弁護士谷原誠の【仕事の流儀】

  • ¥0

    無料

人生で成功するには、論理的思考を身につけること、他人を説得できるようになることが必要です。テレビ朝日「報道ステーション」などテレビ解説でもお馴染みで、「するどい質問力」(10万部)、「弁護士が教える気弱なあなたの交渉術」(アマゾン1位獲得)の著者で現役弁護士の谷原誠が、論理的な思考、説得法、仕事術などをお届け致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
弁護士谷原誠の【仕事の流儀】
発行周期
不定期
最終発行日
2019年03月18日
 
発行部数
14,838部
メルマガID
0000143169
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

会社経営に役立つ法務書式400種類を無料
でDLできます
https://myhoumu.jp/member_regist/

====================

●交通事故被害者のための無料小冊子がダウ
ンロードできます。

交通事故の被害に遭った方は、無料ですの
で、ダウンロードしてみてください。

なんと、2万人以上の人がダウンロード
しています。

https://www.jikosos.net/report/

====================

●労災の被災労働者の方へ

仕事中に事故に遭った場合、労災の手続を
しますが、勤務先の会社に安全配慮義務違
反などがあった場合には、勤務先の会社に
損害賠償請求ができる場合があります。

無料小冊子でチェックしましょう。

「知らなきゃ損する 労災の損害賠償手続」
https://www.rousai-sos.jp/free/booklet.html

===================


こんにちは。

弁護士の谷原誠です。

私は日常的に筋トレをしているので、今回は、
中高年の筋肉の話です。

加齢に伴い、筋肉が減少するのは常識だと思
います。

そして、身体の中では、下肢の筋肉の減少率
がもっとも高いとされています。

日本人を対象にした、ある研究によると、2
0歳と80歳を比較した下肢の筋肉の減少率
は、男性で30.9%、女性で28.5%と
いうことです。

3割も筋肉が減ってします、ということです。

その結果、基礎代謝が落ちて太りやすくなっ
たり、転倒しやすくなる、ということでしょう。

そこで、特に中高年には筋肉の減少を食い止
めるため、運動が勧められるわけですが、ど
の程度運動すればよいでしょうか。

「私は歩いているから大丈夫」かというと、
そういうわけでもありません。

筋肉は存在するだけでエネルギーを消費し、
食物がない場合には、生命に脅威を与えます。

したがって、筋肉は必要最小限しかつきません。

筋肉に負荷をかければ筋肉は増量し、寝たき
りになればあっという間に減少します。

筋肉は、「ストレスに対する適応現象」とし
て増量します。

今の筋肉で出力できる以上のストレスを与え
ることで増量していき、それ以下のストレス
しか与えないと減量していく、ということです。

ということは、運動として歩くだけの場合に
は、「歩けるだけの筋肉」しかつかない、と
いうことです。

そして、加齢によって筋肉量は減量し、楽な
歩き方を選んでいると、毎日歩いていても、
やはり、どんどん下肢の筋肉は減量していく、
ということです。

階段を昇れば階段を昇れる限りの筋肉がつき、
走れば走れる限りの筋肉がつく、ということです。

こう考えてくると、中高年が筋肉を増やさな
いまでも減量させないためには、「少し無理
をする程度の筋トレ」が必要、ということに
なると思います。

ちなみに、私は、筋トレをする際には、「前
回の筋トレ時の自分に勝つ」ことを目標にし
ているので、「かなり無理をする程度の筋ト
レ」をしています。

自分も世の中も常に変化するので、現状維持
をするだけでも難しいものです。

常に努力をして最低限現状維持をしていきた
いものです。


※弁護士への法律相談は、こちらから。
(面談相談が原則です)
https://www.bengoshi-sos.com/soudan


私の新刊。

「沈黙の会話力」(フォレスト出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4866800127/



今日は、ここまで。


あとは、編集後記で。


====================

契約書や労務書式、内容証明書式が400
書式無料!

こちらから
https://myhoumu.jp/

====================

経営者のための労働トラブル対処マニュアル
は、こちらから
https://roudou-sos.jp/roudoubook/

====================

●社員の方、残業代をもらっていますか?

最近、私の事務所には残業代請求の依頼が
次々と舞い込んできています。

それだけ、残業代をきちんと払っていな
い会社が多い、ということですね。

残業代請求の時効は2年なので、早めの
請求が大切です。

年俸制、固定残業制の方も大丈夫です。

最近、トラック運転手、飲食店店長、
パチンコ店勤務などの事例が多いです。

もし、残業代を払ってもらっていない
ようであれば、請求した方がいいでしょう。

完全成功報酬制があります。

まずは、こちら。
https://roudou-sos.jp/zangyou2/


====================
【編集後記】

筋トレをしよう、ということですが、中高年
になると、怪我にも注意しなければなりません。

無理をすると、すぐに関節や腱などを痛めて
しまいます。

正しいフォームで行うのはもとより、関節な
どを守るギアも使用しましょう。

私も手首を守るリストストラップや肘関節や
膝関節を圧迫するストラップを巻いたりして、
関節を保護しています。



今日も、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


そして、また次回もぜひ読んでください!


では、あなたに健康と幸せが訪れますように
祈っています。

====================

●弁護士谷原誠のブログです●

https://taniharamakoto.com/

★交通事故の被害者はこちら
https://www.jikosos.net/

★労働問題の相談はこちら
https://roudou-sos.jp/

★事業や会社を経営している方の
事業再生はこちら
一緒に事業を再生させましょう!
https://www.sai-sei.biz/


====================



----------------------------------------
■発行者 弁護士 谷原誠(マガジンID:0000143169)
〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目3番
麹町プレイス2階 弁護士法人みらい総合法律事務所
東京弁護士会所属
■連絡先 ≫ makoto-t@cam.hi-ho.ne.jp
■登録&解除 ≫ https://www.mag2.com/m/0000143169.htm
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ