ワーキング大阪ネット メールマガジン

  • ¥0

    無料

労働団体の連合大阪が運営する、パート、派遣、契約社員等の労働相談対応などのサポートを行う「非正規労働センター」が発行するメールマガジンです。非正規労働センターや会員ネットワーク「ワーキング大阪ネット」の活動や労働情報などを配信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ワーキング大阪ネット メールマガジン
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年09月10日
 
発行部数
114部
メルマガID
0000287024
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > 団体全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
          働く仲間をサポートします!
        ワーキング大阪ネット メールマガジン

          2018年9月10日 No.215
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
――――――――――――――――――――――――――――――――――
*このメールマガジンは、連合大阪非正規労働センター
「ワーキング大阪ネット」にご登録いただいた方にお届けしています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
《今号のメッセージ》
 先週、北海道で震度7を観測した地震があった。大阪北部地震をはじめ西日
本豪雨、台風21号など今年は災害続きで「日本はこのままどうなっていくの
だろう」「自分たちが何か悪いことでもしたのか」と落胆の声も聞こえてくる。
短い期間に連続して起きる複合災害に対し、対応が追い付いていない。停電が
起きた時など、限られた人員で立ち向かう課題が浮かぶ。南海トラフなど今後
も自然災害でさらに想定外の事態が起きるリスクはあり、危機管理への対応が
問われる。被害に遭われた人たちも「自分だけは災害に遭わない」と思ってい
たかもしれない。だけど、日本においてはどこにいても災害に遭うリスクは同
じであろう。
 労働においてもリスクはある。「給与カットされることはない」「リストラ
されることはない」そんなことは誰も保障してくれません。人ひとりでは限ら
れた知恵や小さな力でしかないけれど、人数が集まれば、いろんな考えを持つ
ことができ、結束すれば大きな力となり理不尽なことに立ち向かうことが可能
になります。

目次
1.あの頃の連合を探しています
2.障がい者雇用フォーラムのお知らせ
3. 第10回労働関係セミナーのお知らせ
4.共同シンポジウム2018inおおさかのお知らせ
5.働き方改革関連法によるお知らせ
6.連合に寄せられた相談
 
▼―――――――――――――――――――▼
1.「あの頃の連合」を探しています 
△―――――――――――――――――――△
連合資料室では来年、連合が1989年に結成して30年を迎えるにあたり、
連合結成の原点を追求してきた価値観を学ぶなど歴史から労働環境を学ぶため
の1980年代から90年代の連合・民間連合等に関係するバッジや記念品、
チラシやティッシュなどの宣伝機材、文書資料、写真や映像などを探していま
す。お心当たりの方は連合資料室まで連絡下さい。

連絡先:連合資料室/小島、橋本
TEL:03-5295-0531
E-MAIL:jtuc-lib@sv.rengo-net.or.jp 
 
▼―――――――――――――――――――▼
2.障がい者雇用フォーラムのお知らせ
△―――――――――――――――――――△
日時:9月18日(火)13:00~17:00
場所:國民會館武藤記念ホール
内容:基調講演
  「就労継続支援A型事業所の現状から社会課題を考える」
講師:石野英司氏(株式会社い志乃商会代表取締役)
問合せ先:大阪障害者雇用支援ネットワーク
  TEL:06-6949-0350
  FAX:06-6949-1256
E-MAIL:o-isc@onyx.dti.ne.jp

▼―――――――――――――――――――▼
3.第10回労働関係セミナーのお知らせ
△―――――――――――――――――――△
日時:2018年10月18日(木)18:30~20:30
場所:エルおおさか 7階・701
内容:「過労死を予防するために・パート1
   ~遺族のインタビューを通して~
講師:藤原  航 弁護士(連合大阪法曹団)
   中山 有里 弁護士(連合大阪法曹団)
問合せ先:連合大阪非正規労働センター
  TEL:06-6949-1105

▼―――――――――――――――――――▼
4.協同シンポジウム2018inおおさか
~SDGsで誰もほっとかへん社会へ
△―――――――――――――――――――△
一緒に考える“誰もほっとかへん社会”
日時:2018年10月13日(土)13:15~16:30
場所:新大阪丸ビル別館
内容:「誰も置き去りにしない!SDGsを自分事化して、世界を変革する」
スピーカー:根本かをる(国連広報センター所長)
「協同組合が、SDGsに取り組む際の意義、可能性、課題」
スピーカー:田中夏子(日本協同組合学会 会長)
問合せ先:大阪ボランティア協会
  TEL:06-6809-4901
  FAX:06-6809-4902
E-MAIL:office@osakavol.org

▼―――――――――――――――――――▼
5.働き方改革関連法によるお知らせ
△―――――――――――――――――――△
 働き方改革関連法により、2019年4月より時間外労働の上限について、
月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも
720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(
休日労働含む)を限度に設定すること。また、年次有給休暇においては、年
10日以上の年次有給休暇が付与される全ての労働者が、毎年5日(使用者
は時季を指定して)有給休暇を取得できることとなります。
 2020年4月からは同一企業内において、正規雇用労働者と非正規雇用
労働者(パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者)の間で、基本
給や賞与などの個々の待遇ごとに不合理な待遇差が禁止されます。

▼―――――――――――――――――――▼
6.連合に寄せられた相談
~組合結成~
△―――――――――――――――――――△
(相談)
 社員数30名程度の会社です。労働条件の切り下げが酷く、このままでは
生活ができません。ほかの従業員も我慢できず、労働組合を設立しようとい
うことになりました。
 しかし、どのように労働組合をつくればいいのか分からず、知人に聞いた
ところ、地域連合会を紹介されました。自分が委員長になる決意でおり、他
役員を担う3名も決まっています。
 労働契約書は交わしていません。基本的には8~17時が勤務時間となっ
ていますが、自分は7~16時の勤務です。また、賃金が低いので18~2
1時まで、他でアルバイトをしています。LPガスの供給がメイン業務であ
り、賃金はガス1本につき何円の歩合制で請負的な仕事になっています。

(対応)
 相談の連絡があってから4日後に相談者2名と労働組合設立に向けた面談
を実施。結成への固い決意と現在13名から賛同を得ている確認をしました
。その後、組合づくりのポイント、結成までの流れ、組合規約等の作成、加
入拡大などの注意点を説明し、結成大会を実施する日程まで決めました。そ
の間はメールや電話で連携を取りました。
 最初に相談のあった日から約3週間後に組合大会を16名で開催。後日、
委員長と副委員長に結成通知書の提出、団体交渉に臨むにあたり、地域ユニ
オンが全面的に支援することなどを説明しました。同時に、将来的に構成組
織に加盟できるようにすることも伝えました。
 会社の動向や社長等の確認をしながら、結成通知、団体交渉申入れ書提出
日を決定。当日、組合員13名が出席し、団結力を見せつけました。後に4
カ月の間に団体交渉を6度実施。その後、構成組織加盟申込み書を正式に提
出し、以降、引き継がれました。

 これまでの成果と課題は、基本給制度への転換については、早急に変更で
きませんが、継続課題として検討することは、組合員の安定した賃金確保へ
の大きな一歩と考えています。基本ベースを上げることができなかったです
が、各種手当・賞与の増額、就業規則の見直し・提示、安全委員会の設置、
服務関係の見直しなどの一定の成果が得られました。
 労働組合設立の意義が大きく、組合員も増えて現在は24名。同時にチェ
ック・オフ協定も締結することができました。「ワンマン経営で労働条件の
悪い環境から脱したい」との思いが、組合員の固い意志と団結力を生み、会
社の対応も真摯にならざるを得なかった状況であったと考えています。

=================================
~暮らしの中の困りごと、働く悩みに応えます~
  連合大阪なんでも労働相談ダイヤル
(職場の悩みやおかしいなと思うこと)
  0120-154-052(フリーダイヤル いこうよ れんごうに)
  相談受付時間  月曜~金曜(祝日除く)10:00~17:30
  弁護士相談  水曜のみ(要予約)  18:00~20:00

  ライフサポートセンター おおさか(暮らしの中の困りごと・一般相談)
  0800-200-0154
  相談受付時間  月曜~金曜(祝日除く)10:00~12:00
                     13:00~16:00
==================================

◆―――◆「ワーキング大阪ネット メールマガジン」◆―――◆

発行システム「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/
メールマガジンの配信停止は以下のURLで手続きができます。
http://www.mag2.com/m/0000287024.html

◆――――――――――――――――――――――――――――◆
発行者:連合大阪 非正規労働センター
発行地:大阪市中央区大手前2-1-7 大阪赤十字会館5F
T E L :06-6949-1105
メール:working-osaka@rengo-osaka.gr.jp
H P :http://www.rengo-osaka.gr.jp/working-osaka/
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ