Go!Go! エクセルマクロをはじめよう!

  • ¥0

    無料

プログラミング経験の全く無いおとうさんにでも簡単にマクロが組める! 5百人以上のプログラマーを育ててきたベテランSEが満を持して送る、初心者でも必ずできる超簡単VBAマクロ作りのノウハウを直伝します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
Go!Go! エクセルマクロをはじめよう!
発行周期
不定期
最終発行日
2019年01月14日
 
発行部数
10,173部
メルマガID
0000135169
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
インターネット・パソコン > プログラミング > 初心者向け
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□  □□□□□  □□□□  □□□  □□  □
                          2004/07/14日創刊号
   Go! Go! エクセルマクロをはじめよう!
                            ― No. 001 ― 
◇  ◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇◇  ◇◇◇◇◇  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



みなさんこんにちは。はじめまして、当メルマガ編集担当の三太郎です。
このメールマガジンは、普段あなたが仕事の中で面倒に思っているルーチン
ワークを撃退するために不可欠なエクセルの自動化マクロの作成講座です。
プログラミング経験の全く無いおとうさんにでも簡単にマクロが組めるよう
心がけて話を進めていきます。(エクセルの基本操作のスキルは必要です。)

エクセルのマクロと言っても、当メルマガで扱うのはVBAというベーシック
言語を用いたマクロです。
セルに組み込む関数マクロは、みなさんもう経験されている(?)ように失敗の
基なので、基本的に当講座では使いません。



<本誌の構成>↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  本誌の本文は次ぎの構成になっています。

  ―――――――――――――――――――――――――+
  この部分が操作手順を記載した部分です。
  ―――――――――――――――――――――――――+

  +++++++++++++++++++++++++―
  この部分がマクロプログラムを記載した部分です。
  +++++++++++++++++++++++++―

  その他の部分は解説文です。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
第1節 まずは、とにかく「マクロの記録機能」を使ってみよう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

┏━━▼ Lesson 1 --- こんにちは、みなさん!---

┃ テーマ:新しいマクロの記録機能を使って、
┃     「こんにちは、みなさん!」マクロを作る
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲


1)
まずはエクセルを起動させてから、
――――――――――――――――――――――――――――+
[ツール(T)] → [マクロ(M)] → [●新しいマクロの記録(R)...]
→ マクロの記録画面が出るのでそのまま[OK]をクリック。
すると、なんか小っさな画面が出ますが気にせずに、
B2のセルに「こんにちは、みなさん!」と打ってみてください。
打ち終わったら一度[Enter]キーを押してから、
さきほどの小っさな画面の■をクリック。(もし小っさな画面
がなくなってしまった場合は、[ツール(T)] → [マクロ(M)]
→ [■記録終了(R)]とやっても同じです)
――――――――――――――――――――――――――――+

たったこれだけで、「こんにちは、みなさん!」マクロのでき上がりです。


2)
では、さっそく実行してみましょう。
――――――――――――――――――――――――――――+
まず、下のシートタブからまだ何も書かかれていない空のシート「Sheet2」
を開いておいてください。
そして、[ツール(T)] → [マクロ(M)] → [マクロ(M)...]
→ マクロ画面が出るのでそのまま[実行]をクリック。
――――――――――――――――――――――――――――+

Sheet2のB2の位置に「こんにちは、みなさん!」と
自動的に書き込みされたことと思います。


3)
ちょっと、マクロプログラムの中身をのぞいてみましょう。
――――――――――――――――――――――――――――+
[ツール(T)] → [マクロ(M)] → [Visual Basic Editor(V)]
すると、見慣れたExcelの画面とは別にもう一つ見慣れない画面が表示された
と思います。
この画面の左上半分の[+標準モジュール]という所の+の部分をクリック
すると、そのすぐ下に[Module1]と表示されるので、その[Module1]をダブル
クリックします。
――――――――――――――――――――――――――――+

++++++++++++++++++++++++++++―
Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
' マクロ記録日 : 2004/6/22 ユーザー名 :
'

'
Range("B2").Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = "こんにちは、みなさん!"
Range("B3").Select
End Sub
++++++++++++++++++++++++++++―

右側にこんなものが表示されたはずですが、これが今作った
「こんにちは、みなさん!」マクロのプログラムの正体です。

※今、このプログラムの意味を知る必要は全くありません!


4)
では次に、このプログラムをちょっとだけいじってみましょう。
――――――――――――――――――――――――――――+
プログラムの
[ActiveCell.FormulaR1C1 = "こんにちは、みなさん!"]
と書いてある行を
[ActiveCell.FormulaR1C1 = "あんにょんはせよ、みなさん!"]
と変えてみてください。
(「こんにちは」を「あんにょんはせよ」に変えるだけです。)
――――――――――――――――――――――――――――+

これで、韓国版?マクロ「あんにょんはせよ、みなさん!」のでき上がり
です。


5)
実行してみましょう。
――――――――――――――――――――――――――――+
Excelの画面を表示して(タスクバーで)、2)の時と全く同じ以下の操作を
してください。(シートは「Sheet2」のままでOKです)
[ツール(T)] → [マクロ(M)] → [マクロ(M)...]
→ マクロ画面が出るのでそのまま[実行]をクリック。
――――――――――――――――――――――――――――+

みなさん、韓国版「あんにょんはせよ、みなさん!」マクロはできました
でしょうか?


6)
今日の最後にもう一つ、またプログラムをちょっといじってみます。
――――――――――――――――――――――――――――+
先ほどの、プログラムが表示されている画面を表示して(タスクバーで)、
プログラムの
[Range("B2").Select]
と書いてある行を
[Range("J25").Select]
と変えてみてください。(「"B2"」を「"J25"」に変えるだけです。)

再びExcelの画面を表示して、(シートは「Sheet2」のままでOKです)
[ツール(T)] → [マクロ(M)] → [マクロ(M)...]
→ マクロ画面が出るのでそのまま[実行]をクリック。
――――――――――――――――――――――――――――+

今度はシートの中程、"J25"のセルに「あんにょんはせよ、みなさん!」と
書き込まれたはずです。

もうみなさん、お解かりですよね。

これで、ある位置(セル)に何かの文字を自動的に書かせるマクロプログラム
が作れるようになりましたね!
これが、マクロ作成のはじめの第一歩です。

それでは練習に、好きな位置に好きな文字を自動で書かせてみてください。



今回はこれで終了です。
終わる時は、通常のExcelファイルの保存方法(ファイルメニューの「名前を
つけて保存」など)を行なえば、自動的にこのマクロも一緒にExcelファイル
に保存されます。
この講座では今回作ったマクロは特にもう使うことはありませんので、保存せ
ずに終了しても構いません。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
次回の予告
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

┏━━▼ Lesson 2 --- 表を作ってみよう!---

┃ テーマ:新しいマクロの記録機能を使って、 表を作る

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

記念すべき第一回目の内容はいかがだったでしょうか?
少しでも経験のある方にとっては、きっと簡単すぎるなぁと思われたことで
しょうが、この講座は「誰にでも簡単に!」を目標に、あくまでも初心者向け
に行なっていきますので、あしからず。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□□□□□□□  □□□□□  □□□□  □□□  □□  □
 【Go! Go! エクセルマクロをはじめよう!】毎週水曜日発行
 このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000135169.htm
 発行者Webサイト: http://www.wat3d.com/gogo/index.html
 発行者:WAT エクセルカスタマイズセンター
         http://www.wat3d.com/ex/
         E-Mail:gogo@wat3d.com
 【Go! Go! エクセルマクロをはじめよう!】は、
 下記の出典をご明記いただければ、転載、複写、リンク大歓迎です。
 「Go! Go! エクセルマクロをはじめよう!」 http://www.wat3d.com/gogo/
◇  ◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇◇  ◇◇◇◇◇  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ