田中優の“持続する志”

  • ¥0

    無料

田中優さんの近況や最新情報をいち早くお知らせしていくメルマガです!講演会・新刊・掲載情報…お見逃しなく(*^_^*)!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
田中優の“持続する志”
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年11月09日
 
発行部数
6,024部
メルマガID
0000251633
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第682号
2018.11.9発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□



Contents
…………………………………………………………………………………

1.今年も寄稿させて頂きました!『現代用語の基礎知識2019』(2018.11.8発売)

2.江守正多さん「地球温暖化対策なぜ1.5℃未満を目指すのか-IPCC特別報告書を読む」

3.田中優×オフグリッドの生みの親 粟田隆央さんとの対談書き起こし その2

…………………………………………………………………………………



今年も寄稿させて頂きました!

『現代用語の基礎知識2019』 (2018.11.8発売)



田中優は「環境問題」項目で6ページを担当させて頂きました。


昨今話題の「廃プラスチック問題」から始まり、
トリチウム、北海道のブラックアウトなどなど、
タイムリーな用語にもご注目ください。


<注目後>
・トリチウムを含む処理水


<原発問題と環境>
・人工放射性物質
・生体濃縮(生物濃縮)
・低線量被曝
・海中がれき
・スラップ訴訟


<電力自由化と環境問題>
・電力の自由化/発送電の分離
・基幹送電線の空き容量
・北海道の広域停電(ブラックアウト)


<汚染、ごみ問題>
・PM2.5問題
・災害廃棄物
・便乗ごみ
・電子機器のごみ
・都市鉱山
・漂着ごみ
・戸別収集
・雑がみ
・リサイクル法


<公共事業と環境>
・諫早湾干拓事業
・多目的ダム
・ダムの「但し書き操作」と水害


<暮らしと環境>
・ミツバチの失踪
・ネオニコチノイド系農薬
・ホルムアルデヒド
・化学物質過敏症(CS)
・電磁波過敏症(ES)


<エコ認証>
・森林エコラベル(森林認証制度)
・海のエコラベル
・パーム油(アブラヤシ)


<経済活動と環境>
・ダイベストメント
・炭素税
・排出量取引
・再エネ発電証書
・グリーンボンド(環境債)
・グローバル・タックス
・生態系サービス
・グリーンウッド法


<公害病、その他>
・代替フロン規制
・石綿(アスベスト)
・水俣病
・新潟水俣病認定
・イタイイタイ病
・地中貯留技術
・CO2埋設
・オルト-トルイジン



ぜひお手にとってご覧ください。

[総力特集]
○人生100年時代、日本人の「食」はこれでいいのか?!

[現代用語ジャーナル]
○なんでみんな“ウソ"に甘いの?
フェイクがまかりとおる世の中を考える
○ことばでたどる平成
○ニュースのおさらい

定価 3,456 円(本体 3,200 円 + 税8%)
B5変型 / 1226ページ
発売日 2018年11月08日
ISBN 978-4-426-10137-4 雑誌コード:69949-64


佐藤優/金田一秀穂/森永卓郎/平田直/島薗進/五野井郁夫/伊藤真/飯田泰之/
清家篤/武田砂鉄/谷本道哉/やくみつるほか (著)


☆現代用語の基礎知識 http://gendaiyougo.jiyu.co.jp/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆江守正多さん「地球温暖化対策なぜ1.5℃未満を目指すのか-IPCC特別報告書を読む」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


友人でもある江守正多さん( 国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長)の
最新記事が配信されました。


『地球温暖化対策 なぜ1.5℃未満を目指すのか -IPCC特別報告書を読む』

 https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20181104-00102886/


10月8日に、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による、「1.5℃目標」
に関する特別報告書が発表された。新聞やニュースで報じられたのをご覧になっ
た方も多いかと思う。
この報告書の受け止めが欧米では盛んに議論されているが、例によって日本国内
での反応は薄い。


報告書に書かれている「1.5℃目標」の評価はごく簡単には以下のとおりだ。

世界平均気温は産業化以前に比べて現時点で1.0℃上昇しており、このままのペー
スで気温上昇が続けば、2040年前後には1.5℃に達してしまう。

気候変動による悪影響のリスクは、1.5℃温暖化した世界では現時点よりも顕著に
大きくなり、2℃温暖化すればさらに大きくなる。

温暖化を1.5℃で止めるには、2050年前後には世界全体のCO2排出量を正味でゼロ
にし、メタンなどCO2以外の温室効果ガスの排出も大幅に削減する必要がある。


しかし、これだけを聞いても、多くの人は「温暖化を1.5℃で止めないと何が本
当にまずいのか」がよくわからないだろうし、「2050年前後に世界のCO2排出量
をゼロにするなんて、もちろん無理でしょ」というところで思考が止まるので
はないだろうか。


そこで本稿では、この報告書をどう受け止めたらよいのかについて、筆者なりの
考えを書いてみる。筆者はこの報告書の執筆に参加していないし、仮に執筆者で
あってもIPCCの見解を代表することはできない。本稿はあくまで一専門家の立場
からの解説である。


・1.5℃を超えると何がまずいのか

・2050年にCO2排出ゼロは可能か

・持続可能性とのシナジーとトレードオフ

・ではどうしたらよいのか



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆田中優×オフグリッドの生みの親 粟田隆央さんとの対談書き起こし その2◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


株式会社Re様のホームページ https://re-energy.co.jp/ にて、
田中優×オフグリッドの生みの親でありパーソナルエナジー開発・販売をされている粟田隆央さん
との対談イベントでの書き起こしを公開中です。


イベントは2016.2.20に開催されました

『オフグリッドを聴くOFF-Grid Live2016』
https://tanakayu.blogspot.jp/2016/02/off-grid-live2016.html



今回のご紹介は、田中優、粟田隆央さん二人によるトークセッションその2です。


(優)・・・田中優 (粟)・・・粟田隆央氏


(粟)あの、これ買ってくれたお客さんでいいことを言っていた人がいて、めちゃ
くちゃ高いわけですけど、「高いんだけど元がとれるかと言う観点ではなくて、
でもいつでも電気作れるでしょ?それはもうプライスレスですよね」と。
作れるっていうことがやっぱり発想の転換で、kWいくらとかじゃなくて、そこで
勝った感、優越感があると。「電力会社からオレは電気を買わないんだ」ってい
う転換、社会システムの真逆にいるところが面白いよねっていう話をしてもらっ
ていたんですね。


(優)それがね、本当に必要な時代になっているし、そうやってお金から離れて
いくためにすごく重要なのは、おカネの中で節約できないものが4項目あるんだ
よね。それが光熱水費、医療費、食費、それともう一つ忘れちゃったけど4つあ
ってさ、それだけはどうしても削ることができないおカネでどんな貧乏な人でも
金を使わざるを得ない部分があるんですよ。それでそれについてどうしたらいい
の?って言うと、自給しちゃえばいいんですよね。


(粟)そうですよね。


(優)だから自給していくというのは、とにかく人を自由にするから自分を自由
にするための資金だと思ったらいいなって思うんですね。あと住宅費だ。それで
たまたま偶然粟田さんとぼくの家とまったく偶然同時期に家を建てたんだけど粟
田さんのところかなり凝りましたね。


(粟)そうですね。もう大工さんと電気屋さんには文句ばっかり言われて、やっ
たことないことに対してやっぱりものすごく文句言われる職人さんとか多いです
けど、まぁともかく暖房冷房しなくていい、かつその電気をほぼ使わなくてもい
い設計みたいな、有り余るくらい電気を作れるんですけど、それでも使わないっ
ていう設計にしてみましたけどね。


(優)僕ん家もやっぱりすごく大工やってくれた工務店さんはいやー面倒くさい
っていうんですよね。「もうとにかく優さんのところは家を作るの面倒臭かった
よ」って言われて。

「何が面倒臭かったの?」って言ったら、何もわからないようなものを持ってこ
られて、「これ設置してね」っていうもんを、「どうすればいいんだって思った」
とか言っていて、尚且つ僕の家は接着剤を使わせないんですよ。要は接着剤は体
に悪いものが多いので接着剤使わないでくれと。そしたら大工さんが困ってこれ
貼るのに「何を使ったらいいんだ?」って言われて、ヤマトのり、子どもの工作
のものを持ってきて「これで貼っていいですか?」って、「あっそれだったら我
々もっと良いものありますから」っていうことで化学物質を一切使わないデンプ
ン糊を出して、木工用のやつがあって、それでやってくれっていうようなことで
やってもらったりして、結構大変ですね。


(粟)今の建築基準法って大変でしょう?うっとうしいでしょ?


(優)本当にジャマするよね。建築基準法で一つは24時間換気って義務つけられ
ているんです。24時間換気する理由は家の中が毒ガス住宅だから。ところが我が
家はその毒ガスの元になる接着剤ゼロなんですよ。全く使っていない、なのに24
時間換気をつけなくちゃいけないんですね。

一応建築確認をとるまではつけてあるんだけど、そこは全部断熱材で埋めちゃお
うと思っているんだ。だってあんなもの必要ないもんね。

もう一つは木造建築で普通の家の4倍の木材を使ったんだけど、でもあんまり心
配しなくていいですよ。木材って今めっちゃくちゃ安くって家一軒で100万円しか
払ってないですから。だからうちは4倍払ったって400万円ですからね。大したこ
とないです。

そしてその木材を作るときに日本の伝統的な組み方ってあるじゃないですか。
あれが一番強いんですよ。木って言うのは金属を挟んじゃうとそこで結露したり
腐ったりするので、やっぱりやっちゃいけないんですね。ところが建築基準法は
金属をそこにさせって義務付けてくるんですね。本当にバカげた仕組みだと思う
んで、だから日本の中では建築基準法とか余計なお世話がすごく多いですね。



(粟)ちなみにね、オフグリッドもこうやってやっているじゃないですか。
企業に入ってきているでしょ。最近は電力会社と協議することが多いんですけど、
オフグリッドっていう発想がそもそもないんですよね電力会社には。ないんだけ
どこうやって普及していくと今だと東京電力、四国電力、中国電力、関西電力で
やっているんですけどまあ実績があるわけですね。この間経産省から呼び出しを
くらってですね、今からだから規制を作ろうみたいな話がどうもあって、ただや
るなら今すぐと。オフグリッドをやられると、当然電力網から離れちゃうし、所
轄官庁の規制がかからないんですよ。


(優)そうですね。


(粟)あの人たち規制をかけたい人たちだから、仕事したいからそれで。
ロケットもそうなんだけど規制がかからない前にやっちゃった方がいいかなと。


(優)なるほどね、そうかそんなところまで規制をかけてこようと。


(粟)だって電気代とか税金、賦課金もそうだけどとれないじゃないですか。


(優)とれないですね。結構とれないのって問題で、今度は再処理費用と廃炉費
用と福島原発の事故処理費用、これを何とかどこからかかき集めようと。それで
さっきの託送料金とあともう一つ電気料金そのものの中に入れていこうっていう
発想がありますよね。


(粟)恐らくそうなるでしょうね。


(優)そうするとさっき言ってた電気料金40円どころじゃないじゃないの。


(粟)基本料金がたぶん3千円くらいになって、使っても使わなくて3千円払わ
さられてもプラス使った分が40円とかですね


(優)じゃあ今回の自由化で電気をいっぱい使った方が得になるとか言って消費
を増やしたやつはあとですっごい悲惨な目に遭う?


(粟)大変な目に遭うと思いますよ。


(優)今オール電化の人たちがだいぶ悲惨な目に遭いつつあるけど、それがさら
に増えるって感じですかね?


(粟)今ねオール電化の人たちがガス化にどんどん変わっていっているんですね。
面白いんですよ。


(優)へぇ!


(粟)やっぱりその女性の場合そうみたいですけど、IHのヒーター、調理器がちょ
うどこの子宮のあたりにくるらしくて、「感覚的に何か嫌だ」とか言ってこないだ
も四国の人、電気からガスに変えていましたね。


(優)それはでも実際に電磁波の影響で言うとやっぱり細胞分裂の時に影響を起こ
すので、だから胎児が影響を受けやすいっていうのはやっぱりあるんでしょうね。


(粟)本当に嫌な音がするんですよあれ。


(優)そうなんだ


(粟)IHの悪口じゃなくて生理的に嫌な音がしますよ。体に良いのか悪いのかと
いうと、たぶんこれ悪いんだろうなっていう嫌な音なんですよ。


(優)でも年をとると高音が聴きとれなくなるから平気なんじゃない(笑)


(粟)いや高音というか低周波でしょあれ


(優)低周波なんだ。嫌な音だなそれは。


(粟)あれは良くないかなと思いますね。


(優)なるほどね。でもそれで電気消費を今回のタイミングで増やしちゃう人が
たぶん多数派だよね。その方が得だから。


(粟)これがね、フタを開けてみないとわからないですけど、アメリカで先行して
いる例で言うと、自由化があったからと言ってだっと流れるわけじゃないんですよ。


(優)へぇー!


(粟)で、もっと面白いオチがあって、日本の場合電力自由化するじゃないですか、
自由化っていうのはA電力からB電力に切り替わるわけでしょ。メーターがないと
切り替えれませんよね。ということはスマートメーターがついている家じゃないと、
電気を切り替えられないんですよ。

で、この辺が東京電力が発表していたのが面白いのが、スマートメーターの供給量
というのが2030年までかかるんですよ。だいたい年間100万から200万供給なので、
スイッチングができるのがその範囲なんです。


(優)あぁ何かそういう風に電力会社言っていますよね。
メーターが変わったところしか自由化ができないって。


(粟)そうなんですよ。今、金さんがいらっしゃってますけど、
電気申し込んだら繋ぐのに無茶苦茶時間がかかるんですよ。


(優)えぇそうなの!?


(粟)大変なことになっていて。


(優)インターネットの切り替えみたいにサクッといかないの?


(粟)全然いかないです。申し込みはサクッといくんですよ。
実際は電線を張らないといけないじゃないですか。


(優)えぇ!?従来の電線を使うから託送料金なんじゃないの?


(粟)なんだけど引き込みは絶対にいるわけで、それでメーター交換も要ります
でしょ?メーターがないんですよ。なのでものすごい時間がかかるんですよ。


(優)そうなんだ。


(粟)だから電力自由化するけど、恐らく全体シェアの動くのが3割未満。


(優)なるほど。



<<vol.12まで公開中です>>

▼トークライブ書き起こし目次 
http://re-energy.co.jp/news/cat_news/transcribe/


▼vol.1 田中優1『電力の未来はオフグリッドしかないかも』
http://re-energy.co.jp/news/97/


▼vol.2 田中優2 『電力の小売り自由化と家庭のエネルギー消費』
http://re-energy.co.jp/news/222/


▼vol.3 田中優3『自然エネルギーにも使い方があるんだ』
http://re-energy.co.jp/news/228/


▼vol.4 粟田隆央1『パーソナルエナジー誕生秘話』
http://re-energy.co.jp/news/252/ 


▼vol.5 粟田隆央2『震災、原発事故、橋の下世界音楽祭』
http://re-energy.co.jp/news/257/


▼vol.6 粟田隆央3『すべてのエネルギー消費者が、エネルギー生産者になる』
http://re-energy.co.jp/news/263/


▼vol.7 粟田隆央4『オフグリッドを切り拓いてきたからこそわかる事』
http://re-energy.co.jp/news/268/


▼vol.8 田中優×粟田隆央 トークセッション1
http://re-energy.co.jp/news/295/
 

▼vol.9 田中優×粟田隆央 トークセッション2
http://re-energy.co.jp/news/298/


▼vol.10 Q&A1
http://re-energy.co.jp/news/328/


▼vol.11 Q&A2
http://re-energy.co.jp/news/331/


▼vol.12 Q&A3
http://re-energy.co.jp/news/340/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第172号「 暮らしの中の温暖化対策(上)」(10/15号)

・第171号「なぜ北海道は停電したのか?
 ~送電線網(グリッド)の問題だから、自然エネでも原発でも解決しない」(9/30号)

・第170号「なぜメガソーラーに反対するのか(下)」(9/15号)

・第169号「なぜメガソーラーに反対するのか(上)」(8/30号)

 
田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DMMオンラインサロン
  『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』


ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,076人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式オンラインショップ  https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ