宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと

  • ¥0

    無料

かっこちゃんこと山元加津子が、毎日メルマガを書いています。 このメルマガを通して、お互いに知り合いになったり、支えあったりできることがうれしいです。ぜひ、メルマガをとって仲間になってください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと
発行周期
不定期
最終発行日
2019年01月16日
 
発行部数
6,019部
メルマガID
0001012961
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 日々のできごと

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 第3451号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2019年1月16日現在 参加者人数6019人
      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


かぶれたお話ばかりでごめんなさい。こんなに銀杏のかぶれが酷いとは思いません
でした。お顔だけでなくて、体いっぱいに広がって、すごく痒いのです。
病院に行って注射をしていただいて、それでもおさまらなくて、午後にもう一度電話
したらまた来てくださいと言っていただきました。それで、明日また行こうと思い
ます。
そしてこの痒さを思い出しました。私、小さい時からとても皮膚が弱くて、遠足の
あとなど、よくかぶれました。顔がかぶれて、膿が出て、固まって、まるでお面を
かぶっているような状態にもなんどもなりました。
学校に行きたいくないけど、でも、休むというようなことは考えになくて、そんな
ときに、教室のみんなはそのうちに慣れてくれたのか、トイレなどのために教室の外
に出るのがつらかったのを思い出します。

銀杏のタネのまわりには果実があります。どうしてそれを触るとかぶれるようになっ
ているのかなあって不思議です。だって、銀杏は子孫を残したいはずです。熊や
タヌキが果樹を食べて、遠くに運んでほしいだろうと思うのです。クマもかぶれたら
もうたくさんっておもっちゃうのじゃないかなあと思いました。
ところが、銀杏のタネが入っている動物のウンチをみつけました。動物はかぶれない
のかな。
なんだかそんなことばかり考えています。

高松での講演会の主催をしてくださった香西めぐみちゃんのFacebookから
<引用ここから>・・・・・・
「白雪姫プロジェクト」
上映会&講演会は、
大成功 大盛況 で終わりました。
来て頂いた皆様、お手伝いしてくれた皆様、ありがとうございました。
上映会も、本当に興味深く観てくれていました。
かっこちゃんの講演会は、ほっこりとした雰囲気に包まれて、
みなさん、聞き入られていて、
「大切な事」
が、伝わったと思います。

主人の閉会の挨拶は、終わった途端、私は壇上で
「やったぁ!!」と、歓声を上げてしまいました。
まさか、あんなにしっかりと、やり遂げるとは、思ってもなかったですから〜
主人の姿を見た人の、感想は様々だと思います。
ただ、
「恥ずかしい生き方は、してない」
と言う、今のそのままの姿が、
どこかの誰かの勇気や、希望に繋がっていくなら、それは、主人の生きる意味になる
と思うのです。
私は、初めてのパワーポイント。
間に合いました〜〜
話すよりも、映像の方が、より伝える事が出来ました。
病院関係の方々、施設の介護士さん、ケアマネさんなど、
患者さんと関わる人が、半数はいらしたのは、嬉しいです。

一般の方からも、
「知っててよかった知識です」
「早く知りたかった」
「私も伝えて行こう!」
など、沢山の嬉しい感想を頂いています。
一緒に主催した、小田っちへは、
「私も大事な事だと思う。これから、考えていかなくてはね!」と言う、
病院内での理解者が、出来たとの事。
それは、凄いね〜〜!!
やった甲斐があります
とにかく、百点満点の嬉しい時間でした。
「白雪姫プロジェクト」が、さらに広まり、誰かの笑顔に繋がっていきますように
<引用ここまで>・・・・・・

かおりちゃんは、ご主人がお誕生日のプレゼントにと買ってくださったというスカー
トを履いておられました。ご主人は、手足の麻痺や、高次脳障害などの障害も残って
おられるそうですが、きっとどんどんよくなられると思います。
だって、みゆきちゃんがついているから。そして素敵な看護師さん小田っちさんや、
お医者さん、仲間がおられますから。

そして、大好きな「手と手と手」のしょうこちゃんが感想を書いてくださっていまし
た。
https://ameblo.jp/happy-tetotetote/
<引用ここから>・・・・・・
手と手と手のHAPPY日記
NPO法人手と手と手の専務理事であり
本職整体師のしょうこが児童のデイサービスハンズの
立ち上げや、活動内容をはじめ
日々のささやかな感動を、気まぐれに綴る日記
かっこちゃんイベント最高

2019年01月13日(日) 14時32分46秒

テーマ:山元加津子さん講演会
今日は高松のリハビリテーションセンターで、ドキュメンタリー映画
「僕のうしろに道はできる」上映会とかっこちゃんこと山元加津子さんの
講演会イベント〜
たくさんの方が来てくださり、大盛況でした
私は何度も観ている「僕のうしろに道はできる」この作品。
やはり、何度観ても魂揺さぶられます

そして、同じような体験をされてきた憧れのご夫婦のめぐみさんの
体験談講演。
ご主人様が倒れた直後からずっと見守らせていただき
関わらせていただきながら、応援させてもらっていたので
本当に感動的でした
そして、かっこちゃんの講演会。
終始ほんわかとした心地よい波動でのおはなし。
時には強く、でも優しくて、そして愛情に溢れて
介護のテクニックなども実践しながら〜。
本当に盛りだくさんで、皆さんハンカチ片手に熱心に聞いておられました。

生かっこちゃんに会えて私は大満足
心から癒されました
でも、こんな機会があるのと手を上げて主催してくださる方あってのこと。
本当に主催してくださった方々には感謝しています。
ありがとうございました
少しでも協力できて嬉しいです。
私たちの指針にもなった、かっこちゃんという存在

また、志新たに2019年もハンズ、スマイリーハンズ頑張ります〜。
しょうこ筆
<引用ここまで>・・・・・・
しょうこちゃんありがとう。しょうこちゃんの生き方もまたあこがれのひとつです。
お一人が生きていくためにはたくさんの人の力が必要です。宮ぷーはなぜか、突然、
「かっこちゃんのお荷物になっていない?」というメールをくれました。どなたかが
そんなふうにおっしゃったそう。そんなことないよ。宮ぷー。私はしたいことしか
していない。宮ぷーの存在がたくさんの方に勇気を与え、大切なことを広げてくれて
いるんだよ。そんなふうに思わせてごめんね。決してそんなことはないです。

皆さん、インフルエンザが流行っているようですね。どうぞお気をつけて。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~
このメールに返信で感想を送れない場合は、以下のアドレスにお送りください。
hoshinohitotsu@bcb.bai.ne.jp$ (注記:最後の$マークを消して送信下さい)
携帯アドレスからこちらにメールを送る場合は、このアドレスからのメールを受け取
れるように設定をお願いします。
メルマガに載せることに支障があるときには、そのこともお伝えください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ