学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

  • ¥0

    無料

学校では教わらない目からウロコの英文法。たとえTOEICで高得点を取っても、She read a book for her daughter last night. が不自然に感じなければ本当の英語力とは言えません。学習者の抱える英文法のモヤモヤをここで解消! 英語を「わかる→面白い→使える」という好循環に!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
学校で教えて欲しかった、こんな英文法!
発行周期
隔週
最終発行日
2018年08月15日
 
発行部数
1,441部
メルマガID
0001102660
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英文法

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

1)バンクーバー発、1 day 英語脳セミナー in Tokyo


日時:11/11(日) 13:40〜16:30 (受付 13:30)


会場:東京都港区高輪4-10-30 品川プリンス ホテル Nタワー


「ザ・英文法」下巻を用い、様々な疑問を解き明かしていきます。


* 関係代名詞 that と which どっちを使うの?

* can と be able to 本当に同じなの?

* He would と He will 意味は違うの?

* to do と doing 和訳は同じだけど‥?


こんなモヤモヤ感をスッキリさせます!


詳細は下記アイアクセス・バンクーバー HPを参照ください。

http://www.iaxsvancouver.com/index.php


お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いします。

info.iaxsvancouver@gmail.com



2)秋の日本セミナー in Osaka


バンクーバー発、おもしろ英語脳! 平日夜 & サタデー


* a と the どっちを使えばいいの?

* some apple ってどんなリンゴ?

* in と at どっちを使えばいいの?

* 現在完了形と過去形どっちを使うの?


英語脳を使ってこんな疑問をスッキリ解消します。


詳細は下記アイアクセス・バンクーバー HPを参照ください。

http://www.iaxsvancouver.com/index.php


お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いします。

info.iaxsvancouver@gmail.com



3)バンクーバー発、英語脳でTOEIC (月1オンラインセミナー)


知って得するTOEICの基本攻略法


新感覚、英語脳で考える基本ルール


少人数制ですので、ふだん抱えている英語の質問など講師にぶつけてみませんか。


きっと納得のいく答が見つかると思いますよ。


同じような学習意欲も持った仲間とお互いに刺激をもらいながらの英語学習。


月1回だから、あまり負荷を掛け過ぎず、マイペースで英語学習のモチベーションを維持できます。


次回は 8/18(土) 14:00〜16:00


会場:大阪市立難波市民学習センター


不定詞・動名詞の本質に焦点をあてます。



お知らせ:当メルマガ「学校で教えて欲しかった、こんな英文法」のネタ元にもなっているアイアクセス・バンクーバーのテキスト本


「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン発売中! 


100点以上のイラストを使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



解説の後にクイズ「第236号」があります。


☆★☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【第235号解説】


「好きなカードをどれでもいいから取ってください」という意味の英文です。


正しいのはどっち?


1) Take any card you like.

2) Take any cards you like.

































答:どちらも正しい


秋の日本セミナーからの出題。


名詞に関する数量形容詞より。


メルマガTOEICプラス231号でも紹介した any の用法です。


今回取り上げた any は「誰でも」「どれでも」と訳される any です。


この用法の any は辞書や参考書などで


「肯定文で、しばしば単数名詞と共に用いられる」


このような説明がされるので「any + 単数名詞」のイメージを持っている人もいるかも知れませんが、単数名詞だけでなく、複数形の名詞が続く場合もあります。


単数名詞がつづくのか、複数名詞がつづくのかは、あくまでも名詞のイメージが単数か複数になるかという英語の名詞の基本イメージで決まります。


今回の問題文は、


「好きなカードをどれでもいいから取りなさい」という文ですが、


あなたの頭の中には何枚のカードが浮かんでいますか?


例えば、トランプの手品で相手にカードを選んでもらいたい、そんな場面を想像してみてください。


もし、どれでもいいから1枚のカードを相手に選んでもらいたいとあなたが思っているなら、


Take any card you like. (単数形になります)


この英文は厳密に言うと「好きなカードどれでもいいから(1枚)取りなさい」という意味です。


しかし、もしあなたの頭な中で複数枚のカードをどれでもいいから選んでくださいとイメージするなら、


Take any cards you like. (複数形になります)


この英文は厳密に言うと「好きなカードどれでもいいから(複数枚)取りなさい」という意味です。


最初の any card(1枚)のイメージの方が手品では普通だと思いますが、何が言いたいかというと、大事なことは頭の中で常にその名詞の数が「1」なのか「複数」なのかをイメージしておくことなのです。


和訳だと両者の違いがよくわかりませんが、英文をイメージすると両者の違いがクリアーになりませんか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆★☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【第236号】2018年8月13日 


適切な冠詞はどっち?


This is ( a / the ) book that I borrowed from Mike.


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

編集後記


「ザ・英文法」スカイプレッスン! 


「ザ・英文法」講座と同じレッスンが受講できるスカイプレッスンもあります。


無料トライアルレッスンもありますので、是非、小栗式VLMを体験してみて下さい。


お問い合わせは→ info.iaxsvancouver@gmail.com



「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン販売中!


メルマガやブログでは表示できないイラストを100点以上使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



こんにちは、オグリです。


秋の日本セミナーの詳細を HP にアップしました。


丸暗記に頼る英文法からイメージで考える英文法へ!


英語脳に興味があり、関西、関東方面にお住まいの方は是非チェックしてみてください。


詳細は下記HPを参照ください。

http://www.iaxsvancouver.com/index.php


お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いします。

info.iaxsvancouver@gmail.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン「学校で教えて欲しかった、こんな英文法!」

☆発行者:小栗 聡
☆スクールサイト:http://www.iaxsvancouver.com/
☆Facebook:https://www.facebook.com/info.iaxs
☆英文法ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/samito07/
☆TOEICブログ:http://ameblo.jp/samito07/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001102660.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第236号】答:どちらも正しいが、a と the では伝える情報が異なる。

詳しくは次号で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本メルマガの著作権は小栗聡に属します。無断転載はお断りします。
Copyrights (c) 2010-2018 by Satoshi Oguri All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ