語学スクールの窓から

  • ¥0

    無料

英会話・TOEIC・英検・ビジネス英語・受験英語・幼児英会話・小学生英会話・帰国子女英会話・フランス語・中国語・韓国語・留学の学習に。英会話スクールの代表が語る。外国語や教育に興味ある人にお薦め!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
語学スクールの窓から
発行周期
不定期
最終発行日
2018年11月20日
 
発行部数
113部
メルマガID
0000139733
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英会話

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□--------------------------------------------□■
「語学スクールの窓から」394号    2018/11/20

 英会話・フランス語・中国語・日本語を教えている
語学スクールの窓から見えてくることを中心に、語学
やその他、様々な事について、私個人の意見や感想を
書いています。

■□--------------------------------------------□■
■目次■
1.ご挨拶
2.コラム 第232回「2020年度大学入試共通テスト英語」
3.編集後記
_________________________

1.ご挨拶

 こんにちは。皆さんいかがお過ごしですか。2018年
度第2回英検の1次と2次試験が終わりました。

皆さん結果はどうでしたか。当校の生徒たちはよく
頑張って合格しましたが、海外の日本人学校からの

帰国生たちの成績は余り振るいませんでした。
リスニングはそんなに悪くないのですが、語彙と

文法力が足りません。これも今後の課題として取り
組んでいきたいと思います。

 感想やご意見をお寄せ下さい。返事も書きます。読者
からの便りが、元気百倍、心の栄養剤です。

info@tbcj.com メールはここまで。

_________________________
2.「2020年度大学入試共通テスト英語」232号

 2020年度から実施される大学入学共通テストの英語で
活用される民間試験に新型英検やTOEIC等、8種が合格

しました。この改定の目的は、現行の大学入試センター
試験では英語のリーディング力とリスニング力しか測

れないので、ライティング力とスピーキング力も含め
た4技能を測ることにあるということです。言葉の

学習である以上、これら4技能を習得することが目的
であるのは当然であり、1990年の開校以来、私たち

バイリンガルセンターが行ってきた英語教育に、
やっと国も追いつこうとしているのかなと思います。

しかしこの改革はあまり成功しないと思います。
それは試験の公平性や高額の受験料の問題ではなく、

純粋に英語能力の習得という視点から、これを学校
教育で行うことに大きな無理があるからです。現在

でも中学3年生で英検3級以上に合格している生徒
の割合が40.7%、高校3年生で英検準2級以上に

合格している生徒の割合が39.3%です。たとえ
中学生や高校生が英検2級に合格しても、カタコト

程度ならならいざ知らず、コミュニケーションの
手段として、英語をある程度自由に使えるレベルに

彼らが達しているわけではありません。生徒それぞれ
の得手不得手、好き嫌いにかかわらず、学校教育です

から生徒全員が英語を学ばなければなりません。
しかし外国語である英語を日本にいながら使える

レベルにまで習得するには、ある程度才能がある
こと、好きなこと、そして必要性があることが大切

です。スポーツや音楽・絵画などの芸術の習得には、
当然なこととして要求されるそれらの能力や環境が、

英語習得に関しては求められないということに無理
を感じます。果たして学校教育において高いレベル

の楽器演奏能力や運動能力を生徒全員に求めるで
しょうか。

                  祷 治満
_________________________

◆編集後記
 
 イタリアの古い友人マウロが、彼の70歳の誕生日を
記念して迎えるために10月、日本にやって来ました。

34年振りの再会。泣きたくなるほど嬉しく、感謝の
気持ちで一杯でした。彼はイタリアで看護師として

働いているパートナーのポーランド人のチェジと一緒に
来日して、2週間滞在したのですが、彼らが箱根・京都・

広島を訪ねた数日を除いて、実に楽しい時間を一緒に
過ごしました。有り難う。古い友情に乾杯。

-------------------------
■□-----ここから以下は、毎回同じ文章です。

■「あなたのクリックが役立ちます」

 皆さんがワンクリックするだけで、1回につき、熱帯
雨林保全や難病や教育が受けられない子供たち、そして

盲導犬などを支援するNPOに、スポンサー企業から1円
が寄付されます。

もしよかったら一日一善、クリックしてください。

   http://www.dff.jp/

_____________________________
  
「バイリンガルセンター」

 英会話・フランス語・中国語・日本語を教えている小
さな語学スクールです。至らぬ点も多々あると思います。

当校で学ばれている生徒の方々、或いは他校で学ばれた
経験のある生徒の方々の意見をお寄せ下さい。少しでも

良いスクールにしていきたいと思っております。英語を
学びたい方、「語学スクールの窓から」のエッセーや、

その他の情報を得たい方が、お知り合いにおられました
ら、このメルマガを教えて下さい。下記から登録できます。

「まぐまぐ」から配信されます。登録は無料です。解除
も自由に出来ます。

http://www.mag2.com/m/0000139733.htm
「まぐまぐ」の配信システムを利用しています。

◆コラムのバックナンバーは下記のブログで読めます。
http://blog.livedoor.jp/inorih/

    
 皆さんからのお便りを持っています。それが励みです
ので、よろしくお願いします。

info@tbcj.com メールはここまで。

_________________________
【マガジン名】 語学スクールの窓から
【発 行 元】 バイリンガルセンター
 綱島校 :横浜市港北区綱島西3-7-19マリンビル2F
      TEL:045-544-5376
 北山田校:横浜市都筑区北山田2-11-2
      TEL:045-264-7102
【発行責任者】 祷 治満
【ホームページ】   http://tbcj.com
【ご意見・お問合せ先】info@tbcj.com
【登録の変更・解除】 http://www.mag2.com/m/0000139733.htm 
_________________________
まぐまぐID 0000139733 「スクールの窓から」第394号
2018年11月20日発行(創刊2004年9月22日)祷 治満
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ