奈良まほろば館「まほロバの耳」

  • ¥0

    無料

首都圏における奈良県の情報発信拠点「奈良まほろば館」でのイベント、講演会、展示などの内容をお知らせします。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
奈良まほろば館「まほロバの耳」
発行周期
月刊
最終発行日
2018年08月31日
 
発行部数
2,971部
メルマガID
0000163729
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

奈良まほろば館メールマガジン

ま_/ほ_/ロ_/バ_/の_/耳_/!_/

□◆◇■ 第154号 ■◇◆□

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆展示イベント案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

■興福寺中金堂の今と昔~興福寺中金堂再建記念~
 開催中~9月4日(火)
 10月に落慶を迎える興福寺中金堂。興福寺は火災の多かった寺で、100回をはるかに超える火災の記録が残っています。今回落慶を迎える中金堂も、和銅3年(710)に藤原不比等により創建されて以降、7回もの焼失、再建を繰り返してきました。
 本イベントでは、落慶される興福寺中金堂の今の姿と昔の姿を中心に、パネル等で興福寺中金堂の歴史をご紹介します。


■来て見て体験!相撲がつなぐ奈良葛城・香芝・桜井
 9月6日(木)~9月18日(火)
 相撲発祥の地が奈良県であることをご存知でしょうか?日本書紀の記述によると、第11代垂仁天皇の時代に野見宿禰(のみのすくね)と當麻蹶速(たいまのけはや)が天皇の前で力くらべをすることになります。この力くらべが初の天覧相撲と言われています。
大相撲九月場所が行われるこの時期に、相撲にゆかりのある葛城(かつらぎ)、香芝(かしば)、桜井(さくらい)の3市の歴史的、文化的な見どころをパネル等でご紹介します。


■『歴史と再生の地「森林セラピー基地吉野」~悠久の風景 吉野の道~』パネル展
 9月20日(木)~10月2日(火)
 吉野町は、平成24年に奈良県下で初めて「森林セラピー基地」の認定を受けました。森林セラピーとは、癒しの効果が科学的に検証された森林浴効果のことをいいます。森を楽しみながら精神的ストレスの軽減や健康維持・病気の予防等を行うことを目指します。その美しい森吉野美林のセラピーロードをパネル展でご紹介します。


※イベントの詳細は、奈良まほろば館のホームページで随時案内いたします。
※都合により、イベント内容に変更が生じる場合があります。
※各展示の最終日は閉館時間前に終了することがあります。ご了承願います。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆物販イベント案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

■奈良県五條市産ハウス柿の試食販売会
 開催中~9月2日(日) 10:30~19:00
 (2日は17時まで)
 奈良県五條市産のハウス柿を試食販売します!五條市産のハウス柿[品種:刀根早生(とねわせ)]は、生産量、栽培面積ともに日本一で、全国各地に出荷されています。また、ハウス栽培のため、温度・水分管理が徹底されており、糖度が高いのが特徴です。

※なくなり次第終了します。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆体験イベント案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

■相撲まわし着付け体験・力士着ぐるみ体験
 9月8日(土)~9月9日(日)
 (8日 10:30~18:30、9日 10:30~16:00)
 相撲発祥の地「奈良県」ならではの体験イベントです。まわし着用や着ぐるみで力士になりきり、記念撮影をしてみませんか?

※事前申込不要、体験料無料です。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆講演&講座案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

《NEW》
■来て見て体験!相撲がつなぐ奈良葛城・香芝・桜井
-相撲の歴史を語る ~日本書紀から現代の大相撲まで~-
 国技・相撲の歴史は、我が国最古の歴史書・日本書紀に記された當麻蹶速と野見宿禰の天覧相撲に始まり、平安時代には宮中行事・「相撲節会」として、また中世・近世には武士の鍛錬の一環として、そして江戸時代には現在の大相撲の源流となる勧進相撲が行われました。約2,000年におよぶ相撲の歴史と、その発祥の地・奈良にある様々な相撲の歴史の面影をお話いただきます。

1.日  時:平成30年9月8日(土)
       第1部 11:00~12:30 第2部 16:30~18:00
       ※第1部と第2部は同じ内容です。
2.講  師:小池 弘悌 氏(奈良県相撲連盟 相撲局長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:各回70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■奈良に誘う奉納舞の魅力
 上方舞山村流師範として活躍する山村若女氏は、ここ10年ほど積極的に奈良県内の社寺~例えば、春日大社若宮社、金峯山寺蔵王堂、丹生川上神社、氷室神社、大和神社などで舞を奉納されています。演目もできるだけその社寺やその土地にゆかりがあるものを選び、参列した方々の感動を呼んでいます。
 本講演では、各社寺での奉納舞の様子をスライドで紹介しながら、舞を通じ、山村若女氏が五感で感じ取った各社寺の歴史の深さと魅力について語っていただきます。聞き手は、山村若女氏プロデュースのイベント「舞華会(まいかえ)」でも司会進行をつとめるなど親交の深い、編集者・倉橋みどり氏。

1.日  時:平成30年9月10日(月)18:30~20:00
2.講  師:山村 若女 氏(日本舞踊家[山村流上方舞])
       倉橋 みどり 氏(NPO法人 文化創造アルカ理事長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:500円(当日受付で申し受けます。)
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■奈良学ナイトレッスン 平成30年度 第6夜
~「町家に住まう旅」を楽しむ~
 皆さんは「町家」に入ったり、過ごしたりという経験はありますか?見るとどこか懐かしさを感じる「町家」は、かつては町人の住宅であり、伝統的な木造建築でもありますが、近年、老朽化などにより奈良町から急速にその姿を消しています。今回の講座では、奈良の町家改修にまつわる建築の話や、町家の良さ、そして奈良町の楽しみ方について、町家の宿泊施設「紀寺の家」を主宰している藤岡さんにたっぷりとご紹介いただきます。

1.日  時:平成30年9月13日(木) 19:00~20:30
2.講  師:藤岡 俊平 氏(紀寺の家代表、藤岡建築研究室所属)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
6.申込方法:
 奈良まほろば館のホームページ(URL:https://www.mahoroba-kan.jp)にアクセスいただき、「講座案内」の「申込フォーム」から9月4日(火)午後5時までにお申込みください。
 受講の可否については、9月6日(木)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
※申込フォームよりお申込いただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。
 必ず、9月6日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


《NEW》
■写経教室
 奈良の法相宗大本山薬師寺からお坊様をお招きし、写経を行います。この教室では「写経」を行うだけでなく、お坊様より普段は聞くことの出来ない「法話」をお伺いします。法話を通して奈良の魅力にも触れていただく絶好の機会です。 
完成した写経は、薬師寺の納経堂に納められ永代供養されます。1回だけの受講も可能です。
※写経は般若心経又は父母恩重経をお選びいただけます。

1.日  時:9月12日(水)、10月25日(木)、
       11月22日(木)、12月13日(木)
       各日19:00~21:00
2.講  師:生駒 基達 師(薬師寺 副執事長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:1回3,000円(写経納経料含む)
       ※道具はお貸しいたします。
5.定  員:20名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■文化財コンプレックスの魅力を探る旅~明日香地域を中心に~vol.2
 明日香地域では、多くの文化財や博物館、街並み、自然や文化的景観などが混在しています。その一つ一つに歴史があり、とても魅力的です。これらの様々なコンテンツを面的に繋ぐと、さらに一体となって独特な雰囲気を醸し出し、その魅力は倍増します。初めて訪れるかたも、何度も訪れているかたも、こんなところに、こんなものが?と思わせるような新たな魅力の発見があるかもしれません。昨年の講演でご紹介したvol.1に引き続き、新たな魅力発見の旅にみなさまをご案内します。

1.日  時:平成30年9月17日(月・祝)
       第1部 11:00~12:30 第2部 13:30~15:00
       ※第1部と第2部は同じ内容です。
2.講  師:髙橋 幸治 氏(明日香村教育委員会文化財課 主査)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:各部とも70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■「天香具山の伝承から」(まほろばソムリエの深イイ奈良講座)
 NPO法人奈良まほろばソムリエの会の講座です。奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。
 飛鳥故京の北に位置し、天から天降ったとされる聖なる山「天香具山」。古くは『古事記天の岩屋戸神話』に登場し、占いや埴土の採取など謎がいっぱいの不思議な山です。天香具山にまつわる伝承のいくつかを紹介します。

1.日  時:平成30年9月23日(日) 11:00~12:30
       ※残席わずかです。
2.講  師:木村 三彦 氏(奈良まほろばソムリエの会 顧問)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:500円(当日受付にて申し受けます)
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■「雄略天皇物語」(まほろばソムリエの深イイ奈良講座)
 NPO法人奈良まほろばソムリエの会の講座です。奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。9月23日の第2部は、「雄略天皇物語」についてお話いただきます。
 埼玉県稲荷山古墳鉄剣文字に登場する「ワカタケル」(大泊瀬幼(おおはつせわか)武(たけ)=雄略天皇 宮=泊(はつ)瀬(せ)朝倉宮(あさくらのみや))は、競争相手を次々と暗殺し即位した狂暴な天皇のイメージが強いですが、『万葉集』冒頭の「妻問いの歌」や『日本書紀雄略紀』をくわしく見ていきますと、極めてほほえましい一面があることがわかります。雄略天皇の物語のいくつかを紹介し、その素顔にせまります。

1.日  時:平成30年9月23日(日) 14:00~15:30
       ※残席わずかです。
2.講  師:木村 三彦 氏(奈良まほろばソムリエの会 顧問)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:500円(当日受付にて申し受けます)
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■小山田遺跡と甘樫丘遺跡群
 近年発掘調査で大きな話題となった明日香村の小山田遺跡(古墳)。それまでまったく知られていなかった一辺80mにもなる巨大な方墳は、被葬者について、研究者の間で、舒明天皇初葬墓説や蘇我蝦夷大陵説など意見が分かれています。
 今回の講演では、小山田遺跡の概要を紹介すると共に、甘樫丘にある遺跡群(集落・寺院・古墳)の中で小山田遺跡について考えることにより、その被葬者について考えてみたいと思います。

1.日  時:平成30年9月24日(月・祝)
       第1部 11:00~12:30 第2部 13:30~15:00
       ※第1部と第2部は同じ内容です。
       ※第1部は残席わずかです。
2.講  師:相原 嘉之 氏(明日香村教育委員会文化財課 課長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:各部とも70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■平成30年度「聖徳太子に学ぶ会~聖徳太子1400年御遠忌に向けて~」 
1.日  程:
 第1回 平成30年9月29日(土)
  主題「法隆寺を語る」
  講師 大野 玄妙 師(法隆寺管長)
 第2回 平成30年10月20日(土)
  主題「拓本から見た法隆寺の造像銘」
  講師 東野 治之 氏(奈良大学名誉教授)
 第3回 平成30年11月17日(土)
  主題「井上内親王―運命に翻弄された斎宮」
  講師 瀧浪 貞子 氏(京都女子大学名誉教授)
 第4回 平成30年12月8日(土)
  主題「奈良の寺院」
  講師 澤田 享 氏(秋田公立美術大学教授)
 第5回 平成31年1月19日(土)
  主題「止利式仏像の源流」
  講師 大橋 一章 氏(早稲田大学名誉教授)
 第6回 平成31年2月16日(土)
  主題「法隆寺伝来の経絣『広東裂』の伝播と文様復元」
  講師 澤田 むつ代 氏(東京国立博物館特任研究員)
2.会  場:奈良まほろば館2階
3.時  間:各回 13:30~15:30
4.資料代等:1講座につき1,000円
5.定  員:各回50名(定員になり次第締切)
6.申込方法:
 受講希望者は、希望する講座の回を記入の上、資料代を郵便局よりお振り込みください。
 振込み後の資料代は返金いたしかねますので、ご承知おきください。
 【郵便振替先】 口座名称 聖徳太子に学ぶ会
         口座番号 00120-5-174040
 ※お申込に関するお問合せは、聖徳太子に学ぶ会事務局まで
  〒174-0065 東京都板橋区若木1-5-14 小松方
  電話 03-3932-8734


《NEW》
■「斉明女帝と飛鳥」(まほろばソムリエの深イイ奈良講座)
 NPO法人奈良まほろばソムリエの会の講座です。奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。9月30日は、「斉明女帝と飛鳥」についてお話いただきます。
 乙巳の変において権力者蘇我入鹿が暗殺されます。そのショックで退位した皇極天皇は、10年後に再び即位します。それが斉明天皇です。
 この天皇は土木工事を好み、飛鳥に酒船石や猿石などの「石造物」や当時「狂人渠(だぶれこころのみぞ)」と呼ばれた運河を掘るなど、多くのナゾの遺跡を残しました。斉明天皇と飛鳥との関わりについて、皆様にお話したいと思います。

1.日  時:平成30年9月30日(日) 11:00~(1時間半程度)
2.講  師:木村 三彦氏(奈良まほろばソムリエの会 顧問)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:500円(当日受付にて申し受けます)
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■心の癒しと森林セラピー ~森林セラピー講演とライトセラピー体験~
 水と緑が調和された吉野の地域、これが1つの特徴です。そして何年もの間、人々が守り続けてきた吉野美林が人と森の繋がりを語ってくれます。森林セラピーは、この美しい吉野の自然の中に入り、五感を働かせて心身ともに癒される、新しい森の楽しみ方です。
 森林セラピーって何?森林浴とはどう違うの?森で人はなぜ癒されるのか、森林セラピーで得られる効果とはについて講演を行います。
 森林セラピーについての講演で理解を深めた後、吉野檜を使ってキャンドルホルダーを製作し、ライトセラピー体験をしていただきます。灯りの癒し効果を体感していただく特別なワークショップです。

1.日  時:平成30年9月30日(日)
       第1部 14:00~15:30 第2部 16:30~18:00
       ※第1部と第2部は同内容での講演、体験となっています。
2.講  師:花谷 喜美代 氏(一般社団法人吉野ビジターズビューロー森林セラピー事務局マネージャー)
       坂本 尚代 氏(あかり工房 吉野)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.材 料 代:1,500円(当日受付にて申し受けます。)
5.定  員:各回20名(先着順、要申込)
6.申込〆切:9月23日(日)必着
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■奈良学ナイトレッスン 平成30年度 第7夜
~はじめての正倉院 ― 本物に出会うその前に~
 奈良の秋の一大イベントといえば、正倉院展。学校の教科書で習った記憶があるものの、そもそも「正倉院」って何?なぜ「天平の至宝」と呼ばれるの?と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
 そんな正倉院展鑑賞の初心者の方に向けて、正倉院の成り立ちや天平時代の歴史背景、宝物が現在までどのように守られてきたかをご紹介します。奈良時代の人々の息づかいが聞こえるかのような、一つ一つに物語が秘められた美しい宝物たちが展示される正倉院展。はじめての方でも楽しめるよう、今年の鑑賞ポイントを学んでから、本物の宝物に出会いに行きましょう。

1.日  時:平成30年10月17日(水) 19:00~20:30
2.講  師:杉本 一樹 氏(前 宮内庁正倉院事務所長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
6.申込方法:
 奈良まほろば館のホームページ(URL:https://www.mahoroba-kan.jp)にアクセスいただき、「講座案内」の「申込フォーム」から10月8日(月)午後5時までにお申込みください。
 受講の可否については、10月10日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
※申込フォームよりお申込いただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。
 必ず、10月10日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


【お申込について】※奈良学ナイトレッスン、聖徳太子に学ぶ会は各講座の申込方法をご参照ください。
○申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部:1日に複数部開催の場合のみ)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・FAX番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
 奈良まほろば館のホームページ(URL:https://www.mahoroba-kan.jp)にアクセスいただき、「講座案内」の「申込フォーム」からお申込ください。

○お問い合わせ先:
奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2階
TEL:03-3516-3931 / FAX:03-3516-3932

※受講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
※上記以外の講演については、奈良まほろば館のホームページで随時ご案内いたします。
※都合により、講演内容に変更が生じる場合があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★☆★ 編集後記 ★☆★☆★☆
 毎日厳しい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。奈良では燈花会や地域の夏祭りなど、夏の行事が徐々に終わりを迎えていますが、しばらく暑さは続きそうですので、水分補給を怠らず暑い夏を乗り切っていきましょう!
 さて、9月の奈良まほろば館では、9月6日~9月18日の間、相撲発祥の地「奈良県」のゆかりの地ご紹介する展示イベントを開催します。展示期間に合わせ、9月8日には奈良の相撲の歴史をお話いただく講演会、9月8日~9月9日にはまわし着付け・力士着ぐるみ体験を開催しますので、ぜひこの機会に奈良まほろば館へお越しください!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関 連 リ ン ク
★奈良県情報・・・奈良県の情報がいっぱい。
 http://www.pref.nara.jp/
★奈良県観光情報・・・奈良県内観光情報がいっぱい。
 http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/
★巡る奈良・・・奈良県を「テーマ別」で巡る方に検索しやすいよう工夫した情報サイト。
 http://meguru.nara-kankou.or.jp/
★なら記紀・万葉・・・『古事記』『日本書紀』『万葉集』の情報がいっぱい。
 http://www3.pref.nara.jp/miryoku/narakikimanyo/
★奈良ファン倶楽部・・・奈良を愛する方募集中。会員特典多数。
 http://fanclub.nara-kankou.or.jp/
★JR東海 うましうるわし奈良・・・JR東海の奈良観光キャンペーンサイト。
 http://nara.jr-central.co.jp/
★風土47・・・都内にある都道府県アンテナショップのポータルサイト。
 http://www.antennashop.jp/

====================================================
発行:奈良まほろば館                       
   〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目6番2号
   TEL 03-3516-3931
   FAX 03-3516-3932
   Mail mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp
   公式HP https://www.mahoroba-kan.jp/ 
   公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/naramahorobakan
   公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/mahorobakan/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ