栗野的視点

  • ¥0

    無料

「中小企業の活性化」をテーマにしたジャーナリスト・栗野 良の経営・社会評論。「九州・岡山の技術」「九州の頑張る企業」も紹介。ベンチャーサポート組織「リエゾン九州」代表。最近は中小企業の活性化、流通、経営に関する講演活動を精力的に行っている。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
栗野的視点
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年09月14日
 
発行部数
259部
メルマガID
0000138716
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

栗野的視点(No.624)                   2018年9月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
災害時に無料開放しだしたメディア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 既存秩序を一気に破壊するようなビックバンが起きると、エネルギーは2つの
方向に向かう。1つは外へ向かい、もう1つは内に向かうベクトルとなって現れ
る。
 この現象が顕著に現れるのが大災害時だろう。阪神・淡路大震災、東北大震災
を例に挙げるまでもなく、ここ数年、世界各地で大災害が起きているが、その際、
内側に向けた大きなベクトルが働く現象がよく見られる。その代表が被災地に駆
け付けるボランティアだ。

◆「00000JAPAN」でWi-Fiを無料開放

 大災害時に支援活動をするのはボランティアだけではない。様々な企業が様々
な形で支援の手を差し伸べている。被災直後、最初に望むのはライフラインの復
活だろう。水、電気、ガスがまず挙げられるが、今では通信もライフラインの中
に加えてもいいだろう。
 いまや通信は安否確認・連絡に欠かせないものになっているが、問題はデータ
通信の容量である。自宅のWi-Fiに接続すれば通信各社と契約している容量は減
らないが、外で携帯端末を使う場合は残容量を気にしなえればならない。
 TVも見られない、ネットにも接続できなければ「情報難民」になり、被災者
の孤立感が深まっていく。せめて安否確認や状況連絡だけでもできれば、と考え
るのは誰しも同じだろう。
 そこでドコモなどのキャリア各社が自社のWi-Fiスポットを「ファイブゼロジ
ャパン」という統一名称で無料開放している。携帯端末のWi-Fi接続を「オン」
にしておけば無料で接続できる。自動接続できない場合はWi-Fi画面から「00000
JAPAN」を選んで接続するだけでいい。無料で利用できるから大いに助かる。

 このような無料公衆LANはいままでも(現在でも)インバウンド(海外からの
旅行者)向けや、観光地で部分的に開放されていた。それを被災地域に広く開放
したものと考えればいい。
 「ファイブゼロジャパン(00000JAPAN)」が携帯各社のWi-Fiスポットと違う
のは、例えばドコモやauと契約していなくても各社のWi-Fiスポットに無料で
接続できるという点だ。
 従来は自社の契約者だけが接続できていたWi-Fiスポットを災害エリアに限り
限定的に無料で誰もが接続できるようにしたわけで、通信各社によるボランティ
アと言ってもいいだろう。

◆デジタル紙面を災害時に無料開放

 被災直後の混乱が少し落ち着くと災害情報を知りたくなるが、電気が通じてな
ければTVも見られない。当然、新聞配達もない。そういう状況下でも手書きの
壁新聞を発行し続けた石巻日日新聞の活躍に感謝、感動した人は多いはず。情報
がいかに人々の不安感を取り去ることができるかということだ。

 これを機に災害時の方針を変えた新聞社も現れた。毎日新聞社がそれで、同社
は、この時以降、被災エリアをカバーする本社紙面を無料で開放している。例え
ば熊本地震直後は九州全域をカバーする毎日新聞西部本社版を無料で、西日本豪
雨災害の時は大阪本社版、西部本社版を、北海道地震の時は北海道版を無料で開
放している。
 といっても紙の紙面ではなく、デジタル紙面である。現在、各新聞社とも新聞
は紙面だけでなくデジタル紙面でも見られるようにしている。紙面構成は新聞紙
面とまったく同じで、ページを開くように1面、2面、3面と紙面をめくって読
んでいくが、紙面を閲覧するためには月4000円前後の購読料金を契約しなければ
ならない。

 大災害が発生する度に毎日新聞社はデジタル紙面を無料閲覧できるように開放
しているのだ。デジタル紙面ということはインターネットに接続さえできれば誰
でも紙面を読めるわけで、被災地以外の人、例えば北海道地震時は九州にいる人
でも毎日新聞北海道版の紙面をデジタルで読むことができる。
 それだけではなく、北海道地震、大阪の台風被害などが相次いだため、一時期、
北海道から九州まで全紙が無料購読可能になっていた。
 こうした動きは他社も真似て欲しいと思うが、私が確認できたのは全国紙では
毎日新聞だけだった。地方紙では山陽新聞社が西日本豪雨で倉敷市真備町が被災
した時、同じようにデジタル版を無料開放している。

 大災害時には企業や人間の様々な面が現れる。それはプラス面だけでなくマイ
ナス面も一杯出てくるだろうが、協力し、助け合うようなベクトルがもっと広が
っていくことを期待したい。

****************************************************************
栗野 良
 ジャーナリスト(Technology & Economy)

OFFICE KURINO 〒811-1362
福岡市南区長住5-11-23-403
 Skype:kurino30
 
 E-mail kurino@liaison-q.com
 HP  http://www.liaison-q.com(九州・岡山の技術・頑張る企業収録)
 
 ブログ「栗野的視点~ジャーナリスト・栗野の辛口コラム」
       http://blog.goo.ne.jp/kurino30
 ブログ「栗野的風景~フォトエッセー」
      http://blog.livedoor.jp/kurino30/
*****************************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ