TIPS通信

  • ¥0

    無料

消費生活アドバイザーが、くらしに関わるお得な情報をわかりやすくお伝えします。毎週金曜日発行です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
TIPS通信
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月17日
 
発行部数
106部
メルマガID
0000280297
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        2018/8/17 第479号
          ☆★☆ TIPS通信 ☆★☆

       ▼消費生活アドバイザーの知恵が満載▼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【江戸の町並みが残る今井町】


こんにちは。晩酌アドバイザーのよっぴです。


先月、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「今井町」を、ボラン
ティアガイドさんの案内で見学する機会がありました。今回は奈良県橿原市
にある「今井町」について、お話をしたいと思います。


江戸時代の建物や町並みが残っている「今井町」は、テレビドラマやCMの
撮影などによく利用されています。NHKの朝ドラ「ごちそうさん」や「あ
さが来た」の撮影にも使われました。


最寄駅は近鉄橿原線の八木西口駅、またはJR万葉まほろば線の畝傍(うね
び)駅になります。今井町のすぐ東側に国道24号線、南側には南阪奈道路
に通じるバイパスが通っていて、交通の便のよいところですが、地元の人で
も今井町に行ったことがある人は、意外に少ないようです。


今井町は、東西約600メートル、南北約310メートほどの広さがあり、
その中に500棟ほどの建物など、たくさんの伝統的建造物があります。町
の周囲にめぐらされていた濠は、現在は埋められて道路になっていますが、
昔の環濠内すべてが重要伝統的建造物群保存地区となっています。


戦国時代に一向宗の布教拠点として、「称念寺」という寺が立てられたこと
が今井の起こりで、この寺を中心に発展した寺内町だそうです。外敵からの
攻撃を避けるため、町の周囲に濠をめぐらし、少し曲がった見通しの悪い道
路や濠の内と外をつなぐ9つの門が作られました。


織田信長に降伏した後は、商工業都市として発展し「海の堺 陸の今井」と
呼ばれたそうです。江戸時代には、「大和の金は今井に七分」と言われるほ
ど繁栄して、今井には自治的特権も与えられていました。最盛期には、人口
4千人、千軒の家があったそうです。


今井町を訪れて驚いたことは、ほとんど観光地化されておらず、静かなこと
です。おしゃれなカフェやお土産屋さんもほとんどありません。今も今井町
には多くの人が暮らしており、すれ違う人のほとんどは、地元の人たちでし
た。


町の中を歩いてみると、昔、敵の侵入を防ぐために、道をあえて真っ直ぐ作
らず、少しずつ曲げて作られた様子がよく分かります。重要文化財に指定さ
れている建物以外にも、古い建物がたくさんあり、町並みを歩くだけでも、
江戸時代にタイムスリップした気分になれます。また、家のつくりが京都と
は違い、間口も奥行も広く作られています。


今回、私が歩いたコースを紹介します。


まちなみ交流センター花甍→きぬや尊坊門跡→恒岡醤油醸造本店→
中橋家住宅→称念寺→南口門跡豊田家住宅→今西家住宅→今井まちや館→
音村家住宅→旧米谷家住宅→河合家住宅→高木家住宅


この中で、建物の中を見学した施設は、「今井まちなみ交流センター花甍」、
「今西家住宅」、「今井まちや館」と「河合家住宅」でした。「今井まちな
み交流センター花甍」や「今井まちや館」は無料で予約も必要ありませんが、
重要文化財のなどに指定されている建物内部を見学は、ほとんどの施設で事
前の連絡が必要になっています。


「今西家住宅」は、予約は必要ですが、是非、内部も見ていただきたい建物
です。町の西の端に位置し、西側からみるとお城のようにも見える造りで、
昔はこの土間で、お白洲が行われていたそうです。また、「ごちそうさん」
の撮影にも使われました。「今西家住宅」のすぐ西側には、環濠が復元され
ています。


「河合家住宅」は、今は町で一軒だけの造り酒屋で、酒造見学とお酒の試飲
ができます。代表銘柄は「出世男」という縁起のよさそうな名前のお酒です。
町の中心的存在の「称念寺」は、現在は保存修理中のため残念ながら見学で
きませんでしたが、来年には完成する予定です。また「旧米谷家住宅」は
「あさがきた」のロケ地ですが、残念ながら休館日のため、内部を見ること
はできませんでした。


実際に歩いてみると、想像以上に広い町だと感じました。ボランティアガイ
ドさんの案内で、3時間かけて回りましたが、暑さのせいもあり、結構大変
でした。次回訪ねるときは、「称念寺」など、今回見学できなかった建物の
見学もして、ゆっくり町歩きを楽しみたいと思います。


参考資料:橿原市HP「かしはら探訪ナビ」
     パンフレット「ならかしはら今井町」
     「今井町 まちなみ保存会」HP

====================================================================

■ 発行:くらしの情報発信研究会
■ 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
■ Copyright (C)2018 くらしの情報発信研究会
■ 掲載記事の無断転載を禁じます。

====================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ