K-Net 社労士受験ゼミ「過去問一問一答」

  • ¥0

    無料

社労士受験生を応援するK-Net社労士受験ゼミ「合格ナビゲーション」別冊です。社会保険労務士試験の過去問を一問一答形式で紹介します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
K-Net 社労士受験ゼミ「過去問一問一答」
発行周期
日刊
最終発行日
2018年09月24日
 
発行部数
1,870部
メルマガID
0000178498
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 社会保険労務士

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇◇■◇■

2018.9.24
 K-Net 社労士受験ゼミ                    
         「過去問一問一答」 

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


今日の過去問は「労基法25-3-E」です。


【 問 題 】

事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合において、
使用者が、その労働組合と36協定を締結し、これを行政官庁に
届け出た場合、その協定が有する労働基準法上の効力は、当該組合
の組合員でない他の労働者にも及ぶ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【 解 説 】

労使協定は、労働協約とは異なり、その効力は、当該労使協定を締結
した事業場のすべての労働者に及びます。ですので、当該労使協定を
締結した労働組合の組合員でない他の労働者にも及ぶことになります。


【 解 答 】 正しい。
 

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

【 K-Net社労士受験ゼミからのお知らせ 】

  K-Net社労士受験ゼミの2019年度試験向け会員の申込みを
  受付中です。

  会員の方に限りご利用いただける資料は
  http://www.sr-knet.com/2019member.html
  に掲載しています。

  会員資格の種類や会費、その他ご利用に関することは
  http://www.sr-knet.com/member2019explanation.html
  をご覧ください。

  お問合せは↓
  https://otoiawase.jp/do/public/form/sr-knet/1

  お申込みは↓
  https://otoiawase.jp/do/public/form/sr-knet/2


◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

発行:K-Net 社労士受験ゼミ
              加藤 光大

まぐまぐID:0000178498

Home Page:http://www.sr-knet.com/3index.html

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

配信中止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000178498.html

■ 無断転載・転写・コピー等は禁じます。

■ 免責事項
 このメールマガジンに掲載されている記事の参照による、あらゆる
 障害・損害・不利益に関しましては、当方においては一切その責任を
 負いかねます。
 また、損害賠償の義務はないものとします。
 ご理解のうえお読みください。

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

【 こんな書籍を読んでみませんか? 】

元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術
https://amzn.to/2nuT28j

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ