めざす行政書士(1日1問と1条で確実に前進)

  • ¥0

    無料

行政書士試験になんとしても合格したい人へ。受験生の味方の「Tomeさん」が、1日に過去問1問と関連条文1条をやさしく解説します。知らず知らずに力がついてきます。少しずつの積み重ねが、大きな効果をうみ、やがては合格できる力になります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
めざす行政書士(1日1問と1条で確実に前進)
発行周期
日刊
最終発行日
2019年02月20日
 
発行部数
1,226部
メルマガID
0000253293
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 行政書士

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=====================================================================
めざす行政書士(1日1問と1条で確実に前進) 2019/02/20 1,760号
=====================================================================
■皆さん、今日は。31年度受験コースはすでに始まっています。
 民法、憲法2科目は学習の積み上げがものをいいます。過去問を学習すれば
するほど、得点能力がましていく科目です。しばらくの間は、民法を取り上げ
ます。
 Tome塾・Internet行政書士塾(民法・憲法講座)に入塾、お待ちしておりま
す。http://www.tomejukuno2.com
=====================================================================
今日の1問 民法 20年 問題 33-イ
 A、B、Cの三人がDから自動車1台を購入する契約をし、その売買代金とし
て300万円の債務を負っている場合、Aは、Dに対して、A、B、C3人のために
自動車の引渡しを請求することができるが、Dは、A、B、C3人のためであると
しても、Aに対してだけ自動車の引渡しをすることができない。
---------------------------------------------------------------------
今日の1条 民法(428条)
 「債権の目的がその性質上又は当事者の意思表示によって不可分である場合
において、数人の債権者があるときは、各債権者はすべての債権者のために履
行を請求し、債務者はすべての債権者のために各債権者に対して履行をするこ
とができる」
---------------------------------------------------------------------
今日の解説 (Tome塾Internet民法・憲法講座の解説より)  
 3人で車を共同購入した場合、その3人がそろって取りに来ないと引き渡す
ことができない、なんてことはあり得ない。
 また、逆に、1人にだけ渡したときは、他の2人から叱られる、ということ
もあってはならない。
 よって、解答はあきらかであるが、こんな場合を想定して、民法では上
記に示したような428条の規定を設けている。
 ここで、債権者と債務者は相対的な関係にあることに注意すべきである。
 買い手は、売主に対して代金を支払うという義務(債務)を持っているが、
それと同時に、売主に対して品物の引渡しを請求する権利(債権)を持って
いる。
 逆に、売主は買い手に対して代金請求権(債権)を持っているが、それと
同時に、買い手に品物を引き渡すという義務(債務)を持っている。
---------------------------------------------------------------------
今日の解答 誤り
 各条文については、Tome塾・Internet行政書士塾(民法・憲法講座)のホー
ムページを参照ください。
 そこでは、各条文の内容と、それに関連してどのような問題が出題されてき
たかが一目瞭然でわかります。
---------------------------------------------------------------------
免責:
 この記事については、できるだけ正確を期しておりますが、万が一、この記
事による損害が発生したとしても、保証はいたしかねますのでご了承ください。
=====================================================================
めざす行政書士(1日1問と1条で確実に前進)
   発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 発行者 : Tome塾塾長  福留 渥   fukutome@tome.jimusho.jp
====================================================================

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ