時事問題で楽しくマスター!使える会計知識

  • ¥0

    無料

旧題「日経でマスター!使える財務分析」。決算書、会計知識、財務分析を、日経新聞等と絡めて解説!効果…(1)お金の流れがわかる(2)企業診断ができる(3)株式で利回り10%以上が可(4)ビジネスで差がつく(5)日経新聞が深く読める!→サンプルは発行者サイトで!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年09月25日
 
発行部数
26,484部
メルマガID
0000133281
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

※※社外コンサル塾ってなんだ?(税理士、コンサルand【社長】必見!!)
→ https://bokikaikei.net/shagaikeiei/seminar/

--------------------------------------------------
2018.9.25   747


★時事問題で楽しくマスター!使える会計知識★

--------------------------------------------------
※解除の手続はご自身で!→ https://www.mag2.com/m/0000133281.html
--------------------------------------------------

【CONTENTS】

[1]電力9社の原発解体引当金が大幅増加(日経18*9*2117)

[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

[3]編集後記


みなさんこんにちは!

公認会計士の柴山政行です。

資格試験などの勉強をしている人で
時間を作り出すことができる人と、作り出せない人がいます。

スキルや経験によるものもありますが
知らないからやっていない、というものもあります。

その1つにインプットの仕方が考えられます。

動画や音声データでの講座は、
倍速にできる機能が備わっているものがあります。

Youtubeもスピード調整ができますね。

倍速で聞くことで、通常の速度より早く
インプットでき、余った時間をアウトプットに回すことができます。

倍速で聞くと集中力もあがるようです。

現在の勉強法で見直しできるところがないか
一度検討してみるとよいですね。


<Youtube「柴チャンネル」>

チャンネル登録すると

・新着動画をいち早く見ることができます。
・すでに見た動画とまだ見ていない動画が区別されます。

無料チャンネル登録はこちら 
→ http://urx.blue/LUl3

<柴山式簿記学習法 合格者多数輩出中> 

簿記1級対策
⇒ https://bokikaikei.info/mboki1mag

簿記2級対策
⇒ https://bokikaikei.info/mboki2mag

簿記3級対策
⇒ https://bokikaikei.info/mboki3mag




それでは、本日のテーマです。


[1]電力9社の原発解体引当金が大幅増加(日経18*9*2117)

電力会社が計上する負債に「解体引当金」という名称の
項目があります。

日経新聞の説明によると、
「原子力発電所の廃炉に備えて電力各社が費用計上している」
項目となります。

なるほど、説明を聞いていると、かなりの巨額になりそうな
感じがしますね。


じっさい、これら解体引当金の額は、1000億円を超える
規模となっています。

2018年3月期時点では、解体引当金の残高は
日本原子力発電を加えた各社合計で約2兆円と
いうことです。
国家予算の支出項目レベルといえます。

これに対し、解体引当金の総見積額は2兆8840億円
だということで、8000億円ほどの引当不足が
指摘されています。

この点が、今後引当を必要とされる部分に
なろうかと思います。


この解体引当金について、総見積額に対する
引当率が最も高いのは関西電力だと報じられています。

具体的には、2018年3月期までに、
総見積額(約5400億円)の8割に相当する
4300億円程度を引当済みです。

じっさいに、関西電力の有価証券報告書を
拝見したところ、「資産除去債務明細表」に、
「原子力発電施設解体引当金期末残高」として、
434,313百万円が計上されていました。


施設の解体・撤去にかかる将来の費用の見積もり計上は、
現行の会計制度では、バランスシート上、
「資産除去債務」という負債科目で
計上されることになっているのですね。


******バランスシート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*********|**:
*********|資産除去債務×××


ところで、今回のテーマは「解体引当金」が
大幅に増加している、というお話でした。


新聞では、電力9社で7割増、800億円超に
も及ぶそうです。

その原因は何か、というと、
解体引当金の算定方法が変わったことによります。

従来、その計上根拠になっていた
「原子力発電施設解体引当金に関する省令」
(平成元年通商産業省令第30号)
という法令の改正に伴い、引当期間が短縮されました。

新聞記事との話を総合しますと、
これまでは50年だったのが、40年に短縮され、
毎年50分の1の費用計上だったのが、
40分の1に上昇したことが原因となっています。

減価償却費計算の定額法の考え方を使っていますので、
償却期間が短縮されれば、単年度ベースの費用は
増加します。


この点、たとえば関西電力の有価証券報告書を
詳しく見てみると、費用化の期間には、
運転期間に安全貯蔵期間を加えた期間を用いていたそうです。

これが50年ということで、そこから10年短縮されて
40年(新聞では運転期間と表現)になったというのが、
実態のようです。


原子力の専門家ではないので、技術的なことはわかりませんが、
電力各社に対し、費用計上のスピードを早めるよう促した
措置なのだと考えられますね。


今回は、原子力の廃炉費用と資産除去債務の関係に関する
お話でした。



柴山政行





[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

この講座は、柴山独自の視点で

「企業財務ニュース解説」
「経済ニュース解説」
「会計のワンポイント解説」
「毎月異なる上場企業の財務分析」

をお届けいたします。

今月のテーマはこちら
https://shibayama-kaikei.com/

特典として全20テーマ251分の
会計実践ゼミも視聴できます。

テーマの一覧はこちら
https://shibayama-kaikei.com/tokutendouga/

(個別の解説動画は会員の方しか見れません)

これだけの内容を
初月無料(0円)でご利用できます。

特典だけでも会計や経済ニュースの理解に
役立つ解説をご用意しています。

ぜひお試しください。
http://bokikaikei.net/master/



[3]編集後記

日曜日に、子供たちをつれて、
サンシャインシティのイベントに行ってきました。

少年ジャンプ連載の人気漫画などが
楽しめる屋内のテーマパークです。

予想以上に広いエリアでイベントも多く
子供たちは楽しかったようです(^^)

わたくしは、漫画の登場人物にコスプレした方々の
多さに圧倒されていました(><)


ジンドウ




■著書一覧 

「(生)決算書レッスン ―有名企業の実物でたっぷり学ぶ」
「いちばんわかりやすいはじめての簿記入門」
「マンガでわかる! はじめての簿記」
「ポケット図解 会計がよ~くわかる本」
「日本一やさしい『決算書』の読み方」
「銀座の立ち飲み屋でなぜ行列ができるのか?」
「ボキトレ 日めくりドリル 日商簿記2級 商業簿記&工業簿記」
「銀座を歩けば経済がわかる! 」
「餃子の王将」決算書で儲けのポイントがサクッとわかる
「できる人の会計士思考入門」
「儲かる会社に変わるバランシート革命」
「半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか」
「サバイバル会計学」
「簿記単」
「グーグル会計学」
「Google経済学」
「一目で見抜く!財務諸表解読法」
「トラの子を増やす 決算書の読み方」
「最新減価償却の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「原価計算の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「出る順問題集日商簿記3級」
「3時間でわかる原価計算入門」
「3時間でわかる会計学(共著)」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 商業簿記」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 工業簿記」
「3時間でわかる簿記入門」
「最短でうかる!日商簿記3級講座」

※取材、講演、税務顧問、財務分析等の
ご依頼・お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/MoI17thWvMx49K57/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<ご注意下さい。>
分析内容につきましては、慎重を期しておりますが、決算書から読み取った
範囲での著者の私見によるものです。事実を保証するものではありません。
また、本メルマガの内容から生じた損害等についての責任は一切負いません。
以上をご了承の上、お楽しみくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、本メールマガジンについてのご感想・ご意見・ご質問などがありまし
たら、ぜひぜひ、およせくださいませ。
⇒ contact@bokikaikei.net
発行者 柴山会計ラーニング株式会社 柴山 政行
Mag2ID 133281   http://bokikaikei.net/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ