一点に集める原動力と
 なります。


ステップ2「リラックスする」
 意図によって集めた注意を阻害してしまう要因
 が3つあります。
 そのうちの一つが、緊張です。
 体のどこかに緊張があると、意識はそこへ向い
 てしまいます。余計な力をすべて抜きます。


ステップ3「手順をイメージする」
 注意を阻害する2つめの要因は、作業の途中で
 手順に迷うことです。作業に取り組む前に、
 手順を明確にイメージしておくことです。
 先に手順をイメージして作業の縁取りをする
 ことで迷いがなくなり、心置きなく内容に集中
 することができます。


ステップ4「フィードバック体制をつくる」
 注意を阻害する3つめの要因は、作業の途中で
 「うまくできているか?」と迷いが出てしまう
 ことです。
 うまくできていないこと自体が問題なのでは
 なく、いいのか悪いのか判断がつかずに迷う
 こと自体が注意を分散させることになるので
 問題だと言ってるのです。
 そうならないために、作業がうまく進んでいる
 かどうかをすぐに見極めることができるフィー
 ドバックの体制をあらかじめつくります。


ステップ5「ちょっとした混乱を仕掛ける」
 あらゆる刺激を処理しようとする脳のシータ波
 を突き動かし、ひらめきが生まれやすい状態に
 するために、あえて「ちょっとした混乱」を
 自分に仕掛けます。
 

 フローを作り出すのに、ステップ1の「強い
意図」はわかると思うのですが、ステップ5の
「ちょっとした混乱」は意味がわかりにくかった
と思います。

 人間、集中力を発揮するときに、強い意図だけ
は足りません。

 「ちょっとした混乱」があった方が、あなたに
刺激を与え、その刺激に反応することで、ひらめ
きをもたらします。

 つまり、強い意図は安定したアルファ波を生じ
させますが、ただ落ち着くだけでは力は発揮でき
ません。

 そこで、ちょっとした混乱を与えることで、
ひらめきやすくなるシータ波を発生させるので
す。

 たとえば、白一色の壁に囲まれた部屋で仕事す
るよりも、壁に銭湯のように富士山の絵が描いて
あったりした方が、頭がいい混乱をして、閃きが
生まれやすくなるのです。



---------------------------------
読者のみなさまからいただいた
コメントをご紹介します
---------------------------------

(^^)T2ロケットさん
川野様 いつもありがとうございます。

今日のはビリビリと琴線に響きました

▼無減代
⇒ できてる
▼なぜを3回繰り返す
⇒ 知っているがやっていない
▼枠や制約の中で考える
⇒ できてる
▼数字、ファクト、ロジックで考える
⇒ 見たいものしか見ない、
  見たいように景色を頭の中で作り変える
  思い当たる節がありすぎて怖い
▼考えても仕方ないことは考えない
⇒ 起こってから対処と言い聞かせる
  リスクは事前に考えて対処を考えておくが大事

などと課題などが浮かんできて非常に良かったです


早起きがフローの準備というのはいいですね
実際のところは
メルマガの締め切りがフローのキーだったりすのでは?

フローに入るための準備、
ルーティーンをたくさん作りたい
いつ
いかなるときも
すぐにフロー状態になるために


(^o^)
T2ロケットさん、
▼無減代

▼なぜを3回繰り返す

▼枠や制約の中で考える

▼数字、ファクト、ロジックで考える

▼考えても仕方ないことは考えない


すべてご自身にあてはめて検証してみる。
まさに、インプットを活かすためのアウトプット
ですね。メルマガの記事も生きるというもので
す。ありがとうございます。

>メルマガの締め切りがフローのキー

鋭いです!
そのとおりだと思います。
だからこそ、メルマガ執筆がやめられないのでし
ょうね。


~°~°~°~°~°~°~°~°~°~°~°~°~°~

(^^)野田さん
川野さん、こんにちは。

「メシ・風呂・寝る」から「人・本・旅」
「無限大」ではなく「無減代」
この考え方は今の自分にピッタリな考え方だと思いました。

毎日仕事行って帰る、の繰り返しでは脳に刺激はないですね。
その為の無限代で自分の時間を作っていけたらいいなと思います。


それと、私のフローの準備は早朝の軽い筋トレですね。
これをすると、仕事のスタートダッシュが違います。


(^o^)
野田さん、
「人・本・旅」
あこがれますよね。人生、かくありたいです。

「無減代」
時間が無限大にあると思っていたら大間違い。
限りある人生。無くす、減らす、代える、が
とても大事ですよね。

「フロー」
軽い運動を、やる前と、やった後では、
その効果がはっきりわかりますよね。
私も早朝歩きは続けたいと思います。


ご意見・ご要望
はこちらからから
⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S55648344/

コメント紹介者の中から今週紹介する新刊を抽選
で1名様にプレゼントします。


-------------
編集後記
-------------
高価なリンゴと金柑とイチゴをさりげなく朝の
食卓に置いて、それを食べたときの妻の反応を
モニタリングします。。の結果を発表するのを
忘れていました。

答えは、「すぐに気づかれる」でした。お金を
使ったことを怒ることもありませんでした。
ちょっと、読み物的には面白くない、企画倒れの
平凡な結果に終わってしまいました。
すみません。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【毎日スキルアップ通信】

今日も一日いい日でありますように^^

ぐ) メールアドレス
( ヲ kou の後に @johou.net を付けてね
     
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『登録:解除』
まぐまぐ 
http://archive.mag2.com/0000130996/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ