禁断の帝王学★物販大富豪の戦略術

  • ¥0

    無料

本業は物販ビジネス。44年間ただの一度も飛ばすことなく大富豪になった「北の物販大富豪」こと北野会長直伝の訓え。『北のセオリー』必ず黒字の物販ビジネス、負け無しの株式投資法「居合抜き」、元本返済の要らない不動産投資、最強の利回り「銀行への貯蓄」、登竜門2,000万円の創業融資、北の三角形。『南のセオリー』納税、政治活動支援、ボランティア活動、「世のため人のため自分のため」社会貢献活動。四柱推命鑑定士真田孔明が本物の「禁断の帝王学」のヒミツを解き明かす。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
禁断の帝王学★物販大富豪の戦略術
発行周期
日刊
最終発行日
2018年09月18日
 
発行部数
51,588部
メルマガID
0000135794
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━
四柱推命★真田孔明の禁断の帝王学
毎週一度WEBを学ぼう!特別号
by マーベリックWEBメディア部
━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>
◯メ・ボード:MVアフィリエイトセンター!
◯主将宮本:未来を決定する能力を磨く
◯仮想通貨三四郎:ベネズエラで普及するアルトコイン・ダッシュ(DASH)
◯融資部門サッチェル:北の剣客道場手引き書
◯コーチJ(ジェイ):自分が集中すべき業務は、たった1つだった
◯コーチ真田孔明:「世のため、人のため、自分のため」
◯ホワイトボード:毎週真田孔明が熱く語る

━━━━━━━━━━━━━━━━━
メッセージボード:
マーベリックアフィリエイトセンター!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

『マーベリックWEBメディア部』
プレミア部員に対して、
専用のアフィリエイトセンターを
用意しています。

ここでしかアフィリできない
高額報酬案件が連ねる
専用アフィリエイトセンター。

既にたった1件の成約で
20万円以上のアフィリエイト報酬を
確定したメンバーも
毎月、登場しています。

実践した部員!早い者勝ち状態です!
プレミア部員参加後に、
具体的な参加方法を連絡します。

→ http://maverick5.com/nyuubu

━━━━━━━━━━━━━━━━━
主将宮本:
未来を決定する能力を磨く
━━━━━━━━━━━━━━━━━


学生の頃は
歴史なんて全くもって興味がなかった。


21歳のとき、
イタリアのヴェネツィアを訪れた時。


眼の前に広がる建築物。
インテリア。街の構成。


街にあふれる仮面をつけた人たち。
(ちょうど仮面舞踏会が行われていた)


その全てに圧倒された。


日本から出たこともなかったぼくには
異世界すぎて、面白すぎた。


あぁ・・・世界って面白すぎる!
成り立ち(歴史)も調べていったら
めっちゃおもろいやん!!!


・・・と、その時はじめて
歴史に興味を持った。


それ以来、自分が訪れたことがある場所
を中心に、歴史を調べてみたりして、
ほほーーん!なんて、知的好奇心を
ただ満たしていたりした。


ここ数年は、毎週大河ドラマを
見るのが楽しみのひとつだ。


今年の大河ドラマはご存知「せごどん」
幕末の志士、薩摩の西郷隆盛を描いている。


先週の「せごどん」では、
徳川慶喜が大政奉還後、戊辰戦争始まりになった
「鳥羽伏見の戦い」が勃発するところが舞台だった。


いろいろ飛ばして簡単に言うと、
徳川慶喜をフルボッコにしたい西郷隆盛が、
相手を挑発しまくり、先に手を出させて
フルボッコにする(戦争する)口実を得る
ということ。


ぼくはこれを見て、
あぁ、やっぱりそうなんだなぁと思った。


時間軸通りに表面的に捉えると、
幕府軍が薩摩藩邸に大砲打ち込んだから、
薩摩藩含む倒幕派が怒って、
「鳥羽伏見の戦い」勃発。


何だけど、そもそも「戦争の口実」を得るために
薩摩が仕組んでいたわけで・・・。


つまり、何かが起こって
なんだーかんだーーー言ってる輩は
どんなに正論を繰り広げていても
すべて後手に回っている状況。


先を見通し、目的のために策を巡らし
絵を書き、考えに考えて考え抜いている側が
勝つべくして勝った。ということだろう。


北の会長とおっしゃっていることは
同じである。


一言で言えば、「逆算」


到達点(ゴール)を決めてから
そこに至る道を描く。


言うのは簡単だが、
まず到達点(ゴール)を決める
というところから、かなり難しい。


なぜならそれは
未来を決めるということ。

曖昧な未来ではなく、
より鮮明に、より具体的に。
どこまで詳細に未来を描けるか?
が、まず第一関門。


偉人たち。成功者たちが
決まって持っているもの。

それは、才能でも努力でもなく、
本質的には、未来を具体的に決定できる能力
なのかもしれない。



マーベリック WEBメディア部
主将 宮本盟


━━━━━━━━━━━━━━━━━
仮想通貨三四郎:
ベネズエラで普及するアルトコイン・ダッシュ(DASH)
━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月20日に、
2018年の物価上昇率が、
すでに年10万%を超えているベネズエラで、

・法定通貨であるボリバルの切り下げ、5桁を外すデノミ
・新通貨単位をボリバル・ソラベノに
・独自の仮想通貨であるペトロ(Petro)のペッグ通貨制度

が実施されました。


ペトロ(Petro)とは・・・
 埋蔵される原油を価値の裏付けとする、
 ベネズエラ独自の仮想通貨で、国家では初の試み。
 Petroは、石、石油という意味を持つ単語。


ボリバルの切り下げは、

これまで:1米ドル=24万8,832ボリバル
切り下げ後:1米ドル=600万ボリバル

と約95%の切り下げとなり、


独自の仮想通貨である
ペトロ(Petro)とのペッグ制により、

1ペトロ=60米ドル=3,600ボリバル・ソラベノ=3億6,000万ボリバル


法定通貨に、
独自発行の仮想通貨を連動させる
歴史的な出来事となりました。


切り下げをしたから、
生活環境がすぐに改善する訳ではなく、

「ATMから引き出せる上限額は、
 21日時点で、10ボリバルだった」

と、ベネズエラのカラカス地区の住民が、
イギリスの公共放送局である
BBCの取材に対して語っています。


2018年末までに、
物価上昇率が年100万%に達すると、
国際通貨基金(IMF)が見通しているように、
まだまだベネズエラの混乱は収束しそうにありません。


この環境下で、
自分の資産を守るために、
ビットコイン(BTC)が買われるのではないか?


という予想が立ちますが、
ベネズエラで普及しているのは、
ビットコイン(BTC)ではなく、
ダッシュ(DASH)というアルトコインです。


ダッシュ(DASH)は、
ビットコイン(BTC)から派生したアルトコインで、

・送付が数秒で完了
・匿名性がある

といった特徴があります。


ベネズエラで、
ダッシュ(DASH)が普及している理由としては、

・取引手数料が低額
・処理時間が数秒単位
・コアグループが存在し、
 これまでに約100万米ドルをベネズエラに投資している
・新たに生成された10%のダッシュ(DASH)が、
 プロジェクトのサポートや新規採用に払い出される

といった点が挙げられ、

毎月200店舗が、
ダッシュ(DASH)での決済に
新たに対応しているとのこと。


国がらみで発展する
仮想通貨/暗号通貨は、
バックグラウンドが強いと言えるので、
仮想通貨/暗号通貨をチェックする上で、
1つ重要な視点になります。


マーベリック WEBメディア部
仮想通貨三四郎



━━━━━━━━━━━━━━━━━
融資部門サッチェル:
北の剣客道場手引き書
━━━━━━━━━━━━━━━━━


8月末に開催した剣客道場では、
北のファミリーの長兄である
ヒロさんの勉強会を経て
考え方が進化した
「居合抜き」について
お話できました。


◯音声コンテンツ一覧

音声:001(1時間37分27秒)
居合抜きを身につける意味とは?

音声:002(1時間6分57秒)
型とは?

音声:003(6分2秒)
未練の重さとは?

音声:004(4分50秒)
剣客道場とは?


孔明さんは約1時間40分もの間
熱く熱くお話してくれました。

僕も気がつけば1時間以上も
しゃべりっぱなし(笑)


剣客道場参加者の声を
一部ご紹介すると、


Eさん(33歳)経営者:
「ヒロさんの成功シンドロームを
インストールしてからの居合抜きを考えると
新しい発想があった。
内容がどんどんアップグレードしていく
様をみれたのでそれも勉強になった。」


Tさん(34歳)自営業:
「マインドセットがとても勉強になり、
早速応用させていただきます。」


Eさん(30歳):
「成功とは?という曖昧な答えが
今日の事でわかりました。
日がけ、月がけ、心がけ!
ビジネスでも活用します。」


Kさん(30代)経営者:
「「型」と「成功のシンドローム」について
日常の中でブレているときと
そうでない時の違いを改めて考えることができました。
まずは型を居合抜きでしっかりと身につけること、
そちらを徹底します。」


Mさん(30代)自由業:
「毎回参加していますが、
今日の内容の濃さには驚きました。
常勝する型を身につける為に、
次回以降も毎回参加していきます。」


Mさん:
「未来を見通す力が大切!
孔明さん、サッチェルさんパワーアップして
可愛かったです!」


以上、
すべての剣客道場生に
聞いて頂きたい重要な内容と
なっておりますので、
何とか時間を作って
繰り返し聞いて頂きたいです。



サッチェルより


━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーチJ(ジェイ):
自分が集中すべき業務は、たった1つだった
━━━━━━━━━━━━━━━━━


昨日の9月16日(日)、第1回目の収穫。 
それは、イベントを主宰している男自身が、 
自分の事業をさらに加速させるための 
棚卸しができたということだった。 
 

本イベントは、日本で3人しかいないという、 
某経営メソッドのホルダー、 
Kさんを特別講師に招いての開催。 
 

Kさんの話は、 
 
「ああ、確かにそうなんですよね。。」 
 
と、説得力&納得感のオンパレード。 
 

Kさんの説明に従ってワークをこなしていくと、 
自らが日々行っている業務の中で、 
外部に委託すべき作業が一目瞭然となり、 
かなり心がすっきりした。 
 

男は「ひとり社長」として、 
社員を雇わない経営スタイルを維持してきた。 

 
パソコン1台あればビジネスが完結するため、 
時間と場所に関してはほぼ、「無拘束状態」。 
 

ITを活用した効率化と、 
ビジネスモデルの改良を重ね、 
現在の形にたどり着くことができた。 
 

ところが、改善したい課題もまだまだ抱えていた。 
男は@SOHOという27万人の 
ビジネスマッチングサイトを運営しているため、 
外注さんを探そうと思えば、 
いくらでも探すことができる。 
 

2012年〜2014年にかけ、 
事業の多角化を行い、 
最大50名近い外注さんを動かしていた時もあった。 
 

ところが、従業員ほどではないにしても、 
外注さんもいずれ「辞める」時が来る。 
 

あのホリエモンがライブドアの社長時代に、 
「どんなに会社が成長して社員が増えても、 
 社員に辞表を提出されるとドキッとしてしまう」 
 

という言葉が印象的だったが、 
それは外注さんにもあてはまる。 
 

社員は結婚・出産・転職といった理由で、 
一定の割合で会社を辞めていくのは理解ができる。 
 

でも、独立起業している方を外注にした場合、 
基本的にその人が廃業して会社員にでも戻らない限り、 
両者の関係がうまくいっている以上は、 
取引関係は続くだろう、 
という淡い期待を持ってしまう。 
 

ところが、外注さんであっても辞めるときは辞める。 
理由は自己都合であったり様々だけれど、 
(本当は自分と働くのが嫌になったのではないだろうか?) 
という一抹の不安を感じないこともない。 
 

もしそうだとすると、 
極端な話、自分の人格を否定された気分にもなってしまう。 
 

こういった気持ちは、 
多かれ少なかれ、人を使う立場になった経営者であれば、 
共通して経験したことがあるのではないだろうか? 
 

男の場合、ここ数年で事業の断捨離を行ったり、 
外注さん側から辞意を表明されたりということが重なり、 
再び自分で抱えてしまっている業務が増加傾向になっていた。 
 

それはそれで、さらなる効率化への意識が高まり、 
「外注しなくても回る仕組み」 
という、逆方向の仕組み作りに 
注力しようとしていたところだったのだが・・・。 
 

Kさんとお会いして、 
考えが180度変わってしまった。 
 

Kさんは、既に約100名の外注ネットワークを構築済みで、 
ご自身の業務は、顧客へのコンサルティングをするだけ。 
 

コンサルティング業務は、 
Kさんにとっては得意であり好きな業務なので、 
モチベーションも高い状態で取り組むことができるので、 
どんどん結果を出すことができる。 
 

まさに、 
1)好きなことをする 
2)結果が出る 
3)さらに好きなことに集中できる 
 
という正のスパイラルが働いているようだ。 
 

男の場合、忍耐力だけは人の10倍ぐらい強いため、 
本来自分が好きではない「雑務」についても、 
力技でなんとかこなしてしまっていた。 
 

男も、現在は「情報発信」を事業の柱に据えているため、 
自分の好きなことを発信して世の中に貢献して 
お金を頂けるという満足感を味わうことができている。 
 

ところが、情報発信ビジネスの中の業務を、 
さらに細かく見ていった場合、 
 

・記事の執筆
・Facebookに投稿
・ブログに投稿
・メルマガ配信 
・コンサル動画編集/YouTubeにアップ
・メルマガリストの管理
・領収書の分類/税理士へ送付
・セミナー事務局業務 
・コンサルティング
・コンサル日程調整
・成幸フォト編集
・WordPress構築作業
 
のような分類となり、 
細かい作業単位で見てみると、 
特に好きではないものが入っていることに、 
あらためて気づいたのだった。 
 

例えば、記事を書くことは好きだけど、 
Facebookやブログに投稿する作業は、 
単純作業以外の何でもないので、 
好きでもない。 
 

メルマガを配信する作業も同じ。 
 

動画編集やアップ作業は、 
嫌いではないけれど、 
自分じゃなくてもできる。 
 

領収書の整理は、 
まさに、できればやりたくない(苦笑 
 

自分の1日、1週間の作業内容を振り返ってみると、 
 
・好きではない作業 
・自分じゃなくてもできる作業 
 
がまだまだ残っていることが 
明確になったのだ。 
 

さらに、Kさんのお話は、 
外注化する際の心理的な障壁となる問題の数々について、 
全て明確な回答を得ることができた。 
 

一般的に、作業を外注化するうえでの障壁として、 
 
・どこで外注さんを探せばいいかわからない 
・外注さんの相場がわからない 
・小さな作業は説明するのが面倒だから、 
 結局自分でやってしまう 
・自分がやらないと品質が下がると思っている 
・辞められてしまったらまた次を探さなければならない 
・個人情報流出など、セキュリティー上のトラブルが怖い 
 
といった課題が挙げられるが、 
 

男の場合、@SOHOや自分のメルマガ等を使って 
人を集めることは簡単にできるけれど、 
その後の「任せる」ということが苦手だった。 
 

今回のKさんの話を聞いて、 
これらを全て解決することができた。 
 

男が最も注力すべき業務は、 
「記事の執筆」であることも再確認できた。 

 
いや〜、Kさんヤバイです。 
 

イベントに参加するチャンスは、  
残すところ9月22日(土)のみ。  
※遠方の方、日程が合わない方は動画購入も可  
  


◯「ひとり社長が自由の翼を手に入れるための  
  『仕組み』実現セミナー」詳細  
  


<日時>   
2018年9月22日(土)13時〜16時半(12時45分開場)  
場所:アットビジネスセンター池袋駅前別館403号室  

  
<参加費用>  
9,800円  

  
<講師>  
ナビゲーター:平城寿  
特別講師:『その道』のプロフェッショナルK氏  

  
<定員>  
20名  

  
<今回限定参加特典>  
・『戦略的外注化実現メソッド』解説動画(非売品)プレゼント(47分09秒)  
・『戦略的外注化実現シート』プレゼント  
・60分zoom相談  
  

<お申込みフォーム>  
https://hirajo.com/strategic1000man-form  
  

<追伸>   
最近、男が開催するイベントの参加者から、   
「平城さんご本人が参加されているなんて、   
 驚きました!」   
と言われたことが何度かあった。   
   
今回のイベントにも、もちろん本人は参加。   
会場での新たな出会いが楽しみだ。  
  

<追伸2>  
頭では「手放さないといけない」。  
でも、現実では「自分でやってしまっている」。  
という課題を抱えている場合は、  
このテーマは避けては通れない道であり、  
今回は「その道のプロフェッショナル」  
を招待しての開催となる。  
  

<追伸3>  
今回、当初は会場開催のみを考えていたが、  
特別講師Kさんの許可をいただくことができたので、  
動画による購入もOK(特典も全て付属)  
とさせていただくことになった。  
動画購入を希望される場合も、  
上記のフォームからお申し込みいただくことができる。 



マーベリックWEBメディア部
コーチ J(ジェイ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーチ真田孔明:
「世のため、人のため、自分のため」
━━━━━━━━━━━━━━━━━


「地下ソサエティ」を知ってるだろうか?
 

その活動内容が、
極めて秘匿性が求められる
こともあるからなのだろうか?
 

運営母体は、
謎に包まれている。


かなり特殊な筋の方々が、
運営母体であるようだが、
そのヒミツは僕たちにも
ハッキリとは明かされていない。


憶測だけが
飛び交っている状態。


一体どんな
活動をしているのか?


ここは、
僕もメンバーの一人として
活動を続けていることなので、
分かることとしては。
 

「世のため、人のため、自分のため」
 

毎年、
スーツを身にまとい
東京で開催される、
「パーティー」に参加。
 

日本を代表する政体を司る
日本のミライのために、
活動をされている、
「タカ」と呼ばれる御方々の
お話をナマで聴きながら。


「献金」という形で貢献したり。
 

「富の再分配」に貢献するため、
どうやったら
多くの「納税」をできるか?


オフの世界で秘密裏に集い、
夜通し「お金」の産み方、
増やし方、守り方について
トコトン語り合ったりする。
 

ここで注目すべきは、
「お金の稼ぎ方」「お金の儲け方」
ではなく。
 

あくまでも、
「産み方」と「増やし方」
そして「守り方」であり。
  

「お金」のために働くのではなく、
「お金」を操り働かせる。


労働とは真逆の視点から、
「お金」の真の構造を学び、
実行に移すことが求められる。

 
「時間と場所とお金の自由」
3つの自由を手に入れた上で。
 
 
「趣味は仕事、道楽は貯蓄、好きな言葉は節約」
 

あくまでも、
世の中の方々のお役に立てる
趣味の「ボランティア」活動として。
 

メンバーそれぞれが
表向きの顔を持つ形で、
それぞれの仕事に励んでいる。


その性質上、
経営者、投資家、個人事業主
サラリーマン、OL、主婦、フリーターと
所属しているメンバーたちの
表向きの顔はそれぞれであるが。
 

皆に共通しているのは、
「信用創造家」としての顔が
本質的な職業となっていくことだ。


表の顔、裏の顔、
どちらにしても、
「お金が増える」際には、
「納税」が求められることであり。
 

「富の配分配」という活動を通した、
意識を持ち続け活動をしている。
 
 
この点は、
「地下ソサエティ」を知る
一部の「政体」の御方々からも、
その貢献性が認められている
部分でもあるようだ。


・献金
・納税
・ボランティア
の活動を通し、
「世のため、人のため」
貢献をすることが前提にあり。


最後に、
「自分のため」
 
各々の「成功」と「シアワセ」を
考えて邁進することも
祝福されている。


しかし、
曖昧な漠然とした
「成功」や「シアワセ」の
幻想を抱き続けることは
許されてはいない。


一般的な「宗教」組織のように、
組織の中で共通的な、
理想の「成功」や「シアワセ」が用意されて、
 
そこにメンバー皆で
向かうという「能動的」な状態も
許されていない。


あくまでも、
それぞれにとっての
「成功」や「シアワセ」
のあり方を各々が「能動的」に
考え設定することが求められる。


さらには、
「成功」や「シアワセ」は、
必然化され、継続化された
ものである状態にあることが
厳しく問われる。

 
なぜならば、
必然化と継続化こそが、
 
永続的な
「世のため、人のため、自分のため」
という組織の活動理念を実現することに
つながっていくからだ。


現在では、
45年間以上、

「世のため、人のため、自分のため」
必然的に、継続的に
全うしてこられた大富豪となられた
「ファーザー」とその一族を、
「教説者」とする形で、
後輩メンバーたちの教育・指導に
あたられている。
 
※ただし「ファーザー」一族が
 組織の運営母体ではない。
 あくまでも「ボランティア」的な活動
 

昨今も、メンバーたちの一部が、 
東京某所の会議室に集結。


「世のため、人のため、自分のため」
という理念を全うするための
一つの手段としての、

「お金を増やす」 
「株式投資」という活動を通して、
必然的に勝ち続ける方法が
4時間に渡り語り合われて、
僕たちもそこに参加させて頂いた。


今回僕が東京入りした
目的の一つでもあるのだが、


10月1日(月)には、
「お金を生む」
「信用創造」という手段について
約4時間に渡り語り合えるとのことで、
僕も今からとても楽しみにしている。


マーベリックWEBメディア部
コーチ 真田孔明




━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホワイトボード:
週に一回真田孔明が音声で熱く語る
━━━━━━━━━━━━━━━━━

真田孔明の音声コンテンツを
視聴したあなたが実現できること。

・社内処世術を極め、
 自分にとってのベストポジションと待遇を確保。
・自分の実力・能力を
 最大限に発揮できる転職先の発見。
・1日数分の取引でできる即金系トレード手法
 (ただし月10万、20万レベル)。
・WEB(WordPress、Facebook、メルマガ)を
 駆使した副業ビジネスで原資を稼ぐ方法。
・アジア(香港・中国・マレーシア・フィリピン・タイ)を活用した
 投資で原資を増大させる方法。
・他

なぜ、WEBを駆使した副業ビジネスなのか?
なぜ、海外の中でもアジアを活用した投資なのか?

理由は単純明快です。
それは、「効率的・効果的に
結果だけを叩き出したいからです!」

最小限の人的資本(労力・時間)と
お金を費やすことで、
最大限のパフォーマンスを実現させるには、
何が最適なのか?
僕たちの探求の結果が、
WEBとアジアに行き着いただけなのです。

単純だからこそ強い、
実体験に基づいた戦略を元に、
「プレミア会員」として参加した
熱き仲間たちとの、リアルな語り合いの
全てを収録。

毎週一度、「MP3音声ファイル」
コンテンツとしてあなたにお届けします。

→ http://5oku.com/premier/
入会金29,800円→0円(無料)・月額会費2980円

━━━━━━━━━━━━━━━━━
四柱推命★真田孔明の禁断の帝王学
毎週火曜日はWEBを学ぼう!特別号
by マーベリックWEBメディア部
・発行元:WAKYO SDN. BHD.
・担当:宮本盟
・ホームページ: http://maverick5.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright 2012-2018
マーベリックWEBメディア部
All Rights Reserved.


編集後記


お疲れ様です。
主将の宮本です。


先日、某プライベートな知人から
電話がかかってきて、
少しイラッとすることを言われました。


いやいや、俺が悪いんちゃうやん?
なに子供みたいなこと言ってるんじゃぃ。。。
と思う気持ちいっぱいで
対応してしまいました。


なんだかもやもやして、
最近、瞑想タイムに使えるときがついた
ロードバイクに飛び乗り、
30分ぐらいライドオン。


冷静になって考えてみても、
普通に考えて、ぼくが文句を言われる筋合いは
全くない。という結論になりましたが、


他人の心の機微にまで
十分配慮が行き届いていたか?
と言われれば、ケアが不十分だったのかも。


(なんでそこまでせなあかんねん!)
というのは置いといて・・・
たった一言で、結果は大きく変わっていただろうなと
自己分析しました。


こういうことも
手のひらの上で転がしている・・・ほど
考えられていればよかったのに。


まだまだ甘い!甘すぎる。
気合を入れるのだ!俺!!!




Facebook: http://www.facebook.com/miyamoto.chikashi
宮本Skype ID: chikashimarumaru





当メルマガアドレス変更・配信解除はこちらから
→ http://www.5oku.com/remove_mag/



「マーベリック」未来を決定する能力を磨く
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ