子どものやる気を引き出す親のアプローチ

  • ¥0

    無料

お母さん、子育てに悩んでいませんか?このメルマガでは、日常の親子のコミュニケーションを見直し、子どものやる気を引き出すために、親として、どういう方法で子どもたちと関わったらよいのかを、長年、教育に携わってきた経験からアドバイスいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
子どものやる気を引き出す親のアプローチ
発行周期
週刊
最終発行日
2019年01月22日
 
発行部数
1,094部
メルマガID
0000171793
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガの著者 中土井鉄信が、
授業スキルに関する動画ストリーミングの配信を開始しました!

「生徒のやる気を引き出す授業スキル」
内容の詳細はこちら
http://management-brain.com/lp2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プレゼン力と共感力の視点から、中土井の授業論と、
あなたの授業をさらに活性化するプレゼンテーションスキルを
お伝えする「ストリーミング配信」をスタートしました!

【生徒のやる気を引き出す授業スキル】
オンライン学習サイト「ShareWis(シェアウィズ)で公開中です。
(詳細は以下をご覧ください)

    ↓  ↓
http://management-brain.com/lp2

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─□■
   「子どものやる気を引き出す! 親のアプローチ」
   vol.647            2019年1月22日
   合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表
                       中土井 鉄信
■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─□■

** 今週のテーマ **********************

☆今の気分を変える!!☆

********************************

◇子育てをしていると、どうしても子どもの感情に引きずられて、イラ
イラが募るものです。そんな時には、気分を変えることです。今回は、
気分を変えるための方法を考えてみます。

◇一つは、無理して笑ってみることです。それも大声で。傍から見てい
ると馬鹿になったように見えますが、これが案外、気分転換には有効な
のです。

そして、もう一つは、傍から見えない方法です。それは、イライラして
いる自分を第三者として見てみることです。つまり、イライラして、子
どもに八つ当たりしている自分を、心の中で実況中継的に解説するのです。

◇「今、A子は、わが子のB雄にイライラしながら、小言を言っていま
す。悪いと知りながらも、小言を言わずにはおれないA子は、親として
はどうなんでしょうか。たまには、B雄を犠牲にして、すっきりすると
いう感じでしょうか!云々。」

◇こんな感じで、実況中継するをすると、馬鹿らしくなってイライラが
収まるものです。そうすれば、ちょっと冷静に自分が見えて、この習慣
をつけられると、イライラすることも少なくなってくるものです。

◇子育ては、日常的には孤独な場合が多いですから、誰も気分転換に協
力してくれないものです。そういう時に、上記の方法を試してみてほし
いのです。明るい気分の状態を作って、子育てに望むことは非常に重要
なことだと思います。親がイライラしていると、その感情が、子どもに
も伝染してしまうからです。

◇親が子どもにイライラしながら接すれば、子どもは他の人にイライラ
して接することになってしまうものです。そうならないためにも、気分
転換を上手くしながら、子育てをしてほしいと思います。

  お母さん:今日は何か、イライラしているのよ、A君。
   A君 :え~?何で?何か嫌なことがあったの?
  お母さん:そうなのよ。だから、今から気分転換しようと思うんだけど。
   A君 :早く、やった方がいいと思うよ。
  お母さん:そうね。じゃあ、今から思い切って大声で笑おうと思うんだ
       けど、A君も一緒にやってくれない?
   A君 :え~・・・。何かおかしいよ。
       その方法は、やめたほうがいいよ。
  お母さん:ダメ!この方法が、いいのよ。一緒に笑いましょうよ。
       行くわよ。「ハハハハハ・・・・!」A君も一緒に!
   A君 :わかった。やってみるけど、「ハハハハハ・・・!」
       お母さん、イライラ直った?
  お母さん:まだまだね。「ハハハハハ・・・・!」


『気分を変えよう!』



MBAからのお知らせ1━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツでは、
一緒に教育業界を盛り上げてくれる仲間を募集しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツでは、
現在スタッフ(中途採用・正社員)を募集しております。

・業界での経験値を上げたい方
・コンサルタントとして独立を目指される方
・新たなフィールドで自分の可能性を発見したい方

私たちと一緒に、教育業界をもっと元気にしませんか?

採用情報の詳細はこちら↓
https://goo.gl/3oM1bD

ご応募の方は、下記にメールまたは郵送で履歴書をご送付ください。

合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町4-70-2ライズビル3F
mail: mailadm@management-brain.co.jp
TEL : 045-651-6922

+───────────────────────────────+
「子どものやる気を引き出す!親のアプローチ」は、
合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツの登録商標です。
+───────────────────────────────+
+───────────────────────────────+
【子どものやる気を引き出す!親のアプローチ】
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:中土井鉄信(MBA代表)
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL: http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想:mailadm@management-brain.co.jp
+───────────────────────────────+
■ 子どものやる気を引き出すワンポイント ■
《場面&対応例でわかる》プロ教師の「成功する」保護者対応の極意

「『傾聴のスキル』はコーチングのスキルの中でもいたって有名なもの
です。傾聴のスキルを使って、相手との関係をラポール(信頼)がある
ものにするのです。」

本の紹介はこちら:
http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-251416-6
+───────────────────────────────+
■最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
もし、よろしければ、知人の方にこのマガジンをおすすめください。
■転送はご自由になさってください。転載の際はご一報ください。
また、このマガジンの解除は以下のサイトからお願いします。
■いただいたご意見等は、許可なく掲載させていただくことがあります。
掲載を望まない方は、お手数ですが、その旨をお書きください。
+───────────────────────────────+
【解除はコチラから/配信会社をご確認ください。】
◎まぐまぐ(ID 0000171793)http://www.mag2.com/
◎メルモ(ID 00361038)http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html
◎旧ミニまぐ(ID M0047933)http://www.mag2.com/2.com/

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ