起業を目指す人へ 「転ばぬ先の起業講座」

  • ¥0

    無料

起業は誰にでもできます。でも、起業後に次々起こる問題を解決できる能力を備えた人は、そうそういません。起業後の能力向上を視野に入れたメルマガです

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
起業を目指す人へ 「転ばぬ先の起業講座」
発行周期
日刊
最終発行日
2018年11月18日
 
発行部数
230部
メルマガID
0001002740
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━11月18日━━━━━━━
◆メールマガジン「転ばぬ先の起業講座」            
                  今日は第2968号◆ 
    <メールマガジンの登録・解除はこちらから>      
      http://archive.mag2.com/00041002740/index.html       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 中山 おさひろ━━━━━

 今朝の日経1面記事は 「小粒になった日本企業」 上場企業が対象ですが、

国別でみた企業1社あたりの時価総額は、米国、ドイツ、中国などと比べ日本は

最も少なく、企業の寿命は89年と、他国企業が20年程度なのに、断トツで

長寿命です。人間ばかりでなく企業も長寿ですが、ここから何がみえてきます

かね。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

  『このまま人生が終わってしまいそうで心配です』

 「近いうちに起業か転職をすることを目標にして、既に10年近くたってしま
いました。私としては経営に関する本を読んだり、セミナーに参加してできる
だけ時間を作って取り組んでいるつもりです。

 それでも間隔が長く空いてしまうと、また最初からやり直しを繰り返すことに
なってイライラが続いています。このままではいつまでも今の会社にい続ける
ようで、なにもしないで人生が終わってしまいそうです。

 一度、会社を直ぐ辞めて自分を自分で追い込むことも考えました。子供が大き
くなるまでにはまだ時間がかかるため、いきなり収入のない生活まで追い込むの
はムリです。

 先生はこのような状態の人に出会ったことはあるでしょうか。この先、どうす
るとよいのか参考の意見を聞かせてください。よろしくお願いいたします」



 フリーな質問にこのようなメールを頂きました。Sさん、ありがとうござい
ます。

 会社勤めをしながら、自分の将来のため独自で学習を続けるのは大変なことで
す。一番悩ましいのは、仕事が忙しくなるとそちらにばかり気を取られ、自分の
学習のことなどすっかり頭から消えてしまうことです。

 多くの人が、途中で学習していたことさえ忘れてしまうと嘆きます。わたしも
社員時代には何度も忘れた経験があります。その度に新しいノートを用意しまし
たから、6冊のノートを見て空しい思いをしたものです。

 そこで学習を忘れず行うためには、いつでもどこでも取り組める学習の習慣を
身に付けること。食事や歯磨きのように習慣化することができますと、簡単には
忘れなくなります。一度二度忘れても、身体が覚えていてくれます。

 もう一つ、取り組む課題が漠然としていますと、実際のビジネスとは結び付き
ませんから、今考えている課題を小さく分割して取り組むのも手です。課題は
小さくするほど具体的になっていきます。

 事業の準備やスタート時の苦労は、その後のビジネス本番ではあまり役に立ち
ません。他の人の経験を参考にして、できるだけ効率よく取り組むことが大事で
はないかと思っています。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
           ★起業関連のニュース★

https://www.excite.co.jp/news/article/E1539853348752/
「やってはいけない副業の特徴 「稼げる」だけで選んでない?」JIJICO

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00010007-fnnprimev-life
「発売から2週間で完売!話題沸騰中の「飲むカレー」を飲んでみた」FNN

https://www.excite.co.jp/news/article/President_26290/
「あの焼き肉のたれを"高く売る"科学的方法」プレジデント

https://www.excite.co.jp/news/article/Toushin_8416/
「キャンドゥの2018年10月の既存店はプラス成長が継続」LIMO

https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_business_20181116097/
「2割は「昨年より購買姿勢が消極的になった」 節約したもの1位は「通信費」ITmedia

https://www.excite.co.jp/news/article/Toushin_8415/
「コメダ珈琲」運営のコメダHD、2018年10月の既存店売上高はプラス成長が継続」LOMO

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
【編集後記】
 起業でも、新規事業でも、社内プロジェクトでも同じですが、新たなビジネスを

立ち上げようとするときは、日ごろ会社で行っているルーチンな仕事とは違った

発想で取り組む必要があります。一番の違いは、新たな事業ですから新たな手法を

どんどん取り入れる共通認識をもつこと。従来と同じ発想ではせっかくの新たな

ビジネスなのに、手あかがついて新たなステップにたどり着くことができません。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

★ 今日も読んで戴きましてありがとうございます。
   少しでもこの起業情報がみなさまに役立つことを念じております

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
☆発行責任者:OSA研究所 中山おさひろ
☆公式サイト:http://www.osa-kigyou.com/
☆問い合わせ:ido@osa-kigyou.com
☆登録・解除:http://archive.mag2.com/0001002740/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ