著者デビューを実現するために必要な要素

  • ¥0

    無料

ビジネス書中心の編集プロダクションが出版ノウハウや成功事例、裏ワザも公開。作家希望者を出版デビューに導きます!本が好き、本を書きたい人は必見。著書はマーケティングや営業に役立つので著者ブランディングとして中小企業経営者、起業家の方にもお勧め。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
著者デビューを実現するために必要な要素
発行周期
不定期
最終発行日
2018年11月14日
 
発行部数
1,432部
メルマガID
0000292371
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
著者デビューの最短ルートを走るための出版メルマガ! Vol.227
「出版デビューを“現実に”するためのヒント」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆弊社プロデュース実績
→ https://www.shuppanproduce.jp/jisseki/

◆弊社セミナー開催予定(毎月1日に更新予定)
→ https://ameblo.jp/shuppanproduce/entry-12332899690.html

こんばんは。
ケイズパートナーズの山田です。

ソーシャルメディアを見ていると、よく「好きを仕事に…」という
フレーズを目にします。

皆さん、そんなに嫌々お仕事をされているのでしょうか?(笑)

で、必ず、そういう人の誘導する先のLPを見てみるのですが、
それが「好きを仕事にするってことですか?」と思ってしまいます。

だって、結局、アフィリエイトだったり、転売だったり…。

「好きを仕事に…」というより、「好きなテーマを仕事に…」という
感じで、結局はやりたくないことをやっている気がします。

私は、自分が好きなこと、お金を投下していることは、とりあえず
情報発信をするようにしています。

観光列車、講談、読書、人形町、経営、投資…。

どうせ観光列車に乗るならログに残したいし、講談するなら成果を
記録しておきたいし、本を読むなら感想を書き留めておきたい…。

どうせ公開しなくてもやっているんだから、公開しちゃおうよって
考え方です。

結果、観光列車評論家としてラジオに出たり、書評ブロガーとして
無償で本が送られてきたり、いろいろなコトが起こります。

いろいろなコトが起これば、それを仕事ということにしてしまえば、
すべてが経費になりますしね。

「好きを仕事に…」って、こういうコトなんじゃないかと思います。

そうすると、自分のコンテンツも貯まりますし、それぞれにファンも
徐々にですが増えてきます。

そうなったら、あとは出版って流れですね(笑)

何だか、自分でも出版したくなってきたので、もしかしたら、来年
あたりに出版しちゃうかもしれません。


----------------------------------
■近日開催予定のセミナー
----------------------------------

11月23日 【東京】コミュニティビジネスの始め方勉強会
https://www.facebook.com/events/700731706971180/

12月6日 【福岡】出版実現セミナー
https://www.facebook.com/events/338465580054609/

12月8日 【福岡】顧客心理を掴んでファンにするコミュニティー実践講座
https://www.facebook.com/events/2393984727284824/


----------------------------------
■本を売る気になるには
----------------------------------

出版は、自分で売る気もないのにするもんじゃありません。

これは、結果的に売れた、売れないではなく、出版社にお金を出して
もらって出版する以上、出版して満足しないで、しっかりと本を売る
著者になって欲しいという私の願いです。

ただでさえ出版不況ですからね。

私が協力した著者さんに、私がずっと仕事にさせていただいている
この業界のマイナス面に加担してもらいたくないのです。

でも、じゃあ本を売るっていっても、それって自腹になります。

自腹ということは、持ち出しになるわけですから、何のために出版を
したのか分からなくなるぐらい、虚無感に駆られることがあります。

だって、本の印税って、今だとよくて8%ですからね。
ということは、1500円の本が一冊売れると、もらえる金額は120円。

つまり、本を一冊売るためにかけられる予算は120円ということです。
カバーやタイトルに引きがあれば、10人にひとりが買ってくれるかも
しれませんが、そんなことはほとんどありません。
だいたい成約率は1%ぐらいでしょう。
だとすると、1アクセス誘導するために1.2円しかかけられないという
ことです。
しかも、それでも利益はゼロですからね。

これでは、売る気がない著者が増えるのも仕方がないと言わざるを
えません。

でも、それでは業界的には困ってしまうので、私は、出版を目指す
なら、ビジネスにつなげましょうと申し上げています。

1冊売れたら、3万円の仕事になるのなら、かけられれる予算も大きく
変わってきますからね。

ただ、勘違いして欲しくないのは、本を出版して、肝心なことを書かず
「続きはWebで!」といってバックエンドを売ったり、本の購入者リストを
一気に集めてローンチを仕掛けるようなゲスな方法を推奨している
わけじゃありません。

しっかりと本で読者と信頼関係を築き、その上で、スマートに誘導する
ということです。

その方法については、またこのメルマガで書いていきたいと思います。

今日は、とにかく本を単に売ろうとすると、割に合わないとやる気も
なくなると思いますが、しっかりとビジネスにつなげて、売るモチベー
ションが下がらないような本を出版しましょうねというお話しです。


----------------------------------
■質問を募集しております
----------------------------------

当メルマガは、少しでも読者であるあなたの出版実現にお役に立ち
たいと思っております。

もし、メルマガやブログを読んで、疑問に感じたことや、質問など
ございましたら、お気軽にメールにてお送りください。

◆質問は、山田まで
 → yamada@shuppanproduce.jp

お送りいただいた質問は、許可なく引用させていただくことがあり
ます。
ご了承ください。


編┃集┃後┃記┃

最近、講談にハマっています。
今週だけで4回も観に行ってしまいました。

まぁ、ハマった理由はいくつもありますが、あの講談社は講談本を売って
人気になった出版社だから、講談社となったそうです。

まぁ、それぐらい講談は面白いってことです。

そして、出版業界の人間として、そこから学ぶべきことがたくさんあるん
です。

いつか、じっくりと講談の魅力についてお話させてもらいたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました!


…………………………………………………………………………………………

○発行者情報:
株式会社ケイズパートナーズ
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-4-5 第一東ビル2階
TEL:03-5823-5539 / FAX:03-5823-5408
info@shuppanproduce.jp

※ご意見、ご感想をお寄せください。
ご意見やご要望に沿ったメルマガ配信をしていきたいと思います。
それら全てにお返事は出来ませんが、必ず目を通しています。

※メルマガへいただいたご感想、ご質問などは許可なく引用させて
いただくことがあります。

○運営サイト:https://www.shuppanproduce.jp/
○運営ブログ:https://shuppanproduce.com/

※出版デビューのための各種サービスをご用意しております。
是非、ご覧ください。

…………………………………………………………………………………………

◎配信解除・受信アドレス変更はこちら
このメールは、特別レポート「企画書の書き方」をダウンロード
していただいた方に、送信させていただいております。
今後不要の方は、お手数ですが下記URLから解除してください。

http://www.mag2.com/m/0000292371.html

本当に配信解除されますか?
次回はもっと出版実現の役に立つ内容かもしれませんよ…(笑)

…………………………………………………………………………………………
Copyright(C)2009-2018 ケイズパートナーズ All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ