左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

  • ¥0

    無料

「左利きで生きる」ってどうなんだろう? 左利きとしての自分らしい生き方とは? 左利き(左手・左側)生活の向上を図るには? 左利きの子供の「変換(矯正・直す)」指導をなくすには? 左利きへの偏見を是正するには? 正しい「左利き観」の確立のために何をなすべきか?―利き手による差別のない左右共存共生の社会の実現を目指す【左利きライフ研究家】レフティやすおが、自らの左利き体験を基に左利き(左手・左側)生活の実態に即した独断的アドバイス、提案、役に立つ情報を紹介する、左利きに関する諸問題を考えるメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
発行周期
月二回(第一・第三土曜日)
最終発行日
2019年02月16日
 
発行部数
224部
メルマガID
0000171874
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第536号(No.536) 2019/2/16「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(31) パッケージ編(5) グリコちょい食べカレー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(31) パッケージ編(5) グリコちょい食べカレー
------------------------------------------------------------
 
 左手・左利き用品における右用との違いについて― 
 31回目です。

 前回のパッケージ編は、日清シスコの2回目でした。

 今回は、グリコが初登場です。

 なんと「左利き仕様」か? と思われるものを紹介します。

 右利き偏重社会にあって
 貴重な左利き優先の仕様なのでしょうか?

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。


┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓

 【左手・左利き用品を考える】

  右用と左用の違い(31)

   パッケージ編 (5)

    ――グリコ「ちょい食べカレー」における
      切り口表示の左利き仕様?について

┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


 ●グリコ「ちょい食べカレー」

今回は、私がたまに朝食のさい、
トーストをカレーパンにするときに使っている
グリコの「ちょい食べカレー」の切り口表示を紹介しましょう。


↓の画像を見てもらえば分かりますが、
 表面の「切り口」vと表示が向かって左側にあります。

(Amazon)
江崎グリコ ちょい食べカレー4本入り<中辛> 120g×10個
http://www.amazon.co.jp/dp/B0069LA8CO/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


スティック状の小袋につめたカレー30グラムが4本入ってる
外袋のパッケージにある切り口表示が今日の話題です。



 ●表面は左利き用

開け口の「切り口」表示と切り込み「v」の位置が、
正面から見て向かって左寄りについています。


これは私の考えでは、
左手で開けるのに向いています。


よく理解できないという方は、こちらを参考にしてください。



第532号(No.532) 2018/12/15「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(29) パッケージ編(3) ブルボン」
https://archives.mag2.com/0000171874/20181117094000000.html

で、
東野圭吾さんの推理小説『どちらかが彼女を殺した』の
推理の鍵として、
袋の破り方にみる右利き左利きの違いを説明しています。

 ・・・

右手で袋全体を持ち、左手で切り口の左側を持ってちぎれます。


  ↓(切り込み)
┏━v━━━┓
┃切り口  ┃
┃ (表面) ┃



 ●裏面からなら右利き用

これを裏返しますと、
切り込み「v」の位置が右寄りになり、
右手で開けるときに便利です。

左手で全体を持ち、右手で切り込みの右側を持ってちぎれます。


  ↓(切り込み)
┏━━━v━┓
┃  切り口┃
┃ (裏面) ┃


裏面にもきちんと切り込みに合わせて、
「切り口」と表示されています。


表面と裏面について考えますと、
これはどう考えても、
「左手優先」であり「左利き優先」の仕様ですよね。



 ●右利き仕様のみが大半……

うれしいではありませんか。

今まで見てきたものは、横型のパッケージで、
その左右の端に「切り口」表示があるものでした。

もちろんこれで左右両対応なので、十分なのですが、
今回の「切り口」はどう見ても「左利き優先」です。


もし、これが「右手優先」=「右利き優先」仕様ならば、
表面が、右端「切り口」=「右利き用」で、
裏面が、左端「切り口」=「左利き用」に
なるのではないでしょうか。

表面こそが、やはりパッケージの「顔」だと思うのです。


大抵の、右利き仕様のパッケージは、
表面の右端のみに「切り口」表示のある製品ばかりでした。

こういうものは常識的に考えますと、
消費者がパッケージの「顔」に当たる面を見ながら――
自分に向けて持って――
処理できるように設定されているものでしょう。


そこで、逆の仕様になっているとしたら……、
やっぱりうれしいものです。

考えすぎかもしれません。
でも、いいじゃないですか。



 ●なかの小袋も左利き仕様?

中の小袋も表面が「\」というふうに、
右端から切り込みがあり、
左上がりに斜めに切るように表示されています。

これも左利きの人が、右手で横に持って、
切り口の上の部分を左手で切るのに適しています。

左利き仕様ではないでしょうか。



┏━━━━┓
┃  \ ┃
┃(表面)\┃
┃    \←(切り口)
┃    ┃


この小袋も、端に切り込みが入っていますので、
裏返すと、左側にこの切り込み部分が来て、
ここを右手で持って、
右上がりに斜めに切るようになっています。

右利きの人が切りやすい方向といえるでしょう。



     ┏━━━━┓
     ┃ /  ┃
     ┃/(裏面)┃
(切り口)→/    ┃
     ┃    ┃


 ・・・

グリコさんやりますねえ。

他の商品もあらためて調べてみたいと思います。


------------------------------------------------------------
◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2019.2.13
左利き者の証言(9)左利きの寿司職人すきやばし次郎(前)
-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第535号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2019/02/9--hikkii535-af.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/168fd0bed66f955a007ff67f30e7aa1a

●2019.2.10
2月10日は「左利きグッズの日」―に思うこと
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2019/02/210-8cc3.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/16d22beeba56d66340c3eb681f3be87b

【メルマガ「楽しい読書」】
2019.2.15
私の読書論116--楽しみのための読書〈怪盗ニック〉退場
―第241号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2019/02/116--a235.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/57b2361a541b2467fcebe773c17ea9ef

〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html

~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo

〔現在更新停止中〕
~『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』~
http://lefty-yasuo.blog.jp/
~『レフティやすおの作文工房』~
https://ameblo.jp/lefty-yasuo/
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。
Copyright(c) 2005-2019 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
https://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2019(平成31)年2月15日号(No.241)-190215-
「私の読書論116-楽しみのための読書〈怪盗ニック〉退場」
--




o



.


★ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます!☆彡

【おまけ】

上の更新情報欄でも告知していますが、
2月10日「左利きグッズの日」に合わせて、
こんな文章を書いています。



2月10日は「左利きグッズの日」―に思うこと
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2019/02/210-8cc3.html

グッズの普及による生活環境の改善のためには、
その前提として左利きを容認する心理的なバリアフリーが大事、
ということで、
そのためにも、人間存在の多様性を知らしめる意味で、
書写教科書における左手書字例の掲載を訴えてみました。

現状は右手例しか掲載されていません。

親御さんの中には、
「他のことは左でもいいけれど、字だけは右手で」
と考える人もいます。

その原因の一つが、ここにあるのではないか、と思うのです。
なにしろ、教科書には右手例しかないのですから。


     (頭)
〈左手〉← 大 ⇒〈右手〉
 (左足)/ \(右足)

基本的に、人間は二つの手を持っているものです。
どちらを主に使うかは、その人それぞれ!

 《みんなちがって、みんないい。》―金子みすゞ


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ