著作権判例速報

  • ¥0

    無料

最高裁判所サイトで公表された最新の著作権判例について行政書士大塚大(東京都行政書士会知財担当理事)が紹介しています。2006年4月配信開始。年間50件程度。法務,不正競争防止法,ライセンス,フランチャイズ事件もブログ「駒沢公園行政書士事務所日記」で掲載中です。 知財,音楽,漫画,ゲーム,アニメ,法律,プログラム,ソフト,イラスト,広告代理店,出版,起業,営業秘密,知的財産管理技能検定,弁理士,弁護士,司法書士,社会保険労務士,特許,商標,意匠,請負,イラスト,写真,資産

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
著作権判例速報
発行周期
月に3~4回程度の配信となります
最終発行日
2018年07月19日
 
発行部数
1,206部
メルマガID
0000194248
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇著作権判例速報◇◆  配信2018/7/19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!駒沢公園行政書士事務所日記メルマガです。
http://ootsuka.livedoor.biz/archives/52524119.html
最高裁判所ウェブサイト掲載日2018/7/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新冷蔵庫システム開発契約事件

東京地裁平成30.6.21平成29(ワ)32433損害賠償等請求事件
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/875/087875_hanrei.pdf

東京地方裁判所民事第46部
裁判長裁判官 柴田義明
裁判官    佐藤雅浩
裁判官    大下良仁

*裁判所サイト公表 2018.7.17
*キーワード:ソフトウェア開発委託契約

   --------------------

■事案

ソフトウェア開発業務委託契約の条項の解釈を巡る紛争です。

原告:物流倉庫等システムソフトウェア開発会社
被告:食品類卸売会社、システム開発会社、原告元従業員

   --------------------

■結論

請求棄却

   --------------------

■争点

1 本件共通環境設定プログラムの著作権侵害の有無
2 被告マルイチ産商の本件共通環境設定プログラムの使用を停止し
  廃棄する債務の有無
3 不当利得返還請求権の有無

   --------------------

■事案の概要

『本件は,原告が,被告マルイチ産商に対してソフトウェア開発委託契
約に基づき原告が著作権を有するプログラムの使用を許諾していたとこ
ろ,被告らが違法に同プログラムの複製又は翻案を行い,また,上記委
託契約が終了したにもかかわらず,被告マルイチ産商がプログラムの使
用を継続し,複製又は翻案していると主張して,被告らに対し,次の請
求をする事案である。』
(3頁)

<経緯>

H20 原告と被告マルイチ産商がソフトウェア開発委託基本契約締結
   被告マルイチ産商が原告に「新冷蔵庫・社内受発注システム」発注
H21 原告が本件新冷蔵庫等システム及び本件共通環境設定プログラムを
   納入
   原告と被告マルイチ産商が本件新冷蔵庫等システムに関する保守管
理契約締結
H25 本件保守契約解約
H26 本件基本契約終了

   --------------------

■判決内容

<争点>

1 本件共通環境設定プログラムの著作権侵害の有無

(1)本件新冷蔵庫等システムの移行に伴う本件共通環境設定プログラ
   ムの複製権又は翻案権侵害の有無

本件新冷蔵庫等システムを使用する際に必要となるデータベース接続等
のプログラム一般に共通する機能をまとめたプログラム(本件共通環境
設定プログラム)について、裁判所は、そのEXEファイル及びDLL
ファイルは、本件新冷蔵庫等システムに実装されて一体として機能する
プログラムであり、原告が本件基本契約及び本件個別契約に基づいて被
告マルイチ産商から委託され、作成したコンピュータプログラムである
から、本件基本契約2条における「成果物」であると認定。
そして、当該プログラムが従前から原告が有し、その著作権が原告に帰
属するものであっても必要な範囲で複製又は翻案をすることが本件基本
契約21条3項(2)で許諾されており、サーバの老朽化等の理由によ
り新サーバにコンピュータプログラムを移行することは必要な事項であ
ると判断。
被告らは本件新冷蔵庫等システムのサーバ移行の際に本件共通環境設定
プログラムのEXEファイル及びDLLファイルを複製したと認められ
るものの、本件新冷蔵庫等システムのサーバ移行のために同システムに
実装され一体として機能する本件共通環境設定プログラムのEXEファ
イル及びDLLファイルを複製することは、本件基本契約の条項によっ
て許諾されていると裁判所は判断。
結論として、本件共通環境設定プログラムの複製権侵害は成立しないと
判断しています(22頁以下)。

(2)本件基本契約終了後の本件共通環境設定プログラムの保守管理業
   務に伴う複製権又は翻案権侵害

原告は、被告マルイチ産商と被告テクニカルパートナーがコンピュータ
保守管理のための人材派遣契約を締結し、被告テクニカルパートナーら
が保守管理業務を実施し、本件基本契約が終了後も保守管理業務の一環
として本件共通環境設定プログラムの複製又は翻案を行ったと主張しま
した(26頁以下)。
この点について、裁判所は、保守管理業務の一環として本件共通環境設
定プログラムの複製又は翻案が行われた事実を認めるに足りる証拠はな
く、また、本件基本契約26条(契約終了後の権利義務)の解釈から、
原告の主張を認めていません。

(3)本件基本契約終了後の本件共通環境設定プログラムの使用による
   みなし侵害

本件共通環境設定プログラムのソースコード、EXEファイル及びDL
Lファイルは、いずれも「成果物」であり、被告マルイチ産商はこれら
のデータファイルの複製物の所有権を取得しており、本件共通環境設定
プログラムの複製物を本件基本契約19条により使用することができる
と裁判所は判断。
本件について、みなし侵害(著作権法113条2項)は成立しないと判
断しています(28頁)。

   --------------------

2 被告マルイチ産商の本件共通環境設定プログラムの使用を停止し廃
  棄する債務の有無

被告マルイチ産商は、本件基本契約終了後も本件共通環境設定プログラ
ムを使用することができることから、被告マルイチ産商が本件共通環境
設定プログラムの使用を停止し、廃棄する債務を負うことはなく、その
使用が債務不履行となることはないと裁判所は判断しています(28頁
以下)。

   --------------------

3 不当利得返還請求権の有無

被告マルイチ産商が、法律上の原因なくして本件共通環境設定プログラ
ムの使用料相当額の利得を得て、原告に同額の損失を与えたとはいえず、
被告マルイチ産商の使用について不当利得が成立することはないと裁判
所は判断しています(28頁以下)。

   --------------------

■コメント

ソフトウェア開発業務委託基本契約書の条項については、判決文5頁以
下に記載があります。
成果物の著作権の帰属について、例えば、新規成果物は共有だが持分の
処分以外は自由に使える規定になっています(21条)。また、本契約
が合意の解約により終了した場合や解除により終了した場合も著作権の
帰属に関する規定は効力が存続するものとされています(26条)。
ソフトウェア開発業務委託契約に基づいて納品されたシステムの保守管
理契約が解約された後に、保守管理を担当したのが別会社に在籍する開
発会社の元従業員ということも紛争の背景に、もしかしたらあったのか
もしれません。ただ、この点については営業秘密に関する不正競争防止
法の論点や一般不法行為論が争点にはなっていないので、なんとも言え
ないところです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
後記:連日35度の酷暑で、街中には足元がふらついて
   歩いている人もいて、かなり危険だなという印象。
   こうした気象がこれから毎年続くのでしょうか。。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼企業内イントラネット配信、業務・勉強会
資料にご自由にお使い下さい。皆様と著作権
問題について認識を共有できれば幸甚です。

執筆者:特定行政書士 大塚 大
駒沢公園行政書士事務所
東京都世田谷区駒沢5-12-7
E-mail:houmu@pc.nifty.jp
http://ootsuka-houmu.com
facebook.com/ootsuka.dai
twitter.com/ootsuka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ