渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン

  • ¥0

    無料

【仙台発!】いま起業志望者、若き経営者で、人気急上昇中の日刊メルマガ。6年以上、2,400日以上連続でメルマガを書いています。起業経営のコンサルから、昭和時代の私の履歴書、政治経済、音楽などビジネスコラムを独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンにお届けしています。失業、起業、震災、選挙落選、そして起業とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)42歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師(起業とIT)。広告掲載募集中。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン
発行周期
日刊
最終発行日
2019年02月17日
 
発行部数
11,854部
メルマガID
0001028802
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本一元気になるビジネスマガジン

  第3077号 平成31年2月16日(土)発行
  発行部数 11,886 部

【自民党青年局の被災地訪問事業「TEAM-11」と、
「若年層交流事業 Real Youth Project」を実施しました!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







【自民党青年局の被災地訪問事業「TEAM-11」と、
「若年層交流事業 Real Youth Project」を実施しました!】


平成31年2月15日、16日と、
自民党青年局の被災地訪問事業「TEAM-11」と、
「若年層交流事業 Real Youth Project」が宮城県で実施されました。

「TEAM-11」は、東日本大震災被災地の復興を後押しするため、
継続した活動・訪問を通じて被災地の困難に向き合い、

課題の解決に全国で取り組むという趣旨から、
平成24年2月にスタート、今回で38回目の開催となりました。


今回は佐々木紀青年局長(衆議院議員石川2区)、
小林史明青年局長代理(衆議院議員広島7区)、
朝日健太郎青年局長代理(参議院議員東京都選挙区)、
鈴木隼人青年副部長(衆議院議員東京10区)ら青年局国会議員、

依光晃一郎 党青年局中央常任委員会議長(高知県議・香美市)、
小沼秀明 党青年局中央常任委員・党静岡県連青年局顧問(静岡県掛川市議)、
奥村仁 党青年局中央常任委員・党三重県連青年局副局長(三重県紀北町議)

など地方代表の一行が宮城県に来県され、
東北大学、利府町などを訪問しました。


「若年層交流事業 Real Youth Project」は学生交流会として、
自民党宮城県連学生部のみなさんが中心となって企画し、

「若者の政治参加」をテーマに、
前半は党青年局国会議員のパネルディスカッション、
後半は学生の皆さんと政治家との直接の意見交換会を実施しました。

私はパネルディスカッションでコーディネーターを務め、
その後、学生の皆さんと政治について意見を聞きながら、
質問などにお答えしたところです。

学生の皆さんも、ふだん国会議員や地方議員と
意見交換をする機会はなかなかないとは思いますが、
このような機会に活動の一端を知ってもらったり、
政治がどのように世の中を変えているかを知ってもらうことで、

若者世代が政治に関心を強く持ち、
次の時代を担っていける一端となってほしいと思っているところです。

とりわけ、学生部幹部の皆さんが、
事前準備を熱心にされ、シナリオも作り、
役割分担などもして設営に頑張っていましたので、
約70名の参加者のもと、大変盛り上がりよかったです。


「TEAM-11」では、まず東北大学にうかがいました。

●東北大学災害科学国際研究所
●東北大学国際エレクトロニクス研究開発センター
●東北大学ユニバーシティハウス青葉山

災害科学国際研究所では、大野英男総長から大学の概要についてご説明頂き、
研究所の今村文彦所長から震災からの復興について、
3D動画による映像も含め、
災害科学国際研究所(IRIDeS)の先進的取組についてもご説明頂きました。

そのなかで、情報科学研究科で取り組んでいる災害ロボットの研究も紹介され、
なんと私が講義をしている情報技術経営論を受講している大学院生が話しかけてくれ、
「教え子」と再会するという一幕もありました。

さらに研究を頑張ってほしいと思います。


国際エレクトロニクス研究開発センターでは、
スピントロニクス分野をライフサイエンス、マテリアルサイエンスに展開するという、
世界トップレベルの研究からイノベーション創出に貢献しているというお話で、
トップレベルの研究をしておられる遠藤哲郎教授に実際のお話をうかがいました。

様々な課題もいただき、
国や自治体と連携した税制特区制度への取組が重要であると感じました。


また東北大学では、国際混住型学生寄宿舎「ユニバーシティ・ハウス」を整備し、
国内最大規模の1720人を定員とする寄宿舎となっています。
世界各地から外国人留学生が来ており、日本人の学生と混住し、
国際感覚の育成というだけではなく、
日本を世界に伝える機会にもなるのではないかと感じたところです。


「TEAM-11」では、利府町も訪問しました。
熊谷大町長にご同行いただきました。

東京オリンピックサッカー競技も実施される「グランディ21」、
浜田避難施設、

そして私は残念ながらうかがえませんでしたが、
震災以後開催が見送られていた「利府町浜まつり」にも
皆さんに足を運んでいただきました。


震災からの復興ということで、
8年たって見えてくるものもあり、

国の政策として今後必要になってくること、
また全国各地の自治体でも取り組むべきことなどが、
今回の活動で見えてくるものがあったと感じます。


自民党青年局の国会議員の皆様、
そして全国から来ていただいた青年局の皆様に
あらためて感謝申し上げながら、
青年局の皆さんとともに活動することで見えてくるものもあり、
宮城県としての政策形成にも改めて役立てていきたいと考えているところです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【編集後記】

ハードスケジュールでした。。。







今日のメルマガはいかがでしたか。
読んでいただきありがとうございます。

「よかった」と思われた方、「イイネ」と思われた方、
感想を伝えたい、
こんな元気になる話を紹介したい、
いい話を紹介したいという方は、
以下をクリックして教えていただけるとうれしいです


http://clap.mag2.com/wruuouruui?3077

いただいたご感想は、
メルマガ上などで取り上げさせていただくことがあります。

ご了承のうえ、ご投稿いただきますようお願いします。
もちろん、掲載不可の場合はその旨、ご記入ください

なおここでのご感想は300字までとなっておりますので、
渡辺に300字以上の感想を送りたいという方は、
watanabekatsuyuki@yahoo.co.jp
までお送りください。




【最近私が読んだおもしろかった本】

第1位 小川原正道『小泉信三―天皇の師として、自由主義者として』(中公新書)
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4121025156/cuccakatsu-22/ref=nosim

第2位 竹村 亞希子『リーダーの易経「兆し」を察知する力をきたえる』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4047313777/cuccakatsu-22/ref=nosim

第3位 北方謙三『チンギス紀 一 火眼 単行本』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4087711323/cuccakatsu-22/ref=nosim

第4位 湯澤剛『ある日突然40億円の借金を背負う──それでも人生はなんとかなる。』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4569825486/cuccakatsu-22/ref=nosim

第5位 小野寺S一貴『龍神と巡る 命と魂の長いお話』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594081355/cuccakatsu-22/ref=nosim




───────────────────────────────────
【メルマガ広告掲載のお問い合わせはこちらから】

この日刊メルマガに広告を出してみませんか?

おかげさまで広告のお問い合わせをたくさんいただいております。
意識の高い勉強熱心な読者様向けの広告が、過去に掲載されております。


 ヘッダー広告 10,800円
 号外広告   64,800円

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらからお願いいたします。

⇒ watanabekatsuyuki@yahoo.co.jp




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン」
発行:株式会社つくる仙台
発行者:渡辺勝幸

バックナンバーはこちらのブログでどうぞ!
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/?mm=3077



【起業集団株式会社つくる仙台】
⇒ www.tsukurusendai.com
〒984-0816
 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266
FAX 022-398-6269


【Twitter】⇒ @katsuyuki510
【Facebook】⇒ facebook.com/katsuyuki.watanabe



お問い合わせはこちらからお願いいたします。
watanabekatsuyuki@yahoo.co.jp

メールマガジンの登録・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001672704.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





【渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン】

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。
8年以上、3,000日以上連続でメルマガを書いています。
政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、
意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。
1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。
失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。
著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)43歳。
起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

このメルマガは日刊です。
関心のありそうな方にぜひご紹介してくださればうれしいです。

また、
ブログやメルマガでご紹介してくださっている方がいらっしゃればご連絡ください。
このメルマガでも相互紹介したいと思います。

日 フリー(政治経済)・読者の声
月 元気の出る話
火 昭和時代の私の履歴書
水 フリー
木 起業・経営のヒント、つくりすと(つくる仙台公認コンサル)記事
金 フリー
土 music

基本的には渡辺の書きたいことをただ書くというスタンスです。
そして読者の声を大切に、そしてそこからスピンオフさせながらメルマガを書いていきます。




【渡辺勝幸プロフィール】

渡辺勝幸(わたなべかつゆき)

昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園。
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業。
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業。
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回、二年間応援団長を務める)。
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
     国会議員政策担当秘書資格試験合格。

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書。
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)。
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職。

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


現在
宮城県議会議員(仙台市若林区)
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA 会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 沖野東学区民体育振興会参与。沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。



事業計画・会社設立・ネット集客支援をはじめ、補助金に関する相談など、
起業・経営全般に関するアドバイスをしている。
平成21年よりはじめたビジネスについてのメールマガジンは好評を博し、
現在日刊で3,000日以上毎日書いている。

また仙台市内で政治活動をしており、
早朝の街頭演説は700回以上継続している。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【平成30年重点目標】

1、宮城県議会議員として、政策立案能力を極め、発信する。

2、宮城を全国に売り込み、世界に売り込む。

3、起業家とのネットワークをつくる。



【平成30年目標】

1、2020年代に、日本に新しい政治体制をつくるための下地づくりをする。

2、県民の声を多く聞き、政策立案し、
よりよい制度を構築し、結果にこだわる。
この過程を広報する。

3、平成31年の宮城県議選において当選するために、
投票率が平成27年よりも5%上がる(目標36.28%)活動をする。

4、朝の街頭活動を年60回を目標に継続する。

5、県政報告会を議会定例会ごと(年4回)に区内各地で開催。
県政レポートを議会定例会ごとに発行する。

6、政治活動を活発化させるために、
後援会組織の充実、政治資金の安定的確保をめざす。


7、宮城県と海外をつなぐ活動を活発化させる。

8、憲法改正運動に取り組む。


9、中小企業支援とともに、起業志望者のコミュニティ、活動の場をつくる。

10、起業を盛んにするための、起業教育に取り組む。
次世代を担う若い世代の志を立てるための取り組みを実践する。


11、仙台の小中学生が育つ環境をよりよいものにする。

12、メルマガを毎日発行する。

13、全国にいるメルマガ読者と会い、さまざまな話を聞く機会を年に二回つくる。

14、オススメできるような本を月に5冊は読み、アウトプットする。

15、同じ志を持つ若い政治家を全国につくり、交流を深める。
東北を知り、東北発世界の可能性を模索する。

16、日々流されることなく、2050年をにらんで勉強する。
エネルギー戦略、食料増産、地球を育てる。


17、健康な体をつくるために定期的に運動をする。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2450.html

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-31.html


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ