7世代に思いをはせて

  • ¥0

    無料

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」イロコイ族の格言。 現代は7世代どころか四半期先の業績に右往左往する時代。そんな世界のニュースを7世代先に思いをはせて読み解きます。先祖から受け継いだこの美しい星を、7世代先の子孫に残すために。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
7世代に思いをはせて
発行周期
週刊
最終発行日
2018年09月22日
 
発行部数
137部
メルマガID
0000273399
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」
ネイティブ・アメリカン(イロコイ族)の格言

゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★
今週は事実上の日本の総理大臣を決める、
自民党の総裁選が行われました。

予想されていたこととは言え、
自分や身内から出た不祥事で、
あれだけ行政を混乱させ、国会を空転させた人物が、
三度総裁に選ばれるとは、
自民党は自浄能力のなさと、
人材の乏しさを露呈したのではないでしょうか?


安倍氏は3選を受けて、早速改憲に強い意欲を見せたそうですが、
6年も首相でいながら、デフレ脱却はどうなった?
異次元の金融緩和の後始末は?
それこそ、22回も直接会ったプーチン大統領とは、
いったい何を話していたの?

そんなツッコミを入れられないように、
ほとんどの国民が望んでいない「改憲」を
目くらましに使っているのではないかと、
私には思えてきました。


今週読んだ書籍から一部引用します。
「慶應義塾大学教授の片山杜秀氏は、
安倍政治は右翼保守主義ではないと指摘しています。
片山さんによれば、安倍政治の本質は『安上がり』ということに尽きる。
(中略)
福祉制度の整備にかける財源もないので、そこで、
ナショナリズムの安酒を飲ませてごまかしている。
福祉よりもシンボル操作の方がはるかにカネがかからないので、
「安上がり」だというわけです。
この見方をとると、政権の方針は、とにかく「安上がり」にすることであり、
ナショナリスティックなこともそのために
吹聴しているだけということになります。」*


実際には、「安上がり」の目的は、
国民福祉を切り捨て、
アメリカや日本の軍需産業にお金を回すためでしょうが、
いづれにしても、安倍氏にとっては、
皆の関心をナショナリスティックな「改憲」にむけることは、
失策を追求されないために好都合と思えます。


しばらくは安倍政権が続くでしょうが、
彼の「目くらまし」に乗らず、
彼の政策の失態を糾弾し、問題の責任を取らせ、
同時によりよい政策を提示していく必要があると思います。


私たちはもっとまっとうな政治に値する。
私はそう信じています。


*引用文献
『戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ』
白井 聡 著 NHK出版新書485 2016年刊

= 関連ニュース =
■安倍首相、改憲へ強い意欲=低姿勢、融和を演出
―党内引き締めも・自民総裁選
時事通信社2018/9/20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000069-jij-soci

■自民改憲案提出に反対51%「安倍1強」57%が問題視
共同通信者2018/09/21
https://this.kiji.is/415788873161671777

下記のリテラの記事は少し軽いですが、
プーチン氏に安倍氏がまったく相手にされていないこと、
また、安倍氏の改憲の理由が希薄であることを伝えていて、
安倍政権の性格をよく表していると思うのでリンクいたします。

■安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中!
「プーチンに反論した」と大嘘、
「残念ながら自衛隊は国民に信頼されている」と本音
リテラ 2018/9/17
https://lite-ra.com/2018/09/post-4261_2.html
゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★



++ 日本に必要な政策って?  ++

■北朝鮮、一部ミサイル施設の廃棄で合意 南北首脳会談で共同宣言
BBC NEWS JAPAN 2018年09月19日
https://www.bbc.com/japanese/45569963
このように東アジア情勢は大きく変わりつつあります。
これまでの安倍政権の敵視政策が、日本になんの利益をもたらしたでしょう?


災害が続く日本。この国の旧態依然の避難所設営で体調を崩し、
命を落とすという二次被害も後を絶ちません。
避難所の最低基準のスフィア基準について、詳しく解説してくれています。

■「人道的な避難所設営と運営を」(視点・論点)
2018年06月25日
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/299804.html


死票の多い小選挙区制。幸福度が高いとされる、
アイスランドや北欧は完全比例代表制で民意が反映されています。
日本ももう一度、しっかり選挙制度を考えるべきではないでしょうか?

■「国会議員1000人、選挙は完全比例代表制」で日本は良くなる
NEWSポストセブン 2018.09.16
https://www.news-postseven.com/archives/20180916_760768.html



++ イベント紹介 ++
☆レイチェルさん講演会&上映会
今年の「花と爆弾」チャリティイベントでもお世話になった
レイチェル・クラークさんが東京でお話しされます!
日時:2019年10月9日(火)  14:00~17:45
場所:参議院会館講堂 
*13:30~14:00、16:00~16:15にロビーにて通行証を配布します。
第一部 14:00~16:00 レイチェル・クラークさん講演
「マイノリティ目線で見るアメリカ史」
資料代:500円
第二部 16:15~17:45 映画上映
上映映画:「終焉までの30秒」
資料代:1,000円
主催:未来を創るWomen’s Projects
詳細:https://www.facebook.com/events/259773284871247/


森友学園の問題を追及してきた豊中市議 木村真さんの講演会です。
私は当日受付担当です。
★講演会「市民派議員にできること」
日時:2018 年9 月30 日(日) 14:00~16:00
会場:垂水勤労市民センター 多目的ホール
(JR・山陽/垂水駅から北東へ徒歩3分)
https://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/tarumi/
講師:木村真さん(豊中市議会議員)
参加費:無料
問い合わせtakahashi.tarumiku@gmail.com
主催:高橋ひでのりと市政を考える会
詳細:https://www.facebook.com/events/2254680274763228/



こちらも見逃せない!
☆あすわかの憲法のお話 今回は第13条です
「個人の尊重と幸福追求の権利と教育基本法について(仮)」
日 時 2018年9月29日(土)10:00~12:00(開場9:30)
会 場 兵庫県民会館大ホール(地下鉄「県庁前駅」下車すぐ)
内 容 10:00~ 憲法ミニ講座 byあすわか弁護士
    10:15~ 前川喜平さん(現代教育行政研究会 代表)のお話
    個人の尊重と幸福追求の権利と教育基本法について(仮)
          質疑応答・意見交換
    11:50~ 「憲法の歌」
参加費 1000円(当日にお支払いいただきます)
主 催 あすわか兵庫(明日の自由を守る若手弁護士の会・兵庫支部)
協 力 あすわか大阪/市民社会フォーラム
連絡先 TEL:078-371-2060/mail:asuwaka.hyogo@gmail.com
    (あすわか兵庫事務局:あいおい法律事務所 弁護士吉江)
詳細:https://www.facebook.com/events/243227009696534/



++ ++ ++ ++
 素晴らしい夢をみて、それを行動に移せ
 ナバホ族の格言
++ ++ ++ ++


♪ 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 ♪


♪♪ 発行者プロフィール ♪♪
小橋かおる 「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」著者。
2004年の出版以来、アフガニスタンとイラクの子どもたちの支援を続けています。
2011年からは福島の子どもたちの健康を守る活動も支援させてもらっています。
できることをコツコツ、じわじわ続けたいと思います。
「花と爆弾」HP:http://www1.plala.or.jp/cheko/kaoru/
ブログWords for Peace: http://flowersandbombs.blogspot.com

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ