林英臣の元氣メール

  • ¥0

    無料

リーダー層に人気の高いメルマガ。著者は、平成の吉田松陰と呼ばれる松下政経塾1期生。文明800年論による未来予測と、大和言葉に基づく日本思想の第一人者。世界はどう動くのか、どうしたら日本は甦るのか、そして自分の役割とは何か。多数の志士政治家を育成し、全国の若手経営者を勇気づけているコトダマを毎週1~2本配信。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
林英臣の元氣メール
発行周期
不定期
最終発行日
2018年09月23日
 
発行部数
1,681部
メルマガID
0000149323
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆林英臣の元氣メール第1099号☆★ 30年第53号 雅号は綜観(そうかん)
「空海の乗った第一船と、最澄の乗った第二船のみが大陸に到着」
平成30年9月23日 皇紀2678年(西暦2018年)本暦(旧暦)八月十四日
====================================
こんばんは。今日は両親とお彼岸参り。父方・母方両方の菩提寺にお参りしま
した。父方のお寺は浜松市東区中島の龍島院(奥山方広寺派)、母方のお寺は
浜松市浜北区永島の明心寺(妙心寺派)です。

春分・秋分の日に先祖供養をするのは古くからの日本の伝統であり、皇室では
春季皇霊祭・秋季皇霊祭が行われます。昼夜が半分ずつとなる春分・秋分の日は
地球と太陽の関係における「節目の日」であり、季候も良くご先祖をお祭りする
のに一番相応しい日というわけでしょう。

◆来週は四国と九州で講義をします。25日が四国中央、26日が福岡です!
四国中央立志会 
☆社長・幹部対象 9月25日(火)午後2時~4時 
『論語』に学ぶ経営者・経営幹部の心得 第21回
☆社員・中堅対象 9月25日(火)午後7時~9時
よく分かる やまとことば入門シリーズ 第2回
参加費:2000円(初回無料)
会場:両講座とも ホテル グランフォーレ(四国中央市三島朝日)
会場お問い合せ 電話0896・23・3355(ホテル グランフォーレ)

★九州政経倶楽部例会
平成30年9月26日(水)
演題:公益経済・公益経営とは何か~その心得7カ条で経営に命を吹き込もう!
会場:クリオコート博多
会費:会員ビジター共3000円 懇親会(希望者別途4000円)

◆本号の「日記」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆政経倶楽部連合会・名古屋支部で「国家150年の計~新日本創成論」を話す
☆神戸・今啓林会で講義~死後も「高貴な念子」が残り続ける生き方をしよう!

◆連載から、ちょっとご紹介!→詳しくは下記をご覧下さい。
空海は瞬く間に密教の奥義を極め、次々と灌頂(かんじょう)を受けました。
灌頂は頭頂に香水(こうずい)を頂く儀式で、灌頂を受ける度に密教における
地位が上がっていきます。空海は約3ヶ月の間に、胎蔵界・金剛界・伝法阿闇梨
(でんぽうあじゃり)の灌頂を受けました。この短期間に3つの灌頂を受け、
密教の王位である伝法阿闇梨に到達するというのは、異例中の異例と言える
出来事でした(伝法阿闇梨位の灌頂名は「遍照金剛」)。

◆林塾関係者の選挙情報です。人物・識見とも、しっかりしています。
☆10月7日(日)告示→14日(日)投開票
今中真之助塾士(11期生)熊本県宇土市議選
☆10月19日(金)告示→28日(日)投開票
先崎温容塾士(6期生)福島県議会補欠選
☆11月11日(日)告示→18日(日)投開票
岩堀研嗣塾士(6期生)千葉県松戸市議選 

====================================
●日記● 平成30年9月20日~22日

◆9月20日(木)、政経倶楽部連合会・名古屋支部(牧山育美支部長)
例会で講義。国家150年の計「新日本創成論」~地方再生の決め手と
公益繁栄経済~を演題に2時間熱意を込めて話す。
反応は頗る上々!会場はほぼ満席に!
文明法則史学研究所から服部匡成所長がご参加下さった。
林塾からは水野岳男塾士が参加(7期生、岐阜県各務原市議)。

◆9月21日(金)、神戸・今啓林会(今井啓介会長)で講義。
「論語」(8)では、下記の内容を話す。
不仁の者は信念が無いから逆境に耐えられないし、すぐに傲り高ぶるから
成功にも長くいられない。志士の生き方は損得を超えているのだから、質素な
生活を恥じてはならない。人に怨まれるのは、こちらの欲で動いているから。

封印の書『学術維新原理日本』(8)では、下記の内容を話す。
資本家は悪人・労働者は善人という、善玉悪玉二元論では人間観が浅過ぎる。
死後も「高貴な念子」が残り続ける、誇り高き生き方をしよう! 他
林塾から福丸孝之塾士が参加(1期生、大阪府茨木市議、綜學師範代)。

◆9月22日(土)、神戸から浜松に移動し、夜は空手道の稽古に参加。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
下記連載は、林英臣が説いてきた「綜學」を解説しています。一言で言えば、
綜學は綜合学問です。現代文明の行き詰まりを解決し、人類を危機から救う
には、人類全体を見渡し、その英知を綜合することの出来る学問が必要である
という思いによって体系化しました。読者の人生や経営の悩みを救うヒントも、
きっと見つかることでしょう。可能な限り、分かり易く書いてまいります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【綜學】現代文明の行き詰まりを救う全体学~連載その101

◇空海の乗った第一船と、最澄の乗った第二船のみが大陸に到着◇

空海にとって18歳から31歳までが、志の探究と修行の期間でした。
そして、31歳か36歳までが、密教の奥義を修める時期となります。

東大寺戒壇院で受戒(具足戒)して出家し、遣唐使船に乗り込む用意を調えた
空海は、数え年31歳の5月12日、遣唐大使の乗った第一船に搭乗して難波
(大阪)を出港します。瀬戸内海を通って九州肥前国田ノ浦に到り、そこから
大陸へ向かうのですが、途中で暴風に遭い、4隻の船団中2隻は到着出来ません
でした。

到着したもう1隻(第二船)には、後に天台宗を起こす最澄が乗っていました。
空海と最澄という、平安仏教の二大開祖が乗った船のみ辿り着くということに、
何か不思議な運命を感じてしまいます。

無事到着とはいっても、空海の船は大きく南に流され、福州赤岸鎮というところ
に漂着しました(約一ヶ月間漂流)。最澄の船は、50日余り漂流してから、
明州寧波(にんぽー)に着いています。2隻とも命からがら辿り着いたのです。

空海の唐への旅は、肥前出発から帰国まで、僅か2年4ヶ月に過ぎませんでし
た。今の常識からすれば、2年以上なら長い期間と感じるかも知れませんが、
密教の奥義を体得するには、あまりにも短い期間でした。それに、滞在予定期間
は20年間とされていたのですから、超急ぎ足の留学だったのです。

唐の都・長安に着いた空海は、まず古代インドの文学語である梵語(サンスク
リット語)をインド僧から学びます。梵語の習得は、仏典を原点から研究する
ためです。空海の志に感動したインド僧は、自分が訳した膨大な仏典を空海に
渡してしまいます。

そうして、いよいよ密教の第一人者である恵果に師事するのですが、その期間は
たったの6ヶ月間でした。そのとき、恵果は60歳、空海は32歳です。

空海は瞬く間に密教の奥義を極め、次々と灌頂(かんじょう)を受けました。
灌頂は頭頂に香水(こうずい)を頂く儀式で、灌頂を受ける度に密教における
地位が上がっていきます。空海は約3ヶ月の間に、胎蔵界・金剛界・伝法阿闇梨
(でんぽうあじゃり)の灌頂を受けました。この短期間に3つの灌頂を受け、
密教の王位である伝法阿闇梨に到達するというのは、異例中の異例と言える
出来事でした(伝法阿闇梨位の灌頂名は「遍照金剛」)。

恵果には千名の弟子がいたそうですが、インド伝来の密教の正統を受け継げる者
はおりませんでした。高弟の義明という優秀な僧がいたものの、既にこの世を
去っていました。要するに恵果には後継者がおらず、それが師として最大の憂い
だったのです。

千名もの弟子がいれば、優秀な人が多数いそうなものですが、なかなかそうは
いかないようです。資質に優れ、根気よく熱心に修行し、核心を的確に掴んで
自分のものとする。部分に囚われることなく、教えの全体像を理解した上で、
人に伝えられる構成力と指導力を身に付けていく。性格が素直で頭脳が聡明、
そして最高の熱意を兼ね備えている。そういう者となると滅多に現れません。
師の全てを受け継げる器量を持った弟子というのは、万人に一人いるかどうかと
なるのでしょう。(続く)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林塾・塾士が講義する綜學講座のご案内 ※下記以外にも多数の塾士が、
綜學と原点・大局・本氣・徹底の講義・指導を全国各地で行っています。
関東:「むさしの綜學塾」
綜學師範代・伊藤央(ひさし)塾士(5期生、東京都小平市議)
https://www.facebook.com/musashino.sougakujuku/?fref=ts

関西:「綜學社福丸塾」
綜學師範代・福丸孝之塾士(1期生、大阪府茨木市議)
https://www.facebook.com/sogakushafukumarujuku/?fref=ts

関西:「一般社団法人・松南志塾」
綜學師範代・南出賢一塾士(4期生、大阪府泉大津市長)
https://www.facebook.com/events/117101805577735/?fref=ts

◆綜學実践会のご案内
会場:綜學社京都研修所
担当:末利公一学匠、桑原恭祐学匠
問い合わせは→ koichi.suetoshi@gmail.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
☆林英臣政経塾「政治家天命講座」第13期を開講中!
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
関東講座・関西講座・北陸講座

◆政治家志望ではないが、政治家天命講座には参加してみたいというご要望を
しばしば頂きます。林塾の支援会員になって下されば、全国各地開催の講座を
何回でもご聴講頂けます。林塾の「国是議会」へもご案内申し上げます。
詳しくは下記をご覧下さい。何卒宜しくご支援の程お願い申し上げます。
http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/%e5%bf%97%e6%8f%b4%e4%bc%9a%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林英臣(綜観)が全国各地で熱講!◆
【講演テーマ例】※単発講演だけでなくシリーズ講座も可能です。
☆松下幸之助翁の「遺言」~松下政経塾生に本当に求めていたこと~
☆「側近学」入門~ナンバー2・側近・軍師をどう見つけるか~
☆西郷隆盛が心服した男~橋本左内と『啓発録』に学ぶ立志の基本
☆やまと言葉と日本人の感性~アは開く、ウは閉じる、そして名前の意味は~
☆強国を相手に外交を全うした大政治家、小村寿太郎の胆力はどこから来たか!
☆渋沢栄一と松下幸之助から学ぶ日本経営道~公益経営7つのキーワード~
☆『徒然草』で味わう中世の心 鎌倉武士と質実剛健、もののあはれと無常観
☆織田信長と天下布武~悪名を残してでも立ち向かったのは何のためか?
☆赤穂義士に学ぶ「武士の一分」~忠臣蔵に感動する間は、日本はまだ大丈夫~
☆空海に学ぶ日本人の大きさ~大宇宙と自分を結び、思う存分天命に生きよ!~
☆古事記は人類最高の神話なり!~壮大な宇宙観と天地の生成、人類の大使命~
☆東洋思想で心胆を鍛え、信念を練る~論語、老子、韓非子、孫子の兵法など~
☆伸びる若者が学んでいる立志の基本「原点・大局・本氣・徹底」と綜學十訓
☆山鹿素行の教えと葉隠武士道~今日一日を命懸けとなって生きよ!~
☆「日本のこころ」1万2千年史~日本精神の起源と、その発展~
☆明治維新150年~日本の何がおかしくなったのか~その5つの歪みを正す
☆「新日本創成論」~地方再生の決め手と公益繁栄経済
◆講演お問い合せはこちらから→ http://www.hayashi-hideomi.com/request
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【林英臣著書のご紹介】
★戦前の真実が分かる本!~『大國民讀本を読む』 昭和2年出版の意訳本
日本は明治からおかしくなった~150年間の歪みを正すための答が見つかる!
お名前・〒ご住所・お届け先の電話番号、またはご本人の携帯番号・冊数などを
お知らせ下さい。頒価1000円。  → tokita@nosmedia.co.jp
03・3664・3733(株式会社ノスメディア 常田(トキタ)さん)

★最新著『原大本徹 短編集〈1〉』博進堂1944円 
★復刻版が出来ました→この男に賭けてみたい!『龍馬起つ』博進堂1620円
★復刻版が出来ました→平成の志士へ『日本復活』博進堂1080円
★復刻版が出来ました→世界も日本も総転換『生き筋のシナリオ』博進堂1728円
★『東洋的器量の研究』物欲資本主義を超える文明原理 博進堂1543円
★東洋的人物の研究『人間の奥行きと惹き付ける力』博進堂1620円
★東洋的達人の研究『念子が養う超人的能力』博進堂1800円
★東洋的英知の研究『力を抜けば強くなる』博進堂1296円
★入手しました→立志読本『すべては志からはじまる』四国中央立志会500円
★ロングセラー!大和言葉48音の秘密を解く『縄文のコトダマ』博進堂1029円
★ロングセラー!よみがえる古事記の言霊『やまとことば伝説』博進堂3600円
★リーダーを元氣にする『やるしかない人が読む本』博進堂1543円
★上司が読む心のワクチン!『心の的を射る人・外す人』博進堂1543円
★松下幸之助と韓非子の教え『人を動かす「7つの術」』太陽企画出版1512円
★『人を動かす「7つの術」』は 韓国からオファーがあり翻訳出版されました。
以上、ご注文はこちらからどうぞ→ http://www.hayashi-hideomi.com/books

★共著:『経営者のための日本の心入門講座』政経倶楽部編1000円
(「佐藤一斎~幕末志士三千人の師、その教え方と育て方」講演録掲載)
★共著:『経営者のための近現代史入門講座』政経倶楽部編1000円
★『経営者のための東洋思想入門講座』政経倶楽部編1000円
★共著:経営者からの提言『真・日本再生』政経倶楽部編800円
上記4冊は政経倶楽部事務局へご注文下さい→ info@seikei-club.jp

★CD出版「吉田松陰《立志実践》の教育」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1908.html
★CD出版「林英臣の《側近学》」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1962.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆本メルマガを、お仲間にも是非お勧めください!
「林英臣の元氣メール」のバックナンバー・配信登録・停止はこちら
→ http://archives.mag2.com/0000149323/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆林が唱導している文明論と構想☆
◎「文明維新」東西文明が800年周期で交代。21世紀は世界史激変の転換期
◎「日本改新」2020年頃、日本に新しい社会秩序を誕生させよう! 
◎「国是担当地方議員構想」平成の龍馬を1000人育成!
               
はやしひでおみ 
林英臣政経塾 塾長(政治家天命講座、全国7会場)
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
綜學の研究と普及・綜學社 代表
一般社団法人・政経倶楽部連合会 主席顧問→ http://www.seikei-club.jp
 同法人併設・日本政経連合総研 理事長
公益財団法人・松下政経塾 一期生

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
☆転送・転載・引用など(悪意・乱用でない限り)大歓迎です。出所(林英臣の
元氣メール)を必ず明記して下さい。あらかじめ当方にご一報下されば嬉しく思
います。
林 英臣 e-mail        :soukan@hayashi-hideomi.com
林 英臣 ホームページアドレス :http://www.hayashi-hideomi.com/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ