ビジネス発想源

  • ¥0

    無料

<まぐまぐ大賞2015・ビジネスキャリア部門第1位受賞/まぐまぐ大賞2014・総合大賞受賞> 連載5,000回を突破した、次世代を切り拓くビジネスパーソン向けの情報メディア。ご商売に活かせる発想源を毎日お届け。世に価値あるものを提供したい経営者・マーケティング担当者だけ、お読み下さい。(筆者:弘中勝)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ビジネス発想源
発行周期
日刊
最終発行日
2018年10月18日
 
発行部数
123,462部
メルマガID
0000134134
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【ビジネス発想源】   http://www.winbit.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018/10/18  Daily Mail Magazine by M.Hironaka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 このメールマガジン『ビジネス発想源』は、

 ・お客様や取引先に喜んでもらう商品や企画づくり
 ・社員やスタッフたちが幸せになる事業づくり
 ・社会に有用で有益なコンテンツを生み出すこと

 といったことを目指す経営者やクリエイターの方々に
 マーケティング発想力を毎日鍛えて頂くための
 実践型ビジネスメディアです。

 本文をお読み頂いた直後に、お手元のノートの上で、
 「今日の発想源実践」の課題を実践して下さい。

 ・実践をせずにただ読んでいるだけで満足する人
 ・お客様の心よりも目先の利益がまず大事という人
  ・手っ取り早く稼げる手法ばかりを追い求める人

 などは、この『ビジネス発想源』には適しませんので、
 今すぐ購読解除をお願い致します。
  → http://www.mag2.com/m/0000134134.html

 お客様のために、社員のために、社会のために、
 自分たちができることは何なのかを真剣に深く考え抜き、
 それを実行することに大きな喜びを感じて頂くための
 実践をお約束できる読者の方のみ、お読み下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日の発想源
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 正しいマーケティングを構築するための発想のヒント。
 必ず最後に実践して下さい。実践無くして向上なし!
────────────────────────────
--------------------------------------------------------
 【第5095回】学んで使う場
--------------------------------------------------------


 昨日紹介した本の内容の続き。

 
 アメリカ合衆国のジョージア州で
 PBLやアクティブラーニングなど
 効果的な教育方法の研究に従事した高橋一也氏は、
 帰国後の2008年4月から英語科教諭となった。

 2015年4月から工学院大学附属中学校・高校学校に勤務し、
 ハイブリッドインターナショナルクラスの担任も務めた。

 2016年2月、教育界のノーベル賞と称される
 「グローバル・ティーチャー賞」で、
 世界の優れた教師TOP10に
 日本人として初めて選出され、注目が集まった。


 日本の大半の中学校・高校の英語の授業では、
 自分の考えを英語で話すことはあまりない。

 そこで、高橋教諭の工学院大学附属中学での授業は、
 エレベータートークを応用している。

 エレベータートークとは、ビジネス界の用語で、
 エレベーターに乗ろうとした時に、たまたま上司と出会い、
 エレベーターが目的の階に到着するまでの限られた時間に
 プレゼンをして興味を持ってもらうことのたとえである。

 そこで求められるのは言葉の知識ではなく、
 即興に話す内容をまとめる力である。


 生徒は3〜4人でグループを組み、
 生徒たちには簡単な状況を書いた紙が配られ、
 3分程度の劇を演じることが求められる。
 例えば、

 「あなたはスーパーに行きました。
  すると目の前であなたの彼女が
  知らない人と一緒に買い物をしています。
  彼女はとても楽しそうに笑っていて、次の瞬間…」

 というものである。

 生徒たちは想像力を働かせ、
 グループで状況とセリフを考える。

 そして、メンバーでどの役を演じるのか話し合い、
 できる限りメモを見ないで演じることが求められる。

 もちろん、難しい言い回しやどのように表現したらいいのか
 分からないという場合は、教師がアドバイスをする。


 このような演劇で求められるのは、
 英語の知識の正確さではない。

 即興で物語を作り、運用する力である。

 このような状況に応じた演劇を授業の中で繰り返すと、
 生徒たちは次第に英語の言い回しに慣れてくる。

 「このシーンではこんな表現をするんだ」
 という感覚である。

 教科書に載っている英文をそのまま暗記しても、
 一体どういう状況で、
 どのようなタイミングで使ったらいいのか分からない。

 だから、このように演劇の授業を通じて、
 覚えた英語の言い回しを使うタイミングを学ぶことができる。

 そして何より、生徒たちは英語を使って話すことに
 興味を持つようになり、高橋氏のクラスからも
 高校に進学する段階で英語圏へ留学する生徒が多い。

 また、4月から英語を学んだにも関わらず、
 中学3年の段階で早々と英検準1級に合格する生徒もいる。


 英語は使ってなんぼのもの。

 失敗を恐れずに使う練習をするべきだ、
 と高橋一也氏は述べている。



▼出典は、昨日も紹介したこの本です。
 注目を集める工学院大学附属中学校の高橋一也教頭の著作。
 人材の能力を開花させるヒントがいろいろ見つかります。

 ・世界で大活躍できる13歳からの学び(高橋一也氏著)
 https://amazon.co.jp/o/ASIN/B01M3VAAYD/winbit-22/



 使えない知識は、宝の持ち腐れです。

 しかし、今の教育の仕組みの中では、
 言ってみれば宝の持ち腐れとなってしまう学び方、
 それ以上に腐っているものを宝のように思っている、
 という本末転倒な学び方をしている人は多くいます。

 ただ知識を貯めてよくて評論家のような人間になり、
 それを使って何かを生み出そう、何かを伝えよう、
 ということを一切せず、
 「自分は知識はある人間ですよ。すごいでしょ」
 と言いたいだけ。

 そんな学び方には、大した意味はありません。

 本当に学びたければ、「使い方」を覚えることです。

 その学んだことを使って何を生み出すのか、
 何を伝えるのか、それを体得するためには、
 その「使い方」を使って学ぶのが最短です。

 ただ覚えて頭で理解するのではなくて、
 実際にアウトプットしなければならない、
 実際に誰かと対戦しなければならない、
 実際に誰かに見てもらわなければならない、
 実際に誰かにお金を払ってもらわなければならない…
 そのような環境を作ればいいのです。

 発表したり、試合をしたり、販売をしたり、
 とにかくその学んだことをアウトプットする。

 そんな場を作るべきで、
 むしろそんな場を提供していない教え方は
 「教えているとは言えない」と考えた方がいいでしょう。

 社員たちの教育、社員たちの研修を考える際に、
 「それをアウトプットする場」は
 セットで考えるべきです。


 
 【今日の発想源実践】(実践期限:1日間)-------------
  ・自社の次回の社員教育・研修・社内セミナーの類を
   企画する。その際、「その学んだことを発表する場」
   「その学んだことを使って何かを実践する場」を
   セットにすること。企画案をノートにまとめる。


  ※本日の「今日の発想源」はいかがでしたか?
   ぜひ実践した意見や感想を、筆者までお伝え下さい。
   ご意見・ご感想はこちらへ→ http://goo.gl/E1axwp

  ※必ずノートに書き込んで実践してみよう!
   (考えるだけ、PCで打つだけでは意味がありません)


--------------------------------------------------------
▼今日の『トップリーダーズ ~読書発想源』
--------------------------------------------------------

●【301冊目】 [TRs-Select]---------------------
  どん底を味わっているような入社志望者ほど、
  とてつもなく大きな可能性を持っている。
 -------------------------------------------------

 闘病生活によって大学卒業時にかなりの年齢であり、
 全ての会社で年齢制限や既往症不可によって
 落とされた新卒生が、唯一年齢も病気も問われずに
 入社を許された会社で、最終的に経営者にまで上り詰めて
 その会社の経営を大きく立て直した!

 人材を採用しようとすると、無難な良い子を選んで
 しまいがちです。過去に問題があったり
 どん底を味わっているような人は、つい敬遠して
 不合格にしてしまうことも多いのではないでしょうか。

 しかし、どん底を経験している人は
 無難に生きてきた人よりも強い心を持ち、
 とてつもない知恵や勇気を身につけているものです。
 人材の採用の時には、相手のどのようなところに
 注目しなければならないでしょうか。


 ……

 『トップリーダーズ 〜読書発想源〜』は、
 各界のプロたちの叡智や発想を学ぶ、
 トップレベルの発想力を目指す
 経営者やクリエイター向けのnoteマガジン。

 月1980円の月額購読で、
 当月分や過去のバックナンバーが読み放題です。

 同業他社にはない経営力、企画力、発想力を、
 ぜひどんどん持っていって下さい! 

 ・『トップリーダーズ ~読書発想源〜』
   https://goo.gl/XAV7W9


--------------------------------------------------------
▼毎週土曜・日曜は『ビジネス発想源 Special』の日!
--------------------------------------------------------

 この『ビジネス発想源』は月~金曜日の日刊、
 そして土曜・日曜は『ビジネス発想源 Special』として、
 有料メールマガジンにて配信しています。

 日々の『ビジネス発想源』をはるかに凌駕する情報量、
 『ビジネス発想源』にはない良質コンテンツの数々で、
 あなたの発想力・企画力・経営力は
 劇的に向上することでしょう。断言できます。

 1ヶ月は試し読み期間で無料で読めますので、
 無料で試読してみて、合わなければ解約すればOK。

 月額わずか907円で、あなたのビジネス力を大改造します。
 ぜひご利用ください!

 ・『ビジネス発想源 Special』→ http://goo.gl/60FY9j


────────────────────────────
▼「まぐまぐ大賞2017」ビジネス部門を受賞しました!
   https://bit.ly/2AgB0Od
────────────────────────────
▼大人気『歴史発想源』シリーズ、Kindleで電子書籍化!
・「歴史発想源/大越陳朝篇」/ https://amzn.to/2CEJVeQ
・「歴史発想源/鳥取戦乱篇」/ https://amzn.to/2IxHtoU
・「歴史発想源/米沢再建篇」/ https://amzn.to/2JhSfVw
・「歴史発想源/南極踏破篇」/ http://amzn.to/2ikklQg
・「歴史発想源/鎌倉功臣篇」/ http://amzn.to/2xzTR2w
・「歴史発想源/農学培養篇」/ http://amzn.to/2vlBWP8
・「歴史発想源/ポルトガル篇」/ http://amzn.to/2sdkrwH
・「歴史発想源/赤備軍団篇」/ http://amzn.to/2ibbYoj
・「歴史発想源/幕末日野篇」/ http://amzn.to/2dI7xzI
・「歴史発想源/鄭氏台湾篇」/ http://amzn.to/2cs49x6
・「歴史発想源/民力醸成篇」/ http://amzn.to/29i9jKD
・「歴史発想源/南洋雄飛篇」/ http://amzn.to/1lswDpx
・「歴史発想源/山形戦乱篇」/ http://amzn.to/1QueeUp
・「歴史発想源/ローマ建国篇」/ http://amzn.to/1cMfRgB
・「歴史発想源/佐賀戦乱篇」/ http://amzn.to/1NrvWmU
・「歴史発想源/四国統一篇」/ http://amzn.to/1FZuE3m
────────────────────────────
▼気楽に気ままにブログ更新中。
 ・発想源ブログ/ http://blog.winbit.biz/
────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日の「Paddy 一日一景」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 風景を共有するスマホアプリ「Paddy」に登録された
 各地の風景から、個人的に気になったものをピックアップ!
────────────────────────────
 タイトル:徳島・両国橋
 投稿者:wander1969さん
 場所:徳島県徳島市付近
 日時天候:夕・夏・晴

→橋の欄干としても阿波踊りの像が設置されているんですね。
 ここは来ていませんでした。行ってみたいです。(弘中)

────────────────────────────
 ●Paddyアプリ(ver1.3.2)
   → https://itunes.apple.com/jp/app/id927862051
────────────────────────────
 ・Paddyの公式サイト(試験運用中)
   → http://www.paddying.com/
 ・Paddy事務局のtwitterアカウント
   → https://twitter.com/paddyingcom
────────────────────────────
▼電子書籍「Paddyウォーク」シリーズ、好評発売中!
 ・新宿/渋谷/秋葉原: http://goo.gl/5sycMj
 ・上野/池袋/有楽町: http://goo.gl/2fh9j2
 ・品川/目黒/六本木: http://goo.gl/4X4Y4Y
 ・船橋/大宮/甲府: http://goo.gl/7ap0Js
 ・門前仲町/清澄白河/豊洲: http://goo.gl/eeO3md
 ・巣鴨/大塚/駒込: http://goo.gl/SZcIba
 ・築地/大森/飯田橋: http://goo.gl/G4kj4H
 ・横浜元町/関内/桜木町: http://goo.gl/vdAJYn
 ・東雲/辰巳/新木場: http://goo.gl/LrjeUq
 ・早稲田/面影橋/高田馬場: http://goo.gl/p6eGpF
 ・赤羽/十条/王子: http://winbit.biz/?p=244
 ・経堂/桜上水/芦花公園: http://winbit.biz/?p=246
 ・用賀/桜新町/千歳烏山: http://winbit.biz/?p=248
 ・等々力/上野毛/二子玉川: http://winbit.biz/?p=253
 ・月島/晴海/勝どき: http://winbit.biz/?p=267
 ・大崎/五反田/大井町: http://winbit.biz/?p=271
 ・田端/鶯谷/日暮里: http://winbit.biz/?p=281
▼「Paddyトリップ」シリーズにもチャレンジ!
 ・都心梅七景(1)~(2) http://goo.gl/fmyeyj
 ・都心梅七景(3)~(9) http://goo.gl/8NSSfl
────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おたより】 メッセージ、ありがとうございます!
--------------------------------------------------------

●5000回おめでとうございます!
 改めて5000回はすごい数字ですね。
 10000回のときがメルマガのままなのか、
 全く違う媒体になっているのかどうかも楽しみです。


→5000回達成記念アンケート、ありがとうございます。
 1万回の時はメルマガではないか、もしくは今の内容と
 全く違う内容になっているか、どちらかと思います。(弘中)


 ※「ビジネス発想源」を質を落とさずに日刊で書けるのも、
  読者の皆様からの感想メールや反響メールのおかげです。
  ぜひ感想や実行した結果などを教えて下さいませ。

  ・感想メールはこちらへ→ http://goo.gl/E1axwp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼『ビジネス発想源』はいろんなところに。
 ・『ビジネス発想源 Special』/ http://goo.gl/60FY9j
 ・『トップリーダーズ』 / https://goo.gl/XAV7W9
 ・発想源ブログ/ http://blog.winbit.biz/
 ・twitter『ビジネス発想源』/ http://goo.gl/mW4jCl
 ・facebook『ビジネス発想源』/ http://goo.gl/evYQiO
 ・弘中勝のtwitter/ http://twitter.com/hironakamasaru
 ・弘中勝のfacebook/ http://facebook.com/hironakamasaru
 ・弘中勝のInstagram/ https://goo.gl/vbc9iD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【あとがき】(筆者より)
--------------------------------------------------------

 『ビジネス発想源』をお読み頂きありがとうございます。


 本日は昨日に引き続き「グローバルティーチャー賞」で
 日本人で唯一TOP10に選出された教師である、
 工学院大学附属中学校の高橋一也教頭の『世界で大活躍
 できる13歳からの学び』という本を取り上げました。

 英語の授業の話ですが、基本的には英語だけではなく
 あらゆる教科のこと、また社会人が学習ことについても
 応用できるような仕組みがいろいろと登場します。

 人材教育に悩んでいる経営者、人材育成を考え直したい
 担当者の方などはぜひ参考にしてみてください。

 ・世界で大活躍できる13歳からの学び(高橋一也氏著)
 https://amazon.co.jp/o/ASIN/B01M3VAAYD/winbit-22/

 
 本といえば『トップリーダーズ 〜読書発想源〜』で、
 「トップリーダーズSelect」が300冊を超えたあたりから、
 また購読される方も少しずつ増えてきて嬉し限り。

 まだまだこれからいろいろな本や内容が登場します。
 「ニッチな本棚」「漫画発想源」「歴史発想源」など、
 ちょっと異質な切り口からのコーナーも、
 いろいろ情報が詰まっていて役立つかと思います。

 私が「起業直後の未熟な頃にこんな情報源が欲しかった!」
 と思うようなビジネスメディアにしてあります。
 月額1,980円で各界のプロの叡智や発想を学べるので
 断然お得かと。ぜひぜひご利用くださいませ。

 ・『トップリーダーズ ~読書発想源〜』
   https://goo.gl/XAV7W9



 それでは、次回の『ビジネス発想源』をお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネス発想源』     執筆:弘中 勝(ウィンビット)
────────────────────────────
 ▽本日の『ビジネス発想源』はいかがでしたか?
  ご意見やご感想など、ぜひご遠慮なくお送り下さい。
  こちらからどうぞ→ http://goo.gl/E1axwp

 ▽本文を許可無く転載することは、何の発想力の訓練にも
  なりませんし著作権もあるので、禁じます。

 ▽購読解除はこちら。今までありがとうございました。
   → http://www.mag2.com/m/0000134134.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      (c)2004-2018 Winbit All Rights Reserved.



(メールマガジン『ビジネス発想源』は
 「まぐまぐ」を利用して配信しております。
 まぐまぐさん、いつもありがとうございます!)


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ