スピリット・ガイド(守護霊)さんからのメッセージ

  • ¥0

    無料

スピリチュアルな能力を開く「チャネリング・レッスン」や、「魂のリセット・セラピー」を行っています。高次元のスピリットたちから届く愛に満ちたアドバイスを受け取って、悩みを解決し、魂を成長させていきましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
スピリット・ガイド(守護霊)さんからのメッセージ
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年09月05日
 
発行部数
195部
メルマガID
0000215881
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆★☆★☆★☆

  スピリット・ガイド(守護霊)さんからのメッセージ 
    vol.143                
                    2018年9月5日

                    ★☆★☆★☆★☆★☆



-------------------------------------------------------------------------
■もくじ
-------------------------------------------------------------------------

 ・はじめに
 ・今月のトピック「無理せず幸せになるために」
 ・10~11月のグループレッスン、練習会
 



-------------------------------------------------------------------------
■はじめに
-------------------------------------------------------------------------

こんにちは、izumi です。

昨日は強烈な台風でしたね!
関西方面のみなさん、大きな被害に遭われ、お見舞い申し上げます。
復旧作業など大変だと思いますが、どうかお気をつけください。


さて、このところみなさんから
「いつの間にか無理してしまっている」とか、反対に
「友人が無理して頑張っているのを見ていられない」
といった声を聞くことが多くありました。

そこで今月は、誰もが気づかずにいがちな無理や我慢について、
書いてみようと思います。



-------------------------------------------------------------------------

 ★☆★☆ 今月のトピック
       「無理せず幸せになるために」 ★☆★☆

-------------------------------------------------------------------------

「○○な人と比べたら、自分は大したことない。」

頑張っている人、つらい人ほど、そう言います。

いつも上を見ている人は、自分より上の人と比べて、自分は
まだまだだと思う。
つらすぎる人は自分より下を見て、つらさを感じないように
してしまうんでしょうか。

人と比べる必要はなく、ただ「楽しい!」「つらいな~」でいい。
それなのに、理由をつけて自分を納得させながら、無意識に
頑張り続け、耐え続ける。

だって、ずっとそうやってきたから。


これはスピリチュアル好きな私たちには、よくあることですね。
何を頑張っているか、無理しているかが違うだけ。

特に、親が仕事や離婚、死別などで不在だった人、家庭が
つらかった人はもちろん、親が優秀だとか、厳しかった人にも
よく見られます。

「多少嫌なことがあるのは、しょうがない」
 (→全然「多少」じゃない)

「何もできていないのはだめ」
 (→いろいろできてるんじゃない?)

「親と同じくらいやらなきゃいけない」
 (→そもそも親がやりすぎ)


( )は周囲の人の客観的な意見ですが、本人はまったく
そうは思えず、むしろやりがいを感じていることも。

その反面、いつも不安や焦りがある。
これでいいのかどうか、わからない。
時には、なぜか体調が悪くなったり、壁にぶち当たったり・・・。


心当たりのある人は、こんなふうにとらえ直してみませんか?

 自分が親に認めてもらえないのは、

 ・たまたま親がいなかっただけ。

 ・たまたま親が、親自身のことで精いっぱいだっただけ。

 ・たまたま子どもを丸ごと受け入れて、
  「大好きだよ」
  「そのままの○○でいいんだよ」
  と言うことができない人だっただけ。

 このままの自分では愛されるに値しないわけじゃない。


親や世間に認められることを求めるのでなく、
自分が自分を認めてあげるのです。

「何もできていなくてもいい、このままの自分でいい」と。


  ※そうは思えないという人は、魂のリセット・
   セラピーでお待ちしています。



自分にとって、我慢するのが当たり前になっていて、
望んでさえいないことはないでしょうか。

「しょうがない」と受け入れているけど、本当は
「○○だったら・・・」と思うこと。

それはわがままでも高望みでもなく、あきらめず、
普通に求めていいものかもしれません。


自分が何を頑張りすぎ、我慢しているか。
他人事ではなく、自分のこととして考えてみたいですね。

気づくのは難しいけど、私も少しずつ、
一生気づき続けようと思います。

自分が楽に生きられるほど、周りも楽になり、幸せになるから。






-------------------------------------------------------------------------

   ★☆★☆ 10~11月のグループレッスン ★☆★☆
       
-------------------------------------------------------------------------

 10月13日(土) チャネリング中級サロン
  「マスターとのチャネリング、
   知っておきたいスピリチュアルな法則」

 11月24日(土) チャネリング入門サロン
  「第6チャクラを開く:第三の目で見ましょう」

 どちらも、今回からの初参加OKです。
 みんなで楽しく開きたい人はどうぞ!
 http://luri.moon.bindcloud.jp/channeling.html


 11月10日(土) チャネリング練習会
  「手相でわかる、人生の流れ」

 初めての方もお待ちしてます♪
 http://luri.moon.bindcloud.jp/



--------------------------------------------------------------------------

■セッション&レッスン

--------------------------------------------------------------------------

「ガイドさんからのアドバイスがほしい」人に・・・
   対面・電話セッション
   http://luri.moon.bindcloud.jp/session.html

「本当の自分らしく生きたい」人に・・・
   魂のリセット・セラピー
   http://luri.moon.bindcloud.jp/lesson.html

「マイペースでチャネリングを学びたい」人に・・・
   チャネリング 個人レッスン
   http://luri.moon.bindcloud.jp/channeling.html


お気軽にお問い合わせ・お申込みください。


 ホームページ「For Your Spiritual Growth」
 http://luri.moon.bindcloud.jp/

 ブログ「スピリット・ガイドさんからのメッセージ」
 http://spg.blog.so-net.ne.jp
  

 ★お問い合わせやお申込み、メルマガの感想など、私宛のメールは
  このメルマガに「返信」していただいてもOKです。




--------------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは「まぐまぐ」から配信しています。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ