徹底活用 FOREX NOTE

  • ¥0

    無料

為替手帳は単なる手帳じゃない!毎日の出来事や売買の際の判断基準などを書き込めば、あなただけの「投資教本」に早変わり!当メルマガと組合わせれば、勝つための方程式がみえてくる。伝説のディーラー『堀内昭利氏』によるコラム「きょうの注目点」も掲載。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
徹底活用 FOREX NOTE
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年09月15日
 
発行部数
315部
メルマガID
0001209312
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > FX・外国為替

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
                                   
       徹底活用 FOREX NOTE / エイチスクエア株式会社      
                                   
                        2018年9月15日土曜版
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
<PR>▽新刊のご案内!
----------------------------------------------------------------------
☆あの『チャートの鬼』がついに復刻!

1994年に発売された「チャートの鬼」。投資家はもちろん、銀行のディーラー
など、実際に相場取引を行っている方が、最初に手にとる入門書として人気を
博しました。

あれから24年……多くの投資家からの要望もあり、チャート分析本の
パイオニア的存在が、チャートを刷新、新たな分析手法やコモディティ、
金融商品の情報を加え、ついに復活。

 株取引、為替取引、先物取引から、今、話題の仮想通貨取引にも活用できる
チャート分析。初心者も、プロも、チャートにかかわるすべての人が1冊は
持っておきたいバイブルです。

↓↓詳しくはこちらから↓↓
 http://forexnote.jp/books/19696/


************************************************************************

  【目次】 0.お知らせ
       1.来週の主なイベント・経済統計

       ●このメルマガは等幅フォントでご覧下さい●

************************************************************************
0.お知らせ
************************************************************************
メルマガ「徹底活用 FOREX NOTE」をご利用いただき、ありがとうございます。

 今週もブレグジット絡みの報道・要人発言、そして対中通商問題に絡んだ
報道とトランプ砲に右往左往のマーケットでした。 金曜の最後の一撃も
トランプ大統領の「米中貿易協議に関係なく、中国製品2000億ドルに追加関税
を課したい」というものでした。まだ、しばらく、要人発言等で大きく動き
そうです。
 
 ドル円ですが、14日のNYクローズは、112.06円でした。NYクローズでみると、
ドル円は7月20日から110円台&111円台が続いていましたが、ついに上放れま
した。ただ、どうにも勢いを欠けたうえ、最後は112円前後でもみ合いとなり、
力業で112円台に乗せたようにも見え、このまま上放れできるのか疑問です。

 さて、来週ですが、日銀金融政策決定会合があります。前回、政策変更を
行ったので、今回は政策変更の効果を見極めるため、現状維持となりそうです。
また、来週はスイスの政策金利発表もあります。こちらは、スイスフラン高
が進んでいるので、フラン高けん制の内容になる可能性がありそうです。

 それでは、来週も頑張っていきましょう!


エイチスクエア株式会社
佐藤りゅうじ

************************************************************************
1.来週の主なイベント
************************************************************************
◇来週の注目経済統計(2018年9月17日~9月21日)
       
  ※予定は変更されることがありますので、予めご注意下さい。

---【17日】--------------------------------------------------------------
英ライトムーブ住宅価格(9月)
トルコ鉱工業生産指数(7月)
トルコ雇用統計(6月)
ユーロ圏消費者物価指数(8月)
米NY連銀製造業景気指数(9月)


---【18日】--------------------------------------------------------------
豪中銀(RBA)理事会議事録公表(9月4日開催分)
豪住宅価格指数(2Q)
香港失業率(8月)
カナダ製造業出荷(7月)
米対米証券投資(7月)

---【19日】-------------------------------------------------------------
NZ経常収支(2Q)
日本貿易収支(8月)
豪ウェストパック先行指数(8月)
ケント豪中銀(RBA)総裁補 講演
 日銀金融政策決定会合
 黒田日銀総裁 記者会見
南ア消費者物価指数(8月)
ユーロ圏経常収支(7月)
 ホールデン英中銀(BOE)金融安定化担当理事講演
英消費者物価指数(8月)
英小売物価指数(8月)
英生産者物価指数(8月)
米MBA住宅ローン申請指数
米経常収支(2Q)
米住宅着工・許可件数(8月)
 ドラギ欧州中銀(ECB)総裁 講演

---【20日】-------------------------------------------------------------
NZGDP(2Q)
トルコ消費者信頼感指数(9月)
スイス銀行政策金利発表
英小売売上高(8月)
香港消費者物価指数(8月)
米フィラデルフィア連銀景況指数(9月)
米新規失業保険申請件数
南ア政策金利発表
米景気先行指数(8月)
米中古住宅販売件数(8月)

---【21日】------------------------------------------------------------
日本消費者物価指数(8月)
日本百貨店販売額(8月)
仏GDP(2Q)
香港経常収支(2Q)
カナダ小売売上高(7月)
カナダ消費者物価指数(8月)


※詳細はこちらのサイトで確認ください↓↓↓
      http://ing.forexnote.jp/calender.php 


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
当メールマガジンによって提供される情報の著作権は、エイチスクエア株式会
社もしくは情報提供元に帰属します。当メールマガジンは投資判断の参考とな
る情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたもので
はありません。また、各種情報の内容については万全を期しておりますが、そ
の内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる
損害についても、当社は一切責任を負いかねます。当社が提供するすべての情
報について、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

【発行者】エイチスクエア株式会社    URL :http://www.hsquare.jp/
                    mail:mag@hsquare.jp
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ