野呂エイシロウの元気が出るPR戦略術

  • ¥0

    無料

アマゾンのビジネスカテゴリーランキングで1位になった「テレビで売り上げ100倍になる私の方法」(講談社)の著者である野呂エイシロウのメルマガ。 刻々と変わる社会状況とマスコミの欲しいネタを余すことなく紹介するメルマガ。PRのテクニックをテレビマンの目線で、ガッツリお伝えします!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
野呂エイシロウの元気が出るPR戦略術
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月23日
 
発行部数
1,303部
メルマガID
0000276192
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


なぜメールの返事がこないのか?


お久しぶりです。
野呂です。
暑いですがお元気ですか?

僕のHPを自分で作りました。
超簡単でした。
https://noroeishiro.one-pg.com/
いかがでしょうか?

HPでもメルマガのお知らせをしているので、
もっともっとメルマガで発信をしようと思います。
更にがんばります。

さて、自分のHPの話。
先日、日経MJに記事で書いたものです。
onepageというものを使って自分で作ることが出来ました。
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO32442330Z20C18A6H56A00/
(日経新聞の記事)

実にユニークです。
超簡単です。

8月4日土曜日に、名古屋で講演をします。
https://www.facebook.com/events/371168476741724/
今から楽しみです。
運がいいかどうか?
という話です。

さて、今日のテーマはなぜメディアにメールをしたけど、
メールの返答がないのか?
というテーマです。

実は、この話は問い合わせも多い。
そう、相談がある方はぜひとも野呂までメールを。
eishiro.noro@gmail.com
まで。
出来る限り問題解決をしてゆこうと思います。

8月からまた面白いことをはじめます。
それは本当に広報で成功したい人のプロジェクトです。
前代未聞のプロジェクトをはじめます。
これは最強のツールになります。
お楽しみに。

さて、メールの話。
なぜ、メディアにメールを送ったのに返事が来ないのか?
それはメールがつまらないからです。
あなたのメールに興味が無いからです。

メディアの人が常に欲しいのは、情報です。
取材依頼というタイトルだと誰も見ません。
結構捨てられています。

人は売り込まれるのが面倒だと思います。
思っています。

先程もメールの冒頭に【情報提供】と書いて、メディアの人にメールをしました。
2通お送りしました。
おかげさまで2通とも、返答がありました。

通常、ボクはクライアント様の売り込みはしません。
でも、ちょっと知り合いの若手が新しいビジネスを始めたので、
紹介文をお送りしました。

するとどうでしょうか?
3時間以内に2通とも帰ってきました。
しかも感謝の言葉を添えて。
「面白いじゃん」
「会いましょう」
「ちょっと紹介してくださいよ」
と言われました。

そう、情報提供→感謝という関係が成り立っているからメールの
返事が来るのです。
売り込まれたら面倒でメールを開かないこともしばしばあります。

それがポイントです。
出来る限り、情報提供をして喜ばれようと思っています。
メディアの人を喜ばせようと常に思っています。
その連続です。

取材してもらおうと思っていると逃げてしまいます。
でも、「情報提供」なら相手も気軽です。
気軽にメールを読んでくれます。

すると
「今回はないかな」
「ちょっと話が小さい」
などとボツのメールを送ってくれたりします。

そうボツであってもメールを貰う癖をつけましょう。
それがコミュニケーションです。

取材されるかどうか?
の前に、自分はメディアにとって役に立つ人間かどうか?
考えてメールをすることが大切です。

さあ、メールを送り方を気をつけましょう。
それがメディアの人の心を掴むことでしょう。


野呂自身もゾクゾクと登場中です。
https://nikkan-spa.jp/1482920

こちらのにも。
http://www.mag2.com/p/news/361299



有料のメルマガでは
「個人で有名になる方法」

http://www.mag2.com/m/0001592317.html



Jキャストニュースに登場しました
https://www.j-cast.com/bookwatch/2018/06/03007430.html
大感謝です。



僕の連載が日経ウーマンで始まりました。
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/032700181/032700001/
ぜひともお読みください。

僕の話の面白い人の法則が、なんと16刷り。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00JXBUIY0/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
大感謝です。



ボクのブログです
https://ameblo.jp/e-noro/


ボクのPRに関する書籍はこちらです。
ぜひとも御覧ください。
https://goo.gl/yIrGe9




■■■□□ お問い合わせ ・その他 □□■■■

◯野呂エイシロウへ感想・意見を送る
eishiro.noro@gmail.com 


◯野呂エイシロウ自己PR有料ブログ(月額916円)
http://www.mag2.com/sample/0001592317


フェイスブックページ「戦略的PR・広報研究所」 
http://www.facebook.com/PRnoro



 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ