日本玩具博物館ニューズレター

  • ¥0

    無料

日本玩具博物館(兵庫県姫路市)は、日本を中心に世界150ヶ国9万点の多彩な玩具や人形を収蔵しています。6棟の建物内では、常設展のほか年7~8回の企画展・特別展を開催しています。わが国を代表する玩具博物館の資料の中から、興味深い資料を毎月1点取り上げ、ご紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日本玩具博物館ニューズレター
発行周期
月刊
最終発行日
2018年09月04日
 
発行部数
208部
メルマガID
0000196092
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

     日本玩具博物館ニューズレター149号
                      (2018年9月号)

非常に強い台風21号は、神戸市付近に再上陸し、近畿地方を北上しています。
大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

現在、1号館は「世界の乗り物玩具 ~陸海空の楽しい乗り物~」展を開催中
ですが、15日(土)から「世界の伝承玩具~こま・凧・けん玉・ヤジロベエ・
ボール・風車~」展が始まります。世界各地から集まった伝承玩具の造形の
面白さをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 目 次


 今月のおもちゃ…「東南アジアのセパタクロー」
         (マレーシア・タイ・ミャンマー/1980年代)
 
 学芸室から…経木モールの聞き取り調査                  
       http://www.japan-toy-museum.org/new_gakugeisitu.htm  
           
「ちりめん細工の今昔」展――“この一品”展示解説会の9月ご案内


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            
              世界の伝承玩具
           「東南アジアのセパタクロー」
        (マレーシア・タイ・ミャンマー/1980年代)
      http://www.japan-toy-museum.org/news.html


 セパタクローは9世紀ごろから広く東南アジアで親しまれている競技です。
「セパ」はマレー語で「蹴る」、「タクロー」はタイ語で「ボール」を意味し、
ネットを挟んだコートを使って3対3で行われます。起源は諸説あり、マレー半
島に伝わっていたボールを地面に落とさないように数人で蹴りあう「セパラガ」、
また、空中につるした篭の中にボールを蹴り入れ、蹴り方の難易度で得点を競い
合うタイの「ジャンクイタクロ―」などと言われています。なるべくボールを
地面に落とさないようにする遊びは、古くからアジア各国で見られ、中国から
日本に伝わり、平安時代の貴族が楽しんだ蹴鞠もそのひとつですね。
 セパタクローで使われるタクロー(ボール)は12の穴と20の交点を持つよ
うに籐で編み重ねた球形のものを使い、籐球とも言われます。競技用は直径14
センチほどですが、小さなものは子どものボール遊びに使われています。
 東南アジアでの競技人口が増え、1965年にアジアセパタクロー連盟が結成
されると、球技のルールや用具の使用が定められ、現在、公式競技ではプラス
チック製のタクロ―が使われていますが、町では子どもたちが本来の籐編みの
タクローで遊ぶ姿も見られます。
 籐で編みこまれた五角形の美しい透かしにもぜひ注目してください。
 東南アジアのセパタクローは9月15日から1号館で開催の秋冬の企画展
「世界の伝承玩具~こま・けん玉・ヤジロベエ・ボール・風車」でご紹介して
います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「ちりめん細工の今昔」展――“この一品”展示解説会
   
展示品の中から “この一品”を取り出して、当館学芸員が見どころをご案内
いたします。ちりめん細工の世界に一歩踏み込んでいただける解説会です。
下記の日時、6号館展示室へお集まりください。


      ◇9月の実施日  9月16日(日)・9月30日(日)

       各回14:00~(30分程度)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本玩具博物館利用案内


開館  午前10時~午後5時

休館  水曜日、年末年始(12月28日~1月2日)

入館料 大人600円 学生400円 こども200円
    (団体20名以上は2割引、100名以上は3割引となります)

交通  JR播但線香呂駅から徒歩15分
     播但連絡道路船津ランプから車で西へ約5分


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元のホームページ: http://www.japan-toy-museum.org
 メール配信解除:http://www.japan-toy-museum.org/news.html
 発行: 日本玩具博物館 
 
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。 http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000196092)
 まぐまぐメールマガジン解除 http://www.kaijo.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ