ほぼ日刊ライスレポート

  • ¥0

    無料

船井総研の上席コンサルタント、三浦康志が、日頃発見し勉強した、経営のヒント・マーケティングのアイデア・企業としてのあり方を、短文にまとめて毎日配信します。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ほぼ日刊ライスレポート
発行周期
日刊
最終発行日
2018年09月25日
 
発行部数
713部
メルマガID
0000237801
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


おはようございます。船井総研の三浦康志です。

温泉は日本の専売特許ではなく
世界中の様々な国にあります。
日本の専売特許なのは
全裸入浴です。

今日の元気言葉。
「足るを知る」

いつもご愛読いただきありがとうございます。

        感謝

[このメルマガに返信いただくと、直接私に届きます。
もし戻って来るようでしたらフェイスブックで
三浦康志を探してメッセージください。]



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほぼ日刊ライスレポート    180925
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【水着着用混浴の長所】


 2017年7月に新設された、大磯プリンスホテルの
スパ施設の温泉に入った際に、
景観を遮る目隠しがじゃまだと感じました。

せっかく太平洋の大海原を眺められるのに
それが一部しか観られないのです。


 一つ上のフロアにある水着着用の
サウナ兼インフィニティ温水プールを体験した後なので、
よりそのように感じました。

このフロアは最大限の解放感にあふれた施設です。

遮るものは何もありません。

特に中核となるインフィニティ温水プールは、
太平洋との一体感が存分に楽しめます。


 温泉で目隠しが設置されるのは全裸だからです。

入浴者の目線を遮るのが目的ではなく、
外部からの目を遮るために目隠しがあります。

それが、結果として入浴者のための景観も
台無しにしているのです。


 インフィニティ温水プールは水着着用なので
遮る必要は全くありません。

そのことが係るもう一つの事象が撮影です。

インフィニティプールは撮影し放題なので
多くの人がスマホを携帯してプールに入ります。

SNSにインフィニティプールの素晴らしい画像や映像が
バンバン投稿されてPR効果を高めています。

全裸の温泉は、もちろん撮影厳禁です。


 日本は全裸入浴の習慣が今でも主流です。

それによって上記のようなデメリットが生じています。

カップルや家族一緒に楽しめないのも
大きなデメリットです。

世界の入浴施設の大勢は水着着用混浴になってきています。

かつてはどの国も日本と同じ男女別浴でしたが、
習慣を変更してきているのです。


 全裸入浴施設は日本の良さとして残すべきだと思います。

しかし、ほとんど全てがそうである必要はありません。

水着着用混浴施設が、日本でも望まれていると思います。

特に急増する外国人観光客には不可欠です。



土日祝にも読める・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
有料版も配信しています。
1ヶ月間無料で体験されてはいかがでしょうか?
以下をクリックいただくと申し込めます。
・・・・・・http://www.mag2.com/m/0001259090.html

〔最後まで読んでいただきありがとうございます。〕
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ