子どものやる気を引き出す親のアプローチ

  • ¥0

    無料

お母さん、子育てに悩んでいませんか?このメルマガでは、日常の親子のコミュニケーションを見直し、子どものやる気を引き出すために、親として、どういう方法で子どもたちと関わったらよいのかを、長年、教育に携わってきた経験からアドバイスいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
子どものやる気を引き出す親のアプローチ
発行周期
週刊
最終発行日
2019年03月19日
 
発行部数
1,076部
メルマガID
0000171793
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─□■
   「子どものやる気を引き出す! 親のアプローチ」
   vol.655            2019年3月19日
   合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表
                       中土井 鉄信
■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─□■

** 今週のテーマ **********************

☆小さな目標で達成感を持たせる!☆

********************************

◇人間のやる気は、恒常的に続くものではありません。
やる気は、紙風船と同じで、空高く打ち上げても必ず地面に落ちてくる
ものです。だから、何回も何回も空高く紙風船を打ち上げなければなら
ないのです。

◇それと同じで、やる気も一度やる気を引き出して安心していてはダメで、
何回も何回もやる気を引き出すアプローチを心がけなければダメです。

◇やる気を引き出すためには、やる気になる時を作ることです。そして、
やる気を定期的に刺激して、やる気を保つことが重要なのです。

◇子どもがたまたまやる気になった時を見逃さずに、そのやる気を維持
していこうとすることが、親としては重要なことです。それでは、子ど
もがやる気になる時を考えてみましょう。

1.子ども自身に本当にやりたいことが見つかった時
2.子どもが目標達成を意義あるものだと思った時
3.目標に向かって、やることが明確になった時
4.目標の達成が可能である時
5.子どもに目標達成のスキルがある時
6.子どもが目標達成の方法を選択出来る時
7.目標達成をした時のイメージが明確になった時
8.目標達成したら、他人の賞賛が大きい時
9.目標達成したら、親が喜んでくれる時
10.仮の目標を決定した時

◇子どものやる気を引き出そうと思ったら、子どもの好きなことに注目
するか、あるいは子どもに目標をまずは持たせることです。

◇しかし、子どもの好きなことは、親にとってはあまり好ましくないこ
とも多いものですから、そう考えると後者の子どもに目標を持ってもら
うことが一番いいことかもしれません。そのためには、小さな目標を設
定して、達成することが、物凄く気持ちのよいものだと思ってもらうこ
とが一番早いかもしれません。

◇達成感を常に感じている子どもは、目標を持ちやすいものですし、目
標に向けて努力しやすいものです。ですから、達成感を感じやすい教育
環境を用意したいものです。

◇そのためには、勉強だけの目標ではなく、毎日の習慣的なことでも
(活動目標)、趣味的なものでもいいので、小さな目標を子どもに決定
させて、達成感を常に感じられるようにしておくことです。そうすれば、
子どもは、目標に向けて、動き出すかもしれません。


『達成感を感じた子どもは大きな目標を持つ!』



━MBAからのお知らせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MBA主催
「塾人プロ養成研修」&「室長養成研修」の
お申し込みを受け付け中です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
教育サービス業は「人」に大きく左右される業界です。
しっかりと教務指導・生徒指導の出来る「先生」を育てること、
生徒や保護者の心をつかみ、自塾の看板となる「室長」を育てることは、
貴塾の発展に大きく寄与するはずです。

「塾人プロ養成研修」は
新入社員研修や、現場の先生方のスキルアップ研修として、

「室長養成研修」は、
室長研修、また次世代の室長育成の場としてご活用ください!

★各講座の詳細&お申し込みはこちら★
https://management-brain.net/mbaseminar03/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
+───────────────────────────────+
「子どものやる気を引き出す!親のアプローチ」は、
合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツの登録商標です。
+───────────────────────────────+
+───────────────────────────────+
【子どものやる気を引き出す!親のアプローチ】
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:中土井鉄信(MBA代表)
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL: http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想:mailadm@management-brain.co.jp
+───────────────────────────────+
■ 子どものやる気を引き出すワンポイント ■
《場面&対応例でわかる》プロ教師の「成功する」保護者対応の極意

「『傾聴のスキル』はコーチングのスキルの中でもいたって有名なもの
です。傾聴のスキルを使って、相手との関係をラポール(信頼)がある
ものにするのです。」

本の紹介はこちら:
http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-251416-6
+───────────────────────────────+
■最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
もし、よろしければ、知人の方にこのマガジンをおすすめください。
■転送はご自由になさってください。転載の際はご一報ください。
また、このマガジンの解除は以下のサイトからお願いします。
■いただいたご意見等は、許可なく掲載させていただくことがあります。
掲載を望まない方は、お手数ですが、その旨をお書きください。
+───────────────────────────────+
【解除はコチラから/配信会社をご確認ください。】
◎まぐまぐ(ID 0000171793)http://www.mag2.com/
◎メルモ(ID 00361038)http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html
◎旧ミニまぐ(ID M0047933)http://www.mag2.com/2.com/

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ