高級チョコレート楽しみ方の極意

  • ¥0

    無料

上質なチョコレートを楽しみたい方のための、チョコレート情報やイベント案内、お得な情報などをご紹介。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
高級チョコレート楽しみ方の極意
発行周期
不定期発行
最終発行日
2018年12月14日
 
発行部数
379部
メルマガID
0001141510
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > 口コミ情報 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

.................................................................................................
Tomoe saveur Journal du chocolat 087 2018.12.14
「2018年の振り返りそして2019へ」
http://t-sav.com
http://ameblo.jp/kanachocolat
.................................................................................................
こんにちは。トモエサヴール代表のさつたにかなこです。
約2か月振りのメールマガジンとなります。ご無沙汰して
しまいました!
気が付けば、あと12月も残り半分。2018年が終わり、2019年
になろうとしています。
みなさんにとってどういう年でしたか?
今年を表す漢字が災と先日発表されたばかりですが、この言葉が
表す如く地震・水害が日本でも非常に多い年でしたね。トモエサヴール
でも関空の水没で荷物がすべて海水に使ってしまう事故にあいました。
カカオ生産国に行けば、ひしひしと気候変動による影響を感じます。
この字を見て、今からでも私たちの選択一つで未来は変えていける
と思っています。1人1人が些細な事と思う小さなことでも、地球上
にいる人数分のアクションであればそれはすごく大きなことになります。
だから小さいことも目を向けて真剣に取り組めたら、、と思います。

.................................................................................................
1、12/22 (土)東京某所14:30-16:30 チョコチョコチョコの会
.................................................................................................
急遽の開催ですが、東京出張のあと、少し時間があるので、ずっと
やろうやろうと思ってなかなかできていなかった、通称ブートキャンプ、、
いろんなチョコをワイワイと食べまくる会をやります。
ただただ食べますのでお勉強はありません。
クリスマス、しかも休みなのに何も用事ないのよね~という方いらっしゃい
ましたら一緒にチョコを食べましょう。
チョコ尽くしの2019年が待っているような気がします。
そしてこの会の会費は会場費を除き全額を3のドネイションに加えさせていただきます。
(長くて申し訳ないですが3までお読みください)

申し込みこちら
https://my.formman.com/form/pc/zQDkp35WenTb8aMF/

年内最後の東京になりますのでお会いできればうれしいなと思います。
急遽なのでお会いできるのは運命ですね(笑)
.................................................................................................
2、今後の予定(バレンタインなど)
.................................................................................................
現時点でバレンタインの情報としましては、
サロンドショコラへの出店があります。
今回はかなり、、大きなチャレンジで、、、トモエサヴールでは3つのブースを
監修させていただくことになりました。
1つ目は、昨年までも開催しておりました、トモエサヴールセレクトのチョコレート
ブランド6ブランドの出店コーナー。
こちらでは、板チョコレートを中心に皆さんに今年のセレクトをお楽しみいただけます。
新商品、限定品、定番のアレ。本当に美味しい個性あるチョコレートが揃っていますので
ぜひ。ご試食もできる限りご用意します。
どうぞお越しください。

そして、2つめは、カカオ生産国ブース ペルーブースの監修です。
毎年カカオ産地へ訪問するときには、どのように私がそこにいる人々のお役に立てるのか、、
そんな視点で訪問させていただいております。その中でペルーに訪問させていただいてきた
ご縁をどのように昇華するか、、ということで、カカオ生産国ブースを作ろう!と思いました。
サロンドショコラの本場パリでは、いくつものカカオ生産国ブースがあります。そしてカカオ産地
からたくさんの方がやってきていて、いつも会えるカカオ生産者の人たちとの再会を楽しみにしています。
ですが、東京のサロンドショコラではカカオ生産国ブースはありませんでした。
たった1国の生産国ブースですが、、、このブースを企画し運営にまでこぎつけるのはこの
メールマガジンだけではかききれない、、ですが、生産国から届くその国で作られたチョコレート。
ぜひ味わってみてください。
今のところカカオ産地からのゲストは1月25日~29日まで来場してもらう予定にしています。
ペルーの人に会いたい!という方はこの後半にお越しいただくと直接お話していただけるかと
思います。今回来てくれる予定になっているのは、マラナ、シャテル、カカオスーヨの作り手たち
です。みんな英語が話せますので、スペイン語じゃなくてもOK!です。食べておいしかったよ!とか
何か伝えてあげてほしいです。

そして3つ目はデンマークの人気ホットドッグデリでつくる、特製チョコレートチリソースとカカオ
マスタードをつかったホットドッグスタンドです。
私は、レストラン関係者ではないので、提供にもたもたしてしまったり運営がスムーズにいくかどうか
心配ごとが多いのですが、、、でも、チリソースも実は「発酵」。です。
そして、美食の国からやってくる、甘いだけじゃないカカオの楽しみ方を楽しんでいただければと思います。
きっと皆さまが、ホールを回られて試食などをされたら口の中は甘いものだらけになって塩っけが欲しく
なるんじゃないかと、、、そんな方のオアシスになってくれたらいいなと思います。
こちらにはデンマークからミッケルフリスホルムさんがやってきます。彼は毎日来てくれるはず、、
(しんどくなければ)ですので、会いにきてくださったらうれしいです。

まだ何も決まっていませんが会期中にイベントもやるかもしれません。(トークショーなどの)
また決まり次第お知らせしていきたいと思いますので、インスタやブログもチェックしていただけると
ありがたいです。
................................................................................................
3、 コンゴに届け。 オリジナルビーのプロジェクトへ
................................................................................................
私がずっと続けている寄付があるのですが、その1つはアルアコ貯金。アルアコ族の皆さんへ
栄養をとってもらったりできるように現地の自給自足では育たない食物を購入する費用などを
定期的にためて送ること、
ベトナムカカオ産地ツアーでは、ツアー参加者の方にTシャツを販売しその費用をマルゥのプロジェクト
(メコン川の塩害で枯れたカカオの再植樹)と、エリタージュカカオ発酵施設の修繕費用等に送ること、
タンザニアへの、蜂の巣箱の寄贈などを行っています。


昨夜、オリジナルビーンズの創業者フィリップから受け取ったドネイションを募るメールを受けて急遽
コンゴへの寄付をすることにしました。
何が起こっているかというと。
今年コンゴではエボラ出血熱が発生しています。すでに100名以上の罹患患者さんや、4名の医療従事者の
方がなくなっています。対策はもちろんたてていますが、医薬品やお医者さんは都市部にはいますが、カカオ
生産地のような山村部は医薬品も十分ではなく、情報もなかなか届かず、お医者さんへかかるのも大変です。
昔からおまじないで病気を治そうちしてきたエリア。でも伝染病はもちろんそのようなものでは治らず死に
直面してしまいます。
そのため、農村部、カカオプロジェクトの行われているエリアへ、伝染病予防のための啓発ポスターやラジオ
を流したり手洗いキットの配布などを行います。
そのための費用は普段のオリジナルビーンズの活動でのサポートのエキストラの活動なのでドネイションで
賄います。今回は500EURO-1000EUROを目標に、↑のイベントの費用と、私の自費にて行おうと思っています。
もし私もドネイションに参加したいという方がいらっしゃれば、このメールへ返信をいただければと思います。
(ただ現在私はバレンタインの準備と輸入で極限の状態で仕事をしておりますので、このメールは15日15時まで
の受付にさせてください。ご入金方法をお伝えします。)ドネイションはすぐに

コンゴは内戦が長く続いたエリアで女性や子供が特に狙われ危険にさらされてきた地域です。ここで、約350
名の女性をカカオ発酵施設で雇用することで、2500名以上のその家族の生活も向上しています。
まだまだ治安はよいとはいえず、この3年だけでも2000名以上の人が殺されているという事実。私たちが
美味しいチョコレートをいただけるその裏側でそのようなことは実際に起こっています。
ONE BAR ONE TREEをスローガンにするオリジナルビーンズのチョコをぜひ召し上がってください。それも
この活動の輪に入ることになります。そして私たちは美味しいチョコレートを食べることができます。
ずっと忘れないこと。継続してサポートすること。が大切と思っています。関心をもっていただけることが
一番です!オンラインショップにもオリジナルビーンズのチョコレートがありますので、ぜひご購入いただけれ
ばと思います。

オリジナルビーンズのショップページはこちら
http://t-sav.com/shop/products/list.php?category_id=17
................................................................................................
4、You Tube トモエサヴールチョコレートチャンネルができました!
................................................................................................
今トモエサヴールで輸入しているチョコレートのメーカーが作っているムービー
には、その産地の写真が出ていたり、工房の様子が出ていたり、、まるで訪問した
かのような気分になるものがたくさんあります。ですが、やはり日本語がついていない
と、なかなか見ても理解できない部分も多いはず、、ということで、日本語字幕をつけ
たものをこのトモエサヴールチョコレートチャンネルにてアップしていきます。
ぜひ見ていただくと、よりそのチョコレートメーカーを身近に感じていただけることと思います。
https://www.youtube.com/channel/UCApRBYmd7HjSAec6Zm2ymyg

現在はニーナチョコレート、 マラナ、チョコレートツリーの動画がアップされています。
ぜひチャンネル登録やいいね!をお願いします。(とユーチューバーみたいなコメントを
言ってみます 笑)

................................................................................................
今年1年ありがとうございました。そして来年もよろしくお願いいたします。
................................................................................................
今年はいろいろと自然災害に直面し、生き方そのものを地球から問われているような気持ち
になりました。
仕事柄海外へ訪問させていただく機会が多いですがその時も飛行機の中で、たくさんのCO2が出て
いるのであろうこと、そしてこの便だけでなくたった今空を飛んでいる飛行機の数はいくつあるの
だろうか、、などいろいろなことに思いをはせました。
地産地消の良さもあります。そしてできるだけ野菜などは地産地消でいただきたいなぁと。
そして、私はこうして、少し地球を汚している、、という自覚のもと、それ以上のことを伝え、
世界を把握し、繋がることに人生を投じなければと思っております。
無関心が愛の対義語という通り、自分の身近なところだけ見て、知らないところで何が起こっていても
平気、、ということではいけない。その知るきっかけをチョコレートが作ってくれています。
カカオ産地で起きている問題に私たちは直接手を下してひどい状況になっているわけでなくても
便利な生活の中で知らず知らず彼らの問題に加担していることはないのだろうか。
みなが〇で生きていける世の中にしていくことがどうやったらできるのだろうか。
そんなことをカカオが教えてくれるのは、、、やっぱりカカオは神様の食べ物だからなのかもしれません。

今年1年トモエサヴールの活動に関心を寄せていただきメールマガジンを読んでくださって
ありがとうございました。
2019年も見えてくる課題をひとつひとつ乗り越えて、美味しく幸せな気持ちを届けられるよう
努力してまいります。

よろしくお願いいたします。
感謝をこめて。

さつたにかなこ

................................................................................................
◆Tomoe saveur Journal du chocolat ◆
発行責任者 Kanako SATSUTANI 
発行者情報:
公式HP:http://t-sav.com
Facebookページ https://www.facebook.com/tomoesaveurcom/?ref=aymt_homepage_panel

公式インスタグラム https://www.instagram.com/tomoesaveur/
公式ブログ:http://ameblo.jp/kanachocolat
発行停止 :http://www.mag2.com/m/000114151
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ