「八ヶ岳の里から」自然派SOHOの田舎暮らし快適実践術

  • ¥0

    無料

長野県八ヶ岳西麓に住むこと23年。2001年同富士見町に移転し再びログハウスを造り、自宅横に2003年メンバーズコテージも新築。八ヶ岳の麓から、いつまでも大切にしたい自然と、グラフィックデザイナーのSOHO快適な田舎暮らしをお伝えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「八ヶ岳の里から」自然派SOHOの田舎暮らし快適実践術
発行周期
月1回位を予定
最終発行日
2018年07月23日
 
発行部数
153部
メルマガID
0000177807
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > インテリア・ガーデニング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



     メルマガ「八ヶ岳の里から」  《第105号》2018年07月23日 

  自然派SOHOの田舎暮らし快適実践術    (3ヶ月数回の発行予定)
…………………………………………………………………………………………
八ヶ岳山麓に住むこと29年。長野県原村から富士見町の里山に移転し2棟目
のログハウスを造り、森の中のコテージ「カーラボスコ」もセルフビルド。
八ヶ岳からいつまでも大切にしたい自然とSOHOの田舎暮らしをお伝えします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

7月の豪雨災害により被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

こんにちは、またこの紙面でお会いできて感謝しております。
ここ八ヶ岳の里山は、標高840メートルなのですが、例年に無い暑い日が続
いています。お隣の岐阜県では40度を超えたという事で、この危険な暑さはま
だ続くようです。
気ままな発行になっておりますが、今号もよろしくお願いいたします。



 ◆里山でのいろいろな出来事

《鳥たちの新しい命》

今年は春から夏にかけて、家の東西南北でそれぞれ違う鳥たちが営巣しました。
コテージ東側妻壁の明かり取りにはキセキレイ。
自宅南の庭のスモークハウスの下にはシジュウカラ。
自宅西壁のバードハウスにはスズメ。
コテージ北側のアカマツの上にはカラス。

離れた所にはアカゲラやキジバト、ヤマガラ、エナガなどよく見かける鳥たちの
巣があり、家の周りでもシジュウカラやキセキレイは毎年巣を掛けに来ます。
今年のようにそれぞれ違う鳥たちが巣を掛けたのは初めてのことです。

シジュウカラは2回目の子育て中で、盛んにまだエサを運んでいます。
スズメは巣立ってからは、人には警戒心を抱かず我が家の前の道路や林で地面を歩
きながら4~5羽がウロウロしています。
林の奥にあったエナガの巣からは10羽以上が飛び立ち我が家の西側の林に来ました。
キジも前の道路や林の中でテレビで放映されるカルガモのように雛たちが右往左往
しているのをよく見かけました。
コジュケイは姿は見ませんが、声だけが直ぐ近くから聞こえてきます。

カラスは家の近くではここに来てから十数年間で初めての営巣でした。
20メートル位の高さがあるアカマツのてっぺん近くの枝に巣を作っています。
5月のある日、カラスが前の檜林などから小枝などを頻繁に運んでいくので、行き先
を見ていたら、コテージの真上辺りのアカマツの上に運んでいます。下から見ると
最上部の二股に分かれた枝と幹の間にかなり大雑把に置いて、時々落とすことも有
りました。巣の周りはスカスカです。巣の大きさは直径が1メートル位はあるように
見えます。

6月の後半、雛のような鳴き声が聞こえるようになりました。日を追うごとに声も
大きくなり、親が来るとカーカーではなく、フニヤ~とかファファファ~とか、面
白い鳴き方で一斉に鳴きます。声が聞こえはじめてから約3週間ぐらい経ちますが、
一向に巣立ちがはじまりません。カラスの雛たち、といっても十分大きく育ってい
ますが、時々巣の端で大きく羽ばたいています。

昨日夕方まで巣にいたカラスたちは今朝には居ませんでした。林の奥から巣立った
カラスの聞き慣れた声が聞こえてきます。7月23日巣立ちました。



《ユンボの整備で思った事》

除雪や穴掘り、砂利均らしや伐採に役立つわがやのユンボ。30年以上前のもので、
家を建てるために中古で買ったものです。
昨年から、キャタピラの回転が左右違うことに気がつき、さらに排土板の上下の動
きが滑らかに行かないことが多くなったので、一度診てもらうことになりました。

修理業者に状況を診てもらうと、各操作レバーが固着しているとのこと。駆動輪や
回転レバー、バケット操作レバーなどは潤滑スプレーなどでその場で直ったのです
が、排土板を操作するところは「固着していて今日は直らないし、古い型式なので
部品も無いから持って帰って固着を剥がしてくる。」と言い手のひらに載るような
小さな部品を持っていきました。ついでに古くなってバネが出た座席も新しくして
貰うように頼みました。

その後度々電話したのですが、一向に固着が取れないという返事。二週間、三週間
経ってもまだ取れないとのこと。ようやく取れたとの返事がもらえたのは一ヶ月後
でした。部品を取付して、やっとユンボも動くようになり、レバー関連もスムーズ
になりました。座席も安っぽい物でしたが、一応座れるようになりました。

ところがです。後日請求書が来て、その法外な金額に驚いてしまいました。
金額は15万円弱。
直径3センチ長さ10センチぐらいの鉄の筒とその中に入る鉄の棒の固着を取るだけで
10万円以上も掛かったのだそうです。それも1ヶ月掛けて取ったからだと言います。
座席はネットで調べてら2,800円でしたが、工賃別で請求は15,000円でした。

驚きのあまり妻が交渉してくれて、全部で10万円と言うことに落ち着きました。それ
でも4,5万円ぐらいのつもりでいたので、かなりショックでした。

諏訪地区は、商品にしても工費にしても価格が高いと以前から思っています。

この地区の量販店は全国的な価格競争があるのでそれなりに適正価格だとおもいます
が、以前水道工事と水栓などを頼んだときには、商品はすべて定価、工賃も人工プラ
ス材料代などで水増しされて、予定より50万円以上もオーバーした記憶があります。
この茅野市の業者は個人でしたが、一切値引きはしませんでした。商品は調べると
定価から3割~5割引きが一般的な相場のようです。

最近では、近くの人がエアコンを入れたいというので「送料無料エアコン工事費込み」
というネットで最安値の所に注文して商品を取り寄せ、茅野市の指定工事店で取り付
けて貰ったときのことです。電気工事は別だったのでその時に一緒に行って貰いまし
たが、オプションパーツや工賃の高さには驚きました。エアコンの配管カバーだけで
数万円の見積もりでした。ホームセンターやネット販売では数百円単位で購入できる
商品がです。それにただ被せてネジを締めるだけの工賃が5,000円とのこと。もちろん
法外な値段のオプションは全部断りました。

販売価格は業者の自由設定だと思いますが、足元を見るような販売や工事はその業者
の人間性が疑われますね。計算高くずる賢い商売は嫌な思いしか残りません。



【編集後記】…………………………………………………………………………………

年のせいもあって朝早く起きることが多くなりました。この時期にはヒグラシが鳴
くのと同じくらいの時間に起きてしまいます。空がやや明るくなった日の出の15分
ほど前から、二階寝室の開け放った窓の側で、ヒグラシが一斉に鳴き始め、日の出
数分前には鳴き止み、続いて様々な小鳥たちが、おはようと会話をするかのように
林の中で鳴き合いはじめます。そんなわけで今朝は4時30分に起床。年のせいでは
なく、もしかしたらヒグラシに起こされているのかもしれません。

━━━━━━━◆「八ヶ岳の里から」筆者のあらまし◆━━━━━━━━━━━━

静岡県でグラフィックデザイン事務所を設立したのが1979年。翌年市内で初めての
タウン誌を発刊、次の年には市内初のライブハウスを仲間と経営。クライアントに
恵まれ、取材やデザイン、プロアマのライブと多忙な日々を過ごしながらも、突然
ログハウスに憧れ、標高1420メートルの八ヶ岳の麓原村に土地を求め、毎週末通い
ながら友人にも助けられ一年間でログハウスをセルフビルド。完成と同時に長野県
に移住。13年後原村を離れ、次ぎに富士見町の里山でログハウスとコテージを建築。
都会とは疎遠になり、時々畑を耕し、借りた山林を整備したり、家のメンテナンスや
小さな建築や木工をしたりして田舎暮らしをさまざまに楽しみながらSOHOを実践中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「八ヶ岳の里から」~ 自然派SOHOの田舎暮らし快適実践術 ~
 《第105号》2018年07月23日発行
●発行者:ながくらあきら
●公式サイトhttp://letterhouse.net
●ご感想、ご要望はお気軽にご連絡下さい→ akira-lh@mbf.ocn.ne.jp
 ※このメールアドレスへの特定電子メールの送信は拒否いたします。
●バックナンバー→http://archive.mag2.com/0000177807/index.html
●配信中止はこちら→http://www.mag2.com/m/0000177807.html
●発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
※このメールマガジンのお友だちや知人への転送は大歓迎です。
※ここに掲載された記事の内容を許可なく転載、使用することを禁じます。
Copyright(c) 2005-2018 Akira Nagakura All Rights Reserved.

◆お知らせ◆
1日1組だけの八ヶ岳のコテージ・カーラボスコ
私たちが手作りした木造りのコテージです。木の香りが漂うゆっくりとくつろげる
森の中の一軒家ですので、周囲に気兼ねなくお過ごしいただけます。休日は予約が
重なることもありますのでお早めにご予約ください。旅行サイトのじゃらんnet、
楽天トラベル、マイナビトラベルからもご予約出来ます。
http://letterhouse.net/carabosco/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ