『<ごきげんさん>の創り方』人材活性コンサルタント吉田真知子が送る元気術

  • ¥0

    無料

ストレスフルな社会のなかで 【自分の元気をいかに創るか】 毎日の過ごし方にとどまらず これは人生の重要ななテーマですよね! 色んな角度でご一緒に考えたいなと思います。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
『<ごきげんさん>の創り方』人材活性コンサルタント吉田真知子が送る元気術
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年07月21日
 
発行部数
199部
メルマガID
0001237170
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:
 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 ━━━━━━━━━━━  
 『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』Vol.200
   -100年生きる確証はないながら-   
━━━━━━━━━━━
 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:
 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-Vol.200 <2018.7.21>
 
 こんにちは!
 人材活性・チームコンサルタント 吉田真知子です。

 大阪北部の地震被害、西日本を中心にした豪雨の被害。
 厳しい災害が続くこのところです。
 被災された皆さま方にお見舞い申し上げます。

 *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.
  全体目次
   1.からだ VOL.11~VOL.10
   2.自分らしさ VOL.11~VOL.62
   3.人間関係 VOL.63~VOL.155
   4.私の怒りと健康的なお付き合い VOL.156~176
   5. 私のキャリアの創り方 VOL.177~
 *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.
            
   1. 100年生きる確証はないながら
●----------------------------------------------------●
 昨日2017年の日本人の平均寿命が、
 厚生労働省の調査から発表されました。
 
 男性81.09歳
 女性87.26歳

 男女共に過去最高を更新。

 戦後間もない1947年の調査では、
 男性50.06歳
 女性53.96歳
 ということを見て、改めて大きく驚きます。

 江戸時代は45歳くらいが平均寿命だそうです。
 縄文や弥生時代は、
 15歳ほどではなかったかという説もあります。

 ハッと気づいたら人生の終焉という時代から、
 人生100年時代へ。

 自分のキャリアについて、
 ワークキャリアだけを考えて生きるには、
 人生があまりに長くなりました。
 
 (自分が、
  いつ災害や病気やアクシデントに遭遇するか、
  誰もがわからない日々ながら、
  一方でキャリアを考えるという、
  この二重構造の矛盾も感じるところです。)

 俗にいう「余生」
 盛りの時期を過ぎた残りの生涯や
 残された人生のことを言う言葉ですが、
 今、余生というにはあまりに長い時間が、
 私たちにプレゼントされています。

 「静かに余生を送る」
 「余生を楽しむ」
 それは残りの人生が、
 短いことを前提にしているスタンスですね。
 
 しかし一般的に私たちは、
 長きことを想定した「余生」について、
 考えていかねばならなくなったのですね。

 余りの生というよりは、
 ひと山を超えて、ひと区切りをつけて、
 その後の人生をいかに生きていきましょう。
 
 100年時代のキャリアデザインは、
 ある意味手探り状態かもしれません。
 でも現に私たちのキャリアは続々と更新しています。
 たとえ手探りであっても、
 自分の人生を放り投げるわけにも、
 人任せにするわけにもいきません。
 
 人生のもうひと山か、もうふた山を、
 おおいにイメージしていくには・・・。
 
  次回も続きます。
●------------------------------------------------------●

  2. 近況報告            
●------------------------------------------------------●
 出張など一日仕事に出ると、
 次の日どっと疲れが残るこのところです。
 この暑さが体力と気力を低下させてしまうのでしょうか。

 被災されている皆さまの大変さ。
 甘えている自分を感じながらおります。
  
   ~ご意見、ご感想、ご質問もお待ちしています~  
 
●--------------------------------------------------------●
:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。:*━♪━*:。
  発行人 ソーシャルスキル・プログラム 代表
     人材活性・チームコンサルタント 吉 田 真 知 子
 
 ◆著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方
  ~私たちの組織を活性し
  ☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』
   ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E5%90%89%E7%94%B0%E7%9C%9F%E7%9F%A5%E5%AD%90

 ◆ホームページ:http://ssp-yoshida.jp
  吉田真知子プロフィールはこちら
  ⇒ http://ssp-yoshida.jp/about
  ご意見・ご感想・ご質問はこちら 
  ⇒http://http://ssp-yoshida.jp/contact

 ◆ブログ:http://ameblo.jp/social-skill2000

 ◆facebook:https://www.facebook.com/machiko.jinzaikassei
:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。:*━♪━*:。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ