フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)

  • ¥0

    無料

フライフィッシングが驚くほど上達するコツを一から身に付けたいあなたへ。 基礎から丁寧に分かりやすく教える、初心者のための釣れる釣り方爆釣レッスン! フライキャスティング・フライタイイング・ドライ・ニンフ・ウェット・ストリーマー。 他、フライフィッシングというライフスタイル探求や世界最先端テクニック論など。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)
発行周期
不定期
最終発行日
2018年09月17日
 
発行部数
112部
メルマガID
0000274931
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 釣り・アウトドア > 釣り

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、専制する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
              By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------

【毛鉤を巻くということ】




大井しょうぶです。




タイイングは、自分が出る。

自分の在り方が出てしまう。



どういうカラーを使うか。

どういうフックを使うか。

スレッドの色と太さは。

どの程度のテンションでスレッドを巻いていくか。




同じフライを巻いても、

人により、僅かな違いが積み重なり、

違うフライになる。


似ているようでも、それは違う。


テールの長さ。

付ける位置。


これだけで、

千差万別。


ボディーを何回巻き付けるか。

リブの色は?

カラーは?


ウィングは何を使う?

ボリュームは。

角度は?


スレッドは何回巻く?




水生昆虫に良く似せた繊細な毛鉤を巻く人もいれば、

印象だけでザクッとワイルドに巻く人もいる。


料理のレシピが無限にあるように、

毛鉤のレシピも無限である。


塩の一つまみで、味はガラッと変わる。

スレッドを一巻き多くするだけで、印象はガラッと変わる。


似て非なりである。



たった一つのフライでどうにでも釣れまくれる場面もあるが、

一ミリ、ボディーの長さが違うだけで明暗が分かれる時もある。



絵画に惹かれ、

その道を極めようとする人達は多いが、毛鉤巻きを極めようとする人は極少数派である。


印象派

シュールレアリズム

写実主義

フォーヴィズム(野獣派)・・・野獣派ってすごい派だな・・(笑)

抽象派

キュビズム(立体派)



こういった毛鉤巻きの表現があってもいいだろう、と思います。








■「記憶の中のフライ 」


私がやっとキャスティングがまともに投げられるようになった頃、

後輩と管理釣り場に釣りに出かけることになりました。


フライの玉数が少なかったので、

間に合わせで量販店に完成フライを買いに行ったのです。


色々なフライがありましたが、

その中でひと際、輝き、私に訴えかけてくるフライがありました。



今思えば、

ソフトハックルのメイフライイマージャーのようなフライだったのですが、

そのカラーリングやフックを含めたフォルム、

絶妙なマテリアルの配置に素晴らしく惹きつけられたのです。



2個しかなかったそのフライを買い、釣りをしました。


その時は「このフライは必ず釣れる」という確信があり、

案の定、他の釣り人よりそのフライでバシバシ釣る事ができました。


魚の反応は素晴らしく良かったですね。




よく釣れるので、フライを交換することが出来ません。

写真に撮るとか、メモを取るなんて気の利いたことなど、

当時は思いも付きませんでした。



そうこうしている内に、大物が掛かりラインブレイク。

一個目のフライはその魚と共に水中深くへ消えていきました。


もう一つのフライも私の手元から無くなるまで、さほど日数は掛かりませんでした。



後日、

色んなフライショップやネットで同じようなフライがないものか探しましたが、

未だにありません。


似たようなフライはありました。





しかし、何かが違うのです。






いまでも、時々そのフライのことを思い出します。


もしかしたら、

記憶の中で益々素晴らしいフライに成長しているのかも知れませんが、


あのフライが放っていたオーラは、私の中で消えません。



もし、あの時写真に撮っていたら・・。

もし、マテリアルやフォルム、

フライの構造を詳細に記録しておけば、



そのフライは、

私のマル秘フライとして、今でも大活躍していたはずです。







【フライフィッシング イデア】

「芸術であり、スポーツであり、哲学であり、ハンティングであり、祈りである」



私に聞いてみたいことなどありましたら、お気軽に連絡してください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
http://www.flyfishing-japan.com/shop/



発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000274931.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ