名言名句マガジン[言の葉庵]

  • ¥0

    無料

「通勤電車で読む、心の栄養、腹の勇気。今週の名言・名句」、「スラスラ古文が読める。読解ポイントの裏技・表技。古典原文秘読解教室」などのコンテンツを配信しています。(隔週)下記にてお申し込みください。最新号よりお届けいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
名言名句マガジン[言の葉庵]
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年08月13日
 
発行部数
326部
メルマガID
0000281486
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 名言・格言

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

0000281486 ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ 名言名句マガジン【言の葉庵】
┓┏ ┏┳┓
┣┫OW┃O     子供の才能を伸ばす、六百年の秘伝書 2018/8/13
┛┗━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世阿弥『風姿花伝』を親子で読める、やさしいコンテンツに編集、再構成しました。『こども ふうしかでん』。まずは電子ブックにて、言の葉庵メールマガジン限定でお届けします。夏の終わりから秋にかけて、日本の夜の風物詩となった薪能。
近々のスケジュールをまとめてご案内しましょう。

…<今週のCONTENTS>…………………………………………………………………

【1】電子ブック            『こども ふうしかでん』第一回
【2】演能情報            8月~9月の全国薪能スケジュール

編集後記…
……………………………………………………………………………………………


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】電子ブック            『こども ふうしかでん』第一回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔言の葉庵メールマガジン限定コンテンツ〕

電子ブック『こども ふうしかでん』
~子供の才能を伸ばす、六百年の秘伝書

水野聡著 2018年8月13日 初版 能文社


(まえがき)

はじめに お父さん、お母さんへ


近頃、子育てに悩む若い親御さんが増えているとよく耳にします。
学校の勉強など、与えられるもの、すべての子どもがやるべきものと、子ども自身が好きになり、選ぶものとのギャップに、親としてどのように対処し、どういう方向付けをしてあげたらいいのか。そんな悩みが多いのではないでしょうか。

今必要なのは、子どもの才能を発見し、伸ばし、将来の目標を立て、実現していくための方法です。公教育ではなかなか難しい、本物の知恵が必要ではないでしょうか。
『風姿花伝』は、ただ能の専門書というだけではなく、一人の親がわが子の未来のために、そうした方法と知恵を伝えるために書かれた本なのです。
作者は、世阿弥。今日の能の基礎をつくった約六百年前の能役者です。『風姿花伝』には、「花」ということばがとても多く使われています。世阿弥の「花」とは、まず役者と芸の花であり、ひいては面白さ、魅力、感動など、人の心に咲く素晴らしいものをたとえたキーワードです。

『風姿花伝』には、「花」すなわち、面白いもの、美しいものを見抜く、とっておきの秘訣と、人として大きく正しく成長していく道すじが究めつくされています。本書では、世阿弥の教えを、お子さまにもわかる、やさしいことばでおきかえてみました。
お父さん、お母さんも子どもといっしょに読み、ぜひいっしょに考えてほしいと思います。すべての子どもの才能をすくすくと育てるヒント、アイデアがきっとみつかることでしょう。



  平成二十八年  水野 聡



(本文)

・第一章

 こどものうちにやっておくこと。
 おとなになったらやること。
 おじいさんになったらやること。


 七さい

 ちっちゃなこどものとき、その子が好きにやりだしたことに、ぴかっとひかることがあるんだ。
 かけっこしたり、ぴょーんととんだり、おえかきしたり、うたをうたったり。どんなことでも、ぴかっとひかることが、いちばんたいせつです。

 お父さん、お母さんは、ぴかっとひかることをこどもの好きにやらせるといいよ。
 もっとこうしなさい、いやいやそうしちゃだめ、なんてうるさくいってはだめ。
 こどもはめんどくさくなって、それをやるのがつまんなくなって、ぴかっとひかるものが、もうひからなくなっちゃうんだ。


 十二、三さい

 中がっこうのおにいさんになると、ぴかっとひかるものは、だんだん、ただの好きなことから、じぶんのとくいなことになっていくんだ。
 こくご、りか、サッカー、ピアノ、まんが、かべしんぶん、ゲームとか、いろいろ。
 とくいなことは、いっしょうけんめいやるし、せんせいやお母さんもほめてくれるから、もっもっとやりたいとおもう。

 じぶんでは「とくいわざ」だとおもっているけど、ほかのクラスやおにいさんたちには、もっともっとじょうずなこがいるかもしれない。
 「こどもだから、ほめられるんだ」とおもって、きょうかしょをしっかりよんで、せんせいにももういちどちゃんとおしえてもらおう。


 十七、八さい

 こうこうせいになると、せは高くなるけど、まだおとなじゃない。けれど、もうこどもじゃない。そのちゅうかんぐらいなんだ。なんとなくちゅうぶらりんで、べんきょうのことやしょうらいのことで、いろいろかんがえて、「とくいなこと」もじしんがなくなってきちゃう。
 いままでどおりやってみても、あまりほめられないし、じぶんでもなんかへんなかんじだ。

 もう、やーめた、とおもって、ここでやめてしまうと「とくいなこと」はえいえんになくなってしまうんだよ。
 「とくいなこと」は、じぶんのいっしょうのたからもの。人にわらわれてもきにせず、ぜったいやめるもんか、とがんばってみよう。
 うまくいかないのは今だけで、それはだれでもおんなじなんだ。


 二十四、五さい

 おとなになった。とくいなことをいかせるかいしゃに入った。うれしくて、おもしろくて、いっしょうけんめい、しごとをがんばる。
 新人で、げんきがあるから、ベテランの人よりめだって、いいせいせきをだしたんだ。
「こんど、いい人が入ったね」とまわりの人もほめてくれて、とくいになっちゃう。

 でも、これはまぐれなんだ。まぐれは、2回、3回とつづかないんです。長い長いあいだ、ずーっとヒットをうてるのがプロなんだって。
 だからまぐれあたりなんかでとくいにならず、ほんもののプロをめざしてじつりょくをつけていこう

(次号に続く)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】演能情報            8月~9月の全国薪能スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

猛暑の夜、ふと耳にした虫の音に秋の気配を感じる季節となりました。
幽玄を身近に感じる初秋の催し、薪能。野外でもまだそれほど寒くはなく、今が薪能のベストシーズンといえるかもしれません。
今回言の葉庵では、これから観られる全国の主だった薪能の予定をまとめてご紹介。
無料の催しもありますので、この機会にお近くの会場で、「秋の名作能」に触れてみてはいかがでしょう。



◆2018年8月15日(水)
神奈川県 【第49回 相模薪能】
17時半 寒川神社境内特設能舞台

★能 逆矛 
 観世喜正 小島英明 中森健之介 森常好 舘田善博 野口能弘 内藤連
 笛 一噌隆之 小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓 國川純 太鼓 小寺真佐人
★狂言 樋の酒 野村萬斎 中村修一 深田博治
★能 大瓶猩々 
 中森貫太 遠藤喜久 鈴木啓吾 佐久間二郎 坂真太郎 河井美紀 則久英志 野村萬斎
 笛 一噌隆之 小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓 國川純 太鼓 小寺真佐人

無料ですが事前に往復はがきで申し込みが必要
 
・申し込み方法 
※必ず7月1日以降に投函してください。それ以前のものは無効になります。

往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を楷書で明記の上お申込み。
記入漏れがある場合は無効になります。
返信面にもご自身の郵便番号・住所・氏名を記入。

先着1000名 一人一枚限り 入場者は中学生以上に限る

253-0195
神奈川県高座郡寒川町宮山3916
寒川神社相模薪能係

こちらに詳しく載せてくださってます
 http://blog.canpan.info/nohbutai/archive/586

寒川神社 0467-75-0004
http://samukawajinjya.jp/index.html


◆2018年8月16日(木)
岩手県 【第44回 三陸港まつり 新作能「水の輪」】
15時半頃 岩手県 大船渡市 越喜来漁港 特設ステージ

★能 石橋 山本章弘 山本麗晃
 笛 斉藤敦 小鼓 古田知英 大鼓 守家由訓 太鼓 中田弘美

19時 三陸能舞台
★新作能 水の輪 山本章弘 山本麗晃 福王知登
         野村太一郎 三陸のこども達 
 笛 斉藤敦 小鼓 古田知英 大鼓 守家由訓 太鼓 中田弘美

無料 

三陸国際芸術祭事務局
Tel: 0192-47-5123
Fax: 0192-47-5125
E-mail: info@sanfes.com
こちらにチラシが
https://ja-jp.facebook.com/sanfes.sanrikuart/

山本能楽堂さんでも教えていただけるとは思います。
山本能楽堂 06-6943-9454
https://www.facebook.com/nohtheater/
https://yaplog.jp/noh-theater/category_29/1


◆2018年8月16日(木)
新潟県 【ECプレイベント「佐渡薪能公演」】
19:00~21:00(予定) / 開場 18:30

佐渡相川春日神社能舞台(佐渡市相川下戸村)

★古典能 「橋弁慶」
津村禮次郎(能)ほか

★狂言 「仏師」
小笠原匡、小笠原弘晃(狂言)ほか

★創作ダンス 「THE KUMANO」
津村禮次郎(能)、酒井はな、小じり健太、宝満直也 ほか

大人3,000円、小中学生1,500円 全席自由

お問合せ・お申込み
(一社)佐渡観光交流機構 Tel. 0259-67-7995
6月15日(金) 9:30より発売あり
https://www.earthcelebration.jp/ticket/program/

詳しくはこちら
https://www.earthcelebration.jp/

一般社団法人 佐渡観光協会 0259-27-5000
https://www.visitsado.com/
http://itouyaryokan.com/blog/noh


◆2018年8月18日(土)
新潟県 【第28回新潟薪能 新潟開港150周年記念】
17時20分開場 17時50分開演 新潟市白山神社境内

雨天 新潟市民芸術文化会館  りゅーとぴあ 劇場

雨天の場合など、開催会場は
当日9時30分頃のBSNラジオにてお知らせ。

★主催者挨拶
★祝辞 新潟市長
★解説 長谷川晴彦
★舞囃子 柏崎 梅若万三郎
★狂言 茶壷 野村萬斎 野村太一郎 高野和憲
★能 海士 中村裕 小林秀政 森常好 森常太郎 内藤蓮
 笛 藤田朝太郎  小鼓 幸信吾  大鼓 柿原弘和  太鼓 桜井 均
 地謡 伊藤嘉章 八田達弥 梅若紀長 長谷川晴彦 梅若久紀

前売 SS指定席 11,000円 S指定席 9,000円
    A指定席 6,000円 自由席 3,000円
当日券は500円増

チケットぴあ
http://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1817042&rlsCd=001&lotRlsCd=

中村裕 電話/FAX 03-3590-3001
 薪能事務局(株)タカヨシ(平日9:30-17:30)0120-334-497

事前講座

平成30年7月6日(金)18時半から20時頃まで

生涯学習センター「クロスパルにいがた」

公演チケットをお持ちの方 無料
 講座のみご参加の方 1,000円(税込)

http://hiroshinakamura.jp/prior_niigata180706/


◆2018年8月18日(土)
岐阜県 【第34回 いわむら城址薪能】
17時半(16時半開場) 岩村城藩主邸跡  雨天 岩邑小学校体育館

★仕舞 弓八幡 内藤飛能
★仕舞 砧 前 和久荘太郎
★能 杜若  玉井博こ 高安勝久
 笛 竹市学 小鼓 後藤嘉津幸 大鼓 河村裕一郎 太鼓 加藤洋輝
★狂言 魚説教 茂山千作 茂山千三郎
★能 天鼓  辰巳満次郎 飯冨雅介 松本薫
 笛 竹市学 小鼓 後藤嘉津幸 大鼓 河村眞之介

前売券3,000円 当日券3,500円 中高生1,000円

いわむら町まちづくり運営実行委員会・いわむら城址薪能運営実行委員会
0573-43-3231
こちらにチラシが
http://hot-iwamura.com/event


◆2018年8月18日(土)
岡山県 【岡山後楽園幻想庭園 能楽の夕べ】
平成30年8月18日(土) 午後7時開演(午後6時30分開場)
            ※終演予定は午後8時30分ごろ

岡山後楽園能舞台

★舞囃子 羽衣 下川宜長 
 笛 八木原周平 小鼓 横山幸彦 大鼓 國川純 太鼓 梶谷義男
★舞囃子 船弁慶 田口亮二 
 笛 八木原周平 小鼓 横山幸彦 大鼓 國川純 太鼓 梶谷英樹
★一調 善界 大島衣恵 太鼓 金春國直
★仕舞 小袖曽我 清水義也 北浪貴裕
★仕舞 殺生石 浅見慈一
★能の解説 清水義也
★半能 土蜘蛛 馬野正基 村瀬提
 笛 槻宅聡 小鼓 大山容子 大鼓 原岡一之 太鼓 梶谷英樹

全席自由 2,500円(後楽園入園券付き)
※未就学児および飲酒されてのご入場はお断り。

チケットお申し込み・お問い合せ
 公演事務局:TEL 086-222-3580
fax 086-222-3582
       e-mail ujihira.yumi@lilac.plala.or.jp
 ※後楽園正門券売所でも販売
詳しくはこちら
http://www.okayama-korakuen.jp/2018/02/post-1518.html


◆2018年8月23日(木)
神奈川県 【遊行寺薪能】
開場16:00 開演16:40 遊行寺内特設舞台
雨天の場合、藤嶺学園藤沢中学校・高等学校体育館にて開催となりますので
入場制限あり

★能「夕顔 山之端之出」 内田安信 森常好 舘田善博 山本泰太郎 
 笛 一噌隆之 小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓 柿原弘和
★狂言「萩大名」 山本東次郎 山本泰太郎 山本則孝
★能「葵上 梓之出」 内田成信 佐藤寬泰 森常好 森常太郎 山本凜太郎
 笛 一噌隆之 小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓 柿原弘和 太鼓 小寺真佐人
無料 入場券が必要

 8/1(水) 午前9時より、かながわ信用金庫各営業店窓口にて
 先着順に無料整理券配布

お問い合わせ 
遊行寺薪能実行委員会 事務局
(事務局:かながわ信用金庫 業務部内)
電話番号:046-821-1709
受付時間:平日9:00~17:00
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/event/ev_day.php?tid=9
http://www.jishu.or.jp/
http://www.shinkin.co.jp/kanagawa/news/
http://www.kyogenyamamoto.com/calendar/2018/08/


◆2018年8月25日(土)
滋賀県 【中山道宿場まつり薪能】
17時半 愛知川八幡神社

★仕舞 岩船 浦部春仁 
★仕舞 松風 浦部好弘 
★仕舞 船弁慶 キリ 井上裕久
★狂言 清水 茂山千三郎 鈴木実
★能 羽衣 浦部幸裕 岡充
 笛 森田保美 小鼓 久田陽春子 大鼓 渡部諭 太鼓 上田悟
無料
http://www.aisho-kanko.com/index.html
http://www.town.aisho.shiga.jp/


◆2018年8月26日(日)
兵庫県 【播磨薪能】
17時半から19時半 御坂神社
雨天決行 荒天中止
★志染能楽子ども教室発表会
★能 菊慈童 上田顕崇 江崎欽次朗
 笛 野口亮 小鼓 上田敦史 大鼓 山本寿弥 太鼓 中田弘美
 地頭 上田拓司
入場無料
https://twitter.com/yu53taka


◆2018年8月31日(金)
岐阜県 【伝統文化の夕べ 第32回長良川薪能】
18時 長良川河川敷特設舞台(岐阜グランドホテル前)
※雨天増水時は岐阜市民会館(岐阜市美江寺町2-6)
      
★能「熊坂」金春穂高

無料(申込み不要)



◆2018年9月2日(日)
京都府 【京都駅ビル薪能】
18時半 京都駅ビル4階室町小路広場特設ステージ

★舞囃子 屋島 分林道治
★狂言 清水 茂山千三郎 網谷正美
★能 賀茂 片山九郎右衛門

入場無料

京都美風
古典芸能を楽しもう!
能・狂言の世界へようこそ

期間
2018.8.25 土~2018.9.21 金

時間
10:00~20:00(予定)

場所
京都駅ビル インフォメーション前

恒例の「京都駅ビル薪能」開催(9/2(日))に合わせ
伝統芸能である能・狂言の魅力や歴史の紹介とともに、能面や小道具等を展示。

お問い合わせ
京都駅ビルインフォメーション
TEL.075-361-4401 営業時間/10:00~19:00

https://www.kyoto-station-building.co.jp/
お問い合わせ 岐阜市文化芸術課
電話番号/ 058-214-4973
E-mail/ bunkageijutsu@city.gifu.gifu.jp
http://www.city.gifu.lg.jp/16715.htm


◆2018年9月4日(火)
東京都 【第39回 台東薪能】
開場:午後5時/開演:午後5時45分
場所 金龍山浅草寺境内 住所:台東区浅草2-3-1
(雨天時:台東区立浅草公会堂 住所:台東区浅草1-38-6)

★演目の解説 児玉 信
★火入れ式 木遣り・まとい 新門鳶頭連中
★能 隅田川 観世喜正 坂瞳子 森常好 森常太郎 
 笛 一噌隆之 小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓 柿原弘和
★狂言 棒縛 山本泰太郎 山本凜太郎 山本則孝
★能 鵺 白頭 坂真太郎 舘田善博 若松隆 
 笛 一噌隆之 小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓 柿原弘和 太鼓 小寺真佐人

全席指定
S席 5,000円 A席 4,000円
※未就学児のご入場はお断りいたします。

前売券
平成30年7月11日(水)午前10時より販売

入場券販売場所

 ・チケットぴあ TEL:0570-02-9999 Pコード485‐085 http://t.pia.jp/

  (チケットぴあ店舗、セブンイレブン)

   ※座席選択は、チケットぴあ店舗のみ


◆2018年9月7日(金)
新潟県 【草苅神社夜能】
18時 草苅神社能舞台(佐渡市羽茂本郷)
無料
一般社団法人 佐渡観光協会 0259-27-5000
https://www.visitsado.com/
http://itouyaryokan.com/blog/noh


◆2018年9月8日(土)
三重県 【第4回 竹灯り幽玄能】
開場17:00 開演17:30 ふるさと会館いが 外庭 (伊賀市下柘植6243番地)
※雨天の場合は大ホール

内  容:仕舞
     狂言「土筆」(子ども狂言)
     能の解説 長田郷
     能「阿漕」松井俊介 飯冨雅介 森浩一
     笛 大野誠 小鼓 後藤嘉津幸 大鼓 河村眞之介 太鼓 加藤洋輝

出  演:長田 驍/喜多流能楽師・重要無形文化財能楽総合指定認定者
     長田 郷/喜多流能楽師
     能楽教室受講者 ほか
入場無料
お問合せ:(公財)伊賀市文化都市協会 0595‐22‐0511
http://www.bunto.com/


◆2018年9月9日(日)
埼玉県 【第29回 こしがや薪能】
16時50分開場 こしがや能楽堂

17時20分から50分

能楽講座
講師 観世流能楽師 関根知孝

火入れ式

18時開演
★仕舞 賀茂 古橋美香
★仕舞 巴 渡邊洋子
★舞囃子 熊野 村雨留 関根知孝 
 笛 藤田貴寛 小鼓 観世新九郎 大鼓 佃良勝
★狂言 千鳥 山本泰太郎 若松隆 山本則孝
★仕舞 善知鳥 高梨良一
★能 舎利 岡庭祥大 高梨万里 村瀬慧 山本凛太郎
 笛 藤田貴寛 小鼓 観世新九郎 大鼓 佃良勝 太鼓 小寺真佐人

全自由席 一般3500円 学生1000円
こしがや能楽堂 048-964-8700
http://nohgakudou.kosi-kanri.com/


◆2018年9月9日(日)
京都府 【虚空蔵法輪寺 重陽の節会 能楽奉納】
13時 虚空蔵法輪寺
「枕慈童」
無料
http://www.kokuzohourinji.com/
http://www.the-kyoto.jp/calendar/list9.html#e1078


◆2018年9月15日(土)
宮城県 【登米薪能】
16時開場 17時開演 20時終演予定 伝統芸能伝承館 森舞台

能 春日龍神
狂言 木六駄
ほか 仕舞

入場整理券 A席2,500円、B席1,500円 

電話予約 8月4日から8月5日まで 9時から17時
   予約専用電話 0220-53-7337
8月6日以降の予約は0220-52-5566

とよま観光物産センター 遠山之里でも販売 8月4日以降販売

詳しくはこちら
http://toyoma.co.jp/blog/1163/


◆2018年9月16日(日)
東京都 【鳩森八幡神社秋季例大祭 奉納能】
午後 6時30分   鳩森八幡神社

無料
http://www.hatonomori-shrine.or.jp/publics/index/91/


◆2018年9月16日(日)
熊本県 【藤崎八幡宮例大祭】
9時から14時 藤崎八幡宮
★半蔀 友枝雄人
無料


◆2018年9月21日(金)
京都府 【第54回「上京薪能」】
白峯神宮(上京区今出川通堀川東入北側)
※雨天の場合 金剛能楽堂(上京区烏丸通中立売上る西側)

第一部開演 午後4 時( 午後3 時30分開場)

各社中による仕舞,舞囃子(まいばやし), 独調,箏(こと)演奏

第二部開演 午後6 時

麗調会・ 箏「千鳥の曲」,観世流・仕舞「邯鄲(かんたん)」ほか
観世流・舞囃子「頼政」,大蔵流・狂言「太刀奪(たちうばい)」,
金剛流・能「猩々(しょうじょう)」など

終演予定 午後8 時30分ごろ

前売券 2,000円 当日券 2,500円
※前売券については,8月20日(月曜)から
 上京区役所地域力推進室(1階1番窓口)と白峯神宮で販売。

問合せ先
京都いつでもコール 075-661-3755

京都市上京区役所(担当 地域力推進室まちづくり推進担当,電話 075- 441-5040)
http://www.city.kyoto.lg.jp/kamigyo/page/0000240766.html


◆2018年9月21日(金)
兵庫県 【西宮薪能】
平成30年9月21日(金)18時始め

会場:越木岩神社 能舞台

当日の流れ:

【一部】18時より 子ども能(仕舞発表会)火入れ式

【二部】19時半より 狂言・能 

20時半ころ終了 
無料
http://guide.jr-odekake.net/event/59280/
http://www.koshikiiwa-jinja.jp/
http://takigi-nou.com/


◆2018年9月22日(土)
三重県 【第35回上野城薪能】
伊賀上野城本丸広場
★能 小袖曽我 武田邦弘 武田大志
無料
http://igaueno-castle.jp/?page_id=35


2018年9月23日(日) 秋分の日
兵庫県 【第21回 明石薪能】
開演17:30(開場16:15) 兵庫県立明石公園西芝生広場(組立式能舞台)
アクセス JR・山陽電車 「明石駅」より徒歩5分
※雨天の場合は中止

開演に先立ち、16:20より「こども仕舞」「こども仕舞指導者による模範仕舞」の上演

★狂言「茶壺」善竹忠重 善竹忠亮 前川吉也
★能「羽衣 和合之舞」上田貴弘 江崎欽次朗

前売2,500円 当日3,000円 
 高校生以下 前売・当日共1,000円 (全席自由席)

前売り券で完売の場合は当日券の販売はありません。

※明石能舞台コンサートとの共通入場券を4,500円で販売(前売のみ)

2018年7月13日(金)から販売開始

チケットぴあ(Pコード 488-280)

■明石薪能の会事務局(明石文化芸術創生財団内) 078-918-5085
http://www.yokoso-akashi.jp/event/1095


◆2018年9月29日(土)
三重県 【霧山薪能】
北畠神社境内特設舞台(美杉町上多気1148)
観覧無料
http://www.info.city.tsu.mie.jp/www/genre/1100000000682/index.html
http://bachi.at.webry.info/


※以上、演能スケジュールは〔【柳の下】~能・狂言~〕HP様、
http://nohgaku.fan.coocan.jp/
【能楽公演情報】よりセレクト、転載させていただきました。

各公演へのご参加に際しては、無料の場合も前もって主催者様へお問合せされることをおすすめします。野外のイベント開催は当日の天候に左右されることが多いからです。




……………《編集後記》………………………………………………………………

翻訳作品の命は、文体にある。語り口とも言い換えられようか。
そもそも翻訳の起源は、神の言葉を人間に伝えるイタコやシャーマンの言葉にある、と考えている。
人には理解できぬ神の心を伝えようとする時、その体を借り、重々しく威厳に満ちた語り口調で話すものだ。神話や古典のすぐれた翻訳作品には、独自の語り口をもつものが多い。文体は一見とっつきにくく、ページを繰るのがおっくうになる。しかし読後、あたかもその時代、その世界にワープしたかのような錯覚と不思議な充足感に包まれるのだ。福永武彦『今昔物語』、松田 毅一『完訳フロイス日本史』や、翻訳ではないが史書に取材した井上靖『蒼き狼』などが、そうした不思議な空気に包まれる名作である。
文章技術を超えたところにあるこうした神の文体に、物書きとして憧れは尽きない。

 白川の関こえんと、そぞろ神の物につきて心をくるはせ
 (『奥のほそ道』松尾芭蕉 元禄十五年)
                              (言)
……………………………………………………………………………………………


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名言名句マガジン【言の葉庵】
■ご意見・ご感想はこちら http://form.mag2.com/diorumeage
■配信中止はこちら    http://www.mag2.com/m/0000281486.html
■編 集 【言の葉庵】  http://nobunsha.jp/
■編集長 水野 聡    info@nobunsha.jp 
■発 行 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(C)2005 Nobunsha
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ