初心者のための卓球上達法 30日間練習プログラム

  • ¥0

    無料

愛ちゃんだって最初は「初心者」だったのです!卓球を始めた方、これから始めようとする方へ、練習方法と上達のヒントを教えます。このメルマガを読んでコツを掴めば、晴れてあなたも卓球選手の仲間入りです!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
初心者のための卓球上達法 30日間練習プログラム
発行周期
週刊
最終発行日
2019年01月22日
 
発行部数
1,275部
メルマガID
0000147448
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > その他スポーツ > 卓球・バドミントン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━[433号]━
★ 初心者のための卓球上達法 ★
2019/01/22 10:00 発行 発行部数:1,270部
━━━━ http://www.e3-pingpong.com/━━━

初心者卓球上達法、e3-pingpongのOBUです。
いつも読んで下さり、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 <平成最後の全日本選手権 その2>
○───────────────────○

平成30年度全日本卓球選手権大会が終わりました。


テレビやネットや新聞でご存じの通り、
伊藤美誠選手が2年連続で3冠王を獲りました。


2回三冠王を獲るのは史上初で、
おそらく今後はないだろうと思われます。


とにかく集中した時の伊藤美誠選手は、
手が付けられないくらい強いです。


次はこう、その次はこう、と頭の中で戦術を
高速に組み立てて、すぐにそれを実践している、
そんな印象を私は受けました。


特にシングルス決勝戦ではそれを感じました。


決勝の相手の木原美悠選手は中学2年生で、
伊藤選手からすれば年下だから受けて立つ面が
あるのではないかとの予想は見事に外れました。(^^;;


伊藤選手本人もコメントしていましたが、


気持ちの切り替えが早い。
相手にファインプレーされても、引きずらないで
さっと気持ちを入れ替えて次に向かう。


これが世界の強豪と戦ってきた「強さ」なのでしょう。
この精神的な強さは、是非見習いたいところです。


・・・・・

男子シングルスでは水谷隼選手がV10を達成しました。


13年連続で決勝進出し、そのうち10回の優勝です。
こちらも前人未到の記録です。凄いですね!!(^o^)/


前陣で戦う様に自分の卓球を進化させながら、
勝ち続けたところが素晴らしいです。


なかなか出来ることではないと、解説者の皆さんも
口を揃えますが、私もまったく同感です。


優勝した後に観客席に飛び込んで、応援してくれた
ファンの皆さんとハイタッチしながら、喜びを分かち
合う姿には感動しました。


きっと水谷選手を幼少の頃から支えてきた人も
いらっしゃったのではないかと思ったからです。


水谷・伊藤両選手が所属した豊田町卓球スポーツ
少年団は、静岡県磐田市にあるのですが、実は私も
少しだけ一緒に練習させて頂いたご縁があります。


選手もコーチも親もとても熱心で、
しかも私の様な部外者に対しても大変礼儀正しい。
それを基本にしているのだろうと感心しました。


そして、優勝インタビュー。


「若手の壁として立ちはばかる」

と現役続行を示唆しながらも、

「全日本出場はこれで最後にしたい。
 勝って終わりにしたいのです」

と、全日本選手権の卒業を宣言したのです。


色々な選手の幕の引き方がありますが、
鮮やか過ぎる引き際だと私は感じました。


平成最後の全日本選手権が、
水谷選手の勇姿を見れる最後の全日本になりました。


時代が大きく変わろうとしているのです。


平成と言う時代と共に、後世に語り継がれる
偉大な選手となることは間違いありません。(#^^#)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「初心者のための卓球上達法
   30日間練習プログラム」

 発行責任者  OBU

ご意見・ご感想のメールをお待ちしています。
 info@e3-pingpong.com
※面白いご意見・ご感想は、メールマガジンの
 中で、匿名でご紹介させていただきます。

解除登録は下記からお願いいたします。
 http://www.mag2.com/m/0000147448.htm

発行者Webサイト
 http://www.e3-pingpong.com/

Copyright(c)e3-pingpong All rights reserved.

このメールをお友達への紹介・転送はOKです。
内容を許可無く転載・引用するのはNGです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ