開業歯科医院に奇跡を起こす「経営虎の巻」

  • ¥0

    無料

「歯科医院専門税理士事務所」が医院経営に役立つノウハウを大公開。節税やファイナンシャルプランニングなどの「先生のお金を最大化」するノウハウ、マーケティングやホームページの活用方法などの経営ノウハウをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
開業歯科医院に奇跡を起こす「経営虎の巻」
発行周期
不定期
最終発行日
2018年08月29日
 
発行部数
1,056部
メルマガID
0000156182
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは。
税理士法人キャスダック 山下です。
http://www.dentax.jp/



先週の木曜日に、東京での講演と懇親会を終えて夜の新幹線で
大阪に帰る途中、台風で新幹線が止まってしまいました。


20時40分の新幹線に乗り、名古屋駅直前で止まり、新大阪駅に
着いたのは結局3時50分でした。


でも、なかなかこんな機会もないのでFBでその様子をアップしていたら
予想外にいろいろな先生からコメントをいただいてビックリでした。


皆さん、本当に遅い時間までお仕事されているんですね。



まだまだ暑い日が続きますので、お互い健康には気をつけて
残暑を乗り切っていきましょう。







歯科医院のキャッシュフローを悪化させる間違った「節税」とは?



8月も終わりに差し掛かり、利益が出ている医院はそろそろ節税を
考えなければならない時期になってきました。


歯科医院の院長が節税を考えるのは、単純に税金を減らしたいのではなく
「手元にお金を残しておきたい」ことが目的だと思います。


それであれば、税金を減らすために手元のお金を減らすという行為は
キャッシュフロー上、何のメリットもありません。




たとえば、「利益が出そうだから経費を使う」というもの。


これは一見正しいように見えますが、実際のところは節税以上のお金が
出ていくため、「手元にお金を残しておきたい」という目的とは矛盾します。


つまり、節税の目的は「税金を減らすこと」が目的であってはいけないのです。




それであれば、歯科医院はどのような節税を行なえばよいのでしょうか。



歯科医院で使える一般的な節税スキームは、拙著「歯科医院にお金を残す節税の極意」
(クインテッセンス出版)に載せておりますが、今回はその中でも「課税繰り延べ型」
の節税に焦点を当ててお話ししていきます。
http://tinyurl.com/kax5sts






「課税繰り延べ型」の節税って?


まず、「課税繰り延べ型」の節税についてご説明いたします。


通常、利益が出れば税金が発生するのですが、その税金を将来に繰り延べる
節税方法を「課税繰り延べ型」の節税といいます。


税務上、支出時に全額損金となれば、その時点での税負担は軽減されます。
しかし、そのお金は戻ってきたタイミングで全額益金となるので、そこで
税負担が増加することになります。


つまり、今現在の税負担は軽くなりますが、そのお金が戻ってきた時点で
税負担が増えるので、プラスマイナスはゼロ、ということになります。



ただし、どうせ税金を支払うなら、今払うよりも将来に繰り延べた方が
キャッシュフローは安定します。




この課税繰り延べ型の節税で有名なものが「倒産防止共済」です。



「倒産防止共済」とは、中小企業の取引先が倒産した場合、自らが連鎖倒産や
それが原因で経営難に陥る事態を防止するために共済金の貸付を行う制度です。


引続き1年以上を経営している中小企業が加入できる共済制度で、
歯科医院もこれに該当します。(医療法人は加入できません)



一般的に、歯科医院は相手先が倒産するということは考えにくいですが、
この商品の特徴は相手先の倒産というよりもむしろ解約返戻金にあります。


もし相手先の倒産などがなければ、最終的には解約をすることが可能なのですが、
12ヶ月以上の掛金を納付していると掛金総額の75~100%の解約手当金が
戻ってきます。


そして、ここがポイントなのですが、


40ヶ月以上積み立てをしていれば100%の解約手当金を受取ることができるのです。



つまり、掛金を支払った時点ではその掛金が全額経費になり、40か月
(3年4か月)以上積立てれば掛金の100%が戻ってくる。



そして、戻ってきた時点では、個人の場合、全額が事業所得の雑収入となります。






歯科医院で「課税繰り延べ型」の節税が有利になるケースとは?


倒産防止共済の掛金は月額5千円~20万円で設定して、最大年間240万円まで
積み立てることが出来ます。(積立可能総額は累計で800万円です。)

この掛金は法人では損金、個人では必要経費扱いとなります。


たとえば、売上が上がり利益が出てきているタイミングでこれに加入。
掛金は全額経費計上です。

また、40ヶ月以上積み立てていれば、解約した際に100%の解約金を
受取ることが可能です。


もし医院の売上が下がったもしくは赤字になったタイミングで解約をすれば、
解約手当金とマイナス部分を相殺できます。



この倒産防止共済の節税メリットがある医院は、たとえば次のような医院です。


・現在、売上が順調で所得が最高税率だが、将来的な減収による赤字の不安を持っている。

・将来、税率が下がることが確定している。

・将来、設備投資などで大きく利益が減る時期が予想される。



所得税は超過累進税率といって、所得が高くなればなるほど税率が上がります。
そのため、50%の税率の時に加入して、10%の税率の時に解約になれば、
節税効果は高くなります。


また、政策上将来的に税率が下がることがわかっているのであれば加入した時より
解約した時の方が税率が低いので有利です。

逆になると、不利になりますね。





●加入条件や加入方法は?


加入条件は、引続き1年以上事業を行っている中小企業者ですので、ほとんどの歯科医院は
加入条件を満たしていると思います。
(MS法人などの一般法人は加入OKですが、医療法人は加入不可です。)

また、加入方法は必要書類を揃えて、委託団体(商工会議所等)または金融機関
(銀行や信用金庫等)の窓口にて手続きしてもらえます。


必要書類については以下のとおりです。

<必要書類(個人)>

(1)契約申込書
(2)預金口座振替申出書
(3)重要事項確認書兼反社会的勢力の排除に関する同意書
(4)受付印がある所得税の確定申告書
(5)所得税を納付したことを証する納税証明書
(6)所得税の確定申告書を作成するときに使用した帳簿等



加入条件や加入方法などの詳細については、独立行政法人中小企業基盤整備機構の
ページがわかりやすいですので、ぜひ興味のある先生は検討してみてください。

http://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/index.html






------【歯科医院経営にお奨めの書籍】------------------------------------


 ◆成功している先生は必ずたくさんの本を読んでいます。
  私も少なくても月に10冊は読んでいると思います。
  そんな中でも「これは歯科医院の経営に役立つ!」と思うものを
  ご紹介いたします。
  
  なお、私は書籍の購入はほとんどが「アマゾン」を利用します。
  本屋で探す時間がもったいないからです。
  アマゾンの場合、キーワードを入れれば欲しい本がすぐに検索できます。
  まだ登録していない先生はすぐに登録することをお勧めします。

  また、アマゾンでは、カード情報を入力しておけば、2回目以降の購入は
  ワンクリックだけで購入でき、非常に手間が省けるのも魅力的です。



  成功する一番の近道。それはたくさんの本を読むことです。



★★今月のイチオシ書籍★★


★「健康の結論」 堀江貴文 著★

https://tinyurl.com/y8rxp357



今回ご紹介するのは堀江貴文さんの新刊。

堀江さんは「君がオヤジになる前に」の書籍以降、いろいろな書籍で
健康のために歯のメンテナンスやフロスが重要であることを主張して
くれています。


また、ご自身でも「予防医療普及協会 」という団体を起ち上げて、
予防医療の重要性を広める活動をされています。


堀江さんは出す本出す本がすべてベストセラーになっており、未だに
マスコミにも非常に大きな影響を与える方ですので、その人が予防の
重要性を伝えてくれるのは、この業界にとって大きなインパクトがある
と思っています。


今回の書籍では、数十ページを割いて予防の重要性、歯周病と全身疾患との
関連性などを伝え、歯科でのメンテナンスをおすすめしてくれています。


「とにかく歯のクリーニングは定期的に受けてほしい」

「僕の感覚では3カ月に1回、最低でも半年に1回は歯科に行くことをおすすめする」



ぜひ歯科医院の待合にも置いていただきたい価値ある一冊。

おすすめです。



【 アマゾンで購入 】
 ↓
https://tinyurl.com/y8rxp357



 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★★執筆・掲載書籍★★


 ☆☆☆最新著書☆☆☆ 
 

 「歯科医院にお金を残す節税の極意」(クインテッセンス出版)
 アマゾンで購入 ⇒ http://tinyurl.com/kax5sts


 「スタッフのヤル気が歯科医院を発展させる」(クインテッセンス出版)
 アマゾンで購入 ⇒ http://tinyurl.com/43hdeln


 「あなたの歯科医院を90日で成功させる!」(クインテッセンス出版)
 アマゾンで購入 ⇒ http://tinyurl.com/pf6u7h


 「金持ち歯科医になる!利益を出す経営の極意」(クインテッセンス出版)
 アマゾンで購入 ⇒ http://tinyurl.com/2rqdyt
 
 「キャッシュ最大化計画」(クインテッセンス出版)
 アマゾンで購入 ⇒ http://tinyurl.com/6xff33
 
 月刊「歯科医院経営」(クインテッセンス出版)
 ~歯科医院経営をダントツ化するノウハウ~
 
 新聞クイント(クインテッセンス出版)
 2008年7月号に掲載
 2007年2月号に掲載
 
 アポロニア21(日本歯科新聞社)
 2007年1月号 

 デンタルアドクロニクル2008(クインテッセンス出版)
  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★このメルマガがお役に立ったなら、他の先生にも転送してあげてください。

  登録はこちらをクリック。 ⇒ http://www.dentax.jp/

 ★先生からの感想をお聞かせください。

  ご意見、ご質問はこちら。 ⇒ yamasita@dentalkaikei.com
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ※ 発行者:山下剛史
   税理士法人キャスダック 代表税理士・ファイナンシャルプランナー
 ※ http://www.dentalkaikei.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★私のプロフィールはこちらです。
  http://www.dentalkaikei.com/profile.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 編集後記

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



甲子園、盛り上がりましたね。


私はあまり野球を見ることはないのですが、今回の甲子園は
非常に面白い試合が多く、100回記念にふさわしい大会でした。


決勝戦は、ラスボス大阪桐蔭に挑む秋田の金足農。


結局、残念ながら勝つことはできませんでしたが、連日テレビでは
優勝した大阪桐蔭以上にクローズアップされていました。



なぜここまで金足農が取り上げられたのか。



それは、


「ストーリー(物語)」


があったからだと思います。



人はストーリーに心動かされます。


そして、同じような商品やサービスが世の中に溢れてきた現在、
ビジネスにおいてもこのストーリーで差別化することが重要視
されてきました。


われわれ経営者も、雑草軍団を見習ってお客様の心を動かすような
物語を作っていく必要があるのではないでしょうか。



( 山下剛史 )

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ