村の古本屋暮らし

  • ¥0

    無料

長野県・信濃追分の古本屋「古書追分コロニー」の開店奮闘日記です。日々の古本屋の活動記録と読書日記、お薦めの古本の紹介、信濃追分の四季の移り変わり・地域イベント・情報などを発信するメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
村の古本屋暮らし
発行周期
日刊
最終発行日
2018年12月18日
 
発行部数
614部
メルマガID
0000245576
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 読書

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇天気、晴れ

「日本文学全集の時代」という本を読み終えたと昨日の日記で書きましたが、
届いたばかりの古書通信12月号を見ると、同じ著者(田坂憲二さん)による
旺文社文庫の記事があって、これも興味深く読ませていただきました。

そういえばこの田坂さん、時々古書通信に各地の文学館を訪問した話などを
寄稿していて、たしか以前に「本のまち軽井沢」についても記事を
書いてくれた人だと思います。

最近の(とくにブログ、ツイッターなど)古本街歩き関連の話は
いくらで買ったとかいうせこい話が多くてうんざりしているのですが、
古書通信で書かれているような本の話はどれも本に向き合った話で
いつも楽しく読ませてもらっています。

http://oiwake-go.com/view.php

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
[村の古本屋]追分コロニー
♪店舗: 長野県北佐久郡軽井沢町追分 『堀辰雄記念館』向かい
-*-*-*-
[油やプロジェクト]
☆HP: http://aburaya-project.com/
♪FB: https://www.facebook.com/pages/%E6%B2%B9%E5%B0%8F%E5%83%A7/319433664805923
-*-*-*-
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ